東京デザイングループ 日給 待遇 バック

有名な風俗グループ

東京デザイングループで働いた場合の環境や稼げる平均日給

2020年4月4日

東京デザイングループは、東京と神奈川をメインにデリヘルを展開しています。

特殊プレイやハードサービスを行っているお店ではありませんが、女の子のルックスやプレイ内容など全体的なレベルが高く、料金もそれに見合ったものになっています。

入店できれば稼ぎやすいといえるでしょう。

また、デリヘルは朝10時ごろから真夜中すぎまで営業しているのが一般的ですが、東京デザイングループではあえて営業時間を制限したお店を用意しています。

それにより、たとえば深夜に人妻と遊ぶといった背徳的な気分を味わえるのです。

働く側もそれを意識しておく必要があります。

まずは日給やバイト環境を確認しておきましょう。

東京デザイングループは、どのお店でも料金はほぼ同じ

東京デザイングループは、最大バック率80%以上も可能と公式サイトに記載しています。

あくまでも最大なので、多くの人はもっと低いバック率だと考えなければなりません。

2014年ごろまでは、バック率50%という非常に低い値だったとの口コミがありますが、現在では違うという情報もあります。求人サイトの記載もまちまちです。

こうなってしまうのは、東京デザイングループがFC(フランチャイズ)を積極的に行っていることが原因だと思われます。

FC店は加盟元に一定のロイヤリティを納めなければならないので、その分女の子へのバックが削られてしまうのです。

ここでは、バック率を標準の60%前後として計算し、バック金額の高いお店ベスト3を見てみましょう。

※時間帯などで料金が異なる場合は、最も標準と思われる金額を載せています。

3位:デザインリング東京本店

業種:デリヘル 地域:渋谷・新宿・吉祥寺など

参考

70分 料金:1万8,000円 バック率:61% バック金額:1万1,000円

90分 料金:2万1,000円 バック率:60% バック金額:1万2,500円

120分 料金:2万8,000円 バック率:61% バック金額:1万7,000円

東京デザイングループのメインとなるお店です。池袋や横浜など、全9店舗があります。

若妻系やお姉さん系の女の子が中心で、20代後半くらいの女性に向いているでしょう。

2位:池袋デザインキッス

業種:素人系デリヘル 地域:池袋

参考

70分 料金:1万9,000円 バック率:61% バック金額:1万1,500円

90分 料金:2万3,000円 バック率:61% バック金額:1万4,000円

120分 料金:3万円 バック率:60% バック金額:1万8,000円

お姉さん系がメインの東京デザイングループとしては数少ない、18歳~25歳の若い女の子がメインのお店です。

グループ内の他のお店とは見方を変える必要があるでしょう。

1位:デザインヴィオラ品川店

業種:人妻デリヘル 地域:品川

参考

90分 料金:2万4,000円 バック率:60% バック金額:1万4,500円

100分 料金:2万7,000円 バック率:59% バック金額:1万6,000円

120分 料金:3万1,000円 バック率:60% バック金額:1万8,500円

東京デザイングループでは最もランクの高いお店です。

人妻店という扱いにはなっていますが、上限年齢は30代なので、やはりお姉さん系のお店といった方がいいでしょう。

デザインリングとはそれほど料金が離れていないため、ワンランク上くらいのお店という認識でよさそうです。

東京デザイングループはお姉さん系中心。雑費は一切なし

東京デザイングループのコンセプトや細かいシステム面の補足をしておきます。

コンセプト

若妻系・お姉さん系の女の子がメインです。清楚で礼儀正しく、それでいて素人っぽさのある女の子が好まれます。

レベルも全体的に高いため、働ける女性はある程度限定されるでしょう。

その分、ハードサービスはないため、初心者でも安心して働くことができます。

また、人妻と不倫をしている気分を味わうため、ほとんどのお店に待ち合わせコースが用意されています。

特にデザインヴィオラは、営業が夕方から明け方までという非常に珍しいお店で、深夜に人妻と密会する雰囲気を大切にしています。

働ける時間が限定されてしまうという問題はありますが、この雰囲気が好きでやってくるお客も多いでしょう。

女の子のランク

デザインリングやデザインヴィオラでは、料金が2ランクに分かれています。

上位ランクに対応する女の子は在籍表で確認できるので、容姿や指名本数によってランクが決められると考えてよいでしょう。

上位のコースは1万円ほど料金がプラスされるため、バック金額も大幅に増えることになります。

雑費など

東京デザイングループでは、雑費が一切引かれません。

仕事に必要な道具もすべてお店から貸し出してもらえるので、手ぶらで出勤することもできます。

東京デザイングループは、働く上でいろいろと制限が多い

東京デザイングループは、際立った特徴こそありませんが、とても安定しているお店です。

長く働きたい人にも向いているでしょう。他にはメリットやデメリットはないのでしょうか。面接の前に確認しておきましょう。

東京デザイングループで働くメリット

サポート体制が整っている

託児所や寮、アリバイ・衛生対策など、必要なサポートはほぼそろっています。完全自由出勤でノルマもないため、安心して働けます。

待機場所の自由度が高い

待機場所はお店が用意してくれていますが、自宅やその他の場所でも、電話で連絡が取れるなら待機が認められています。

ハードサービスを要求されない

仕事内容はごく一般的なヘルスサービスで、素人系・お姉さん系というコンセプトもあってかハードサービスは要求されません。基本的なことができれば働けます。

東京デザイングループで働くデメリット

働ける女性がある程度限定される

20代~30代の落ち着いた雰囲気の女性で、かつ素人感が残っている人となると、かなり限られてしまいます。

ギャル系やロリ系、40代以上の人などは働くのが難しいかもしれません。また、ルックスも標準以上のものが求められます。

働く時間帯が制限される

最もバック金額が高いのはデザインヴィオラですが、夕方から明け方までという変則的な営業時間のため、お昼しか時間がない人は働くことができません。

バック率がはっきりしない

お店の公式サイトでは、曖昧なバック率しか公開されていません。

FC店の存在もあり、ネットの情報を集めても正確なバック率がわからないのが現状です。

仮に以前の情報通りバック率が50%程度だった場合は、稼ぎの効率が悪いと言わざるをえません。

まとめ:東京デザイングループは、夜働きたい人向け

東京デザイングループは、全体的に高レベルなお店であることは間違いありません。

ただ、1番稼げるお店の営業時間に癖があるという、ある意味では珍しい欠点を抱えています。

夜にだけ働きたいという人には強くおすすめできますが、昼に働きたい人は少し考えた方がいいかもしれません。

正確なバック金額もしっかりお店に確認しましょう。

-有名な風俗グループ
-,

© 2020 DazzBrity