風俗バイト デブ ブス パネマジ クレーム

本指名返し・稼ぐコツ

風俗バイトでブスやデブでもパネマジを使ってクレーム無く稼ぐ

2020年5月15日

風俗誌やネットを見ていると必ずといっていい程女の子の宣材写真には多少の修正はしてありますよね。

今や風俗業界だけではなく当たり前になってきているパネルマジック(パネマジ)。

今回はどんなブスでもデブでもステキな女の子に変身できるパネマジ店はどこに存在しているのか?

自分もそんな風にしてもらえるのか?についてご紹介します!

変身した修正後の写真も結構面白いもの。身体や顔に自信がなくても働けるこのカラクリをとくとご覧ください!

パネマジはどうやって作り出される?

お店に入店して、一番最初に撮影する写真。

HPやお店でのセースルトークに使われます。

ここで写真がダメだとお店がいくらオススメしてもお客さんは入りません。

集客率を上げる為、見栄えがよくキラキラしている様に見えるように写真を加工するのがパネマジです。

主に風俗街や繁華街にあるスタジオで宣材写真専門で請け負っている業者さんが撮影から修正までをやってくれるのが一般的。

修正をする人の好みが反映されるのか加工に色々なクセがあるようです。

直すにも限界はある

デジタル処理で、修正が自由自在と言ってもやはり上限があります。

と、言うのも修正自体が写真全体のバランスをみながら調整していくもの。

デブやブスでもあまり度を超すと超絶美人まではいかないかも。

「おっぱいが超大きいほうがいい!」

「目を大きくして!」

「脚をカモシカのような美脚にして!」

なんて自分勝手すぎる要望もダメ。あまり修正をしてしまうとただの面白写真になってしまうので注意が必要です。

面影までは消さないで!

気になる場所が好きじゃないと言っても面影を消してはいけませんよ。

特徴は程よく残しておかないと、いざ写真指名で入って来たときに「あれ?誰?」なんて事に。

でも、面影があるとお客さんの態度も違います。

仮に大きく違っても特徴を押さえていれば、「ちょっと違うけど、最近食べ過ぎたの?」とか質問を投げかけてくるくらい。

いきなりチェンジを受けない為に面影だけは消さないようにしましょうね!

コンプレックスを見せない撮影をする

撮影時にはスタジオスタッフと雑談すると思います。

これって非常に大切な事。自分が写してほしくない場所やどうしても変えて欲しい場所なんかを素直に伝える事ができます。

なるべくなら修正が最小限で済むようメイクやカメラワークの技術で女の子を美しく出来るよう手伝ってくれます。

案外修正がなくてもなんとかなるかも!

仕上がりは必ず確認させてもらおう

無事撮影も終わったら、「写真を必ずチェック」しましょう!

場所によって技術に差があるので絶対に最終チェックは必須!

ここで確認しておかないと自分のイメージと違っていてもそのまま掲載されてしまいます。

取り下げようとしても大体は決まったカットの修正しかしてくれないので最悪は撮り直しになってしまう事もあります。

後で後悔しない為にも必ずチェックをして、ダメなら再修正をお願いしましょう。

どうやってパネマジ店を探せばいい?

「ウチはパネマジ店ですよ!」なんて書いてあるわけではないので、探すのに苦労すると思います。

では、どんなお店がパネマジを使っているのかを判断する方法をご紹介しましょう。

大半は、HPや雑誌を見てみる事でわかります。ある特徴が出てきますよ。

  • 女の子の写真がなんとなくボヤっと写っている。
  • 顔の輪郭が不自然
  • 在籍の女の子を遠目で見ると何故か似ている
  • 美女が多すぎる
  • アップが多い

これだけの条件が揃っていればそのお店はまずパネマジ店でしょう。中には見た瞬間に判るお店もありますよ。

パネマジでトラブルは?

これだけ好きにいじっていたらトラブルが起きないはずはありませんね(笑)

特に初めて来店した人とのトラブルは良くある話だと思います。

トラブルの内容としては実物と違うという理由でのチェンジくらいでしょうか。

サービス中不機嫌になったりなど、慣れないうちはメンタルに直接響きそうですが、パネマジが激しい女の子は慣れっこになってしまうようです。

チェンジされない為のマニュアルは存在するの?

これだけたくさんお店があるのですからマニュアルが存在していると思います。

私の場合は口頭がほどんど。(時代かな?)

パネマジでキレたお客さんへの対処法をいくつかご紹介いたしましょう!

自分の気分が悪くならないうちにさっさと部屋から追い出す。

お客さんも十人十色、好みがあります。いくら写真でみてもイメージと違うということはよくあるもの。

慣れているお客さんはすぐチェンジを申し出るのですぐ対応しましょう!

対応が素早い程、返したはずのお客さんが戻ってくることだってあります(笑)

さっさとサービスを始める。

サービスを始めてしまうと、キャンセルをする事が出来ません。

服一枚脱いでもそれは有料なんです(ボーダーラインはお店に確認してね)。

そうなると返金はされないのでお客さんはサービスを引き続き受けるほか選択肢は無くなります。

自分好みなお客さんが来たらやってみるもの手ですね。

お店にある写真は証明写真ではなくイメージ写真という事を理解してもらう。

毎回同じ服、同じ表情、同じ体格(笑)で出てくることはほとんどないと思います。

あくまで雰囲気のを分かってもらう為なんですよ!って事を伝えましょう。お客さんも「あ!なるほど」と理解してくれますよ。

チェンジしたそうな雰囲気を終始気づかない事にする。

先ほどとは真逆ですが、お客さんのほとんどはチェンジとはなかなか言い出せません。

でも、その雰囲気を気づかないフリをする作戦。

お客さんが機嫌を直して自分の本指にするのも自分の力量。自信のある方は試してみてくださいね。

まとめ

パネマジの力でステキに変化する。

もうこの業界では結構常識的な感じですが、ポイントは「面影までは消さない」事です。

それによって、グっとアクシデントは減らせると思います。

せっかくこの業界で働いている(働こう)なら、思い切って求人に応募してみてはいかがでしょうか?

綺麗に出来た宣材で客寄せして、せっかくなら自分も同じようになろうと努力するのもお客さんにはいいアピールになりますよ!

-本指名返し・稼ぐコツ
-, ,

© 2020 DazzBrity