チャットレディ 稼げる時間帯 曜日

チャットレディ

チャットレディの一番稼げる時間帯と曜日

2020年5月14日

チャットレディはインターネット上でのお仕事なので、働こうと思えばいつでも可能です。

しかしお客さんである男性がいないことにはいくら待機していても無駄になってしまいます。

チャットレディが狙うべき時期、時間帯について考察してみます。

極論を言うと24時間365日稼げる

チャットレディはお客さんさえいれば24時間365日稼ぐことはできます

「そんな極論言われても…」と思う方もいるかもしれませんが逆に言うと自分がログインすれば誰かお客さんが来てくれると言うような状態を作ることができれば勝ち組が確定します。

なのでチャットレディを始めた最初の内は特に「自分の存在を日々アピールすること」が必要なのです。

もちろんログインしている時間帯全てにお客さんが反応してくれるとは限りませんし、時には空振りに終わる日もあるかもしれません。

しかし、定期的にチャットに登場しお客さんがきになるようにアピールをし続けることでお客さんは必ずチェックします。

いつか自分とチャットをしてくれるお客さんが、今この瞬間サイトにログインしているかもしれないと常に考えて活動をすることで稼げる可能性は日を追って加速します。

24時間365日稼げるように、組み立てを考えると言うことが重要なのです。そのためには男性の行動パターンや思考を分析することも必要です。

男性は「一人でいる時間」に利用する

ライブチャットを利用する男性は、誰かと一緒にいる時には利用しません。

必ず一人でいる時に利用します。

自宅で行う場合はたとえ自室があったとしても家に誰もいない時にライブチャットを行う人の方が多いでしょう。

ですので結婚している社会人、実家暮らしの男性は自宅でライブチャットを行うタイミングはかなり制限されることになります。

そのため、この層はビデオボックスなど外出してライブチャットを行うパターンが多いという分析ができます。

「ビデオボックスに行ける時間帯がいつなのか」と考えてみればヒントになるわけです。

営業マンであれば外回りをしている時間帯にサボってビデオボックスに行く可能性はありますし、そうでなくても仕事を上がってから家に帰る時間帯の18:00〜21:00は一つの狙い目と仮定するのはアリです。

次に独身一人暮らしの男性の場合ですが、これは家にいるタイミングならいつでもライブチャットが可能です。

逆に言うと家に帰ればライブチャットができるのにわざわざ外出先でビデオボックスに行くメリットは少ないと言えます。

ですので仕事に行っている以外の時間帯が狙い目になるわけです。

日中働いている人であれば18:00〜03:00くらいが目安になるでしょう。

夜勤の男性の場合は仕事終わりが朝になるので06:00〜12:00が狙い目でしょう。

夜勤明けはムラムラするので固定客を掴むなら狙ってみるのもいいかもしれません。

不規則なシフトの男性が多いので、曜日等で予測が立てづらいのが難しい面ではあります。

ターゲットを決める

上記のことを考察した上でどのタイプの男性をターゲットにするかを決めるのも一つの戦術です。

たとえば、あなたがライブチャットに出勤できる時間帯が子供と夫を送り出した09:00以降なのであれば、まずは狙うべきは夜勤明けだったり外回り中にサボっているサラリーマンというのが一つ現れます。

この時間は主婦層のチャットガールの激戦時間ですので個性を出してとにかくエロさをアピールするのが効果的です。

また、仕事や学校が終わった後に副業としてライブチャットに出勤するならば、一人暮らしの男性を幅広く狙えるのでちょっと若い人向けの感じがいいでしょう。

可愛さをアピールするか大人のどすけべっぷりをアピールするか、とにかく大勢の人に刺さりやすい見せ方が効果的です。

加えて男性は中高年になると、若くてとにかく可愛い子を愛でるか、過激などすけべ女とエロチャットを楽しむかに分かれます。

自分がどちらの見せ方に向いているかを分析することも必要なのです。

チャットレディが稼ぐための時期考察

次に時期によってどのような動きがあるのか考えてみます。

6月に年末年始と同じようなアピールの仕方をしても刺さるとは限りませんし、お客さんの入れ替わりもあります。

年間での組み立ても計算に入れつつ時期に左右されないチャットガールライフを確立しましょう!

12月・年末年始

この時期はボーナスが出る男性も多く懐が非常に暖か、さらに街は消費を促進する華やかなムードにあふれ、一人暮らしや家庭が冷え切っている男性の場合は寂しさを埋めるように飲み屋や風俗を利用する傾向があります。

ライブチャットといえども例外ではありません。

特に12月後半に入ると業務も落ち着き顧客への挨拶回りも終わってくるので定時で上がれたり有給を消化したりする人が増えます。

時間と金はあるけれど彼女もおらず出かけるところもない男性にとってライブチャットは格好に暇つぶしです。

12月後半から年始の休み明けまでは暇な男性の需要が爆発するのでライブチャットはかき入れ時です。

「年末はともかく年始はどうなの?」と思う女性も多いかもしれませんが、元旦をおとなしく過ごしたとしても1/3くらいから仕事始めくらいまでは暇で仕方がなくなります。

実はキャバクラやガールズバーもこの時期はかなり人が入るのです。

出不精な男性にとってはライブチャットは格好な遊びということになります。

この時期に1年の半分程度の売り上げを叩き出すライブチャットの会社もあります。

とにかく稼げる時期ですので、この時期を狙うのであれば10月後半くらいにはライブチャットのお店に入店して地盤固めをしておきたいところです。

1・2月

年末の狂騒を終えて、懐が寂しくなった男性が多い時期です。

ある意味チャットレディにとっても苦しい時期ですが、この時期にしっかり種まきを行なっておくことで春に稼げるチャンスが広がります。

また、年末年始で活動を止めるチャットレディが多いのでライバルもごっそりいなくなる時期です。

チャットレディの顔ぶれも変わる時期ですので、オキニの嬢を失ったお客さんをゲットするチャンスでもあります。

元気がない時期ですが唯一盛り上がるのがバレンタインデー。

このタイミングはライブチャット各社もキャンペーンやイベントなどを打つので男性客のログインが一瞬盛り上がります。このタイミングで目立つことは春の結果を左右します。

3・4月

サラリーマンや公務員、学校関連の仕事であれば、年度末ですので3月は非常に忙しい時期です。

懐具合は通常運転に戻ってはいるものの仕事が終わるのが遅かったり疲れている男性が多い。

とはいえ、深夜帯は盛り上がる可能性がありますし業種によっては3月の上旬を乗り切ればゴールデンウィークまでは余裕があるような会社もあります。

歓送迎会が活発になる時期でもあるのでお酒の席も増えるでしょう。

酔った後にムラムラしてライブチャットという流れは可能性が高いです。

また、春になって性欲が復活する男性も多いので季節感のあるエロい雰囲気で悩殺しちゃいましょう!

ゴールデンウィーク

年々ゴールデンウィークは長くなっている印象ですが独身男性の場合実はやることがないというパターンが多いです。

連休序盤で派手にお金を使ってしまい現金がない…あと一週間どうやって過ごそうかというケースもあります。

一人で部屋でヒマつぶしができ、クレジットカード決済できるライブチャットは格好の遊びです。

暇を持て余した新規の男性客が大量に会員登録する時期でもありますので1年の前半の大きな稼げるタイミングと言えます。

ゴールデンウィーク明けから7月

ゴールデンウィークが終わると一旦落ち着きますが、年末年始ほど極端ではありません。

ゴールデンウィークでライブチャットにはまった男性がぼちぼち利用してくれますし6月はボーナスの時期です。

加えて雨が増えるので室内で過ごすことが増えます。

いつもは風俗に行っていたような男性が試しに利用したり、雨宿りと暇つぶしを兼ねてビデオボックスに入った男性の利用は期待できます。安定して稼げる時期と言えるでしょう。

7月は夏本番が始まり身も心も開放的になる季節です。

6月末に出たボーナスをライブチャットで消費する男性が増えます。

また、7月は夏に向けてたくさん稼ぎたいチャットレディが増えるので女性的にはライバルが増加しますが、男性的には新しいオキニを見つけられる可能性が高い時期です。

チャット自体は非常に盛り上がるので、競争に勝てれば美味しい時期と言えます。

8月・9月・10月

水商売の用語でニッパチ(2・8)というように2月と8月は客足が厳しい時期というイメージがあります。

しかし、現代はお盆休みの時期も業種や職種、雇用体系によってバラバラになってきているので、昔ほどは8月が悪い時期とは言えなくなっています。

結婚している男性の場合は夏休みを家族で過ごさないといけなかったり帰省があるので客足は減少しますが、そうでもない限りはそこまで関係がありません。

むしろ男性客が減るのはチャットレディのログインが減りチャット自体盛り上がりに欠けるからという理由があります。

ライバルが少ないこの時期に目立つことで稼ぐことは可能なのです。

9月は社会が平常運転に戻りますが、シルバーウィークもあり消費は活発になります。

ライブチャットも安定して稼げる時期です。9月は転職者が多い時期でもあり、この時期にチャットレディの入れ替わりがまた発生します。

新規のお客さんを掴む狙い目の時期です。10月の前半にまた連休があり、なんとなく秋に突入していきます。

戦略的な女の子はこの時期くらいから年末に向けて地盤固めを行なっていきます。

競争がそこまで激しくないですし、忙しさとしてもぼちぼちなので慣らし運転には最適です。

ハロウィン

近年盛り上がるハロウィンですがライブチャットとの相性は抜群です。エッチなコスプレイベントという意味合いが強く、年末の直前に盛り上がる最後のタイミングです。

ハロウィンをクリスマスの予行練習と捉えるのもありです。ハロウィンで盛り上がるのは本当に一瞬ですので、しっかり準備してお客さんに確実にきてもらいましょう。

11月

11月は年末年始に向けた仕込みの時期です。消費行動も落ち着き、男性客の動きも少し鈍ります。

ただ動きがいまいちだからと行ってサボっていると、新規でチャットレディを始めた女の子に12月の売り上げをさらわれてしまう可能性があるので要注意です。

この時期は既存のお客さんを絶対に逃さないようにしつつ、新規の種まきを行うという意識を強く持つ必要があります。

チャットレディが稼ぐための時間帯考察

チャットレディが稼ぐためには時間帯に合わせた動きも必要です。

これは一例ですが介護施設で働いている夜勤明けの男性職員は夜勤明けの看護師とライブチャットで遊ぶという行為に興奮するかもしれませんのでナースのコスプレがウケがいいかもしれない、などいろいろ想像することができるでしょう。

全ては家庭をして実行しないことには始まりませんので、時間帯に合わせていろいろ工夫してみましょう。

考えたという行為は決して無駄にはなりません。

0:00〜03:00

寝る前に一ヌキしたい、癒されたいという日中勤務の方のゴールデンタイムです。

あとは寝るだけなので、チャットの盛り上がり次第ではいつまでも引っ張れる可能性があります。

稼げる可能性が高い時間帯です。

03:00〜06:00

眠れない男性、翌日休みの男性がログインしています。トータル人数でいうと流石に少ないですが、女の子の人数も少ないので目立つ可能性が高いです。

06:00〜12:00

夜勤明けの男性のゴールデンタイムです。明けといっても結構長いので午前中全部と考えていいでしょう。

この時間にログインする男性はとにかく頭がエロい状態になっているので過激な雰囲気の女性に注目が集まります。

セクシーさを前面に押し出した感じは効果的ですし、エッチな熟女系との相性は比較的いい時間帯です。

12:00〜18:00

この時間帯からサラリーマンの利用が増えていきます。主な利用場所はビデオボックスからとなり、パック利用の制限時間である2時間、3時間の利用の間でビデオチャットも遊ぶという動きです。

「ビデオボックスでAVを見てサクッと抜いたら昼寝しようと思って入ったけど、ライブチャットってのを試しにやってみるか」というスポット新規のお客さんが増える時間帯でもあります。

18:00〜21:00

仕事終わりの男性で賑わい始めます。自宅に帰る前にサクッとビデオボックスでというニーズが多く、固定客がログインしやすい時間帯と言えます。

サラリーマンの固定客をつけるならこの時間帯は狙うべきでしょう。

21:00〜0:00

自宅でもビデオボックスでも一番盛り上がる時間帯です。競争も激しいですが男性のログインも多いので、タイミングを逃さないように夕方早くから待機していた方が良いでしょう。

チャットレディで稼ぐための曜日考察

次に曜日別の傾向を見ていきましょう。金土が盛り上がるのはイメージできる方は多いはずですが、金土に盛り上げるための動きというのもあるので週末だけ頑張ればいいというのもまた違うのです。

月〜木

平日の特に前半はライブチャットにログインする男性は少ないのでしょうか。

金土日と比較すると当然少ないですが、平日休みの男性もいるので、必ずしも利用が少ないかというとそうでもありません。

それにこれはライブチャットに限らず風俗店等でも似た傾向がありますが、金土日に集客がうまくいった週は月曜火曜にウェブサイトへのアクセス数が多いというデータがあります。

このデータからは男性客が週の頭に週末遊ぶ女の子を見繕っているという行動が見えてきます。

金・土・日

なんだかんだ言っても金土日は一番集客しやすい曜日であることは間違いありません。

金曜夕方から日曜の夜までは稼ぎ時です。

特に土日の日中はビデオボックスに競馬観戦ユーザーという層がおり「競馬で勝ったからライブチャットでも試しにやってみるか」というニーズが生まれやすいです。

深夜帯も翌日の仕事を気にしなくていいので盛り上がります。

自分がINしている時間に集まってくれるかが重要

ここまでいろいろ分析をしましたが、一番重要なのはチャットレディが待機しているタイミングでお客さんが遊びにきてくれるかということです。

これが実現できれば時期や時間帯に左右されずに稼ぐことができます。

そんなことが可能なのかと不審に思う女の子も多いと思いますが、しっかり告知と追客を行うことである程度可能です。

既存のお客さんには定期的に告知メッセージを送る、自分のプロフィール等にスケジュールを掲載する、その日のチャットを終えた際には次いつきますということを見てくれた人にもれなく伝える、当たり前のことですが非常に大事です。

「次いつログインするかなんて約束できない」という女の子も多いでしょう。

しかし、稼げている女の子はしっかり自分のスケジュールを組み立てて固定客をつかんでいます。

固定客がいないと毎回新規のお客さんを捕まえることになるので、それこそ今回紹介した時期的なものに左右されやすくなります。

結局継続は力なり

定期的、継続的に活動しているチャットレディは固定客をつかみやすいです。

気に入ったチャットレディの登場頻度が多ければ「今日あの子いるかなー」ということで男性客がライブチャットを巡回に来る確率が上がります。

これが登場頻度が低くて不定期すぎる子だと最初のうちはチェックしに来るかもしれませんが、いつ見てもいなければ他の女の子に流れてしまうかもしれません。

チャット上とはいえコミュニケーションをとりせっかくファンになってくれたのに、これでは勿体なさすぎます。

結局常にサイトにいる子にはかなわないというのはその通りで、頻度が少なければ少ないほどしっかり告知を行い登場した日に確実に集客をするという意識を徹底しなければなりません。

それに、お店に出勤して待機をしている場合にお店によっては待機保証が出ているケースがあります。

たまにしか出勤しない上に出勤してもお客さんがつかないというのでは、いつクビになってもおかしくありません。

自分が出勤した時にお客さんがついてくれればお店からの信頼が上がりますし、確実性が高ければ条件も良くしてくれる可能性が上がります。

まとめ

今回はチャットレディが稼げる時間帯と曜日について考えてみました。ただ、稼げそうなタイミングというのはどのチャットレディも狙ってきますので、戦略なしに待機していてもライバルに持って行かれてしまうでしょう。

場合によってはログインしている男性が少なくても、ライバルが少ない時間帯を狙ったほうがいいかもしれません。

正解というのはありませんので、自分に合ったやり方で継続的に待機を続けることが最も重要です。

自分が待機している時に誰かしら遊びにきてくれる、これを目指してチャットレディ道を邁進してください!

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-チャットレディ
-, ,

© 2020 DazzBrity