風俗業種 ソフトサービス

ソフトプレイ風俗

ソフトサービスと呼ばれる風俗業種

2020年5月14日

いきなり見知らぬ男性にフェラしたり裸で抱き合ったりは無理。

でも風俗で働かないといけないくらい切羽詰まってる・・・

風俗ほどの負担じゃなくても風俗くらいの高収入のお仕事はないのか。

少々わがままな要望かもしれませんが、この条件を満たすお仕事と言えばやはりソフトサービスでしょう。

ソフトサービスは広い意味では風俗に含まれるものの既存の風俗と比べると女の子の負担は小さく、それでいて風俗級の高収入を得られるとあって女性からも人気を集めています。

それではソフトサービスとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

派遣タイプが増えている回春サービス

ソフトサービスを決定付けたと言っても決して過言ではないソフトサービス。

それは回春エステです。

これは他の風俗とほぼ同水準の高収入ではあるもののサービスに関しては他のデリヘルやソープなどと比べると女の子の負担はとても少ないです。

なぜなら回春サービスはハンドサービスとも呼ばれているように基本サービスが手だけで男性を満足させるタイプのサービスです。

基本はオイルマッサージから始まりローション手コキで射精に導くのが回春サービスになります。

フェラをする必要もキスをすることも無いです。

女の子にとっては負担は少ないものの、「それで男性客は満足なの?」という素朴な疑問をお持ちの女性も多いかもしれませんが、男性の性癖も多種多様です。

舐められるよりも手の方が好きな男性は案外多いのです。

快感にはある程度力も必要ですが、口の圧力と手の圧力。どちらの方が力強いのかは説明するまでもないはずです。

また、自慰に慣れている男性の場合、自分の握力で常に気持ち良くなっているため、女の子のお口ではそこまでの快感はなく、手の方が断然気持ち良いと感じる男性も多いのです。

つまり相手の男性を上手く騙して手だけで済ますのではなく手だけと男性側も了承した上でのサービスなのでトラブルにもなりません。

また、回春サービスも様々で、オプションが用意されていたり、途中からデリヘルコースに変更することも可能な店舗も存在しますので入店する際にはしっかりとリサーチしてください。

デリヘルコースの場合はソフトサービスから舐めたり舐められたりといった通常の風俗へと変更になりますが、収入はもちろん高くなります。

またデリヘルコースは必須ではないので、事前にできないことを店舗側に伝えておけばソフトサービスだけでも可能なお店ばかりです。

風俗と比べれば女の子自身の負担は断然楽なので、割の良い高収入案件と言えるでしょう。徐々にお客も増えているだけに、狙い目です。

オナクラは「楽に高収入が可能」

オナクラという業種も増えつつあるジャンルです。

こちらも広い意味では風俗に分類されるものですが、オナクラはいわばオーダーメイドな風俗と考えると分かりやすいです。

オナクラはオナニークラブの略で男性がオナニーをするのを見ているだけという基本コンセプトのアルバイトです。

回春の場合、手や舌で奉仕しますがオナクラの場合は見ているだけで良いので負担は一切ないのです。※オプションもあるが事前に拒否可能

女の子からすると楽であると共に「男はこれの何が楽しいの?」と疑問に思うかもしれません。

ですが先にもお話したように男性の性癖は多種多様です。

女の子に見られながら一人でオナニーすることに興奮する男性もいるのです。

また、オナクラは基本料金が他の風俗と比べるとかなり安く設定されているので手軽に入りやすいですし、オプションによっていろいろなサービスを追加出来るのも特徴です。

オプション内容でフェラチオまであるオナクラもある程です。

つまり、女の子もオプション次第でガンガン高収入が可能になるのです。

オナクラは男女共々自分の好きなようにオプションを加える風俗なのです。

安く済ませたい風俗客と自分の好みのプレイだけを楽しみたい男性にとって基本料金を抑えられるオナクラは理想の風俗なのです。

一方働く女性としても自分の出来るラインを設定出来ます。

あくまでも自分はあまり負担をかけたくないのであれば無理のない範囲でオプションを設定すれば良いです。

逆に何をしても良いのでガンガン稼ぎたいのであればオプションはなんでもOKにしていればその分お客も増えるでしょう。

どれだけ稼げるのかは自分がどこまでのオプションを可能にするかにかかっているのですが、仮に何もしないとしても、他のお仕事に比べれば高収入ですし、負担は少ないのでこちらも割の良いお仕事と言えます。

求人も増えつつあるだけに、「楽して高収入」を目指すのであればお勧めです。

少々毛並みが異なるセクキャバ・おっパブ

セクキャバ、おっパブなど様々な呼び名があるこちらのジャンルは、風俗というよりもキャバクラの延長線上にあると考えてください。

基本的にはお客とお酒を一緒に飲んで楽しみます。

給与体系もキャバクラ同様、ベースとなる時給からお客が使ってくれたお金のうちのいくらかをキャッシュバックしてくれる制度なので、人気が出てお客が自分と一緒にたくさんお酒を飲んでくれればくれる程、高収入になります。

ですが、キャバクラとの違いがあります。

それはサービスタイムがある点です。

セクキャバは途中でサービスタイムが用意されており、その時間は女の子はトップレスになってお客と向き合います。

男性は女の子のおっぱいをいろいと楽しむ時間ですが基本的にはここまでです。

これ以上のサービスはありませんので、おっぱいだけまでなら許容範囲という女の子にとってはセクキャバは魅力です。

風俗のように直接男性に奉仕するのではなく、あくまでも胸を攻められるだけになりますので体の負担もそこまでではありません。

難しい点としてはお酒を飲んでいる相手がお客になりますので、キャバクラ同様時にはお酒で泥酔した相手も冷静に対処しなければなりません。

その点ではそれなりのトークスキルも必要になってくるでしょう。

風俗の場合、とにかく奉仕精神さえ持っていれば自ずと人気は出てくるものですが、セクキャバの場合は奉仕精神は必要ありません。

その分トークスキルが求められます。

スタイルに関しては巨乳好きもいれば微乳好きもいるのであまり気にする部分ではありません。

これらは女の子が直接何かを行うサービスではないだけに、俗にソフトサービスと言われているのですが、男性は女性相手だからこそ満足するので他のサービスよりも料金が高く、その分女の子も高収入が可能です。

-ソフトプレイ風俗
-,

© 2020 DazzBrity