ストリップ 仕事内容

高収入な副業

ストリップ嬢は安全で楽な仕事?

2020年4月5日

ストリップという言葉は聞いた事があっても、いまいち何をするのかは分からないですよね。

大勢のお客さんの前で裸になって踊るだけ…そんなイメージではないでしょうか。

ストリップと一言で言っても、誰でも出来る簡単なものから相当な技術を要する難易度の高いものまで様々です。危険を伴う事だってあります。

ストリップはただ脱げばいいエロではなく、非常に奥の深いアートです。

そこで今回は未経験の女の子でもストリップのお仕事内容とその世界観が分かるように、ご紹介していきます。

更にストリップ嬢になるために必要なスキルやお店探し。プロダクションの選び方などこの記事ひとつでストリップ嬢についての全てがわかるような内容もございますので是非ご興味のある方は参考にしてください。

そもそもストリップってなに?

ストリップのお仕事は風俗のようなホテルや個室で行われるのではなく、ステージは劇場です。

そしてストリッパーは風俗嬢のようにお店に在籍するのではなく、事務所に所属しタレントとして活動します。

無名のストリッパーが仕事をとる事は、芸能界で新人がテレビ出演のオファーをつかむ事と同じくらい難しいので、ストリップだけのお仕事で稼いでいくのは難しいでしょう。

チャンスが無ければプロのストリップダンサーにはなれません。

そのため、事務所に登録する際には「セクシー女優」としてAV撮影と平行しながら活動していきます。

しかし残念ながら現在の日本では、ストリップは違法になる可能性が非常に高いお仕事です。

大勢の観客の前で裸になったり、局部を露出したりするわけですからね…。公然猥褻の何者でもありません。

警察もソープ同様「暗黙の了解」としている部分があるものの、実際にストリッパーが逮捕された事件もあるので、あなたが犯罪者になる可能性もあると言う事は覚悟しておきましょう。

営業しているから安心とか、仕事として成立しているから安全といった初心者の自己解釈は、いざ警察が動いてからは通用しません。

年々、劇場も閉鎖を余儀無くされています。

ここ数年でストリップ劇場などの店舗型風俗特殊営業3号のお店は3分の1にまで減少し、更に法改正の影響で届け出の要件が厳しくなったため新規開店はもちろん営業を継続するのも難しくなってしまいました。

ストリップは絶滅の危機とも言われています。

店舗型風俗特殊営業3号ってなに?

違法の危険性があるストリップですが、営業の届け出をする際には公安委員会に「店舗型風俗特殊営業3号」として届け出ます。

ソープも実際に行われているサービス内容で考えれば違法ですが、警察に営業の届け出をしているわけで…日本の風俗営業のあり方は理解不能です。

この3号営業にはストリップ以外に、ヌードスタジオや個室ビデオ、のぞき部屋が含まれます。

その定義は「専ら、性的好奇心をそそるため衣服を脱いだ人の姿態を見せる興行その他の善良の風俗または少年の健全な育成に与える影響が著しい興行の用に供する興行場として制令で定めるものを経営する営業」ということになっています。

警視庁のHPにも説明がされていますので気になる方は確認してください。

適正に営業すれば、国民の健全な社交場や憩いの場になるでしょって思われているみたいです。

難しいですね、法律って(笑)ちなみに「性的好奇心をそそる」っていうのは、お客さんの性的な感情を刺激する目的として社会通念場認められているもので、「衣類を脱いだ人の姿態」というのは成人映画館みたいにエッチな映像を見せる業種との区別をつけるためだとか…。

本当、日本の法律って難しい。

ストリップのお仕事内容

ストリップの仕事内容って、よく分からないですよね。それもそのはず。

ストリップのプレイ内容は専門用語が多くて、しかも普通の生活では絶対に経験しないことなのですから、ソープの専門用語とは話が違います。

日常には無い事だからアートなんでしょうけど。だからこそストリッパーはエンターテイナーなんだなと。

お客さんは劇場の入り口で3000〜5000円くらいの入場料を払って入場します。映画館と同じですね。

客入りも曜日によって増減しますし、劇場の大きさによっても収容人数は違いますから、当然お客さんが数人の時もあれば数十人って時もあります。

ただし観客の人数が多くても少なくても、ギャラは変わりません。ストリッパーは多くの観客の前でソロダンスをします。

一般的には服を着た状態でスタートし、徐々に服を脱いでいくというもの。

  • ダンスショー:踊って脱ぐ
  • ベットショー:舞台から飛び出ているところで踊る
  • ポラロイドショー:写真撮影
  • オープンショー:最後の踊り

こういった流れで進んでいきます。

中には、お客さんの前でオナニーをしたり、古くから伝わる卑猥な芸をしたりする女性もいます。

ポールダンスなどをすることもあるので、技術やスキル、経験などが重視されるバイトです。

公然猥褻罪で逮捕される可能性があるので、現在では行われていないものもあるかもしれませんが、ストリップのプレイで有名なものをご紹介しますね。

本番行為をするものには、相手が観客の場合「本番まな板ショー」、用意された男優さんの場合「本番シンクロ」と呼びます。

「花電車」とは女性器を使った余興で、物を飛ばしたり挟んだりします。バナナを切ったり、煙草を吹かしたりするのが有名ですね。

「ピンク板」は男性を舞台にあげて手コキやフェラチオをする事です。

ちなみにストリップのお仕事は自由出勤というわけにはいかず、10〜15日ほどまとまって出勤することになります。

芸能人の舞台やサーカスのツアーとかも一定期間にまとめて講演されるじゃないですか。

そんなイメージです。他人のセックスに芸術を感じるとは、人間の感性というのも奥深いなと思います。

そういった意味では、言葉の表現で性欲を刺激するAVなんかよりも高等かつ神秘的なものなのかもしれませんね。

ストリップのお仕事に本番行為はあるの?

ストリップの芸と言えば良く知られているのが;「本番まな板ショー」。聞いたことのある方も多いと思います。

「本番まな板ショー」とは、ステージの上でお客さんと本番行為をする芸の一つですが、今の時代でも本当にこのような芸をやらなければいけないのでしょうか?

最近、法律が改正された影響で、 ストリップの仕事内容が違法として認定されるようになってしまっているのが事実です。

もちろん、ストリップ劇場での本番ショーも本来は違法として認識されています。

ですが、今でも密に本番ショーを行っている劇場があるのも事実のようです。

ただし、本番の際はゴム有り、10分以内、正常位のみ、などの細かなルールが劇場によって決まっているようです。

また、事務所や劇場によっては、別室での有料プレイとして本番サービスを設けているお店もあります。

本番サービスをすることで、ストリップ嬢には;大きなバックが入るという特典があります。

ただ何度も言いますが、コレ全部違法です。その旨を理解した上で、本番サービスをするかしないか検討しましょう。

ストリップは危険と隣り合わせの職業?

近年の法律改正により、ストリップのお仕事は危険を伴うものとなってしまいました

実際に、本番だけではなく、観客の前で女性器を露出しただけで;ストリッパーの女性が逮捕されてしまうという事件が多発しています。

そのため、ストリッパーたちが活躍できる場が日本では無くなってきているのが現状です。

現に今のストリップで本番ショーをすることは稀で、ダンス時も全裸になったり局部を見せたりすること無く、際どい衣装でダンスを踊るというのが主流になっています。

そうなると、男性からの需要も徐々に薄れてしまってくるのも仕方がありません。

ストリップ劇場で際どいエロさのダンスを見るなら、全裸と本番が見られるAVを購入したり、風俗に行ってヘルスサービスをしてもらったりする方がマシだと考えてしまうからですね。

実際に、ストリップ劇場に足を運ぶ男性は、40代後半~60代と年齢層が非常に高く、20代や30代などの若い世代が利用することは珍しいそうです。

となると、時代が進んだ時にはもっとストリッパーの活躍できる幅が狭まっているかもしれませんね。

ストリップ嬢のお給料はどれくらい?

AV女優同様、その人の知名度や人気の高さがギャラに大きく関係します。

集客能力の高い女性は重宝されます。

そこでAV女優としての活動が非常に有効なんですね。

しかもAV女優の仕事は月に数本の撮影しかありませんし事前にスケジュールが決まります。

掛け持ちには持ってこいのお仕事です。

給料は一般の子であれば10日の出演で20〜25万くらい。

所属事務所によって引かれるものがあったり、寮費や交通費がストリッパーの負担になる事もあるので、手取りはもっと少ないですけどね。

1日4回のステージで2〜8万が相場と言われています。

ストリップデビューや諸々もトラブルでお騒がせした元グラドルが1日4回のステージで手にしたギャラは40万だと噂されています。

有名人でそのギャラですからね…。高収入目的の女の子であれば、やはり別の業種を選んだ方が正解かもしれません。

ストリップ嬢は、風俗嬢と同様安定した給料が稼げるわけではありません。

今だ需要がある仕事だからと言っても流石に昔のような人気は無く、ストリップ劇場自体が減ってきたので、ハードなバイトだからと言って高収入を稼げるようではないです。

ちなみに、10日前後の公演に出演した場合、ギャラは平均で30万前後になります。

ただ、知名度が上がり客を上手く呼び込むことができれば、月に100万円も夢ではないです。

事務所所属かフリーの二択

ストリップのバイトは一般的な風俗店とは異なり、事務所に所属するかフリーとして働いていくかの選択肢になるのが特徴です。

現に活躍しているストリッパーは、殆どが事務所に所属しています。

特に現役ストリッパーの中で多いのがAV女優。AVの仕事の傍らストリップのバイトをしているという方が多いです。

ストリップも結局は人気商売なので、活躍するためには知名度が必要になってきます。

出勤体制について

普通の風俗嬢なら基本的に自由出勤ですが、ストリッパーの場合そうはいかないのが現実。

劇場の興行の仕組みもあり、 10~15日程連続出勤するのが基本になります。

体力を伴う仕事なので、いくら短時間のダンスを入れ替わりで踊るとしても、ここまでの連勤は少し体力的にもキツいかもしれませんね。

劇場で働くためには経験が必要?

服を脱いで何人ものお客さんの前で裸になるのは基本中の基本だし、ダンスのスキルだって求められます。

ストリップ嬢とは、いかに色っぽいダンスでお客さんを魅了するかにかかっていますからね。

もちろん、ダンスの経験やストリップの経験がある方が優遇されますが、未経験の方でも求人に応募することはできます。

ただ、18歳以上が基本で、40代以上になってしまうと経験がなければ新しく始めるのは難しい仕事です。

夢を持つのは素敵なことですが、ストリップ嬢としてご飯を食べていけるようになるのは簡単ではなく、それなりの努力やスキルが必要です。

ストリップ嬢になるために必要なスキル

この世界は見た目が命と言っていい世界です。魅せる仕事ですからね。

もちろんダンスや技のスキルも求められますが、一番容姿が重要視されます。なので、自分磨きは基本。

スタイル維持、髪のセット、メイク、ネイル、ムダ毛処理などにボロが出ないように。誰に見られても恥ずかしくない体でいましょう。

身体を柔軟に保っておく

ストリップ嬢は身体が柔らかくないとできない業種だと言っても過言ではありません!

身体が硬いストリッパーなんてカッコ悪いですからね。

せめて基本技である“しゃちほこ”や“ブリッジ”くらいはできるような体作りをしておいてください。

そのためには身体を壊さないように、毎日のストレッチや運動を習慣にしましょう。

どこの劇場でも踊れるように対応力を身に付けておく

ストリップが流行していた昔では、温泉地のホテルに呼ばれたり、中には自衛隊駐屯地に呼ばれたことがあると言う現役ストリップ嬢もいました。

現在では法律が厳しくなり、劇場以外で踊る機会なんて無いに等しいですが、念のためどんな所でも踊れるようなプロ意識を持っておくようにしましょう!

他のストリップ嬢とは違った魅力や個性を出せるようにしておく

ダンス以外にステージに立ちお笑いをしているという面白い現役ストリップ嬢の方もいました(笑)変わった発想ですよね。

やはり、他の人にはできないような個性があると、お客さんからの受けが良いみたいですね。

ちなみに結構盛り上がるようです。

ただ、ちゃんとしたストリップダンスが踊れるようになってから色々なアイディアを考えてくださいね。

「踊れない癖にふざけたことやって」と思われちゃいますからね!

様々なポーズがとれるようにしておく

ストリップには、ポラロイドショーと言って、いわゆる撮影会が行われることが多くあります。

劇場によりますが、お客さんの要求に合わせてポーズを取り写真に撮られるという内容です。

M字開脚はもちろん、L字やV字などを求められることがあるので、恥ずかしがらずにポーズを取れるようにしておきましょう。

お客さんを虜にする衣装探しのセンスも重要

直接的なスキルではないですが、ストリップ嬢として名を上げるためには衣装選びのセンスも重要になります。

セクシーで色っぽい、自分に合った衣装が探せるスキルを身に着けておきましょう。

もともとオシャレが好きな方であれば楽しみながらできますね♪

得意技を持っておくと便利!

昔ながらの伝統芸をできるようにしておくと、ストリップ嬢として成功できるかもしれません!

生花、金庫、習字、バナナ切り、ホタル、水芸とかですね。

この業界には50代や60代の年配のお客さんが多いので、伝統芸ができるようになれば固定のファンがつく可能性が増えます!

良いストリップ劇場の探し方

ストリップのお仕事は基本的に、ひとつの劇場だけで踊るのではなく、団体で全国の各会場を周ってパフォーマンスをすることが多いので、時期によって踊る劇場も変わるのが特徴です。

もちろん、劇場に所属している子も多いですが。

つまりは、店舗探しと言うよりは、所属するグループの探し方に気を付けてほしいというところですかね!

特に未経験の方は、定期的にダンスのレッスンをしてくれるグループを選ぶと良いですよ。

スキル向上にも繋がるし、ダイエットにもなるので一石二鳥!

また、送迎や寮など、待遇はそのグループによって違うので求人サイトをよく確認して応募するようにしましょう。

グループによっては担当のマネージャーを付けてくれるところや、ヘアメイクやスタイリストが在籍しているところもあるみたいです。

芸能人のような気持ちになれちゃいますね!

ストリップに来るお客さんってどんな人が多い?

現在も営業しているストリップ劇場の売り上げを支えているメインのお客さんは「おじいちゃん」。

若い人達はインターネットで無修正動画を見たり、デリヘルやソープ等で実際に接客してもらう方を選ぶようですね。

確かにエロい事を楽しむなら大勢で鑑賞するよりも自宅で一人の方が落ち着いて見られるし、しかも安いです。

お気に入りの女の子に直接サービスしてもらった方が満足度も高いです。そういう時代なんでしょうね。

ストリップ劇場のバブルは昭和50〜60年代。当時常連であっただろう30代後半のおじさんも今ではおじいちゃんです。

ストリップでの感動や熱い思い出を大事にしている人達しか劇場に足を運ばなくなってしまっているんでしょう。

ただ単に、おじいちゃんだからインターネットを使えないのかもしれませんけどね(笑)

ストリップ嬢を扱ってる有名プロダクション

何度も言いますが、ストリップ嬢として満足のいくお給料を稼ぐには厳しい時代です!

そのためフリーで仕事をしていこうとしてもまず上手くは行きません。経験豊富なら話は別ですが。

そこでおすすめしたいのが事務所に所属すること。

今現在現役で活躍している方は、ほとんどが事務所に所属していて、ストリップ嬢の傍らAV女優をしているという方も多いです。

もしも、今後一生ストリップ嬢として生きていきたい!という強い意志があるのなら、そのようなやり方も視野に入れてみると良いですよ。

AV女優になるといいよ!とまでは言いませんが、少し知名度を上げた方がストリップの仕事も入りやすく、給料も優遇してもらえる傾向にあります。

下記では、ストリップのお仕事を紹介している大手のプロダクションをピックアップしましたが、大手だからこそのメリットとデメリットがあるのを理解しておきましょう。

大手だと所属している女の子の数も多いのでなかなか仕事がもらえないという噂も少なからずあるのが現実です。

「プロダクションの面接に行って契約したから仕事がもらえる!安心!」と思ってはいけません。

自分自身も、仕事がもらえるように積極的に活動していきましょう!

仕事用のSNSを始めて知名度を上げる、少しでも目に留めてもらえるように女磨きをする、など、探せばできることがたくさん見つかるはずです。

自分でできることは積極的にしていきましょう!ただし、動くときはマネージャーへの相談も忘れずに。

プロダクションに所属する一員としての責任感をしっかり持ってストリップの仕事と向き合っていってくださいね!

ひとつのプロダクションに所属すると、別のプロダクションに所属できなくなってしまうことがほとんどなので、たくさん悩んでから契約してくださいね!

ティーパワーズ株式会社

ご存知の方も多いと思いますが、ひと呼んでAVプロダクションです。AV女優モデル所属数No.1としても知られていますね!

トップクラスの有名AV女優も多数在籍しています!

そんなティーパワーズ株式会社では、AV女優以外にもストリップ嬢や各モデルなどを随時募集しています。

他にも、ヌードデッサンモデルなど、珍しいお仕事依頼も取り揃えているんだとか。

世の中にはマイナーのプロダクションも多数ありますが、ティーパワーズ株式会社のような大手と契約すれば、

ギャラ未払いなどの詐欺に巻き込まれることもないので安心ですよね!

ちなみに、札幌、仙台、東京、大阪と、日本全国に事務所を構えているので、面接時も安心ですよ。

入店特典やアリバイ対策、福利厚生、寮、バンス制度など待遇もしっかりしています!

いきなり契約するのが不安と言う方は、未経験お試しコースがおすすめ。

風俗で言う体験入店のようなもので、3時間の簡単な撮影の仕事で10万円が支給されます!

この時間でプロダクションの雰囲気などを見極めてから契約するのがいいかもしれませんね♪

ロータスグループ

こちらも上記と同じくAVプロダクションです。

AV女優のほかに、パーツモデル、グラビアモデル、素人撮影会モデル、ネットモデル、ストリップ嬢、熟女モデル、など多数のジャンルのモデルを募集しています!

ガッツリ稼ぎたい人、副業として稼ぎたい人、その人の稼ぎ方によって配属される事務所が変わるので、自分に合ったペースで無理なく稼ぐことができるのがポイント。

大手なので、契約したら仕事の数が多いのも嬉しいですよね!

美容クリニックと提携しており、美容代や整形代は事務所が負担してくれることもあるんだとか。

それなりに実績を残さなければ難しいでしょうが。

このような待遇のプロダクションはなかなかないので珍しいですよね!

また、風俗店舗と同じように入店祝い金制度があるのも嬉しい!プロダクションと契約をすることで、祝い金20万円がもらえちゃうんだそうです!

業界最大手ならではのサポートを受けることができるので、契約して損はないと思いますよ♪

エルプロモーション

現役ストリップ嬢も多く在籍しているAVプロダクション。

AV出演以外にもグラビアモデル、ネットモデル、エキストラ、テレビ出演、撮影会モデル、ストリップなど様々なお仕事の依頼を受けることができます。

とにかく豊富なお仕事を受け持っているので「こんな仕事がしたい!」という要望の相談にも乗ってくれるそうですよ。

口コミ評価や信頼性も高く、営業力とプロデュース力に優れているのがポイント。

契約して所属タレントになれば専属マネージャーがつき、あなたに合った仕事を提供してくれます!悩みが付き物のストリップ嬢には嬉しいですよね。

その他、専属ヘアメイクがついたり、美容整形の相談ができたりするんだとか。

北海道、大阪、福岡など各地で説明会や面接を行っているので、気になる方は契約の前に話を聞いてみてはいかがでしょうか?

ストリップ嬢の転身でおすすめな職は?

プロダクションと契約して仕事を頑張っても、いつかは辞める時がやってきます。一般職よりも続けられる年数が短いのは仕方ないのがこの業界。

ただ、ストリップは頑張り次第で40代、50代までできるお仕事です。現に、70歳以上で現役ストリップ嬢として活躍している方もいるんですよ!

ストリップ嬢になったからには、「結婚するまでストリップを続ける」「老後の貯金が貯まるまでストリップを続ける」

と、意を決して最後まで働くのもひとつの手だと思います。

それでも、引退したい!という場合は、自分に合った職探しをしましょう。

職業難と呼ばれている職業柄、転職先を見つけるのが難しいんじゃないかと思いますが、探すのは難しいにしろ、実際にあなたを雇ってくれる会社はたくさんあります!

特に近年では、普通のバイト感覚でAVに出演したりストリップ嬢になったりする女性が多いのですから、

いわばその辺のコンビニ店員やアパレル店員と変わりはありません。

困ったら「前職はダンサーをやっていました!」とでも言えば何とかなります。(適当でスミマセン)。

ただ、ストリップという職業柄、人の前に立つ仕事だったり、接客業だったりが合っていると思います。

それこそ、ストリップ人生を活かしてダンサーやダンスの先生などに転職するのも良いかもしれませんね!

まとめ

逮捕されてしまう可能性がある、安定した月給が稼げない、需要性があまりない、このような事からストリップのバイトは危険が伴う仕事だと言われていますが、デメリットばかりではありません。

ステージに立って観客の前でダンスを披露するなんてとてもキラキラした世界だし、観客の反応次第でやりがいをも感じられる仕事です。

日本では法律や需要性が厳しくなり、ストリップ一本で働いていくのは難しいと言われていますので、頂点を目指す方は海外のストリップの仕事を検討してみるのも良いかもしれません。

人生一度きり!ストリッパーの夢を諦めないで!

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-高収入な副業
-,

© 2020 DazzBrity