風俗店 マイナンバー対策

風俗の法律

風俗店が行ってるマイナンバー対策の実態と風俗嬢の現金の隠し方や節税方法

2020年5月16日

当店はマイナンバー対策ばっちりデス!

マイナンバーの心配は要りません!

女の子のためのマイナンバー対策は万全!

最近、インターネットの風俗求人情報サイトでこんな謳い文句をよくみかけませんか?

「マイナンバーの心配は要らない」という、いわゆる「マイナンバー対策店」です。

そこで今回は、近年増えつつある「風俗店のマイナンバー対策」について詳しくご説明をさせていただきます。

そもそも、マイナンバーとは

マイナンバーとは、国によって住民票がある国民を対象として12ケタの番号を国民一人ひとりに割り当てる制度です。

分かりやすく言うと「国民全員に“背番号”をつけて管理しちゃいますよ」という制度のことです。

国が国民の収入状況を管理しやすくなるというものです。

もちろん、マイナンバーは法律上、

  • 複雑化する国民の個人情報を番号を割り振ることで識別しやすくする
  • 国民一人ひとりに番号を割り振ることで年金などの社会保障サービスを充実させる

という目的のもと、日本国内でのマイナンバー制度は2016年(平成28年)1月1日から制度が開始されました。

マイナンバーのメリット

  • 公的な機関で個人情報を共有、管理しやすくなり、人的ミスが減る
  • 個人情報を管理するための人件費を削減出来る

マイナンバーのデメリット

  • 個人のプライバシーが侵害されるおそれがある
  • 個人情報が外部に漏れてしまうおそれがある

風俗店が行っている「マイナンバー対策」の真実

最近増えている「マイナンバー対策」を行っているという風俗店はどんな内容の対策を風俗嬢の女の子のために行っているのでしょうか?

風俗店で行っている対策は、ほぼすべてが「あなたの個人情報が漏れることはありません!」という「親バレ・彼氏バレ対策ばっちりですよ!」という対策です。

今まででもよく見かけていた「アリバイ会社をご用意していますので、親や彼氏にバレにくくなりますよ」というヤツですね。

でもこれって、オカシイと思いませんか?

そもそも、親バレや彼氏バレとマイナンバーが関係している可能性は限りなく低いワケで、それをわざわざ風俗店がしてくれてるというのは、あまりありがたみのある特典ではないですよね。

税金対策を謳っている風俗店も…

親バレ彼氏バレ対策以外にも、風俗店がマイナンバー対策と謳っているのは、女の子が税金を支払っていなくても税務署にバレないようにサポートしますといった意味合いを含めている場合も珍しくありません。

所得税を始めとした税金を納めるケースが少ない風俗嬢の女の子に、税務署の捜索が入らないように守ってあげますよ、という「マイナンバー対策」を宣伝文句として求人情報に掲載しているお店も多いです。

でも、税金対策って、マイナンバーと関係あるのか、不思議に思う女の子も少なくありませんよね。

次の項ではそんな「風俗店、風俗嬢とマイナンバーの関係」ついてご説明します。

風俗店は税金を支払っていないケースが極めて多い

風俗嬢の女の子は、しっかりとした給与明細がお店から支給されなかったり、源泉徴収されない給与明細を渡されるなど、確定申告をしたくても出来ない状況にあるのが現在の日本の風俗嬢の状況です。

でも、もともと風俗嬢として働いている女の子はほとんどが所得税などの税金を納めていない場合が多いんです。

そして、風俗店についても、お店がしっかりと税務申告をせず、税金を支払っていないケースがたくさんあります。

日本では、風俗店とそのお店に勤めている女の子の両方が「税金を支払っていない」ケースも珍しくないのです。

お店のマイナンバー対策って意味あるの?

「風俗店自体が税金を納めていない」

「風俗店のマイナンバー対策は単なる親バレ・彼氏バレ対策としてアリバイ会社への加入を勧めるだけ」

上記のことから将来的にはもしかすると風俗嬢の女の子が「税金未払い」のことをマイナンバーから辿られてバレてしまい、逮捕されるなんて可能性もあるかもしれません。

ただ、そのような極端な展開はこの先、数年は起こる心配はしなくても良さそうです。

とは言うものの「マイナンバーから税金未払いがバレたらどうしよう」と心配する女の子も多いと思いますので、ココで補足事項をもう一つ。

もし、マイナンバーのせいであなたの税金未払いがバレて逮捕される時代が来るとしたら、それより先にマイナンバーによって風俗店が摘発されます。

これは、風俗嬢の女の子が、風俗店に雇用、つまり雇われているのではなくて、日本の風俗店ではお店が女の子に「業務委託&個人契約」という形で、お店のキャストさんとして働いてもらっているためです。

もし、風俗嬢の女の子の税金未払いをマイナンバーから税務署がたどって女の子を逮捕しようとするならば、必ず女の子の収入元である風俗店から摘発を行うのがセオリーだからです。

このため、お店が税務署に摘発され税金未払いで経営者が逮捕されたときには、お店をさっさと辞めてしまえば、女の子自身の収入にかかる税金をマイナンバーからたどって税務署が調査に来ることはありませんので、安心してお仕事を続けるようにしましょう。

ただ、こういう新しい法律をつくった場合や取り締まり強化!といった報道がされたときなどには必ず見せしめに何人か逮捕するので、相当ついてない子や目立っている子は逮捕されてしまう可能性があります。

税務署も暇ではない

本来は税務署は国民全員の所得を把握して、収入にあった税金を納めさせるのが仕事なのですが、世の中には何億円という収入がありながら申告しないで税金を納めない悪い人も多くいます。

昔の風俗嬢なら稼げていたので、対象になってもおかしくはないのですが、現在の風俗嬢は稼げなさすぎて、そんな貧乏人をちょこちょこ相手にしているより、ドカンと税収があがるお金持ちの対策に忙しいのです。

知り合いの風俗店店長いわく「年収1千万まで行くと調査は入るかもだけど」と言っていました。

そう、現在は年収1千万プレーヤーの風俗嬢はほんの一握りです。

下手するとコンビニバイトしていた方が稼げるんじゃないかと思うくらい暇になってきています。

なので一般的な風俗嬢は今はそんなに気にしなくても大丈夫です。

今後はどうなるかな?

少ないながらも一生懸命貯めたお金をせっせと銀行に預け入れしていると近い将来銀行預金で収入があることがバレる可能性があります。

稼げないのに、脱税の罪を着せられ(まぁ申告していない時点でダメですが…)罰金まで徴収されたらたまったもんじゃありません。

これはほんの一握りの1千万プレーヤーでも同じことで銀行に預け入れるのはなるべく避けた方がよいと思います。

ちなみに2018年度からマイナンバーに紐付けて銀行預金も把握するような仕組みになるとかならないとか…

仕事帰りにちょこちょこと入金すると余計怪しいので気を付けましょう。

今はまだ大丈夫なので1000万円を限度に(1000万円くらいであればスルーされる金額なので)複数口座に分けて貯蓄しておくのもありかもしれません。

売れっ子風俗嬢がやってる貯蓄方法

手元に現金があるから使ってしまう。

だから、銀行に預けるが一般的ですが、銀行に預けて収入がバレるよりやはり自己管理するのが一番安全です。

私の昔の風俗知人は何を思ったのか、500円がいっぱいに貯まると100万円貯まると言う貯金箱を買ってきて、その中に万札をガサガサ入れていました。

当然すぐにいっぱいになるので、缶切りで蓋を開け、そのまま万札を突っ込んでいました。

普通のアパートに住んでいたので余裕で空き巣も入れるのですが、目につくところに万札がモリモリ入っていたら、ドロボーwelcome状態です。

そんな自己管理方法ではあまりに危険なので超重い火事にも耐えられる金庫を1つ用意しましょう。

現代版タンス預金ですね。

軽い金庫だとそのまま空き巣に持っていかれますので、叩いても壊れないタイプの物を選んでください。

お値段は高いですが、空き巣に持っていかれるより安全に収納出来ます。

ただし、「ちょっと今月ピンチだから…」と金庫の中身を使い始めると歯止めが効かなくなるので絶対に使わない!と強い信念を持って貯めてください。

資産に変える

現金を手元に置いておくと使ってしまう江戸っこタイプの女の子は、現金を資産に変えてしまいましょう。

ゴールドの商品を現金購入して、金庫に未使用で保証書付きでしまっておけば、現金を使い込むこともなくなり、資産として残せます。

この方法ではあれば絶対に税務署も把握できないのでおすすめです。

何らかの理由で現金が必要になったとき、溜め込んだゴールドを買い取り業者に持っていけば現金化してもらえます。

ただ注意してほしいのが、ゴールドは毎日価格が変動するということです。

簡単に説明すると、あなたが100円でゴールドを購入したとして、買った時は100円でしたが、翌日には80円に下がってしまうこともあります。

逆に120円に値上がりするときもあります。

外貨預金や株取引と同じで、買い時、売り時を間違うと大損する可能性があるので、安いときに購入してゴールドが値上がりしたら現金化するようにしていけば、100円で購入したものが120円で売れたら20円の儲けです。

分かりやすく単位を100円にしていますが、100万円だった場合、20万円の儲けです。逆に損すると20万円の損失です。

ちょっと難しい話になりましたが、少しお勉強してトライしてみてください。

たぶんオークションとか好きな女の子ははまれます。

とにかく確定申告する

確定申告をすると言っても風俗で稼いだ分を確定申告するわけではありません。

もちろん、風俗で稼いだお金を真面目に確定申告しても良いのですが、あんまり風俗ってばれたくないですよね。

なので週1~2回普通のバイトを始めて、そちらを確定申告しましょう。

風俗の出勤日数は減ってしまい、収入がダウンするおそれもありますが、週2~3日くらいなら昼間、普通のバイトをして、夜風俗でいままで通り働くことも、体的にきついですが可能ですよね。

とりあえず普通のバイトで確定申告さえしてしまい、風俗で得た給料は買ってきた金庫に閉まっておけば、当面大丈夫です。

そして気を付けなくてはならないのが、高級車に乗ったり、家賃うん十万円のタワーマンションに住んだりせず、質素な暮らしをするようにしましょう。

近所の目は怖いです。「あそこの女性仕事もしてなさそうなのに凄い高級車乗ってるんです」って半分妬みも入ってますが、すぐに怪しんで税務署にたれ込みを入れます。

そもそも確定申告しはじめたら、コンビニバイトに高級車乗って出勤は出来ないので手放す事も考えておいた方が良いかも知れません。

とにかくなんでも良いので、バイト先が確定申告してくれる普通のバイトを探してきて働きましょう。おそらくそれが一番安全なマイナンバー対策です。風俗バレも防げますしね。

自宅に現金を隠す

タンス預金

定番といえば定番ですが、やはりタンスの中に現金を隠している嬢が非常に多いようです。

「タンス預金」という言葉もあり、ものを隠すのには一番手っ取り早い方法と言えますが、泥棒がまず目をつけるのがこのタンスなので、盗難には十分に注意したい場所です。

生活用品の中

電気ポットや本の中、蛍光灯の裏側など、「こんなところは見ないだろう」という意外なところに現金を隠している風俗嬢も少なくありません。

まさかという場所から、現金数千万円が出た、という例もあります。

今どきの隠し場所?

最近ではスマホ、タブレット、パソコンなどの空き箱に現金を入れている人も多くいます。

確かに空き箱は説明書や保証書などの書類が入れられているだけの空箱ですので、現金を隠すのにはうってつけの場所。

この場合、現金を隠していることを忘れてうっかり捨ててしまうことのないよう注意が必要ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

風俗店がやってくれるマイナンバー対策は実際には対策という対策にはなっていませんでしたね。

現金の隠し場所については他にも親族の墓の中には現金を隠すなんて、ドラマみたいな事も出来ますが、何度もやっていると墓荒らしで捕まるのでおすすめは出来ません。

貸金庫という選択肢もあるのですが、結構審査が厳しく、何らかの事情で所得がばれてしまったとき真っ先に貸金庫を調べられてしまいます。

やはりこれからの時代風俗嬢は暮らせる分だけ銀行に預金し、後は自宅でタンス預金が安全です。

もっと安全を狙うのであれば、普通のバイトで確定申告しておけば、今後しばらくは騙すという言い方は悪いですが、騙せます。

でも、税務署もそのうちあの手この手を打ってくるはずなので、現段階はしのげますが数年後にはまた対策を考えなくてはならなくなります。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-風俗の法律
-,

© 2020 DazzBrity