レズ専門 デリヘル 仕事内容 収入

レズビアン・ゲイ

レズ専門のデリヘル店の仕事内容と収入は?

2020年5月16日

今注目されているレズデリヘル。

男性が苦手な人、女の子が好きな人、男も女も両方いけちゃう人、人によってベッドの中の好みは様々ですけど、最近は同性婚という言葉もよく聞かれるようになり、性風俗も同性向けのものが実は一般的になっているんです。

風俗嬢として働いている子の間でも、実はブームが起きていて、自分が今度は気持ちよくしてもらうためにハマっちゃっている娘もいたりして…。

まだあまり良く知らない、でもちょっと興味があるという人のために、レズ風俗のことをお伝えしますね。

女性専門風俗の必要性

日本では同性愛者の結婚は法律で認められていないものの、同性同士の交際や結婚を法的に認めるべきという提案が出ているほどです。

女性が女性を性的に求めてもおかしくはないんですよね。

私がスカウト時代にお会いした女性の中にも、バイセクシャルだったりレズビアンの子がいましたし、そういう子達は本気で女性を愛します。

性的な欲求も女性に満たしてもらって癒されたいと思うみたいです。

私がプロダクションの面接担当をしていた時も、面接時に「レズは出来るか」って必ず質問していましたね。

オファーがあるっていうことは、作品としての需要があると言うこと。

レズ風俗は確かなニーズがあるんです。

そうはいっても異性愛者の方が多いですから、需要で言えば男性客の方が多いですけどね。

ただレズビアン風俗は、店舗数もまだまだ少ないですから、お客さんを独占できる美味しい仕事といえるかもしれません。

レズデリヘルって需要はあるの?

やっぱり気になるところは本当に需要があるかどうかです。

需要がなかったら全く稼げず生活に支障をきたしてしまいます。

物珍しいだけで終わっていたら困ってしまいます。

でも、きちんと需要があるので心配はご無用な世界です。

安心して働いてください!

昔からレズビアンは多くいたのですが、現代のようにオープンに自分が「レズビアンです!」とは主張していませんでした。

やはり偏見の目もあったからでしょう。

近年ではレズビアンのAVも増えてきて、レズデリヘルの数も増え働く女性も利用するお客さん(女性)も割りとオープンになってきました。

しかしオープンになったと言っても、やっぱり女友達に「私レズビアンなんだ」とカミングアウトしてしまうと、距離を置かれてしまう場合もあるので、誰にもバレずにこっそりと利用できるレズデリヘルの需要が高まってきているのです。

とは言えレズデリヘルの数が増えてきた!と喜んでいても、圧倒的に男性向けのデリヘルの方が数は多くあります。

現状では需要と供給がまだまだ合っていない状況なので、自分がレズビアンだと分かっていたり、女の子との性行為に興味がある女性ならレズデリヘルで働くことも、レズデリヘルをもっと普及するために、よいことなのではないでしょうか。

レズデリヘルで働いている女性にも『ウケ』と『ネコ』でわかれていて働きやすい環境となっています。

ウケとネコの違いは攻める側か、攻められる側と思っていただけたら分かりやすいと思いますが、とあるレズデリヘルのホームページを見てみると、どちらかと言うとウケ側とどちらでもサービスが可能な女性が多い感じがします。

(勿論ネコだけの女性もいるのでご安心を…)

ウケもネコもどちらもできる女性の方がより稼げるのがレズデリヘルなのです。

男性相手の普通のデリヘルでは受け身や攻めなど選ぶことができず、男性の好みに合わせてコロコロと変えていかなくてはいけないのが厄介なところです。

これは面白そうな風俗を発見した!と男性が利用しようと思っても、電話の時点で普通に断られてしまうので、それだけレズビアンの世界は実際自分の目で確かめてみないと分からないことが多く、奥が深いということになります。

レズデリヘルの多い地域

レズデリヘルの多い地域はやはり首都圏や大阪など大きな都市に集中しています。

関東圏内では確認できる限りで15店舗ほど、大阪には8店舗ほどレズデリヘルが営業していました。

探しきれていないレズデリヘルがあるかもしれませんが…

後は、北海道、福岡、愛媛などに数店舗しかありません。

男性が女性にサービスをする出張ホストに比べてもかなり数は少ないのが現状です。

でも正直、数が少ないといいつつ探してみると結構あるものですね。

関東圏に15店舗もあるとは思ってもいなかったのでビックリです。

全然数は少なく見えますが、需要はかなりあると言うことですね。

中には、全国出張可能なレズデリヘルもあるので、「こんな可愛い女の子が遠くにいた!」と思っても呼ぶことも可能なお店もあります。

なので、レズデリヘルがない地域でも問い合わせしてみると来てもらえるかもしれません。

デメリットは、やはり店舗数の少なさ

大都市に住んでいれば働くことも可能ですが、地方だとまずレズデリヘルが存在していません。

それと、男性客を相手にするデリヘルならば、人妻や熟女などいろいろな年齢層の女性が働くことが出来ますが、レズデリヘルの場合若くないと雇ってもらえません。

最高でも35歳くらいまでの見た目幼く見える女性までです。おばちゃんは無理なんですね。

ノーマルな風俗嬢が多いの?

とっても気になることですが、レズデリヘルで働いている女の子は実際、本物のレズなのでしょうか?

調べたところ、やはり女子が好きな女の子が働いている事が圧倒的に多いです。

ノーマルな女の子も少なからずいるようですが、彼氏以外の男性とはエッチな事をしたくない!と言う女の子の場合が多いです。

もしくはバイセクシャルの女の子もいますので、男性、女性どちらでもOKな女の子も働いています。

調べてみる限り、どちらかと言うとノーマルな女の子はあまりいないようですね。

お客さんはというと、最近では特にレズではないけども興味があるとか普通のプレイに飽きたというお客さんも多くなってきているようですが。

やはり同性同士だとどうしても抵抗のある女の子もいるので、やっぱり「女の子が好き!」と言う方がメインで働いています

女性同士で性的な行為をすることに抵抗があるけど、ちょっと女の子が好きな方ならデートコースのみの登録も可能のようです。

手取りが普通の男性相手の風俗とあまり変わりはないので、お金がどうしても必要だとしたらノーマルな女の子はソープなどに入店して稼いだ方が早いです。

流れは男性向けの風俗と似ている

女の子向けのレズ風俗というと、男性向けの風俗と何か違うところがあるのでしょうか。

まず女性が、遊んでくれる女性を探すには2つのパターンがあるんです。

一つ目のパターンは、男性向けの風俗、ソープランドやデリヘルで、相手が女性でもOKという女の子を探すことです。

男性同士に比べれば、一般的に女性同士の同性愛に抵抗を持つ人が少ないので、男性向け風俗で働いていながらも、女性の相手をするのもOKと言う子も、意外といたりします。

そういうお店なりデリヘルに行って、指名して来てもらってプレイを楽しむ。

これは男性向け風俗がベースなので、全く流れは同じと言えるでしょう。

もう一つは、はじめから女性向けの風俗やデリヘルで遊ぶパターンです。

こちらは女性向けを最初からうたっているので、どの女の子を指名しても、きちんと遊んでもらうことができます。

もちろん個人の好みによって、できるプレイは違ってくるし、NGが結構ある子もいます。

ただ基本的なHはもちろんどの子もさせてくれるし、指名表を見ればどんなことをしていいのかきちんと書いてあるので、戸惑うこともないでしょう。

これも男性向け風俗のシステムとそんなに変わりません。

むしろ女の子同士ということで、相手の子もリラックスしてプレイをしてくれる人もいますし、お客さんと思って十分にサービスもしてくれます。

ただやっぱり最近増えてきているとは行っても、女の子専門のお店はまだまだ少ないみたいで、指名したい子が出勤していない、すぐに辞めてしまったということもあるみたいです。

初めてという人は、ネットの評判なんかで男性向け風俗だけど、女の子もOKな女の子がたくさんいるお店を探してみるのが、無難かもしれないですね。

男性客との違い

まず、ノーマルな女の子なら男性と行為をすることに抵抗はないのですが、レズの女の子にとっては、男性と接触することすら嫌だという女の子もいます。

男性客との一番の違いは、やはり柔らかさですかね。

男性と女性では肉質が違うので女性はとっても柔らかく包み込まれるような感じになれます。

安心感を求めている女の子も多いのではないでしょうか。

「じゃあ!ブヨブヨのデブの男性なら同じじゃん?」と思った方もいるかとは思いますが、これ全然違います。

キスした時の唇の柔らかさも、男性とは全然違うんですよ。(キスだけ経験済み)

しかも、女の子ってなんだかいい香りがしませんか?

もちろん香水や制汗剤などもつけている場合もありますが、女の子独特のなんだかよい香りです。

男性の臭いは嫌だけど女の子の優しい香りは、やはり違います。

レズの女の子にも最初から女の子が好きだった方もいれば、男性経験はあるけど最悪だったからレズに目覚めたと言う方もいます。

特に男性経験はあるけどその体験が最悪だった場合、女の子にとってお金が必要でも男性客相手の風俗で働くことは絶対に嫌です。

で、あれば趣味と実益を兼ねてレズデリヘルで働くことが良いのでしょう。

しかも、お客さんが女性なので、男性のように荒々しくがっついては来ません。

男性客は射精を求めて「ヌケたらOK!」な感じで風俗を利用しますが、女性の場合、快感も得たいけれども、肌と肌を合わせて濃厚な幸せな時間を共有したいという男性に求めても、全く理解してもらえない気持ちが分かるので、その辺も男性客との大きな違いですね。

レズデリヘルで働くメリットとしては、キモい男性と触れあわなくて良いこと。ガツガツされないこと。

まだまだ一般社会でカミングアウトしづらいデリケートなことなので、お互いが良く理解しあって、楽しく働けることです。

レズデリヘルで働くためには

興味はあるけど、いざ働くことにはちょっと抵抗があるかもしれません。

それは男性相手の風俗も同じで、最初はドキドキものですよね。

でも、若いうちしか経験できない仕事なので、勇気を出して挑戦してみましょう。

注意点として…どうせ高いお金を払って利用するぐらいなら、入店して働いたほうが欲求も満たせるし、お金にもなるし…という考えをしているような女の子は、お仕事もなかなか続かないようです。

結局、男性相手の風俗も同じですがお客さんが諭吉に見え始めてくると、最初は人気のあった女の子でもだんだんとお茶が続いていきます。

ましてやフリー客は来ないので、全ては指名にかかっています。

純粋に女の子を楽しませてあげたいという気持ちと容姿と(あとはちょっとのお金)が伴えば人気は出ることでしょう。

さて、応募方法ですが至って簡単です。

電話でも良いですし、LINEでもメールでも受け付けています。

体験入店もあるので試しに働いてみて「これならいける!」と思ったら本入店してください。

レズデリヘルなのでビアンの経験があるかなども聞かれますが、未経験でも大丈夫なお店もありますよ。

あとはやはり女の子なので、タトゥーや傷跡の確認もあるようです。

リストカット跡は厳しいかも知れませんね。

女性専門風俗の収入

レズ風俗にはデートコースとヘルスコースの2つがあります。

デートコースで軽いキスや手をつなぐサービスはあるところもありますが、性サービスは無しです。

ヘルスコースは男性相手の風俗同様、ホテル等で性サービスを行います。

デートコースのバックは1時間2500〜4000円が相場です。

ヘルスコースは1時間6000〜8000円が相場で、男性向け風俗の激安店同等と言ったところですね。

そんなに悪くはないです。

人気急上昇と言われているものの、まだ世間での認知度は低く、情報も少ないのでお客さんの数はあまり期待しない方がいいかもしれません。

恐らく1日1人つけば良い方でしょう。

ただし本指名につなげやすいのがレズ風俗の魅力。

女性は男性のように「いれたい!いきたい!」というよりも「ゆっくりまったりしたい」人が多く、ルックスよりもフィーリングで相手を決めます。

心を射止めればリピーターになる可能性が非常に高く、尽くしたがる女性が多いので頻繁に会いにきてくれますし、お金になる行為(ロングコースやプレゼント等)を自ずからやってくれます。

ホストクラブを想像すれば分かりやすいと思いますが、女性は好きな人に対しては執着心と言うか執念が半端ない生き物です。

男性よりも扱いやすいかもしれませんよ。

一般的な男性を相手にするデリヘルと比較してみたところ…。

サービス時間は60分、90分、120分と男性が利用するデリヘルとあまり変わりはありません。

サービス料金も60分14,000円くらいからなので料金的にもレズデリヘルと普通のデリヘルでは大差はなさそうです。

手取りの方ですが普通のデリヘルでは50%バックから70%バッグと開きがありますが、レズデリヘルでは大体50%バック以上となっているので普通のデリヘルとの中間ぐらいなのではないでしょうか。

「なんだレズデリヘルは意外と手取りが低いのね」と考えるのはまだ早いです!

なぜならレズビアンの世界では男性と違って即ホテルはあまり好まれていません。

そこで性的プレイコースの代金にプラスしてデートコースが設けられています。

ほとんどの女性客はデートコースから雰囲気を作ってビアンコース(ヘルスコース)に入っていくので、結局のところ最短でも2時間コースとなり手取りも普通のデリヘルより跳ね上がります。

普通のデリヘルしかわからない女性にとっては、デートコースはどんなことをするのか謎だらけですが、至って普通なことでお友達と一緒にお茶をしたり、手をつないで買い物をしたりとても簡単なことです。

そこからうまく雰囲気を作ってプレイに突入する感じとなります。

ここで手取りは普通のデリヘルよりも、まあまあ良い方なのではないかと感じましたが、男性のようにヌいたら終わりではなく、レズビアン女性客は余韻を楽しんだり、再度プレイをしたりしたいので60分コースでは短すぎ120分以上のロングコースを取るのがほとんどです。

(たまに泊まりなんてこともあります)

となると1日1本お客さんについただけで3万円以上ゲットできてしまうことになります。

プラスαでオプションをつけてもらえば軽く高級デリヘルの手取りぐらいになるので、あくせくとケチな男性達を相手に40分コースでひたすらプレイし続けなくても稼げてしまうのです!

レズデリヘルの最も多いパターンとしては…

  • デートコース60分
  • ビアンコース120分
  • オプション多数

上記のパターンが多いので男性相手のデリヘルより稼げてしまうというわけです。

これならば少しでも女性に興味があるならば1度体験入店に行ってみて、できそうであればレズデリヘルに移籍した方が、体の負担も少なく済みますし、女性の気持ちもよく分かるので、男性相手に心無い言葉を受けたり、おもちゃのようにガツガツと扱われたり痛いといえばクレームにつながったりしてイライラしなくても良くなります。

コスプレ専門のレズ風俗店は皆無

東京には多くの風俗店がありますが、レズビアン風俗店、それもコスプレを押し出した店舗というものは残念ながら皆無です。

やはり女性は、コスプレに性的な興奮を感じることは少ないのかもしれません。

とはいえレズビアン風俗店によっては、オプションでコスプレを扱っている店舗もあります。

コスプレが好きな人はコスプレOKをうたっている店舗を中心に仕事を探してみるのもアリですね。

レズビアン風俗店で行われるコスプレは?

レズビアン風俗店では、多くの店舗がオプションや追加サービスでコスプレサービスを行っています。

内容は店舗によって違いますが、男性向け風俗店にあるような、アニメやマンガのコスプレをすることは少なく、セーラー服や巫女服、OLが着るようなジャケットにタイトスカートといったコスプレがほとんどです。

衣装はキャストだけが着ることや、お客様が着るなど、お客様の希望によって変わります。

東京でコスプレができるレズ風俗店

新宿レズ風俗 YURI

レズビアン風俗店としては珍しくコスチュームに力を入れている店舗が、「新宿レズ風俗 YURI」です。

コスチュームは人気アニメの制服を始め、セーラー服(夏・冬あり)、メイド、チャイナドレスなど数多くのコスチュームが用意されています。

女性同士でディープキスや全身リップが楽しめる「スタンダードコース」では、60分コース以外はコスプレがオプションで利用できますので、コスプレ好きな女性や、変身願望がある女性には色々なコスチュームを着る機会が多くなりそうですね。

公式HP

デリヘル東京in上野

デリヘル東京in上野は男性も利用することが可能な風俗店ですが、その中の「レズコース」は女性にサービスを行うコースも用意されています。

コスプレに関しても応相談ですので、お客様の希望があれば対応する、というシステムです。

コスプレの種類はリアリーダーやブレザー、キャビンアテンダント、アニメやバニーガール、サンタのコスプレといったものもあります。

ただしこちらの店舗は男性の利用者もありますので、男性に性的サービスを行うことに抵抗がない、という人が対象になります。

バイセクシャル寄りの人は、こういった店舗で働くと、色々なコスチュームを試すチャンスが多くなりますよ。

公式HP

DAY DREAM

こちらの店舗も男女ともに利用することができる店舗です。

「ビアンプレイ」というコースでは、女性同士のオイルマッサージやプレイを楽しむことができるコースがあります。

キャストは男女どちらもサービスができるバイセクシャルか、女性のみ相手ができるレズビアンかを申請することができます。

在籍しているキャストの多くはバイセクシャルのようですが。

コスプレもお客様の要望に応じることができるそうですので、コスプレ好きの女性にも楽しい仕事ができそうです。

公式HP

レズビアン東京

新宿にある、男性客お断りのレズビアン風俗店が「レズビアン東京」です。

こちらはオプション追加で、女子高生コスプレ、OLコスプレの2パターンが選べるサービスがあります。

コスプレの種類は少ないので、コスプレ好きな人には若干もの足りないと感じるかもしれません。

しかし都内でも高級会員制をうたっている店舗ですので、キャストのバックは大きく、1ヶ月で100万円以上の収入も可能だそうです。

またキャストが安心して働くことができるよう、定期的な性病検査を実施しているので、仕事をする際の安心感もあります。

公式HP

GFガールフレンズ(仮)

こちらの店舗では、秋葉原駅周辺で利用するお客様限定でコスプレがオプションで利用することができます。

コスプレの種類は、女子高生、OL、メイド、ナース、巫女の5種類。またオプション追加でパンストやメガネ、ニーハイを追加することもあります。

以上の5店舗が、東京都内でコスプレができる有名レズ風俗店です。

やはりレズビアン風俗ではコスプレの需要は低いようです。

しかし、コスプレサービスをしていない店舗でも、キャストが拒否しなければホテルが用意しているコスチューム着用OKの店舗も数多くあります。

「絶対にコスプレして働きたい!」という場合でなければ、こういったホテルのサービスを利用してみるのもひとつの方法ですよ!

公式HP

レズデリヘルなら性病の心配はない?

男性相手ではないから性病の心配はなさそうな感じはしますが、レズデリヘルでも性病の感染の危険性はあります。

もしお客さんが何らかの性病を持っていたら粘膜接触が多いレズデリヘルでは、性病を移されてしまう可能性はおおいにあります。

むしろソープのように完全ゴム着よりも危険性はアップするので最善の注意が必要となります。

危険度としては生接客で男性の相手をするデリヘルと同じぐらいに考えておいてもよいのではないでしょうか。

女性同士のレズデリヘルではゴム着なんてことはどう頑張ってもできないので、満足させるにはペッティングやお互いの性器を擦り合わせたりすることが多くなるので性病はあっという間に感染してしまいます。

完全に防ぐ方法はないので、お互いが性病に関して知識を高めて性病検査に行くようにしなくてはいけません。(指名客として繋ぎ止めるために店外デートで一緒に性病検査に行くのもアリですね)

キスでも移ってしまう性病もあるのでアソコの検査だけではなく、喉の性病検査も定期的に検査しておいた方が安全です。

キスだけで性病なんて移るの?と思ってしまいますが口内も粘膜でできています。

喉のクラミジアや淋病なども簡単に感染してしまうので注意が必要です。

少しの口内出血でも性病を移してしまう、移されてしまうこともあるので気をつけてください。

男性相手のデリヘルよりは、いつも綺麗にしているのが女性なので、性病に感染している可能性は少なそうに見えてしまいますが、女性特有の症状が出ないクラミジアなんて性病もあるので常に気を抜けません。

しかも男性相手ならば性器をグリンスなどの強い殺菌力のある石鹸で洗っても問題はありませんが(モノがただれている時は痛がりますが…)

女性の場合殺菌力の強い石鹸で性器を洗ってしまうと、性病ではありませんが膣内の良い菌まで殺してしまうカンジタ症になってしまう恐れもあるので、お客さんの性器を殺菌力の強い石鹸で洗うようなことは絶対にしないでください。

知識のないお客さんだとカンジタになっただけでも、痒い=性病と考えて「◯◯に性病を移された!」とネットの口コミに書いてしまうので、男性以上に取り扱いには気を使わなくてはいけません。

女性は粘着質の性格の人が多いので、ちょっとしたことでもすぐにネットに暴露してしまい大炎上となります。

こんな口コミを書かれてしまうと、次にレズデリヘルを利用しようと思っているお客さんにも、敬遠されてしまいます。

これでは稼ぎが少なくなって生活も危うくなるので、・殺菌力の強い石鹸で膣を洗わない。

  • 自分自身も定期的に性病検査に行く。
  • お客さんにもやんわりと性病検査を勧めてみる。

など移す移さないではなく、予防の対策ならいくらでもあります。

自分が万が一性病だったとしてバレないだろうと思って出勤してしまうと、お客さんに迷惑をかけてしまい、今後の稼ぎが左右されてくるのでトータル的に見ると、完全に治るまでお休みしておいた方が稼げるようになります。

もし性病だったとしても、お金に困っていて働きたいのであれば、性的接触のない性感エステコースだけ受け付ける手もあります。

まずは性病検査に行って、後は店長と相談をして決めてください。

ビアンのキモ客はいる?

レズデリヘルにも働く女の子にとってはキモ客や痛客と思ってしまうお客さんも中にはいるようです。

恋愛対象として見てくる

代表的なのが、お気に入りの女の子への気持ちが恋愛感情に発展してつきまとってくるお客さん。

好意をもってもらえるのはありがたいものですが、明らかに客と風俗嬢の一線を超えようとする過度なつきまといは厄介ですよね…。

もちろん男性のお客さんにもこういう人はいますが、レズデリヘルを利用する女性のお客さんは、肉体的満足よりも精神的満足を多く求めている可能性や傾向が高いです。

色恋営業が得意でない女の子は思わせぶりな言動はし過ぎないほうが賢明です。

なんちゃってビアン

レズデリヘルは、レズビアンのお客さんに限らず、女の子と経験がしてみたいと興味をもってやってくるストレートのお客さんも多いです。

そんな中にはちょっと痛いキャラのなんちゃってビアンと呼ばれるビアンには嫌われるタイプがいることも。

なんちゃってビアンとは、かっこつけやサブカル感覚で同性愛者だと自称している人のことで、レズビアンの人にとってはあまり良い印象を持つ存在ではありません。

レズビアンの女の子が、レズデリヘルでなんちゃってビアンのお客さんにあたってしまった時は言動や価値観の違いに仕事とはいえイラっとしてしまうかもしれません。

ソフトレズ向けのコースもある

女の子同士で遊んでみたいけど、まだガッツリエッチなことをするのは、ちょっと気が引ける、怖いという人もいるかもしれません。

また体の関係ではなくて、メンタル面で女の子同士のつながりがほしいという人もいるものです。

そんなピュアな女の子のために、ソフトレズ的なコースもじつはあったりするのです。

普通のコースだと、やっぱり体を触り合って、舐めあったり、弄くりあったり、おもちゃで遊んだりするわけですが、こういうソフトレズコースでは基本的にプレイはなしで、添い寝などをしながらソフトタッチをするコースになっています。

添い寝して甘い言葉を囁いてもらったり、話をして日頃の愚痴を聞いてもらったり、気持ちの面でとっても気持ちよくなれるのがこのコースです。

同性だから話し合ってわかってもらうこともできますし、男の人の体はゴツゴツして固いですけれども、女性の柔らかい体で包んでもらったほうが、気持ちが良いと思う人もいます。

何より大変甘い雰囲気があり、体の関係ではないプラトニックな禁断の愛という気分を盛り上げてくれるので、このコースだけに虜になる人もいるほどです。

まさに女子校のお姉様に憧れるようなもの、宝塚の世界に近いものがあるのかもしれませんね。

男性も利用できる「レズ鑑賞コース」、「カップルコース」

男性も利用できる風俗店ですと、「レズ鑑賞コース」や「カップルコース」が人気になります。

キャスト2人、または女性客とキャストがレズプレイを行い、それを男性客が鑑賞してプレイに参加する、などコースも様々。

レズ専門風俗店では、どのコースでも男性客との接触はNGとしていることが多いので、男性に触れることに抵抗がある人も安心して働くことができます。

店舗によっては男女2人のお客様を満足させるサービス内容が求められますので、心身ともにきつい仕事となることでしょう。

料金はいくらぐらいなの?

ここまで読んでみて、女性向けのレズ風俗に興味が湧いたという人もいるんじゃないでしょうか?

もしいってみたいと思ったら、まず気になるのは料金ですよね。

自分がそういったお店で働いている人は、だいたいわかると思いますが、やっぱり風俗はそれなりに高いです。

料金としては会員になるための入会料、指名料、デリヘルだったらホテルの代金、そしてお店に支払うお金、色々なオプションサービスで遊びたいと思う時のお金がかかります。

お店に支払うお金は時間によって変わりますが、1時間で2万円ぐらいが平均となっています。

その他にもオプションはプレイの種類によって5千円ぐらいかかることもありますし、

コスチュームなどを頼むとそれだけで2~3000円ぐらいでしょう。

会員料がかからないお店もありますけど、十分にプレイを楽しめる90分コースなどをオプションに一つ加えて楽しむとしたら、3万円ぐらいかかってしまうのは仕方ないですね~。

でも行ってみた人の感想とかを見てみると、みんな値段以上にすごく満足している人が多いみたいです。

働いている女の子も、当然女の子が好きな子ばかりで、今まで余り理解されてこなかった世界ということも会って、すごく喜びを感じながら、真剣に働いている子ばっかりだとか。

きっとあなたを今まで知らなかった、とろけるような快楽の世界に導いてくれるんじゃないでしょうか。

女の子が気持ちいいところを知ってるのは、やっぱり男の人じゃなくて、女の子ですよね。

そういった意味で、本当に女の子を気持ちよくできるのは、男性よりも女性といえるかもしれないです。

またサービスをしてもらうことで、逆に自分が足りなかったものを教えてもらって、自分のサービス内容を改善できるかもしれませんね。

キャストは1ヶ月でいくらもらっているの?

風俗店で働く女性を対象に行った調査によると、デリヘル風俗嬢(キャスト)の平均出勤日数は10日で、平均月給は30〜40万円前後という結果が出ました。

この数字、多いと見ますか?少ないと見ますか?

個人的な感想を言えば、体力・精神力を使って稼ぐリスクの高い仕事であるのに、意外と少ないな、というのが本音です。

もちろん中には、容姿が非常に優れている女性や、読者モデル、AV女優など「高級デリヘル嬢」と呼ばれる人たちもいます。

高級デリヘルになると、1ヶ月で80〜100万円以上の収入もたたき出せるそうですが、そういった人たちはごく僅かしかいません。

レズ専門風俗店に限らず、風俗店は周囲が思うほど「楽をして高収入」を得られる仕事ではありません。

そういった点をきちんと理解した上で、風俗店の仕事を始めるようにして下さい。

バイセクシャルなら、男女来店可能の風俗店も

男性との接触に抵抗がないのであれば、男女どちらでも利用することができる風俗店を探すという方法もあります。

上記でも紹介しましたが、レズ風俗の数はまだあまり多くはありません。

仕事をしたくてもできない、といった時間ももったいないですよね。

絶対にレズ風俗店じゃないとイヤ!という場合でないのなら、男女が利用できる風俗店を探してみてはいかがでしょう。

店舗によっては祝い金サービスも!

レズ風俗店によっては、求人サイトから会員登録を行い、面接をしたり体験入店をすると、交通費を負担したり祝い金がもらえるといった特典を実施している店舗もあります。

「自分にレズ風俗ができるのか自信がない」という人は、まず体験入店をして雰囲気をつかんでみてはいかがでしょう。お金もいただけますのでぜひ利用して下さい。

女性専門風俗で稼げる女の子

女性をお客さんにした女性専門風俗に向いているのは、どのような女の子でしょうか。

決してレズビアンやバイセクシャルでないとできないというわけではありません。

私はあらゆる風俗を経験してきてオプションだってほとんどクリアしてきましたが、どうしてもレズだけは出来なかった子です…。

女性2人と男性のお客さんの3Pコースでも無理でした。

スタッフが間違えて3Pの予約をとっちゃった時も、「生理が来ました」とウソついてまで休みました(笑)

こういうタイプは絶対に向きません。

まずは女性との性行為に抵抗が無いことが大前提ですね。

女性が好きだったら天職でしょう!

あと彼氏に罪悪感があって男性相手の風俗はできないけれど、高収入に憧れている女性もレズ風俗なら出来るかもしれません。

ちなみに基本サービスはキスや全身リップ、ボディ洗いは男性向け風俗と一緒。

女性ならではという点では、クンニや貝合わせ、指入れなどです。

指入れは当然入れられますが、あなたも入れますよ。

私は女性のアソコは絶対に舐められない自信があるので無理です…。

とは言え、どうしてもレズビアン風俗で働かなければいけないっていう場合は、レズにはネコ(受け)とタチ(責め)があるので大丈夫。

女性を責めることに自信が無くてもネコ専門として働くことも出来ますよ。

ヘルスコースはNGにして、デートコースのみで稼ぐという方法もあります。

それでも普通のバイト以上の時給ですから、高収入には間違いないでしょう。

それすら無理という方はやらない方がいいです。

人格否定と捉えられてクレームどころか、トラブルにもなりかねません。

女性専門風俗の探し方と選び方

レズビアン風俗のお店はいったいどこで出会えるのか。

求人サイトにはなかなか掲載されていません…。

職種欄に「レズビアン」っていう文字、見たこと無いですよね?

レズビアン風俗を探すなら、女性専門風俗サイトを見ましょう!

「女性専門風俗」とググれば上位にヒットするものがあります。そこをチェック!

あなたがもし女性専門風俗を利用しようとしたら、少ない情報の中で何を頼るかと言ったらネット検索ですよね。

女性の心理は誰よりも分かるはずです。

お店によってコンセプトは様々ですが、エステの延長線上にあるような性感マッサージをメインにしているところもあれば、レズビアンとしてガッツリ性サービスを提供するお店もあります。

あなたが出来る範囲で、興味があることを選んで挑戦すればいいと思います。

お店のHPを見てみて、同じ女性としてユーザーが好感を抱くサイトのお店を選ぶのがおすすめです。

お客さんだって、好感持つサイトをクリックしますから、集客力は期待できますよね。

HPにも必ず求人情報が載っていますから、問い合わせてみましょう。

しかし…レズデリヘルは数が少ない上に、都市部だけに集中しています。

地方に住んでいる場合、レズデリヘルで働きたくても入店すらできないのが現実です。

だってレズデリヘル自体がないのですからどうしようもありません…。

地方に住んでいても、どうしてもレズデリヘルで働きたいのであれば、男性相手の普通のデリヘルに入店することをオススメします。

男性を相手にするのは嫌でしょうから、入店する際にはきちんと自分の意思を伝えることが必要です。

地方に住んでいてもレズデリヘルを利用したいと思っている女性客も多くいるのです。

そんなときは男性が利用するデリヘルに電話をかけてプレイが出来ないか問い合わせをすることもあります。

最初から女性しか相手にできないと伝えておけば、女性から問い合わせが来た時のみ出勤をするといったような形で入店することも可能な場合があります。

しかし男性相手の普通のデリヘルが本当にレズビアンを受け入れてくれるかどうかも分からないことだらけです。

入店に関して問い合わせをする時は、自分がレズでも男性相手のデリヘルで受け入れてくれるかしっかりと確認をしましょう。

入店してからカミングアウトしてしまうと、無理にでも男性のお相手をさせられてしまいます…。

1番よいのは女性から問い合わせが来た時には自分に仕事が回してくれるように、店長にお願いをしておいて、他の時間帯は男性の相手にできるようなバイセクシャルだと稼ぎが安定するのですが、こればかりは無理をして男性の相手をすることはオススメはできません。

しかも男性相手の普通のデリヘルに、毎日女性客から問い合わせ電話がかかってくるわけでもありません…。

地方に住んでいてレズだけ相手にして働きたいのであれば稼ぎは度外視して働くしかないのです。

でも2、3人レズデリヘルとして利用する女性客を指名客として持っていれば、お小遣い程度にはなるでしょう。

もし自由が利く身の上であったら、都市部に引っ越す事も視野に入れて考えてもよいかもしれませんね。

都市部であれば地方に比べ客数も多く、エッチな関係だけではなく、他のコースもいろいろあるので稼げる可能性も大きくなります。

まとめ

今はまだ密かなブームといった程度の人気ではある「女性専門風俗」ですが、女性とイチャイチャしたいといった願望を持つ女性は確実に増えているので、今後期待が出来る職種ではあると思います。

もう少し認知度が上がって、社会的な理解も深まれば、確実に高収入の職業の仲間入りをするでしょう。

レズビアンで男性への性サービスに抵抗が強く、高収入を諦めていた女の子には朗報ですね。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-レズビアン・ゲイ
-, , ,

© 2020 DazzBrity