治らない性病

性病・衛生対策

治らない性病の基礎知識と予防

2020年5月15日

風俗バイトは他の職業と比べて高い収入を得られる分、何かと危険が付き物です。

一番怖い危険と言えば、性病。

性病になっても産婦人科で薬を貰って治せば良いや、と性病を気軽なものだと捉えていませんか?

実は、中には治らない性病も沢山あるんですよ。

風俗バイトの知識を深めよう!治らない性病一覧

治らない性病はひとつだけではありません。

参考

  • HIV(AIDS)
  • C型肝炎
  • 性器ヘルペス

これらの性病は、一度感染したら完治することはできない、治らない性病です。

知っている方も多いかと思いますが、特にHIVは一度感染してしまうととても深刻で、発病を抑えるために薬などの治療と一生向き合って行かなければなりません。

治らない性病はHIVだけが深刻だと言う事ではなくC型肝炎も大半の方が慢性化してしまい、劇症化や肝硬変、肝臓がんなどのリスクが一般の人より高まってしまいます。

性器ヘルペスに関しては、あまり深刻そうには見えない病気ですが、上記と同様一生治らない性病です。

日常生活に大きな変化がある、という訳ではありませんが、患部にただれや水ぶくれができ、場合によっては大切なパートナーとも気持ちの良いセックスができなくなってしまう可能性もあります。

このように、治らない性病があるからこそ風俗バイトを甘く見てはいけません。

風俗バイトをしている女性は、通常の女性より治らない性病に罹るリスクが非常に高いのです。

今後、苦しむことのないように治らない性病についての知識を深めていきましょう。

HIV(エイズ)とは?

まず、HIV=エイズだと勘違いしている方が多いですが、HIV=エイズという訳ではありません。

簡潔に言うと、HIV=ウイルス、エイズ=HIVウイルスの感染により病気が発生した状態 です。

HIVに感染し体内の中にウイルスが増えてくると、免疫細胞が徐々に減少していき、結果的に体の免疫力が低下して色々な病気に罹りやすくなってしまうのがエイズの症状です。

ご存知の通り、HIVは性行為による感染が主になっています。

一般的な性病に感染していると、HIVの感染率が上昇する?

風俗バイトをしている女性にとって一番危険なのが、他の性病に感染しているとHIVの感染率が上昇してしまうという点です。

例えば、風俗バイト勤務の女性なら一度は経験したことがあるであろう、クラミジアや淋病などに感染している場合は、HIVの感染率が何と5~8倍にも跳ね上がると言われています。

治らない性病でも、治る性病でも、同じくらい気を付けなければいけないということですね。

C型肝炎とは?

性病としてはあまり聞いた事がない方も多いかと思いますが、C型肝炎も性行為から感染する治らない病気の一種です。

C型肝炎の感染は、膣性交や肛門性交時に出血が起こり、感染者の血液が体内に侵入することで起こります。

C型肝炎の症状は?

C型肝炎の潜伏期間は一般的に3ヶ月程度で、潜伏期間が終わると下記のような症状が発症します。

  • 体が怠い
  • 吐き気がする、嘔吐する
  • 黄疸(目が黄色くなる)
  • 褐色尿(尿の色が濃い、茶色くなる)
  • 食欲が湧かない
  • 発熱する

ご覧の通り、一般的な風邪のような症状なので、自覚症状がなくC型肝炎に感染に気付かないケースも少なくありません。

C型肝炎は感染した約7割以上の人が慢性化し、体内にウイルスを保有した状態になってしまうことです。

しかも一番怖いのが、慢性の症状が出てくるのに10~15年もかかるところ。

それまでは全く症状がでないため、他のお客さんや男性に気付かない間に感染させてしまうのです。

因みに、C型肝炎が慢性化すると、5割以上の人が肝硬変や肝臓がんに進行してしまうそうです。

性器ヘルペスとは?

ヘルペスウイルスの感染によって発症する治らない病気が、性器ヘルペスです。

ヘルペスウイルスには多くの種類があり、公衆トイレの便座、銭湯や温泉の椅子、タオルの使い回しなど日常生活でも感染してしまう可能性のある病気ですが、性器ヘルペスは性行為による感染ルートが一般的です。

感染ルートとしては、セックスやアナルセックス以外にも、フェラやクンニなどのオーラルセックス、素股、ディープキスなど。

挿入していないから大丈夫という訳では無いんですね。

性器ヘルペスの怖い所はコンドームを使用していても感染の可能性があるというところです。

性器ヘルペスの感染は、精液や血液など体液の接触によるものではなく、感染者の病変部(ヘルペスによるかぶれや水ぶくれなど)との接触によるものなので、コンドームを着用した場合でも感染する確率は高い傾向にあります。

性器ヘルペスの症状は?

性器や肛門周辺に痛みや不快感を感じる、かぶれや水ぶくれ、赤いブツブツができる、などが主な症状です。

場合によっては排尿時に強い痛みを感じる人や、あまりの痛さに歩けなくなる、という人もいます。

性器ヘルペスが原因で入院生活を余儀なくされた人も少なくありません。

性器や肛門など直接的な症状だけではなく、神経節に感染して強い頭痛がする、末梢神経が麻痺して尿意や便意を感じられなくなり排尿困難や排便困難になる、など深刻な病気に陥るケースもあるので非常に怖い性病です。

治らない性病に罹らないためには?

風俗バイトをしていると、普通の女性より多く男性に接触する機会が増えます。

つまり、一般的な女性と比較して治らない性病の感染者と顔を合わせる機会も多いと言う事です。

感染者には、普通の人とは異なるポイントが必ずあります。

ペニスにデキモノがある、ペニスの消毒洗浄をしたときに必要以上に痛がる、ペニスが臭い、など負担とは違った様子のお客さんは、絶対に接待しないようにしましょう。

治らない性病に罹ってしまうと、お店にも出勤できなくなりますし、何よりこれからできる大切なパートナーとのセックスが楽しめなくなります。

不安なら、コンドーム着用義務のあるお店に入店するのもアリだと思います。

まとめ

改めて風俗バイトに対する基本的な知識を得ることができたのではないでしょうか?

何度も言いますが、性病は罹っても治せば良いや、と甘く見てはいけません!

中には一生治らない性病もあるので、自分の身は自分で守りましょう。

-性病・衛生対策
-,

© 2020 DazzBrity