風俗出稼ぎ 危険エリア

本指名返し・稼ぐコツ

出稼ぎ風俗バイトで危険な田舎風俗店の特徴

2020年5月14日

近年人気急上昇中の風俗出稼ぎ。

旅行なども踏まえて出稼ぎを考えている方も多いのではないでしょうか?

なんでも出稼ぎには保証なり交通費支給なりがあるので、かなりガッポリ稼げちゃうのが嬉しいですよね。

しかし!どの出稼ぎも安心して働けるわけではありません店舗によってはトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるんです。

特に田舎の風俗店には要注意。

都会では考えられないようなスタイルの店舗も少なくないので、応募時にしっかりと見極める必要があります!

今回は、そんな田舎の怪しいお店の特徴をご紹介しますので、出稼ぎの際の参考にしてください。

待機場所がスナック!?

都会の風俗の場合、無店舗型のデリヘルであっても待機場所はアパートやマンションの一室であることが主流です。

しかし、田舎の風俗バイトではスナックで待機をするというケースも稀にあるようです。

都会ではありえない話ですが、待機場所がスナックの店は、待ち時間にスナックの業務をさせようとしている場合もあります。

あらかじめ求人サイトなどにその旨を掲載しているのならまだ良いのですが、大半のお店がそのような情報を無掲載で営業しているので、いざ出稼ぎに来てみたら待機場所がスナックだった!というトラブルに巻き込まれてしまうんです。

この場合、オーナーが田舎でスナックと風俗の両方を経営していることが多いので、出稼ぎへ行く前にインターネットで住所を確認してスナックやガールズバーなどの店舗があるのかを調べておくといいでしょう。

風俗嬢にとって、待機時間はリフレッシュができる唯一の時間です。

風俗の出稼ぎに行ったのに待ち時間にスナックで働かせるなんて、とてもじゃないけど働きやすい環境とは言えませんね。

ただし、田舎の風俗は絶対にこのようなスタイルだ!という訳ではないので、出稼ぎに行く前に店舗の情報をしっかり確認しておきましょう。

従業員が慣れ慣れしい

これは田舎の風俗だけに限ったことではありませんが、オーナーや店長、男性従業員などが風俗嬢たちに対して必要以上に慣れ慣れしいような店舗は警戒するべきでしょう。

何度も同じ店舗に出稼ぎへ行きその中で親しくなる分には問題ないのですが、初対面なのにも関わらずやたらと距離が近い男性スタッフには要注意です。

そのような人は、あなたの少しの失敗で「裏切られた!」と勘違いをしてトラブルだと押し付けてしまう傾向が強いです。

結果的に、そのようなトラブルが保証未払いだの給料未払いだの大きな問題に発展していってしまいます。

特に田舎の人にはそのような傾向が強いので、出稼ぎ前の電話の問い合わせ時などで人柄をチェックするといいでしょう。

また、そのような人間は、仕事とプライベートを使い分けることができていない傾向もあります。

あくまでビジネスなので、初対面のキャストにはある程度の距離を保つのが普通です。

「保証を出しているのは俺だ!」と天狗になりすぎて、自分の思い描くビジネスの形を女の子に押し付けすぎるような人にも注意です。

そのような自我の強い人はトラブルを起こしやすいので注意しましょう。

資金が全く無い

勘違いしてしまいやすいのですが、暇なお店ではなく、あくまで資金の無いお店が危険な店舗の特徴になります。

風俗業界だけに限らず、どの業界にも繁忙期や閑散期があるものです。風俗では、大体8中旬~9月、2~3月などが閑散期に当てはまります。

この時期に出稼ぎに行っても、大抵どのお店も暇なのでそれだけで「この店は潰れそう!危ない!」と決め付けてしまうのは良くありません。

本当にチェックしてほしいのが、資金がしっかりあるか、というところです。

資金力の無いようなお店は本当に危険です。

暇な店であっても資金がある以上、広告を打つことも可能なので閑散期を乗り越えれば集客が回復するケースもあります。

しかし、資金のないお店は広告も打てませんし、女の子へ保証を付けることもできず、給料未払いで潰れてしまうという結果に陥ってしまいます。

実際に資金が無いお店のトラブルに多いのが「保証終了日の前に女の子が帰るよう店で仕向ける」というもの。

どういう意味かと言うと、出稼ぎの最終日やその前日に仕込みの客を使い女の子に対してのクレームをわざと入れて途中で帰るように仕向けるというものです。

びっくりですが、田舎の風俗で実際にあったトラブルです。

このような店の罠により途中で帰らされてしまうと、頑張って働いた給料も、支給してもらうはずだった交通費も宿泊費も貰えずに終わってしまいます。

この場合、いくら店舗側に未払いの給料がある旨を伝えても、「クレームが入ったから保証金は払いません」と言われて泣き寝入りしなくてはいけなくなってしまうんです。

悪質店舗に対して、どんな対策を行えばいいの?

では、田舎の出稼ぎ先が上記のような悪質な店舗だった場合、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

残念ながら、これは「事前に情報を調べておく」しか方法はありません。出稼ぎが始まってから悪質店舗だと気付いてももう遅いのです。

掲示板や口コミサイトでしっかり情報を調べてから出稼ぎに行きましょう。

もし不安なら、大手グループが展開する田舎の店舗を選ぶと良いと思います。営業歴のある大手なら給料未払いなどのトラブルは絶対にありません。

もし出稼ぎに行きたい地域に大手がないなら、友人が以前働いたことのある店舗を検討してみるのもお勧めです。

やはり、実際に勤務した人にリアルな情報を聞くのが信憑性がありますからね。

既にトラブルに巻き込まれてしまったという場合は、風俗専門の相談センターに問い合わせしてみるという手もあります。

お勧めは「風俗トラブル弁護士相談センター」です。相談は無料で取り扱ってくれるので、気軽に電話をしてみてください。

まとめ

田舎の風俗へ出稼ぎに行く女性が増加している分、トラブルや問題も増えているのが現状です。

自分の身は自分で守るしかありません!

「出稼ぎ先が悪質な店舗だった」の過去形では時すでに遅しです。

出稼ぎに行く前にしっかり店舗情報を調べて、後悔のないように働いてくださいね

-本指名返し・稼ぐコツ
-,

© 2020 DazzBrity