風俗求人 嘘内容

風俗あるある

風俗店の求人内容って嘘ばかり?

2020年5月16日

「未経験でもすぐに高収入」「誰でも〇〇万円可能」といったように、風俗の求人サイトを見ていると高収入求人がこれでもかと言わんばかりに溢れています。

それらを真に受けるのであれば、入店すれば誰でもすぐに高収入が可能かのように思うのですが、実際の所はどうなのでしょうか?

「風俗求人は嘘も多いのでは?」と警戒している女性も少なくないと言われているだけに、高収入求人が本当なのか嘘なのか。

更にはその見分け方も探ってみるとしましょう。

高収入を嘘とは言い切れない

風俗での高収入は可能ではあるのですが、「絶対に」「確実に」とは言い切れません。

ピンサロのように時給制の風俗もあるのですが、基本的に風俗の世界は歩合制になりますので、高収入を稼げるのかどうかは、本人の人気も大切ですがお客次第なのです。

そして風俗の世界ほど人が読めない業界はないとも囁かれています。

例えば飲食店であればランチタイムやディナータイム、そして休日前。

これらの時間帯は多くの人が食事を求めます。

人間にとって食事は本能ですので、この時間帯に飲食店が混むのは当たり前です。

他にもお客がやってくる定番の流れはどの業界にも少なからずあるのですが、風俗はというとお客の流れが読めないのです。

一般的に給料日直後はお客が多いと言われているのですが、例えば給料日が平日だったりするとお金を使うよりも忙しいからなのかあまり人が来なかったり、かといって何をしたでもない平日のど真ん中で急にお客が増えたりと、風俗の世界程お客の流れを読むのが難しい業界はないとも言われているのです。

昼よりも夜の方がお客が多いだろうと思っても、なぜか昼間にやたら繁盛したり、夕方はそれほどではなかったものの、急に深夜を過ぎた辺りからお店にひっきりなしに電話がかかってきたりといったケースもあります。

つまり、いわば風俗店側とてどれくらい女の子が稼げるのかなど分からないのです。

ある程度経験則から「今日は忙しくなるのでは」と予測出来る日はあるでしょう。

ですが必ずしも予測が当たるとも限らないだけに、お店側としても高収入の保証など出来ないのが実情なのです。

ですが、言い換えればいきなり大勢のお客がやってくる可能性もあるということです。

まったく予想していなかったものの、急に多くのお客がやってくる。

女の子が休憩する間もなく稼働する状況ともなれば高収入も可能ですが、これらの状況はお店側とて分かっていないだけに、断言は出来ないのです。

そのため、求人サイトにあるような謳い文句は事実とは言い切れないものの、嘘かというとそうとも言い切れないのです。

明らかに嘘のお店もある

一方で、明らかに嘘だろうなと思われる求人を掲げているお店があるのも事実です。

女の子に都合の良いことばかり書かれていたり、「日給10万円可能」といったように、お店の規模から考えるに明らかに無理だろうと思うような高収入を謳い文句に掲げていたり。

ではどこでその嘘を見分けるのかといえば、一つにはお店のホームページを見てみると良いでしょう。

お店のホームページを見ると、料金が明記されています。

そして営業時間。風俗の世界ではバック率の平均が6から7になりますので、料金の6割から7割が一回のお客への奉仕でもらえる金額になります。

この数字を元に計算してみると稼げる額なのか分かるでしょう。

更にはそれはあくまでもお客が来てこそという前提の元です。

気になるお店があったら口コミでお店の評判を見てみると良いでしょう。

人気がある風俗店であればお客もひっきりなしにやってくる可能性は高いでしょう。

ですが人気がないお店であれば待機している時間の方が長いことが予想されます。

つまりは求人サイトに掲載されている言葉は結果として「嘘」になるでしょう。

ですが、お店側をフォローするつもりはありませんが、お店側が打ち出している数字はいわば「理論値」でもあります。

例えば「一日10万円可能」と明記されているとします。

単純に70分14,000円のお店で7割のバック率で、さらにすべて指名をもらうと仮定しても単純に1度のプレイでおよそ12,000円手に入ります。

8人相手をすればほぼ10万円になります。

オプションを活用してもらえばさらにそれ以上の収入も見込めるのですが、70分を8人ということは、最低でも560分。

つまりは一日9時間以上働かなければなりません。現実的に考えて難しいラインであっても、数字上は不可能ではない場合、お店としても「可能」という言葉を使って打ち出すでしょう。

不可能ではない以上、嘘とは言い切れないからです。

チェーン系列は現実的な物が多い

風俗の世界にもいわゆるチェーン系列のお店があります。

いくつかの店舗を抱えているグループの場合、求人は誇張されたものではなく、女の子のやる気に訴える物が多いです。

一方、個人で経営しているお店の場合、とにかく女の子を確保しなければならないとの思いから誇張・虚偽な宣伝文句にて求人を行っているケースが多いです。

チェーン系列店の場合、ベースに信用があります。

わざわざ大袈裟な言葉で訴えかけなくても既に働いてくれている女の子が多数いて、中には本当に高収入を稼いでいる女の子がいるという事実は説得力があるでしょう。

その点個人のお店の場合、求人を見た女の子が「本当なのか」と疑問に思うでしょう。

だからこそどうしても良い条件を出さざるを得ないのです。求人の目的な女の子に応募してもらうためです。

チェーン系列店の場合、額面だけではなく実績による説得力を出せるものの、個人のお店では説得力を出すのが難しいため、「一日10万円可能」といったように、どうしても額面で女の子の注意を引くしかないのです。

一概に嘘とは言い切れませんが、現実的に難しいだろうなと思うような宣伝文句にて求人を行っている風俗店があるのも事実です。

机上の空論であって、現実的には稼げないようなお店は女の子にとっては「嘘」になります。

言い換えれば宣伝文句で謳われている高収入は、「限界まで頑張れば稼げなくもない額」くらいに認識しておくと良いでしょう。

誰でも手軽に稼げる額ではないので、この額を見て「働けばこのくらい稼げるのか」と思うのは早計です。

ついつい勘違いしてしまう部分ですが、「最低額」ではなく「最高額」と考えると良いでしょう。

交通費全額支給って本当?

風俗嬢入店祝い金あり、最低保証あり、交通費全額支給などは、ほとんどがウソで支給されることはありません。

これらの言葉は全て勧誘の為のキャッチフレーズと思ってください。

風俗店は適当なことを言って、まずは風俗嬢を集めたいだけなのです。

そんな所ばかりではありませんが、実際多いですねこういった店舗は。

だから、面接の際に風俗嬢として働いていくら稼げるかに焦点をあてて質問するようにしましょう。

そのためには、風俗店の運営しているサイトを確認しましょう。

ポイント

  • 風俗店としての開業してからの年数。
  • 長い場合は安定しているのでしょう
  • サイトのサービス内容と料金
  • 働いている風俗嬢が何名いるのか

※料金が高くても、風俗嬢が多い場合は、総じて繁盛していると判断ができます。

あとはサイトの風俗嬢のブログがあれば、更新状態をチェックしてみましょう。

これは男かサクラが書いているものは文章でだいたい見分けることができるでしょう。

わからない場合は、風俗嬢の源氏名を覚えておきましょう。内容からほぼ自分に合っている。

この店でするサービス全般的にあなたがこなせるのであれば、電話して面接を受けましょう。

面接のポイント

サイトで調査しているサービスと、面接でのサービスが一致しているか、サービス内容でどうしてもNGのものも伝えます。

源氏名を言って、彼女でどのくらいの収入なのか聞いて見ましょう。

サービス内容に基づき、項目ひとつ当たりの稼ぎ額、ここは稼いだ額で貰える額にならないので。あと差し引かれる額も聞きましょう。

これがわかれば、店舗の取り分の割合がだいたいわかります。

最後に大事な、給料の締めはいつなのか、支払はいつなのか聞きます。

あなたが調査した内容と、風俗店側が言っている内容に、大きなずれがある場合は、多分適当な嘘をついていると考えればいいです。

もしやんわりとこうなっていましたと言えば焦って次の嘘を言いだすでしょう。

この手の人は、嘘か本当かわかっていない人で病気です。

そうなったら、良い人そうだからとか、いけるとかの基準ではなく、この店舗は保留にして、次に向かったほうがいいでしょう。

給料日について

給料の支払いについて、あまりに締めから支払いまでが長い場合は、交渉して日払いにしてもらいましょう。

元から払う意思が店舗側にあるのかということとうやむやにして、給料をちょろまかそうとするのかがわかります。

基本風俗の子は全額日払いが多いです。

1か月先にと言われて金額が違う場合は、最初にこう聞いていると言っても、後の祭りになることになります。

早めに貰って早めの判断をしましょう。

性病の検査費用って自費?

検査は性病の検査のことになります。

キャッチフレーズの風俗嬢入店祝い金あり、最低保証あり、交通費全額支給はないと言いましたが、この検査だけは月に一回風俗店舗持ちで行っていることがほとんどです。

なぜなら、性病検査をしないと、性病拡散してお客さんが来なくなります。

店舗経営者はこれだけはまずいと考えているのでしょう。

嘘をつかれてたり騙された場合

求人広告は、誇大広告で嘘が多く騙されたことになりますが、風俗業界はそのようなものと考え面接を受けて好条件の風俗店を探すようにしましょう。

敷居は高いかもしれないですが、歴史の長い店、サービス料金が高いところで仕事をするのが一番稼ぎもよく、安心できるお客さんを相手することができると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?女性用高収入求人の内容も結局のところ働いてみないとわからない!といった感じでしたね。

少しお店のサイトを見れば明らかに嘘とわかるような所以外はまず働いてみるのが一番でしょう。

条件やお店側の対応は面接時や電話で確認できますが、その確認作業も面倒だという女の子には風俗求人サイトやグループで働くのをおすすめします♪

-風俗あるある
-, ,

© 2020 DazzBrity