ロボットデリヘル SM 違い

デリヘル・箱ヘル

ロボデリとSMはどっちが日給高い?

2020年5月6日

似ているようで似ていないロボデリと、SMですが、プレイ内容やバックが分からないと入店しにくいですよね。

ロボデリとSMとでは内容がどんなに違うのか、そしてバック率はどちらが高いのか徹底けんしょうです!

ロボデリの特徴的プレイ内容!

まずはロボデリのプレイ内容を教えます。

ロボデリには、3段階のロボット指数があり1段階目のロボデリ嬢は自分の意思で動くことも喋ることもできます。

ロボット指数1なら普通のデリヘルとはあまり変わりませんね。

男性も女性もロボデリ初心者ならばロボデリ指数1を選んだ方がうまくやり取りができるので今後の訓練には最適です。

ロボット指数2の場合、必要最低限の会話しかしないので、コミニュケーションがなかなか取れない男性にとっては気楽にプレイをしてもらえるので楽しみやすいのではないでしょうか。

女の子も「今日はお休みなの?」「どこから来たの」なんてつまらない会話も必要なくなるので精神的に楽になります。

ロボット指数3の場合、必要最低限の会話をすることもなく完全にロボットになりきってしまいます。

生身のダッチワイフと考えてください。

あまりにも痛いことをする客ならば「痛いから止めて」とプレイを中断することもできますが基本的に意思を持たないロボットってのがコンセプトなのでほとんどの女の子は無言でやられるがままにされています。(さすがに本番はなしですが)

ある意味SMを超えた超SMと言ってもいいのではないでしょうか。

プレイ内容は普通のデリヘルに比べて過酷ですが、しゃべることや、客に媚を売ったりすることに疲れてしまった女の子にはぴったりなロボデリです。

例えば例をあげると、玄関でそのままロボデリ嬢をひざまづかせ即尺仁王立ちフェラもさせられます。

ご主人様の命令通りに動けばよいので、次のプレイを考えることもなく、ロボットになりきって仕事をすれば楽なのです。

その代りしゃべりで客を魅了している女の子や、客のいいなりになるのが嫌な女の子にとっては、苦痛でしかないのでロボデリは止めておいた方がよいでしょう。

SMの特徴的プレイ内容!

SMにはさまざまなコースが設けられています。

ロボデリヘルではほぼM女になりきらなくてはいけませんが、SMでは女王様もいるので、どちらもできた方が稼げるのです。

プレイ内容としてはフィニッシュは、素股、手コキ、口内発射、顔射とロボデリとあまり変わりはなさそうですが顔射は105分コース以上からつけられるオプションなのでロボデリよりは化粧直しの手間が省けます。

しかも痴女プレイ・ヘルスプレイ・イメクラプレイなど多彩に取り入れているので飽きることなく仕事ができますね。

SMプレイに欠かせない拘束束プレイやロープを使った縛り縛ることでロボデリよりもSM感が生まれます。

しかしSM初心者客は入りづらいのが難点なうえ、どこまでやったらM女が痛いのか把握していないので、たまに事故も起きてしまいますがロボデリと違って自分の意思表示をすることができるところが良いとこです。

女王様にいたっては奴隷君が気持ちよくなれるように自らもMを体験して訓練しているのでムチで叩いても痛いことはしません。

ロボデリで「ムチで叩いて」と言われたとしても、その日から働ける分力の加減もわからないのですがSMではきちんと力加減をわかっています。

まぁそもそもロボデリでムチで叩いて欲しいなんて客はまずいないので、客はまずSMクラブ行って女の子が何をされたら嫌なのかM女の気持ちを理解してきた方が安全に遊べるのではないでしょうか。

ただ無理やり痛いことや、嫌なことやるのではなく、ロボットだからといっても普通の女の子なので気持ちよくプレイをしてあげるように心がけほしいものですね。

そのためには客自身が少々痛い思いをするためにもSM が必要となってくるのです。

ロボデリとSMのバックの違いは?

似ているようで似ていないロボデリとSMのバックの違いはどうなのでしょうか。

同じだったら楽な方が良いですし、かなり違うようであればバックが高い方がより稼げるので、この2つの業種のバックを見ていきたいと思います。

痛い、汚い、危ない、事は一切ないように求人には書かれていて「ちょっとだけSM」ができれば即採用のようですが、ちょっとだけSMってのが気になるところです。

一応できることだけでOKってことは厳しい面もあるのではないでしょうか。

ロボデリのバック

60分:13,000円

90分:18,000円

120分:24,000円

180分:30,000円

若い女の子のデリヘルよりややバックがよいくらいですね。

本指名は+2,000円です。オプションのほとんどは有料で基本料金に入っているのは、小バイブ、ローターロープ1本!小バイブとローターは置いといて、ロープは拘束するために使うのでしょうか…。浣腸やムチは有料なので何でもOKにしたらかなり稼げることになります。

お次はSM店を見てみましょう。

バックには期待ができそうですが、果たしてロボデリよりも稼げるのでしょうか。

SM店のバック

60分:12,100円

75分:14,300円

90分:18,500円

120分:25800円

180分:40,700円

ん?ややバックはロボデリに劣りますね。

ようやくロボデリを越えてくるのは90分コースからです。

しかしSM店では60分では準備だけで時間が過ぎていくのでロングコースを選ぶ客が多くいます。

90分コース以上を選ぶ客が多いのでロングコースでも苦にならない女の子ならSMの方が稼げそうです。

指名料100%バックでオプションは50%以上なのですが、太客でたくさんのオプションをつけてくれる客さえ掴んでしまえばロボデリよりもガッツリ稼ぐことが可能となってきます。

ただし、ロボデリのコンセプトはソフトSM、本物のSM店の方がプレイはハードになってくるのだけは避けられません。

結局ロボデリとSMではどっちがいいの?

ロボデリとSMの違いやバックも見てきましたが、働くならばどちらが良かったのでしょうか。

これは女の子によりけりで、自分でプレイを進行させない方が楽、普通のデリヘルよりバック少しいいくらいのソフトSMの方が丁度よいという女の子にとってはロボデリの方が向いています。

長時間の拘束になる可能性は高いですし、がっつりとした SMプレイも苦にならない女の子であれば、SM店に入店した方が稼げる可能性は広がります。

とりあえずどちらにも体験入店に行ってみて自分に合っている方のジャンルを選んで本入店を決めましょう。

自分自身Mだと思っていてもどちらのジャンルにも合わないことだってあります。

普通のデリヘルとは違うので、必ず体験入店をしてから決めてください。

まとめ

ロボデリはロボット指数が高くなればなるほど、自分を押し殺してロボットに徹しなくてはいけません。

その代わり普通の風俗に比べ「シャワーを浴びて、ベッドでプレイして、え~っと…」なんて考えることもなく、客の言うがままに動いていればよいので、普通の風俗には疲れてしまった女の子にとっては楽なロボデリです。

一方SMは短いプレイ時間ではロボデリに劣ってしまいますが、ロングコースになると一気に稼げてしまう利点があります。

客も慣れた人しか来ないので、縛りも痛くなく案外慣れてしまえば楽なのかもしれません。

どちらで働くにせよ自分に合わなくては稼げないので突然働くのではなく、体験入店をフルに活用して自分にピッタリなお店を探してみてください。

-デリヘル・箱ヘル
-, ,

© 2020 DazzBrity