おっぱぶ 東京 大阪

セクキャバ

おっパブ店選び方3選!東京&大阪で働くコツ※風俗嬢必見

2020年5月6日

「風俗で働いてみたいけど、なかなか勇気が出ないんだよね~。」

「わかる~。未経験なのにいきなり手コキとかフェラとかしたくないんだけど…。」

そんな方には十分に稼げてサービス内容もお触り、キス程度のソフトなサービスな“おっぱぶ”がおすすめです。

風俗未経験の方でも気軽に始められるのが特徴ですがいったいどうやってお店を探せばいいかわからないですよね。

そこで今回はお店の探し方やチェックすべきポイントなどをご紹介させていただきますので是非参考にしてください。

オールタイムとダウンタイム

東京や大阪などの主要都市で営業するおっパブ店のほとんどは、おしゃべり+上半身のみへのお触り+キス程度のソフトなサービスです!

キャバクラのように、お客さんの隣に座っておしゃべりをするので、ある程度コミュニケーションスキルが求められますが、そこまでハードなサービスをするわけではないので、風俗未経験の女の子にもおすすめです。

そんなおっパブ店ですが、お店によってはシステムが異なる場合があります。

よく見かけるシステムは、基本的にいつでも女の子へのお触りが許されるオールタイム制と、決められた時間のみ女の子へのお触りが許されるショータイム制です。

上記の二つのタイムでは、接客方法が結構変わってきますので、自分に合ったシステムを設けた店選びを心がけましょう!

例えば、「お客さんと会話をするのが苦手」なんて女の子は圧倒的にオールタイム制がおすすめ!

もちろんオールタイム制であっても、本指名を獲得するためにはある程度の会話スキルが必要ですが、どうしてもする会話が見つからない…なんて場合は、お触りやキスを中心に接客をすればいいからです。

反対に、「お触りやキスをされるのは嫌じゃないけど、できるだけ短い時間がいい…」なんて場合は、ショータイム制がおすすめです!

お店によって異なりますが、大体のお触り時間は一人のお客さんにつき5~10分程度がほとんどです。

求人サイトに記載されていない場合は、電話や面接で確認してから店選びをしてくださいね!

衣装は貸出のお店がおすすめ!

普通どこのキャバクラ店も、衣装は自分で用意するというお店が多いです。

反対に、おっパブ店は衣装を貸し出ししているお店が多いのですが、稀に、普通のキャバクラ店と同様、自分で衣装を用意しなければいけないお店もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

衣装を自分で用意するとなると、結構な費用がかかってしまいますからね。

ただし、衣装を貸し出してくれるおっパブ店でも、レンタル料として給料から差し引かれてしまうことがあるので、こちらも面接や電話で聞いておいたほうがいいでしょう!

悪質なお店の場合、一回のレンタルで2,000円とかぼったくられるらしいですからね。(これじゃあ自分で衣装を用意したほうがお得ですよネ)

地元から離れた店選びを!

できるだけ地元から離れた店選びをすることをおすすめします。

なんせ、身バレが怖いですからね…。

キャバクラと同様、一日にいろいろなお客さんの接客をしなければいけないおっパブ店は特に身バレが怖いです。

ここで、実際におっパブ店で働きながら身バレをしてしまった経験のあるKちゃんから話を聞いてみましょう。

Kちゃんのおっパブ身バレ体験談

『どんなところで働きたい!とか、特に店選びのこだわりとかなかった私。だから、家から一番近い東京のおっパブ店を選びました。当時はOLとして昼職と掛け持ちをしていたので、できるだけすぐに通えるところが良かったんですよね。そしてある日、悪事は起こりました。なんと、昼職の上司がご来店(笑)その時は本当に焦って脇汗が止まらなかった…。「キャバクラとかよく行くんだよね」って話をよく聞いていたのは事実だけど、まさか自分が働くおっパブ店に来るとは…。改めて世間の狭さを知りましたよ(笑)もちろん、お客さんですから、お触りやキスのサービスはしましたよ(笑)気まずいったらありゃしない(笑)本当に恥ずかしすぎて、翌日昼職には出勤できませんでした。結構おしゃべりな上司だったので、1日で職場に広まってそうだし、常識外れだけどそのまま昼職をやめました(笑)昼職とおっパブ店との掛け持ちを考えているという方、絶対に時間をかけてでも遠方の店選びをしたほうがいいと思いますよ!(笑)』

おっパブ嬢の給料ってどれくらいが普通?

ヘルスやソープなどの風俗店は歩合制ですが、おっパブ店の場合はほとんどが時給制になります。

実際におっパブ嬢として働く女の子たちに話を聞いてみると、時給は2千円~7千円程度が相場のようでした。

指名を獲得しながら、月に100万円以上稼いでいる女の子もいるみたいですよ!

ソフトなサービスでここまで稼げるんだったら大満足ですよね~!

まとめ:稼ぐためのコツ

イチャイチャ接客を心がけ、おっぱいのケアも忘れないように!

おっパブ店でより稼ぐためには、とにかくイチャイチャ接客を心がけるべきです。

風俗を利用する男性は、結構な確率で「女の子と恋人のようにイチャイチャしたい」って考えているそうです。

なので、女の子から積極的にボディタッチをしたりキスをしたりするのが有効です。

「この子は他の子より丁寧な接客をしてくれる」

「こんなに自らボディタッチをしたりキスをしてくれたりする女の子はいない」

こう思わせればこちらの勝ちです。

また、おっパブ店に来るお客さんの大半は“おっぱいフェチ”です。

性欲処理を目的にしたお客さんはおっパブ店ではなく、はなから風俗店に行きます。

つまりおっパブ店に来る男性は、「おっぱいを見たい!」「おっぱいを触りたい!」この欲望のほうが強いんですね。

だからこそ、おっぱいフェチの男性の心をグっとつかむようなおっぱいになれる努力も忘れないでください。

小さいおっぱいがコンプレックスなら大きくなるように毎日マッサージをする。

乳首の色が気になるんだったら、専用のクリームを購入してみる。

そんな小さな努力でも大切なことですよ!

ぜひ、今回紹介した店選びのポイントと、働くコツを参考にして、自分に合ったおっパブ店を見つけて稼いじゃってくださいね!

-セクキャバ
-, , ,

© 2020 DazzBrity