風俗嬢 偏見

風俗あるある

風俗嬢への社会的偏見がなくならない理由

2020年5月14日

一昔前に比べると、現代は性産業への偏見がかなり薄くなったような印象を感じますね。

AV女優が堂々とテレビ出演なんて、少し前までは考えられませんでした。

しかし風俗嬢への偏見は、未だに一定数においてあります。どうしたら風俗嬢への偏見がなくなるのか、勝手に妄想してみました。

なぜ風俗嬢への偏見はなくならない?

人間の三大欲求の中でも、性にまつわる話題はそうそう人には言えませんし、それでお金を稼いでいるという人も、堂々と仕事内容を告げることができません。

考えたら少しおかしな話ですよね。「眠たい」「お腹空いた」は誰はばかることなく堂々と言えるものですが、「セックスしたい」と言ったら、正気を疑われかねません。

人間は動物と違い、性行為に“快楽”を伴う生き物です。

子作りのための「繁殖」は堂々と言えるけれど(「妊活」という言葉が市民権を得ているのですから!)、「性行為」はお互いの快楽のみのために行う行為であるから、恥ずかしい。

快楽をお金でやり取りする性産業は、恥ずかしい仕事、という意識が多くの人にあるから、セックスワーカーは偏見の対象になるのかもしれません。

「楽して金儲け」ができる仕事

今も昔も、風俗嬢や性産業は「楽して金儲けができる仕事」という風潮があります。

確かに20代の女性でも、容姿レベルが高い、スタイルが良いなど、恵まれたものを持っている女性であれば年収1,000万円を超える収入を得ることも珍しくありません。

もちろんその金額を得るために、差し出しているものはたくさんあるのですが、世間はそういった所に目を向けず「楽して金を稼ぐなんて、けしからん」といった考えから、風俗嬢に偏見を持ってしまうのでしょう。

だらしない女性がなる仕事だから

「風俗で働いている女性はだらしない人が多い」という偏見があります。

確かに、ハッキリ言えば生活や時間にだらしない人が風俗には多いです。

生活がだらしないから風俗の仕事をしているのか、風俗の仕事をしているからだらしなくなったのかは、風俗嬢によって違いますが、もちろん嬢の中にも時間に厳しい人や真面目な人もいます。

一部の人を見て「ほら、風俗嬢なんてだらしのない人がやるものだ」と指さして笑うのは、ちょっと違う気がしますよね。

風俗嬢=「楽して稼げる」仕事ではない!

最近は聞かれなくなりましたが、「3K」という言葉がはやったことがあります。

Kとはつまり「キツい」「汚い」「危険」で3K。

看護師や介護士など、肉体労働に従事している人を指していましたが、これは風俗業界にも言えることですよね。

体力を使う仕事ですのでクタクタに疲れるしデリヘルの仕事は危険と隣り合わせと言えます。汚いは言うに及ばず。

今どき風俗の仕事が「楽して金儲けできる仕事」と勘違いしている人は少ないかもしれません。

確かに普通の仕事では考えられない程の金額を稼ぐことはできますが、対価は充分に支払っていることを、知っていてもらいたいものです。

仕事ができないから風俗嬢になる?

「昼間の仕事ができないから、風俗の仕事なんてしているんだ」と偏見を持つ人は言います。

確かにそういった理由で風俗の世界に入る人もいます。普通の仕事ができないといっても、誰か食べさせてくれる人がいないのであれば、何かしらでお金を稼がなければなりません。

「人はひとりひとりが違って当たり前」のはずなのに、風俗の仕事をしていると、一様に同じ物差しで測られてしまいます。

風俗の仕事をしている、というと、一様に「ああ、昼間の仕事ができなかったのね」と影で笑うことはやめて欲しいですよね。

男の理想と女の現実

男性は、女性が風俗の仕事をしているというと、決まって「女は良いよな。気持ちいい思いをしてお金を稼げるなんて」といった事を言います。

これも「喝!」と言いたくなる偏見ですよね。

女性にとって感情の伴わない相手との性行為が、どれだけ苦痛に感じることなのか、この手合いには何を言っても無駄かもしれません。

本当に気持ちいい、楽しい、と思いながら仕事をしている風俗嬢がどれだけいるでしょう。

こういった偏見が、風俗の仕事をしている女性の地位をさらに下げていると考えられます。

勝手に妄想!こうすれば風俗嬢への偏見はなくなる!?

ここからは筆者個人の勝手な妄想で「こうすれば風俗嬢への偏見がなくなる!」を発表したいと思います。

性産業をアミューズメント施設化すれば、偏見はなくなる

初っぱなから「無理!」の声も聞こえますが、あくまで妄想ですので。

性産業はクローズな仕事であるのならば、思い切りオープンにしてしまえば偏見もなくなりますよね。

この際、性産業もスパリゾート施設のように、大々的なアミューズメント施設にしちゃいましょう。

そこで働く風俗嬢も「サービス業の一環」となり、偏見もなくなるでしょう。

もちろん公平を期すため、男性風俗スタッフが女性を癒し、快楽を与える「女性のための風俗施設」も同様に設立します。

日本が世界に誇れる“おもてなし”の精神でもって、全ての健康な男女に性的解放を!結構はやりそうな気がしますが、どうでしょうか。

セックスワーカーという仕事をオープンにする

インターネットが普及したおかげで、風俗の仕事がどういったものか、知る機会も増えました。

実際にセックスワーカーをしている女性自身が、ブログやSNSを使って風俗の仕事について発表していますし、AV女優がテレビ出演するなんて、昔では考えられないことです。

セックスワーカーはどんどん社会進出をする

とは言え、風俗の世界はまだまだ根強い偏見を持つ人がたくさんいます。

風俗の仕事に従事している人は、テレビや雑誌などのメディアにどんどん進出をして、「風俗の仕事は特別なものではないんですよ!」というアピールが成功すれば、もっと偏見がなくなるかもしれません。

テレビや雑誌、ラジオなど、露出をもっと増やしてアピールをし、アイドルのように歌やドラマで活躍すれば…「風俗嬢」も芸能人の一環のようになるかも?

風俗業への偏見は昔から

古今東西、女性が体を売る商売は追い詰められた場合の最終手段。

「風俗に身を落とす」といった言い方をしています。

そう、“落とす”のであって“上がる”ものではありません。

どれだけ時代が変わったと言え、昔からの偏見を変えることは簡単なものではありません。

風俗の仕事をしている女性自身も、風俗の仕事を隠していることが多いのは、世間の目や偏見がある、ということを充分に分かっているからでしょう。

性産業への偏見はなくならない

偏見のない人はいません。どれだけ公平なものの考え方をしている人でも、一定の価値観による言動をしていますので、多かれ少なかれ、どこかに偏ったものの考え方はあります。

ある人たちにとっては、風俗の仕事に従事している人を偏見の対象としています。

偏見は人を傷つける可能性がありますが、考えを変えることはとても難しいので、「そういう考えの人もいる」と諦めてしまう方が双方、楽になります。

風俗に偏見を持つ人に会ったら「あなたはあなた、私は私」と言い聞かせ、その人から距離を置くようにして下さい。

傷つけ合ったり、わかり合えない思いを感じてむなしくなることは、不毛で時間の無駄ですよね。

風俗への偏見は見ないようにすべし!

風俗嬢への偏見について、こうすれば風俗嬢への偏見はなくなる、という勝手な妄想を紹介しました。

実際のところ、風俗嬢への偏見がなくなることは難しいでしょう。

だからといって、卑屈になる必要はありません。あなたらしく誠実なサービスで仕事をこなし、収入を得るようにして下さいね。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-風俗あるある
-,

© 2020 DazzBrity