儲かってる風俗店 見極め方

風俗高収入求人情報まとめ

求人広告費をかけている風俗店は総じて儲かっていると言えるので嬢も稼げる可能性が大幅に上がる

2020年5月16日

風俗店で働く身としては閑古鳥が鳴くようなお店で働くよりも常にお客さんでにぎわっているお店で働くほうがいいに決まっていますよね。

ここでは風俗店が求人費を賭けている店は儲かっているかどうかということについて紹介したいと思います。

お金に困っていてすぐにでも働きたいという人にとってはあまり気にする要素ではないかもしれません。

拘束時間が長いのに働く時間が短く全然稼げなかったということが無いようにしっかりお店選びから始めましょう。

意外と難しいお店選び

「風俗店なんていっぱいあるから選ぶの簡単じゃん!」と思いきや、これまた自分に合うお店や、儲かっているお店を探すのって意外と難しいんですよね。

何しろ日本全国には何百、何千と風俗店がありますから、求人サイトを開いた瞬間「ウワッ!店多すぎだろ!」ってなっちゃうわけです。

風俗で働く!と腹をくくった以上、絶対にたっぷりと稼ぎたいですよね

でもお店選びを一歩間違えると、「全然稼げないじゃん!」なんてことになりかねないんです。

だからこそ「どこでもいいや」の精神を捨てて、真剣に求人サイトと向き合いましょうね!

あなたの日給がかかっています!

稼ぎたいなら儲かっているお店を選ぶのが基本!

儲かっているお店=忙しい=指名が入りやすい=女の子が稼げる!こんな方程式はバカでもわかりますね。

風俗店だけじゃなく、儲かっているお店は給料が高い傾向にあります。

確かに、その辺の無名会社より、誰もが名前を知っているような大手企業のほうが給料良さそうでしょ?それと一緒です。

ちなみに、儲かってないお店が最初に削る経費が人件費。

つまり風俗店ならあなたたちの給料が削られちゃうんですよ!

しかも儲かっていないお店って、結構ギスギスした空気が流れていて、従業員の対応や条件が悪いなんて話もよく聞きます。

全体的に見ても、やっぱり儲かっているお店で働いたほうが色々とめんどうもなくメンタル的にも良さそうです。

儲かっているお店かどうかを見破るコツ

儲かっているお店が良い!と分かっていても、何百何千と転がる風俗店の中からそのようなお店を見つけるのは至難の業。

でも、見破るコツって意外とわかりやすいところにあるんですよ!

現代のネット社会ではそこら中に情報が転がっています。

求人費や広告費をかけているかどうか

まずは特にわかりやすいコレ!ってやつから説明していきますね。

最近では色々な風俗店が所狭しとひしめいていますからね。

まず、風俗に行こうと考えているお客さんから見ると「どこのお店に行こうかな~?」みたいな選択肢がめちゃめちゃあるわけです。

特にインターネットが普及する現在では、ネットで風俗店を探すお客さんが増えています。

つまり、広告費をかけて露出度を高めている風俗店。

コレこそが、お客さんに選ばれやすいお店であって“儲かっているお店”とも言えます。

広告費って、安いもんじゃないんですよ。

筆者も仕事で広告を出したことがありますが、露出度によっては月に何十万、何百万とか普通にありますから。

お店が儲かっていなければ、高い広告費も出せませんからね。

さらに、広告を出したとしても利益がなければ赤字になるので、広告を継続できなくなります。

つまり、広告費をかけているお店こそが儲かっているお店になるわけです!

では、試しにGoogleで「風俗 都内」で検索してみてください(Yahoo!でも良いですよ)。

おそらく、1ページ目には風俗店がたくさん載っているまとめサイトのようなものがたくさんヒットしたかと思います。

そのページをクリックしてみてください。

開いたページの上のほうに出てきたお店。これです、広告費をかけているお店。

わかりやすいでしょ?あとは、雑誌などでよく見る名前のお店なんかも広告費をかけていますね。

普段お客さん目線の男性用サイトや雑誌は見ない!って方が多いと思いますが、儲かっているお店を探したいのなら上記のポイントに注目しチェックしてみてください!

公式ホームページに費用をかけているかどうか

求人費や広告費はもちろん、公式ホームページにもしっかりお金をかけているかどうかも注目したいポイントです!

公式ホームページを作ったり更新したりするのもタダじゃありませんからね。

お客さんは、結構事細かく公式ホームページをチェックしています。

「どんな女の子がいるのかな~?」

「女の子の可愛い日記をチェックしちゃおう~」

「今月はどんなイベントが開催されているのかな~」みたいな。

確かに女の筆者から見ても、風俗店のホームページを覗くのは結構楽しいものです。

つまり、公式ホームページの印象ってかなり重要になるってこと!

写真とか画像とかの素材が全然ない質素なホームページより、素材をたっぷり使ったキラキラしたサイトの方が見ていてもテンションが上がっちゃいますもんね~。

チェックポイント

・新人紹介がしっかりされている

・指名本数ランキングが毎週・毎月しっかり更新されている

・女の子のブログや日記などのコンテンツが充実している

・イベントやサービスの告知が定期的にされている

これだけチェックすれば、儲かっているお店かそうじゃないかが一目瞭然です!

また、ホームページの見やすさもポイントのひとつ。

見やすくて綺麗なホームページは、ちゃんとお金をかけてプロに依頼して制作しているので、集客の差が出やすいです。

何より、活気があるお店かどうかを判断すること!

活気のあるお店というのは、ファンも多く女の子からの信用度も高いと言えます!

公式ホームページをチェックしておけば、そのお店の方針やコンセプトなどがわかるので、自分に合ったお店を見つけやすいのもポイントのひとつです!

女の子の写真の加工技術をチェック!

結構現実的な話を持ち掛けちゃいますが、ほとんどの風俗店が女の子の写真にかなりの加工を施しています!パネマジってやつです。

お客さんはネットで公開されている女の子の写真を見て来店することが多いので、「ウチにはこんなに可愛い子がたくさんいるんですよ!」っていうことをアピールするために多少でも加工をして詐欺っています。

お客さんが来店しちゃえばこっちのもんですからね。

実際に、いろいろなお店の女の子の写真を見比べてみてください。

加工がしっかりされていて可愛い女の子たちばかりが揃うお店と「え?そんなに可愛くなくない?てか肌が汚い!」みたいな女の子たちが揃うお店があると思います。

もちろん、画像の加工もタダじゃなく人件費や依頼費がかかります。

つまり、女の子の画像が綺麗なお店は、お金をかけているのでその分儲かっているお店ってこと!

こんな感じで、求人費をかけてるお店は儲かっているお店ってことになります。

結構店によって差が出るのでこれも見るのが楽しいですよ!ぜひチェックしてみてください!

風俗店が払う求人費について

風俗店が求人費などを出す際大手広告サイトに乗せる場合かなりの高額を請求されることになります。

それでもいい人材を集めたいと思う風俗店は求人費用をケチらずお店が儲かるように四苦八苦しています。

これは会社と同じでいい人材を集めるには自社のホームページを使うだけでは不可能で、必ずと言っていいほど大手就職情報サイト等を使っていますよね。

逆を言うと働き手は求人費を払う必要はないので、大手風俗情報サイトにバンバン掲載しているお店で働くほうがお客の入りが期待できて圧倒的に有利です。

求人広告には日給3万5千円程度なんて書かれている風俗店は多いですが、あくまでも客が入った時の料金で会って一日中待機していたからと言ってそこまでのお金が発生する訳ではありません。

風俗店で働く人の多くが稼ぎたいと思っていることでしょうけど、そうするためにはより儲かるお店で働く必要があります。

必ずとは言えませんが、多くの大手風俗情報サイトに求人広告を出しているお店はまず儲かっている、少なくとも儲かろうとしているお店だと考えてもいいでしょう。

求人費を出すお店の傾向について

さらに求人費にお金をかけているお店というのは宣伝費にもお金をかけているという傾向にあります。

先ほど転職サイトの例を挙げましたが、転職サイトの場合は求人をするためだけのサイトとなります。

しかし風俗情報サイトの場合は、求人は一コーナーになっているだけで他は客を集客するための宣伝サイトとなっています。

そのためお店の宣伝をしつつ求人もこなすという訳です。

多くの風俗情報サイトに求人募集がされているということは多くの風俗情報サイトで自店の宣伝をしているということなので客が集まりやすい傾向にあります。

是非そういったお店で働いて大いに稼ぐようにして下さい。

風俗店を贔屓にしているお客さんというのは普段遊ぶ風俗店のメルマガ情報等を取り入れています。

もしその店に新人が入ったらメールがいくようになっているということが多いのです。

するとキャストは自分が新人でなくても多くの男性の目に触れることになるので(何も新人だけの宣伝をするメルマガではないのです)「こんな子いたんだ」と再度確認されることが多いのです。

そうなれば棚から牡丹餅形式であなたが男性客から指名されるということは少なくありません。

有名店や有名グループで働けとは言いませんが、多くの風俗情報サイトに掲載されているお店で働くとメリットは多いと思いますよ。

ちなみに大手風俗サイトにお店の情報を掲載すると5万~10万程度かかります。

これを稼ごうと思ったらよほど集客しないといけないことになります。

それにもかかわらず何社も大手風俗サイトに乗せているというのは儲かっているという証拠になるでしょうね!

求人情報が多い=宣伝情報が多いということにつながるので求人に力を入れている店で働くのであれば日給3~4万円稼ぐことは不可能ではありません!

求人費をケチる風俗店について

逆に求人費をケチる風俗店は注意してください。

なるべくならそういったお店で働くのは避けたほうがいいと思います。

求人費をケチる風俗店は独自にスカウトをしたり自社のホームページだけでキャストを集めると言った手法をとります。

こういった店の特徴として挙げられるのが「道端で客引きをする」もしくは「アパートの一室をプレイルームとしている」ということが多いのです。

さらにそれは非合法プレイを行っているお店が多いです。

よくあるのがお店の住所を明かさず、OO駅を降りたら電話をしてくださいと書いてあり、底から電話で誘導するということになります。

住所を明かすとまずいと思っていることが多いのです。

恐らく届け出を出してない店が多いのですが、そういった店では本番プレイを強要したり、かなり格安でこき使われることが多いので絶対に近づかないようにして下さい。

非合法でも儲かればいいやと思っている人も多いと思いますが、実際そういう店に行った男性客はその場では満足するものの、多少の不安感を抱きリピーターにならない傾向があります。

女の子からしてみれば本番プレイまでしたのにお金は稼げずさらに常連客にもならないという最悪づくしな結果に陥ってしまうのです。

ごく稀にいる敏腕スカウトマン

上記とは別にごく稀に敏腕スカウトマンというのが存在します。

どこからスカウトしたのかは分かりませんが声をかける女の子がお店の稼ぎ頭になり、お店が潤うというシステムです。

噂でしか聞いたことがありませんが、実際にはいるようです。

私の予想だとAV業界に精通しててそこからスカウトしているのかな?と思うのですが真相のほどは分かりません。

しかし特に何もしていないで「お金に困っているから風俗店で働きたい」という人に声をかけてくるスカウトマンというのは一般的なスカウトマンで求人費をケチる店の一部ということが多いのでこちらも気を付けてください。

まとめ

求人費にお金をかけている店というのは儲かっている傾向にあることが多いです。

儲かっている風俗店で働くと余分な待機時間が少ないことが多く、出社したのに全然稼ぐことができなかったということにはならないでしょう。

求人費にお金をかけているお店の多くは宣伝費にもお金を費やしていて、お客獲得に向けて試行錯誤している傾向にあります。

求人費をケチっているお店はその場しのぎの経営状況ということが多く、さらには非合法プレイをしているお店が多いです。

スカウトマンに紹介されてついていく場合は十分に警戒してお店に入る前にいろいろな情報を得る必要があります。

真剣に稼ぐためには広告費や求人費をかけていそうな店舗をネットで検索しましょう。

チェックポイントとしては、

1.儲かっている風俗店を探すなら求人費の費用に注目!

2.人件費を大事にしていてギスギスしていない風俗店が良い!

3.シティヘブンや風俗じゃぱんなどのサイトをよく確認する!

男性が見るサイトを見て上位に来てるような所を探してそこの公式HPを見ればいいだけ!

そしてそこで今働いている女の子の写メ日記やパネマジの感じを見る!

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-風俗高収入求人情報まとめ
-, , ,

© 2020 DazzBrity