ハレ系グループ 日給 待遇 バック

有名な風俗グループ

風俗大手ハレ系グループで働いたら待遇良い?

2020年4月4日

風俗好きなら一度は耳にしたことがある、もしくは活用したことがあるというのが風俗のメガ組織、ハレ系グループです。

ハレ系グループは、全国に50店舗を構える日本最大規模のファッションヘルスチェーンです。

1993年に歌舞伎町にイメクラを開業して以来、札幌のススキノ、博多の中洲といった繁華街に進出してきました。

「フードル」という言葉が生まれたのもハレ系グループの影響とされ、一時は予約の電話で回線がパンクすることもあったといいます。

風俗業界は流行り廃れが激しく、10年続いていれば長生きだといわれます。

そんな業界で20年以上も生き残っているハレ系グループは、まさに老舗と呼べるでしょう。

それだけに、バックや待遇にも期待がかかります。

ヘルスの業界ではトップを走っているグループであり、奇抜なアイデアで風俗ファンを魅了し続けているハレ系グループの評判は高く、一度は遊びたいとされている風俗グループです。

ハレ系グループのバック率は高め。バック金額も公開されている

ハレ系グループは老舗だけあり、バック金額をほぼすべて公式求人サイトで公開しています。

全体的に、東京や横浜のお店の料金・バック金額が高い傾向にあります。

また、ロングコースの設定がなく、長時間プレイを希望するお客には60分×2本などの計算で対応しているお店が多いのも特徴です。

公式サイトには、その他の待遇や仕事内容も細かく載っているので、ぜひ一度見てみましょう。

バック金額のベスト3は以下の通りです。

※バック率やバック金額がわからない部分は、判明している部分から推測しています。

※早番・遅番があるお店は、早番の情報を載せています。

3位:チェリーBonBon 業種:店舗型ヘルス(素人系) 地域:横浜

60分 料金:1万4,000円 バック率:64% バック金額:9,000円

100分 料金:2万3,000円 バック率:57% バック金額:1万3,000円

120分 料金:2万8,000円 バック率:61% バック金額:1万7,000円

「普段街中で見かける女の子」を集めている素人系ヘルスです。

バック率は高めで、一般的なデリヘルなどと比べても稼ぎやすいでしょう。

2位:すべりん棒 業種:店舗型ヘルス(マット専門) 地域:横浜

60分 料金:1万4,500円 バック率:72% バック金額:1万500円

100分 料金:2万3,000円 バック率:74% バック金額:1万7,000円

120分 料金:2万9,000円 バック率:72% バック金額:2万1,000円

マットプレイ専門のお店です。この料金は9時~10時までのもので、バック率が非常に高くなっています。

他の時間帯だとバック率は少し下がりますが、それでもバック金額は十分高めです。

1位:ハマヘル同好会 業種:店舗型ヘルス(学園系) 地域:横浜

60分 料金:1万5,000円 バック率:73% バック金額:1万1,000円

100分 料金:2万5,000円 バック率:73% バック金額:1万8,000円

120分 料金:3万円 バック率:73% バック金額:2万2,000円

女子校生やスクール水着などのコスプレを扱っている学園系ヘルスです。

この価格帯のお店としては珍しく、プレイ内容に指入れや素股がありません。安全かつ効率よく稼げるお店といえます。

ハレ系グループはソフトサービス中心。女の子のランク分けはある

ハレ系グループのコンセプトや細かいシステム面の補足をしておきます。

コンセプト

全体的にソフトなヘルスサービスが中心です。

素人系、人妻系、学園系、メイド系と多彩な店舗をそろえており、お店選びの自由度が高いのもメリットですね。

また、老舗風俗だけあって、お店はどれも箱モノです。

女の子のランク

ネット指名バックは1,000円、本指名バックは2,000円~4,000円くらいになっているお店が多めです。

同じお店でも本指名バックにバラつきがあることから、女の子のランク分けも存在していると思われます。

雑費など

ハレ系グループでは、バックから雑費を引かれることはありません。

バック金額をそのまま持ち帰ることができます。

保証制度があり初心者でも働きやすい。仕事に厳しいという声も

ハレ系グループは、老舗風俗だけに口コミやレビューもたくさん見つかります。

ハレ系グループで働くメリット・デメリットを、口コミや待遇から分析してみましょう。

メリット

保証制度がある

入店してから3ヶ月間は給料の保証システムがあります。

お店にもよりますが、日給で3万円~5万円は保証してくれるので、初心者や自身のない人でも働きやすいでしょう。

お店の選択肢が多い

若い子中心のお店から熟女店までいろいろそろっています。

お店によっては、素股や指入れ禁止・お客からのタッチ禁止など、非常にソフトなサービスになっているところもあります。

自分のできる範囲にあわせて働けるのはうれしいですね。

バック率が高め

料金は安めですが、バック率は高いので稼ぎやすいといえます。

お客と2人きりにならない

店舗型風俗なので、ラブホテルや自宅でお客と2人きりになることもなく、安心です。

顔出しNGでも大丈夫

ほとんどの在籍嬢が顔を隠しています。店内のカメラでお客の顔を確認することもできるので、知り合いに会ってしまう可能性も低くなります。

出戻り歓迎

一度やめた女の子の復帰も受け入れてもらえるため、他店へ移って失敗した人でも安心して戻ってこられます。

福利厚生は全体的に充実

個室待機が可能で、出勤ノルマもありません。衛生管理もしっかりしており、マンションや託児所を紹介してもらうこともできます。

デメリット

仕事内容がかなり細かく、厳しい

店舗型風俗であるためなのか、あるいは老舗であるせいなのか、仕事に厳しいことで知られています。

仕事内容の詳細なマニュアルが用意されており、それに従って仕事をしなければなりません。

デリヘルのようなゆるい雰囲気を期待している人には合わない可能性があります。

バックの安いお店がある

先に紹介した3店舗は、いずれも標準的な料金で、バック率も高いお店です。

しかし、グループ内には料金がとても安いお店もあります。

安い分サービスも非常にソフトなのですが、たくさん稼ぎたい人はお店選びに注意しないといけないでしょう。

責め好きのお客が多い

受け身にならず女の子を責めたがるお客が多いらしく、慣れるまではかなりきついという口コミがあります。

2回も3回も発射したがるお客もいるようなので、体力が必要かもしれません。

嫌ならタッチNGのお店を選んだ方がいいでしょう。

ハレ系グループの最大の特徴

ハレ系グループの最大の特徴は男性客からしたら安く遊べるのに対して女性スタッフの給料が比較的高いということです。

その理由はHPの充実性が挙げられると思います。

HPが充実している店舗が多く、風俗嬢のアピールができているため回転率がいいのがハレ系グループの強みだと思います。

なんだかんだ今はHPを見てお店を選ぶ人ばかりなのでそれが充実していたら客も多く獲得できるようです。

つまりネット指名がとても多く、フリーを掴むチャンスもたくさんあるということです。

それに加えて知名度も充実しています。以前男性客に聞いたのですが、「迷ったらハレ系グループで遊ぶ」という人は結構いるようです。

もちろん全員が全員満足できるとは思いませんが、以前私が働いていた店に比べてパネマジや年齢詐称している女の子は少ない気がします。

それがリピーター獲得につながっているのではないでしょうか!

ちょっと難しい風俗用語

これは私の推測ですが、ハレ系グループが成功している理由として挙げられるのが茶消しや義理風呂が少ないのではないかということが挙げられます。

茶消しとはお茶を消すという意味ですが、「お茶」というのを説明します。

お茶は1人もお客さんが着かないことを指します。

お茶を引くのは不人気嬢、お茶を引けないのは人気嬢。

つまり、暇な風俗嬢=お茶嬢=お茶と呼ぶようになったのです。

つまりお茶消しというのは暇な風俗嬢を無くすことを言います。

ここでセットになってくる用語が義理風呂です。

義理風呂とはその店の関係者や、その知人友人などがお茶消しするため、そういった女の子を指名することを指します。

もちろんこの義理風呂はグループ内の男性スタッフが自腹を切るためあまりいいことではありません。

辞めさせないために義理風呂に入り身を削る思いをしなければいけない。それが続けば負担は大きくなります。

その他義理風呂のメリットはなく、逆にデメリットが多く(指名ではない、リピートを期待できないなど)できることなら避けたい風習です。

この義理風呂ですが、基本的には高級デリヘル店などで行われることが多く、そうやすやすとできることではありません。

余談ですが、地域によっては自分が働いている地域の風俗店で義理風呂をやってはいけない、もしくはプレイをしてもいけないという暗黙の了解があります。

話は戻りますが、ハレ系グループは安い店が多く、お茶消し、義理風呂とはあまり無縁です。

少なくとも私はそのような行為が行われているというのを聞いたことがありません!。

ハレ系グループを渡り歩くお客さんがいる

ハレ系グループで働くとごく稀に面白いお客さんと会うことがあります。

ハレ系グループの店すべてを全制覇すると意気込んでいる人です。

なぜか店舗ではなくグループを気に入っている人がいるのでそういったことも回転率の高さにつながっているのかもしれません。

またハレ系グループで働いていて、どうしても嫌な客から指名されることになったなんて言うと同じ系列店の違う店に移転させてもらうことができるのもグループの強みです。

こういった時はハレ系グループの巨大組織に感謝してしまいます!

また「この店で働きたい!」とか「もうちょっと時給の高い店で働きたい!」というのも叶うほか、ヘルプで入ることもあるので稼ぐこともできますよ!

ハレ系グループでいろいろな体験を

一重にハレ系グループと言ってもいろいろな店があります。

そのため「あんなことがしてみたい」ということであれば違う店舗で働くのは比較的容易にできます。

もちろんグループ以外の店からの入店も歓迎されていて(わたしもその口でした)すんなり働ける店ばかりです。

以前働いていたお店では茶消し、義理風呂が多かったなんて言う人はハレ系グループのお店で働いてみることをお勧めしますよ!

客層もバラバラで羽振りのいい客、若い客、紳士の客などいて働いていていろいろと刺激を与えられることばかりです。

安いのに評判がいい為働きやすく稼ぎやすいのでハレ系グループで働く女の子は比較的長続きしているんじゃないかなと思います!

まとめ:全体的に高待遇の老舗。安定して働ける

ハレ系グループは比較的安価に風俗嬢を提供していて男性客を満足することに長けています。

老舗らしく全体的に質のいいお店ばかりです。何となく風俗で働こうと思っている人が、最初に入店するにはちょうどいいでしょう。

全国に展開している分、お店ごとに細かくルールが違っているので、最初に確認しておくことが大切です。

自分にあったお店に入店できれば、長く安定して働けるでしょう。

大きなグループだと茶消し、義理風呂なんかが横行していますが、(横行というほど悪いことではありませんが)ハレグループは客が集まる人気ヘルスグループなのであまりそういったことは行われておらず、比較的高いレベルを保っていると思います。

茶消しを行っている時点で、売れない風俗嬢すら手元に置いておかなければいけないという状況なので必然的にレベルは下がってしまいます。

またハレ系グループで働くスタッフ、先輩方のノウハウや情報量はレベルが高く、目から鱗の情報を与えてくれることが多いです。

私は嫌な男性客の撃退方法や「やらせて君」の対処方法などを教えてもらいました。

スタッフ同士仲がいいのも特徴的です!

男性客は「一度ハレ系グループのお店で遊んでみたい」という人は少なくない為一日の実働時間が長く気づいたらものすごい稼いでいたなんてこともあります。

そして格安店のため入るのは容易で、面接に来たら大体が採用されると思っても大丈夫です!そして採用されたらすぐ働けるのも嬉しいところです!

他の有名グループも見てみたい方はコチラ
↓↓↓
東京の有名な風俗大手グループ一覧

-有名な風俗グループ
-,

© 2020 DazzBrity