ストリップ 悪質店

高収入な副業

ストリップ嬢としてしっかり稼ぐために選んだらダメな悪質店の特徴

2020年4月5日

「え?私の仕事?東京や大阪、各地を転々としながらストリップ嬢やってるよ~(ドヤ顔)」

こんなこと言えたら、めちゃめちゃかっこよくないですか?

なんてことはひとまず置いておいて…近年、減少傾向にあるストリップ店ですが、まだまだバリバリ現役のストリップ嬢として働いている方も結構多いんですよ!

自分の体に少しでも自信のある方や、「男の人に体を見られるのが好き」もしくは、「嫌いではないし、踊るのが好き」なんて方には特におすすめしたい風俗のお仕事です!

そこで今回はストリップで働くためのお店の選び方をご紹介します。

ストリップ嬢として働くからには、店選びって重要ですよ~!

お店の種類&内容をチェックして店選びをしよう!

ストリップとは、東京や大阪を中心に古くから伝わる日本の性的娯楽のお仕事です。

一般的には、ステージの上でダンスをしながら徐々に服を抜いでいき最終的には全裸になり、お客さんに楽しんでもらうといった仕事内容なのです。

ですが、その内容はお店によって大幅に異なりますので店選びの際にしっかりチェックしておくことが大切です!

例えば、ダンスをしながら服を脱いで全裸になるだけのストリップ店もあれば、裸になったあとにM字開脚やV字開脚をしてお客さんにアソコを見せたり、ショーのあとに指名されたストリップ嬢が個室でお客さんにエッチなサービスをしたりするお店もあります。

風俗法や警察の摘発が強化された影響で、最近ではこのようなお店はあまり見かけませんが、まだひっそりと口コミで女の子を募集しているところもあります。

だからこそ、働く前に、お店の種類やお仕事内容をしっかり確認して店選びをする必要があります!

曖昧なまま入店してしまうと、「こんなことをするはずじゃなかったのに…」なんてことになりかねません。

心配であれば、面接時に詳しい情報を聞いたり、実際に先輩のショーを見せてもらったりすると良いかもしれませんね。

マネージャーやママの話をよく聞いて!

東京や大阪などのストリップ店でのお仕事は一般的な風俗店とは違い、“魅せる”お仕事なので、ぶっちゃけると簡単に入店することはできません。

ある程度の容姿やダンス経験などが求められるため、オーディションを受ける必要があるお店がほとんどです。

面接後にオーディションという形が多いので、その前にお店のマネージャーやママの話を聞ける機会を作ってもらうのをおすすめします!

お店の仕事内容や客層、いくらくらい稼げるのか等々、気になることはできるだけ聞いてしまいましょう。

このときに、自分の長所やチャームポイントをアピールできるようにしておくとさらに◎。オーディションで受かりやすくなります。

事務所に所属することを検討

上記でも少しお話をしましたが、東京や大阪のストリップ店で働くのはそう簡単ではありません!

AVが普及し、女性の裸を簡単に見ることができる世の中になり、ただでさえ減少傾向にあるストリップ店なのですから、“その辺にいるような女の子”では稼ぐことはおろか、ストリップ嬢として働くこともできない、少々厳しい世界です。

ストリップ嬢として働くためには、ある程度の知名度が必要になってくるのも事実です。

現状ストリップ嬢として働いている女の子たちは、ほとんどが事務所に所属しています。

要は、AV女優やモデルなどの女の子を管理する“プロダクション”と呼ばれるものですね。

ですので、ストリップ嬢になるのが夢だという方は、店選びの前に事務所へ所属してしまうのが一番の近道だったりします。

ここで、実際にストリップ嬢として活躍しているAちゃんに体験談と店選びのポイントを伺ってみましたよ。

現役ストリップ嬢の体験談

『ちょっとおかしな話ですが、高校生の頃からストリップ嬢になるのが夢だった私(笑)

意を決してこの世界に飛び込んだのは、10年も前のことです。

今よりはまだ、ストリップ店も多かったのかな?

その時から風俗のお店で働いていたので、店長に相談しながらずっと夢だったストリップ店に入店することになりました。

最初は、東京や大阪など各地を飛び回っても、自分に合ったストリップ店が見つからなかったので、思い切ってパーツモデルとして事務所に入ることにしました。

事務所でストリップ嬢になりたい旨を相談したところ、いいお店を紹介してもらい、そこで働いて10年になります!

もちろん、ストリップ嬢のかたわら、パーツモデルとしても事務所からお仕事をいただいていますよ。本当にたまにですが(笑)

やっぱり、特に今の時代はストリップ嬢になるのが難しいから、やる気のある人は私のように事務所に入って、マネージャーと一緒に働けるお店を探すのが一番だと思いますよ!事務所はストリップ業界とも人脈がありますからね♪』

入ると苦労してしまう悪質店

「ストリッパーになりたいけど、どの店に所属すればいいのか」

「もし悪質店に当たったらどうしよう」

そんな悩みを抱える方も少なくないと思います。

そこでストリップで働きたいという女の子のために、悪質店の特徴や対策をまとめました。

ストリップ事務所の実態

何人ものお客さんの前で、裸になりセクシーなダンスを披露するストリップという仕事。

なんだかキラキラしていて映画の主人公みたいで、憧れている方も多いんじゃないでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、そんなストリップのお仕事が最近では減少してきています。

どういう意味かと言うと、日本全国の劇場がどんどん減ってきているんですよ。今日本にあるその劇場の数は、20館前後。

全盛期には200館以上あったというので、現代どれだけストリップに対して厳しくなったのかが分かりますよね~。

ちなみに、現役ストリップ嬢として活躍している女の子は日本で200人くらいしかいないんだそう。

とは言え、劇場が減少したのはお客さんの入りが悪くなったとか、そういう理由ではないんです。

その理由は、法的規制が昔より厳しくなってしまったから。

この件については、ストリップだけではなく様々な風俗店が閉店に追い込まれてしまうケースも多いですよね。

ニュースなんかでもよく取り上げられていますし。裸になって過激なパフォーマンスを見せたり写真を撮られたりすることが公然わいせつ罪に値してしまうんだとか。

でもまだストリップの需要って結構高いんですよ。

何でも現在経営している劇場には、毎日ほぼ満席になるほどお客さんが入っているようで実際に、ストリップ嬢募集の求人も良く目にしますしね。

こんな実態があるからこそ、悪質店ではない良い店に入店して、活躍したいですよね!

一見、ストリップの悪質店って…とイメージが付かないかもしれませんが、下記にて悪質店の特徴をまとめてみましたのでチェックしてみてください。

マネージャーが存在しないor何人かの嬢に対してマネージャーが一人

良質な店では、一人のストリップ嬢に対して一人の専門マネージャーが付きますが、悪質店はマネージャーという存在すらいないケースがあるようです。

出演のスケジュール管理など細かな業務もストリップ嬢本人にやらせるのだとか。

ただでさえ体を張って頑張っているのに他の業務まで任せるだなんて、女の子の体調が壊れちゃいますよ!

劇場に限らず、どこの風俗店もそうですが、女の子を大切にしてくれないお店はヒドイです!

ダンスレッスンの費用が自己負担

ストリップ嬢になるためには、ダンススキルも必要になります。良質な店なら、レッスンの費用を負担してくれます。

毎回負担してくれないにしろ、最初のうちだけは負担してくれる所がほとんど。だけど、稀にあるみたいですね。

最初から全額自己負担の悪質店が。女の子を一流に育てようといく意思が伝わってこないし、お客さんからではなく女の子からお金をとるだなんて、詐欺に近い!かなり悪質ですね!

衣装の貸し出しがない

衣装の貸し出しが全くない店もちょっぴり怪しいです。

とはいえ、ほとんどのストリップ嬢が自分で衣装を用意しているので、それだけで悪質店と決めつけるのは良くないのですが。

女の子が困ったときに貸し出せるよう、何着か貸出用の衣装を用意しているお店なら良質ですよね。

ポラロイド写真の売れ行きによって劇場に呼ばれなくなる

ストリップ嬢になると、ポライドショーに出演する機会が増えます。写真を撮って1枚500~1000円で販売するのですが、その売れ行きが良くないと、ステージに立たせてもらう機会も減ってしまうんだとか。

もちろん、良い店はそんなことはしません。

人気のないストリップ嬢は切り捨てろ!って、そんなの考えなくても悪質店ですよね。

向こうも商売なので仕方がないかもしれませんが。少しでも売れるようにサポートしてくれるような店があれば嬉しいですよね。

極端に給料が安い

劇場や女の子の知名度によって給料の差が出てくるこの業界。

ハードな仕事なのに極端に安いステージ料の店は悪質店と言っていいでしょう。

1ステージあたりの平均給与は1~5万円が相場なので覚えておいてくださいね。

ちなみに、浅草ロック座や渋谷道頓堀劇場、仙台ロックなど、知名度の高い劇場はお給料も比較的良いようです。

AV女優になるよう勧誘してくる

ストリップで良い実績があまり残せていない場合、AV業界に引きずりこもうとする悪質店もあるようです。

どうやらストリップの世界は“AV女優”という肩書があれば優遇されるようで。そんなの不公平ですよね。

面接時は目を光らせて質をチェックして!

上記で悪質店の特徴をピックアップしましたが、実際に働いてみないと分からないのが難点。

唯一働く前に店の質を確認できるのが面接時です。例えば、面接時に服を脱がされるようなお店は注意です。

風俗の面接ではありがちですが、ストリップのお店の面接で脱がされたら悪質店と言って良いでしょう。

せめてスリーサイズを聞いてくるくらいが一般的だと思いますよ!

また、ストリップとして働くために契約書を渡されることがあると思いますが、内容は必ず隅々まで確認してください。

特に上記で説明した悪質店の特徴に該当するような文字があったら警戒しましょう。

お客さんとして一度見に行くという手も

ストリップ嬢として働きたいなら、一度で良いので実際に劇場に足を運んで、プロのショーを拝見してみることをおすすめします!

劇場の裏側を見ることはできませんが、雰囲気だったり仕事内容だったりは良く分かるかと思います。

ストリップは女性でも恥ずかしがらずに入場できるし、十分楽しめますよ。

まとめ

ストリップ嬢として活躍したいなら、悪質店には引っかからないこと!自分の目で良質な店かを確かめて、入店を決めてくださいね。

ストリップの流行が薄れてきたからこそ、あなたという戦力がこの業界に必要です!

その夢を追って、素敵なストリップ嬢になってくださいね!

2020年 風俗求人サイト ランキング

1位 Qプリ

Qプリ公式サイトはコチラ

バニラ、ガールズヘブンなど星の数ほどある風俗求人サイトの中でもトップクラスに女の子が喜ぶ機能がてんこ盛り!

一番の魅力はQプリを通して・・・

  • 面接するだけで2,000円
  • 体験入店すると10,000円
  • 合計12,000円

面接体入した店舗のシステムに関係なくQプリ運営が直接渡すお金だから確実にもらえます♪
スカウト型だからメールがいっぱい来てウザいところもあるけど1日に1回だけしか受信しないようにもできます。
掲載店舗数も3000店舗以上。これからお店を探す子も既に候補がいくつか決まってる子でも、お得に面接&体験入店できるシステムです。
他にもお金をもらえるキャンペーンを多数開催中でヒマつぶしになる機能も盛りだくさんでした!

2位 365日マネー女子宣言


365日公式サイトはコチラ

ずいぶん前からある老舗風俗求人サイト!
とにかくサクサク探せて掲載店舗数もトップクラス!
なにより一番の特徴は誇大表現をする悪質な店舗などは掲載を拒否しているところ!
そんでもって確実に5万以上稼げる店舗集などのページを作って、より女性側の視点に立った運営をしていることです!
「店舗の求人内容は嘘ばかりで怖い」という経験がある方にはピッタリの求人サイトです!
会員登録すればQプリと同じように店舗からスカウトオファーが届くので(しかも優良店ばかり)、お店探しがはかどります♪

-高収入な副業
-, , ,

© 2020 DazzBrity