日本人 セックスレス 風俗店多い

風俗あるある

日本人はセックスレスなのに風俗店が多い理由

2020年5月15日

少子化の原因とも言うべき日本人のセックスレス。

しかし一方で、日本は風俗店の数が非常に多いとされます。

結局、日本人の性欲は強いのでしょうか、弱いのでしょうか。

日本人のセックス事情を調べてみましょう。

セックスレスの多い国ランキング

日本人がセックスレスかどうかを調べるには、外国と比較してみるのが一番です。

ちょっと古いデータですが、2007年に世界一のコンドームメーカーであるDurex社が調査した、主要20ヶ国の男女の年間セックス回数のランキングがあります。

1位:ギリシャ(164回)

2位:ブラジル(145回)

3位:ロシア・ポーランド(143回)

4位:インド(130回)

5位:スイス・メキシコ(123回)

6位:中国・ニュージーランド(122回)

7位:イタリア(121回)

8位:フランス・南アフリカ(120回)

9位:スペイン(118回)

10位:ドイツ(117回)

11位:マレーシア・オーストリア(115回)

12位:タイ(108回)

13位:オーストラリア(106回)

14位:カナダ(100回)

15位:オランダ(94回)

16位:イギリス(92回)

17位:アメリカ・シンガポール(85回)

18位:ナイジェリア(84回)

19位:香港(82回)

20位:日本(48回)

引用元:Durex

はい、一目瞭然ですね。日本はダントツの最下位です。

1つ上の香港の半分くらいで、1位のギリシャと比較すると4分の1くらいしかありません。

こう見ると、「日本人は全然セックスしてないじゃん」と感じてしまうのも無理はありません。

でも、ちょっと待ってください。1年を365日とすると、48回なら7日に1回はしている計算になります。

週1ペースって、そんなに少ないでしょうか?むしろ、2日に1回近いペースでセックスしているギリシャが多すぎるのでは?とも考えられます。

性的に奔放なイメージのあるアメリカも、17位と低めになっています。

「どのくらいの回数ならセックスレスになるのか」という定義は、もちろん存在しません。

せいぜい日本は他の国に比べれば少ないようだという程度なのです。

日本人はセックスレスだと言い切ることはできないでしょう。

セックスレスランキング別風俗事情

次は、風俗店の数とセックスレスの関係についてです。

風俗店の数が多い場合、それが原因で未婚率が高くなったり夫婦のセックスレスにつながったりするのでは?という見方もできます。

まずは日本の風俗店の数を見てみましょう。

2011年のデータでは、警察に届け出がされている日本の風俗店の数は、約1万9,000件となっています。

ただ、店舗のいらないデリヘルなどは、経営がうまくいかないと早めに撤退することも多く、幽霊風俗店はかなりあるのです。

さらに、ちょんの間などの違法(無届)店も存在していますから、数に含めないといけません。

『日本の風俗嬢』などの著書がある中村淳彦氏は、実際に営業している風俗店の合計数を1万3,000件ほどと推測しています。

また、中川氏は日本の風俗嬢の数を35万人程度と見積もっています。

HIVの感染防止のため、各国のセックスワーカーの数を調べたGlobal AIDS Response Progress Reporting 2014というデータがあるので、日本と比較してみましょう。

また、各国の人口も記載します。

セックスワーカーの数の多い国ランキング

1位:インド(86万8,000人/13億人)

2位:ブラジル(54万6,848人/2億人)

3位:メキシコ(23万7,798人/1.2億人)

4位:ナイジェリア(23万6,146人/1.8億人)

5位:ハイチ(17万6,400人/1,000万人)

6位:タイ(12万3,530人/6,800万人)

7位:モロッコ(8万5,000人/3,400万人)

8位:ウクライナ(8万人/4,500万人)

9位:カメルーン(3万8,582人/2,300万人)

10位:カンボジア(3万7,000人/1,500万人)

参考:日本(35万人/1.2億人)

引用元:Global AIDS Response Progress Reporting 2014

どうでしょうか。数だけでいうとインドがぶっちぎりで多いのですが、これは人口に比例しているだけと思われ、パーセンテージでは日本と大差ありません。

どの国もセックスワーカーの割合は0.3%程度です。

唯一、ハイチだけが1.7%という異様に高い割合になっていますが、情報が少なすぎるので内情は不明です。

ナイジェリアやカンボジアもよくわかりませんが、治安の悪さが関係している可能性は高いです。

ブラジルやメキシコといった中南米の国が高いのは納得ですね。

これらの国は性的に大らかで、風俗も売春宿から立ちんぼまでいろいろあります。

タイはゴーゴーバーが有名で、一本から旅行に行く人もたくさんいますね。

セックスの回数ランキングと比較すると、セックス回数の多い国は、セックスワーカーの数ランキングにはほとんど入っていません。

ロシアやアメリカ、中国にドイツも十分な数の人口がいますから、絶対数で負けてランキングから漏れているわけではなさそうです。

これらの国では、実際にセックスワーカーの比率が低いのでしょう。

そうなると、日本は先進国の中ではセックスワーカーが多いのではないか、考えることができます。

結論:日本人は、セックスに十分興味のある民族である

どうやら、日本の風俗嬢(風俗店)の数が多いのは事実のようです。

しかし、これがセックスレスの原因だと決めつけるには証拠が足りません。

他にさまざまな原因が考えられるからです。とはいえ、日本人はセックスに十分な興味がある民族だといえるでしょう。

そうでなければ、ここまで風俗嬢が多い理由が説明できませんからね。

日本の風俗は、数はもちろんのこと、非常に多様性に富んでいるのが特徴です。

これは、建前上売春が禁止されていることが原因でしょう。

実際には、ソープでは堂々と本番行為が行われているわけですが、他の業種ではできません。

さらに、ソープの新規出店はほぼ不可能になっていますから、他の形態を考えるしかなかったのです。

制限があることが、箱ヘル、デリヘル、ホテヘル、イメクラ、ピンサロ、オッパブといったさまざまな風俗を生み出しました。

これは他の国ではなかなか見られないもので、守っていく価値があるといえるでしょう。

一方で、建前だけ売春を禁止していることについては、今後改善する必要があるかもしれません。

健全な環境になった方が、風俗業界はより発展するだろうからです。

「日本人はセックスレス」はセックス産業の陰謀という説

先にも書きましたが、日本人夫婦も週に1度はセックスをしています。

これは他の国に比べて少ないというだけで、セックスレスとまでは断定できません。

それにも関わらず「日本人はセックスレスだ」と言われるのは、セックス産業の陰謀だという俗説があります。

コンドームや大人のおもちゃを売っている会社、さらにからすると、セックス回数の多い人間こそがお客様であり正義です。

そこで自分たちの商品を売るために「セックスの回数が少ないのは悪!日本人はセックスレスだ!」という宣伝をして回っているというものです。

明確な根拠はありませんが、それなりの説得力はあります。

また、少子化の原因をセックスレスに押し付けようとする人たちもいます。

経済的な問題など、いろいろな原因が考えられるにも関わらず「セックスをしないから子供ができない」という短絡的な思考に陥っているわけです。

避妊の方法が充実していなかった大昔ならともかく、コンドームやピルがある現代で、セックス回数=子供のできやすさと考えるのは無理がないでしょうか。

子作り目的のセックスと、快楽のためのセックスは、はっきり分けて考える必要があるのです。

日本人がセックスレスとは限らない。納得できるセックスをしよう

最近の日本では、若者の草食化という言葉もすっかり定着してしまいました。

これは、セックスの回数が多い方が正しいという考え方に基づいています。

でも、毎日求めてくるパートナーより、週1だけど満足できるまで相手をしてくれるパートナーがいいという人は少なくないはずです。

セックスレスだといわれても気にせず、自分たちが納得できるセックスを心がけましょう。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-風俗あるある
-,

© 2020 DazzBrity