バイ バイセクシャル 風俗店 プレイ内容

レズビアン・ゲイ

バイセクシャルの子が働ける専門風俗店やプレイ内容

2020年5月16日

同性婚も認められつつある世界になりました!

とはいえまだまだ公にゲイ、バイ、レズビアンが「私は同性の恋人がほしいです!」なんて言える状況ではありません。

告白して断られたら次の日からそのことが学校中に広がって冷たい視線を浴びるなんて言うことも…。

「じゃあリスクを負わないで同性とエッチする方法ないの?」と思いませんか?実はあるんです。

ゲイ専門、レズ専門と言ったゲイ向け、レズビアン向け、バイ向けの風俗が。

ここではそんな風俗店事情について紹介したいと思います!

同性相手にサービスを提供する風俗店がある!

気づいたら同性のことを好きになっていた、女性が好きだけど男性も実は気になる、ムラムラすると女性とより男性とエッチがしたくなる、男なのにフェラがしたい!

女だけどクンニをしたい、色気あるお姉さまの方が男性より魅力的!そう思っている人は少なからずいます。

そしてそういう人はどうすればいいか。

近くにパートナーがいればいいけどそんなうまくは行きませんよね。

ネットで探してもいきなりだと何されるか分からないし連絡先を交換したら後々弱みを握られて何をされるか分からない。

そう感じる人もいることでしょう。

じゃあ知り合いのいいなと思っている人に対してアタックをかけてみよう。そんなリスキーなことはなかなかできませんよね。

しかし安心してください。

今の時代需要に対しての供給はほぼ100%あると言っても過言ではないのです。

つまり同性相手にサービスを提供する風俗店が存在するのです。

ゲイは新宿二丁目にしか集まってないんじゃないの?というイメージがあるかもしれませんが上野や大阪でもありますしその数はだんだん増えていくことでしょう。

逆を言うとそういうところで働くという選択肢すらあるのです。

お金を払ってでも同性とエッチがしたいと思っているのになんと逆にお金をもらえちゃうかもしれないのです。

そしてこういった店はまだまだ多くはないので採用されたらすぐに固定客がつく可能性があり一気に稼げてしまうなんて言うこともあるかもしれませんよ!

さらにそこで素敵な同性を見つけて彼氏や彼女(どっちが彼氏でどっちが彼女かなどとは置いておいて)ができてしまうなんてことも。

相手も少なからず同性とエッチをすることに対して興味を持っている人なので付き合わないまでも深いところまで話し合える仲になれるなんてこともあるでしょう!

ゲイ専門の風俗店について

あまり知られていないかもしれませんがゲイ専門の風俗店は結構あります。

全国的に展開しているチェーン店もあるので今後その勢いは増していくことでしょう。

風俗店の種類も多々あり、ガッツリとエッチをするタイプの店から性感マッサージに至るまで様々なタイプの風俗店があります。

さらにゲイと言えばタンクトップを来た筋肉隆々のお兄さんというイメージがあるかもしれませんがお店によって男性のタイプも変わってきます。

もちろんそういったムキムキの男性は人気があり多いのですが、その他にプロレスラーとまではいかないまでもさらにゴツくした感じのガチムチタイプの男性も人気です。

かと思えば明らかに草食系と思われるような男性がいたり女装をしてサービスを提供してくれたりなんて言うところもあります。

ちょっとかわいい男の子とエッチをしたいと思う人にとってはそういった女の子っぽい要素を少し残した男性とエッチするのも楽しめることだと思います。

このような店で働くといった観点で物事を見てみましょう。

メインはアナルを責めたり責められたリということになってきますが、慣れていくうちに自分のスタイルでサービスを施すことになっていくことでしょう。

風俗に遊びに来る男性でも必ずしも「男性が好き」という訳ではありません。

少なくとも「男性とのエッチに興味がある」というのは間違いありませんがその人がゲイであるかバイであるかは分かりません。

特にノンケ(普通に女の子が好きな男のこと)の場合キスやアナルファックを求めていないという場合があります。

そういった客にたしてはガンガンアナルを責めるというよりは乳首責め、言葉責めをしながら男性器をしごくといったスタイルや、兜合わせ(お互いの男性器を付けあうこと)をして興奮を促すといったプレイの方が好まれるかもしれません。

さてこういったゲイ向けの風俗で働く場合ですが、女性がデリヘル等で働く場合に比べ若干安い感はあります。

日給20000円とうたっていたり時給2000円をうたっていたり、そこまで高くないという印象を持つ人が多いかもしれません。

しかしメリットもあって週1回とか1日1時間を週2日入るという時間に融通を利かせることができる店が多いです。

仕事終わりにサクッと高額のバイトをしたいなんて言う人にはうってつけかもしれませんよ!

男性が男性向けの風俗で働きたい場合

男性が男性に性的サービスをすることをウリ専と言います。

ウリ専の場合ホストなどと違って週1回だけ、週1時間だけと言った時間に融通を効かせて働くことが可能な店が多いです。

ウリ専と言えば新宿二丁目などが有名ですが高田馬場や大阪でも数多くの店が展開されています。

日本は実は昔からゲイが多いと言われていてこっそりウリ専を活用する人も少なくありません。

そしてウリ専で働く男性は実はノンケ(女性が好きな男性)もたくさんいます。

時給が高くて稼げるということからゲイだけではなくノンケの男性が多いわけですが、ウリ専を活用する男性の中にはノンケの男の子が嫌がりながらキスしたりフェラをしたりしてくれるのがたまらないという人も少なくありません。

言ってみればレイプもののAVが人気なのと話は似通っていますね。

気になる給与ですがお店によって異なるものの相場として1時間6000~8000は堅いと思います。

指名料はそのままもらえるといったようにいわゆる一般的に女の子が働くようなデリヘル方式をとっているところが多いと考えてもらってもいいでしょう。

男性が女性向けの風俗店で働くよりもハードルが高くないような気がしますが、キャストを見てみるとみんな引き締まった身体付きの方が多くみんなイケメンの部類であることは間違いないです。

今後もっと活用する人が増えていけば老け専やデブ専の男性向けサービス店なんて言うのも出てくるかもしれませんね!

ゲイとバイのフェラの違い

よく同性の方がツボを知っているからフェラをする場合女性より男性の方がうまいという話を聞いたことはありませんか?

しかしこれについてはいささか疑問が残ります。

まずどの程度の人数がそう言ったのか、実際そうなのか、うまいと判断した人はノンケだったのかゲイだったのか、はたまたバイだったのか。

恐らくゲイの方と女性のフェラテクはさほど変わらない気がします。

ただゲイの人の場合自分にしゃぶらせてくれる人が少ないから一人相手に何度もしゃぶる。

そうした積み重ねがしゃぶらせてくれる相手を気持ちよくすることにつながり、男にしゃぶられた男が「やっぱり同性の方がツボを知っているからうまい」と判断するのではないでしょうか。

しかしこの「ゲイ」と「女性」とは決定的な違いがあるのが「バイ」です。

何が違うかというとバイはフェラもするしクンニもするということです。

フェラは基本的に最後の射精が来るまでしょっぱい液を舐めることはありません(我慢汁は舐めますがほんのちょっとの液なのでそこまで不味いと感じる人は多くないでしょう)。

それに対してクンニは常に女性から出た液を舐めることになります。

人によって味は違いますが一般的にしょっぱい液がとめどなく流れてきます。

つまり性器を舐めるという観点から物事を見た場合フェラの方が圧倒的に味の面で苦が少ないのです。

もはやそのしょっぱさすら大好きという人もいますが基本よほど興奮してない限りおいしいとは感じないでしょう。

だから結婚したらエッチにあまり興奮することが無くクンニも少ないのではないかと思っています。

そしてバイの方はこの両方を経験しています。両方経験していたらフェラの方がやりやすく止まらずできてしまいます。

つまりゲイの方や女性に比べてアドバンテージがあるのです。機会があればぜひバイの人の絶品フェラを堪能してみてください!

バイの人にお勧めの風俗

もしあなたが男のバイだった時に女の子が好きだけど男の人ともエッチがしたいという場合はニューハーフと遊んでみるのがお勧めです。

ニューハーフは、顔は女なのに下がついていてバイの人にはたまらない体の構造となっています。

もしあなたが女のバイだったらボーイッシュな風俗嬢を指名するといいと思いますよ。

かっこいい系の女性に甘えることでキュンキュンすることができ、とっかかりとしては最高なのではないでしょうか。

またバイかもと思った場合同性の風俗を調べてみるといいと思いますよ。

友達が気になって「これは好きなのかもしれない」という感情を抱いたとしてももし告白なんてしようものなら成功した時も失敗した時も大変な目にあいます。

成功したらエッチしなければいけなくなるかもしれませんし、失敗したら噂が広がってしまうし…。

そうなる前に一度風俗で同性とのエッチを体験してみてください。

同性との体験で「やっぱり同性とやるのは無理」と思うのであれば友達のままでいようと思うことができるし、「同性でもいける」と思うのであれば正直に告白してもいいと思います。

それで失敗したとしてもすっきりすると思いますよ。

同性との3Pについて

男性が1人で女性が2人と言ったプレイは多くのデリヘル店でできるようになりました。

もちろん料金は倍になるわけですがやろうと思ったら簡単にできます。

しかし気を付けなければいけないのはホテルです。

店側ではそういったサービスを提供していますが、ホテルは同室に3人が入ることをよく思わないところもあります。

お店に2人の女性を指名した後ホテルに入って女の子をよこしてもらった際に、3人が入ることを拒否されて泣く泣く1人分の料金を無駄に払ったことがあるというエピソードを聞いたことがあります。

そうならないために事前に3Pオッケーのホテルなのかということを確認しておく必要があります。

これは、どんな組み合わせの場合でもそうです。

もし自分でそういったホテルを探すのが難しいと思うのであればお店側に3P可能なホテルを紹介してもらうといいでしょう。

3Pサービスを提供しているということは近くに3Pが可能なホテルがあるという可能性が大なので連携はとれています。

また風俗案内所を活用するのもいいと思います。

風俗案内所に入ると「今日はどのようなコースで?」と言ってくるので「3Pをしたい」という旨をお伝えてください。

その際にホテルも聞くといいですよ。風俗案内所にいる人の地域情報は半端ないのでどこにどんなホテルがあり、どの店にどんな女性がいて、どの店はどんなサービスを行っているかと言った情報を網羅しています。

迷ったら風俗案内所に行ってみてください!

男の3P女の3P

同性の風俗店を探すだけでも苦労するのにさらに3Pサービスをやっているところなんてあるの?ということを聞くことがあります。

答えは、それがあるんです(笑)日本すげーなぁーw

多くはありませんがゲイ専門店の3Pサービスを提供している店レズ専門店の3Pサービスを提供している店は存在します。

多くは客とお店の人との絡みであってお店の人同士の絡みがあるということはあまりありませんが、もしあなたが「二人のエッチしてるところを見たい」なんて言ったらやってくれる人もいるでしょう。

これはもはやお店のサービスではなくその店で働いているウリ専ボーイやデリヘル嬢が「どこまでできるか」ということにかかっています。

とはいえ客とやるのも同僚とやるのも変わらないと思っている人は結構いるのであっさりやってくれる人たちが多いですよ。

さて、男同士の3Pだと基本は客が1人のウリ専ボーイにフェラをしながらもう1人からはアナルで突かれるというパターンが多いのですがそこは臨機応変に自分が1人に挿入してもう一人から乳首責めをされたりキスをされたりということもあります。

これも自分のやりたいプレイを言えばそれに沿った流れでやってくれるということが多いでしょう。

私が扱っているサイトで見た限りですがゲイ専門のデリヘル店で3Pサービスを提供している店は関東では東京に数店舗、横浜に1店舗、大阪に数店舗、京都に1店舗、神戸に1店舗ありました。

きっともっと多くのゲイ専門デリヘル店で3Pサービスを行っていることでしょう。

2人の男から攻められたい、エッチしたいという人はお店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

経営者や店長は他の店に客を取られたくないからそういった問い合わせを受けた場合「そういうサービスは基本行っていないけどやってみましょう」なんて言うことが多いと思いますよ!

女同士の3Pだと多くの場合が2人のデリヘル嬢が客を愛撫したりクンニをしたり、人によっては道具を使ってとことん気持ちよくしてくれるといったスタイルが多いでしょう。

多くの場合デリヘル嬢はいろいろな道具を持っていて客を満足させることができます!

男性とエッチをするのが苦手という人でもバリエーション豊かな快感を味わうことができるのです。

男性が2人、女性が1人もしくは女性が2人、男性が1人というパターンについて

あなたが男性だとして男性が2人で女性が1人というのはどうでしょう。

こういったサービスを提供しているというデリヘル店は聞いたことがありません。

男性2人というところに女性1人を送り込むのは極めて危険だと思うのでそれを良しとしないデリヘル店は多いみたいです。

ではあなたが男性だとして、1人のウリ専ボーイと1人のデリヘル嬢を送るのはどうでしょう。

これも現実的には考えづらいことです。

というのもウリ専ボーイとデリヘル嬢の2人を備えている店が存在しないと思うからです。

もしかしたらどこかにはあるのかもしれませんが今のところ聞いたことがありません。

そのためこのサービスをやる、やらないの以前に「存在しない」といった方が正しいと思います。

もしあなたが女性だとして女性2人が男性1人を呼ぶというのはどうでしょう。

これも現実的には難しいでしょう。

危険度はそこまでないものの女性2人にサービスをしなければいけなく可能性が高くなり男性スタッフの負担が大きくなることが予想されるからです。

とはいえ問題点が負担という面だけであれば交渉の余地ありで、金額の問題になってくるという可能性もあります。

デリヘルというのは結構交渉次第で融通を効かせることができる店が多いので、もしどうしてもこのようなサービス(女性2人のもとに男性1人よこして奉仕してくれないかということ)をして欲しいといったら何とかなるかもしれませんね。

そして最後に女性1人のもとに男女1人ずつを送ってもらうパターンですがこれもまたそういった店が存在しないと思われるので不可能でしょう。

バイの3Pは提供しているところは少ないですが全くの0という訳ではないのでお店に問い合わせてみるといいでしょう!

まとめ

とにかくまず「本当に同性でも大丈夫なのか」ということを、身をもって知った方がいいと思います。

異性を好きであるに越したことはない(今のところそういう流れになっているので自然に振る舞えるため)けど同性と付き合いたい!エッチしたい!という気持ちまで捨てる必要はありません。

そのために同性用の風俗があると割り切って楽しんでください!

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-レズビアン・ゲイ
-, ,

© 2020 DazzBrity