セクキャバ キモ客 特徴 対処法

セクキャバ

セクキャバのキモ客の特徴と対処法

2020年4月5日

風俗業種の中でもソフトサービスで有名なセクキャバですが、どこにでも出没キモ客と呼ばれる、女の子の泣かせのめんどくさい客がいます。

セクキャバで働いている以上、多少は仕方がないことなのかもしれませんが、キモ客は他の業種に比べて多くいます。

その理由はズバリ「元をとってやる精神」と「最後までイケないというもどかしさからくる理想トビ」が原因です。

キモ客でも割りきって客の1人と考えれば、耐えられるかもしれませんが、やっぱり耐えられないほどのキモ客は存在するのです。

そんなキモ客の特徴と対策を知って良客だけを指名客にできるようにソフトサービスらしく緩く楽しく稼ぎましょう!

セクキャバに出没する身体的につらいキモ客

風俗でもキャバクラでもどこに行ってもキモ客はいるのですが、とりわけセクキャバがキモ客の宝庫です。

なんでセクキャバにはキモ客が集結しているのかと言うと、風俗の場合ヌキがメインなので基本的に全員キモいのです。

しかしそれも仕事のうちと考えてしまい、よほどやばいキモ客が来た時以外感覚が麻痺してしまって、セクキャバでキモ客と呼ばれる客でも普通に接客してしまっています。

キャバクラではおっぱいなんて触ったら即出禁になってしまうので、必然的にセクキャバにキモ客が集まってしまう感じになってしまいます。

セクキャバではどんなにムラムラしても素股や本番下のお触りはありません。

おっぱいを触っているうちにムラムラしてしまい、何とかしてヌキたいと考えるのがキモ客の特徴です。

店の中ではヌキ自体できないので、とか外に連れ出して本番をしようと企んでいるのです。

セクキャバで働く女の子は、ヘルスやソープで働きたくないがために、セクキャバで働いています。

いくら外で会おうとしても女の子はそのスタンスは変えないので、しつこいキモ客へと変身してしまうのです。

うっかりと連絡先なんて教えてしまったら、毎日のように連絡が来てしまいキモ客率が大幅アップとなります。

男性は元以上のサービスを要求しているので、セクキャバでは本当は満足できないのです。

それをいかにして女の子を口説き落とし、サービス料金以上のいい思いをしようと考えているので、スマートに遊べる客は少なくキモ客ばかりが目についてしまうのは仕方がないことです。

乳首ばかりいじっているキモ客

キモ客
「おっ、乳首立ってんじゃん、感じてるんでしょ?」執拗に乳首をチューチューペロペロ
「あーん、優しくして(それだけ刺激されれば感じてなくても立つわ。このドアホ!)」
Tちゃん
キモ客
「もっと感じさせちゃおっかなー」乳首を甘噛み
「お願い、やめてー(いてーんだこのボケ!噛むの禁止だって言ってんだろ!)」
Tちゃん

静かにおっぱいを触って、酒を飲んでいるだけならいいんですよ。

ただ何を思ったのか乳首だけ執拗に摘まんだり、甘噛みしてくるキモ客もいて、かなりイライラするのです。

そもそも乳首だけコネコネされると、彼氏でもイラッとくるのにキモ客にコネコネなんてされてしまえば、尚更イライラして顔は笑顔ですがグラスで頭を叩き割りたくなるほどイラつきます。

コネコネよりたちが悪いのは乳首を甘噛みしてくる奴です。

犬の甘噛みは可愛く思えますが、客の甘噛みは痛いだけで、コネコネよりもイライラします。

男性だってモノを甘噛みされたら痛いでしょうが。

AVの見すぎなのか、女の子はみんな甘噛が好きなのだろうと、勝手に妄想を膨らませているのでタチが悪く気持ちよいどころかただ痛いだけです。

乳首1点集中型は調教しない限り万が一指名客となってしまった場合、毎回イライラしなくてはなりません。

こんなイライラした状態で他の客の接客を接客したら取れる指名も取れなくなり悪影響になってしまいます。

乳首を摘まんだり、甘噛みをしてくるキモ客の特徴としてはちょっとお小遣いが多いオヤジが大多数をしめています。

セクキャバぐらいの金額であれば、お小遣いでも充分通える金額なので、できれば良客として調教をし、太客まで育て上げたい客です。

まずは女の子が乳首を摘まれたり、甘噛みをされるのは痛くて嫌だということを分からせなくてはいけません。

ダイレクトに「痛いんだけど」と伝えるのもアリですが、これでは太客へ繋がる道は閉ざされてしまいます。

ここは神対応をして「女の子は優しく触られた方が気持ちいいんだよ」と可愛く調教してあげてください。

神対応をされてきちんと受け止めてくるようであれば、太客になってくれる可能性もありますが、それでも面白がって強く乳首を摘んだり噛んできたら、確実に指名客にはなることはないでしょうから、ちょっと強めに「マジ痛いんだけど」と言ってあげてください。

おそらくこの時点で空気がどんよりとしてしまいますが、嫌なものは嫌と言ってきちんと止める客には、その後優しくしてあげて指名客として繋ぎ止めましょう。

セクキャバ嬢が嫌なことを止めてと言っても聞かないような客にはもう1度強めに言うだけで、もう2度と来なくなります。

そんな言うことを聞かないキモ客なんて我慢して指名客にすることはないので、ガツンと言ってやりましょう!

このような行動するキモ客は、どこの店に行っても同じ事を繰り返しています。

他の女の子のためにも乳首を摘んだり、噛み付いたりするのは痛いことだときちんと理解させて調教してあげてください。

ずっとキス

客とキスなんてしたくもないですが、店がキスOKならば仕方がないことです…。

しかし限度ってものがあります。

酒をちびちびしながら合間合間で唇をタコのようにしてキスをしてくる…。

しかも軽くフレンチキス程度なら可愛いものですが、キモ客のベロチューはマジありえないほどキモいです。

そんなにキスに飢えているのか、何なのかはわかりませんが、酒を飲むかキスをするか、どちらかにしてほしいものです。

そもそもセクキャバなのでおっぱいを見たり触ったりしながら酒を飲み会話を楽しむのが本来のスタイルなのですがキスばかり求められると同じ時給で働いている他のセクキャバ嬢と比べてとても損をした気分になってしまいます。

キスNGな店であればすぐに黒服を呼ぶことができるのですが、キスOKだと「キスがキモい」だけで黒服を呼んでしまうと逆に怒られてしまいます。

会話もせず酒とベロチューを交互にしているのであれば、まずは1発目に「他の人たちも見ているからキスばかりじゃ恥ずかしいよ」とやんわりと拒否ってみましょう。

それでもなおキスを止めないようであれば、もう1回神対応で「おっぱい触り放題なんだから、もう少しおっぱいも楽しんで欲しいなぁ」的な感じで唇からおっぱいに興味を逸らせる作戦に出てみましょう。

ただしこの作戦はうっかり失敗すると酒なんか飲まず、キスとおっぱいの両方の攻撃を受けてしまうので、尚更イライラしてしまう可能性もあります。

もうこうなってしまったら神対応をしている場合ではありません。

イライラがピークに来る前に「少しキスはお休みして!」とキスをしてくるのを静止しましょう。しかし相手は酔っ払いです。

すんなりとこちら側の意見を聞き入れてくれるとは思えません。

意見を聞き入れてもらえず、ずっとベロチューばかりされているようであれば、指名なんて返すことは忘れて「もうマジ無理なんだけど、酒臭いし」と反撃に出てください。

これでほとんどのキモ客は、止めてくれるはずですが、それでも続けてくるようであればキモ客よりもクソ客確定なので遠慮なく文句をつけましょう。

ただ文句をつけるのは最初に神対応をしてから文句をつけるようにしてください。

文句を付けられた客は、店を出る時に必ずクレームをつけて帰っていきます。

店長になんでクレームをつけられたのか詳細を聞かれたら、神対応していてそれでも止めてくれなかったから怒ったといえば店側も納得してくれることでしょう。

上手くいけばNG客指定してくれるので、もう2度と会うことはないはずです。

ベロチューがずっとしたいのであれば、セクキャバではなくピンサロに行った方が客も満足できるはずなので帰り際にピンサロをオススメしてあげてください。

また、一般的に男性は口紅をつけていたりグロスを塗っていたりするとベタベタするから嫌だと言ってキスを拒むことがあります。

それにうっかりワイシャツに口紅なんかつけてしまったら家庭崩壊へと導いてしまいます。

セクキャバで接客をする時はとにかくグロスをたっぷり塗って、相手の方からキスしたくないと思わせるのが1番穏やかな解決方法です。

しかし中にはグロスをたっぷり塗っていようがお構いなしにベロチューをしてこようとするキモ客もいます。

グロスの効果はなかったので今度は「口の中に口内炎ができて痛くてとてもキスできない状況なの」とお断りをしてください。

セクキャバではキスありなお店が多いので「キモいからキスしたくない」は通用しません。

店長に相談したところで「キスぐらいしろ」と怒られるのが目に見えています。

ならば自分からグロスを塗ったり口内炎だと言ったり対策をとることしかできません。

下半身を触ろうとするキモ客

キモ客
「おっぱい触られて感じてるんでしょ?こっちの方はどうかなー」太ももに手を置いてくる
「下半身のタッチは禁止だからやめようね」手をおっぱいに誘導する
Tちゃん
キモ客
「大丈夫だよ。お店には内緒にするから」下半身をしつこく触ろうとする
「マジで禁止されてるんでやめてください(お前に触らせて何の得があるんだよ!)」
Tちゃん

はい、「おっぱいを刺激したらおまんこが濡れるのが女の性だろうが!」「女の子を気持ちよくしてあげることの何が悪いんだ!しかも店には内緒にしてやるって言ってるのに!」という男性陣の怨嗟の声が聞こえてきそうです。

セクキャバでは、おっぱいを触っても良いのですが、下のお触りは禁止されている店が多いです。(過激を売りにしている店では指入れもOKなところもありますが…)

禁止されているのにも関わらず、悪戦苦闘しながらも、なんとか下を触ろうとするキモ客もいます。

下を触りたいのであれば風俗に行けばいいのになぜセクキャバまで来て下を触ろうとするのでしょうか。

店に入った時はおっぱいだけで満足できると思っていたのでしょうが、酒が入ると理性を制御できなくなり下を触りたくなってしまうのが男というものです。

パンツの上から触られただけでもキモいのに、隙間から指を入れて触ろうとしてくる客はもっとキモくて、勘弁してほしいランキングに入ってしまいます。

特にハッスルタイムがある店では、女の子が上に股がってきたらチャンスとばかりに触ってきます。

下のお触りをしたくないから風俗や過激サービスのセクキャバを避け、ソフトサービスの店を選んで入店したのですから本当に触って欲しくないです。

下を触ってくるキモ客に対してセクキャバ嬢は「触らないでください」と言っても酒の力を借りて無理やり指をねじ込んで手マンをしようとしてきます。

下を触ってくるキモ客の特徴としてはセクキャバ=風俗と勘違いしていて指を入れてくるのです。

こんなキモ客には神対応なんかせずに、オール塩対応で構いません。

神対応をしているとキモ客がどんどん付け上がってしまい、下のお触りを止めてくれなくなるので、そんなキモ客には完全塩対応でいるようにしましょう!

とりあえず下を触ってほしくないことを伝え、それでも触ってくるようであれば、速攻で店内を回っている黒服を呼び、注意してもらってください。

さすがに黒服に注意されたら止めるのが普通ですが、なにせ酔っぱらいなので簡単には欲望を制御できなくなっています。

黒服が目を離している隙に、また触ってこようとするので、酔っ払いだろうがなんだろうが、禁止事項を守ることができないキモ客には、制裁を与えなくてはいけません。

酒の力で気が強くなっているせいで、黒服にも食ってかかるようなキモ客なら、ハッスルタイムのプレイは中断され、罰金やら出禁など色々な罰が与えられるために裏に連れて行かれます。

店内を回っている黒服の仕事は女の子を守るのが役目なので、下のお触りが禁止の店で嫌がって注意しても効果がないようであれば神対応なんかしていないで、躊躇せずさっさと黒服を呼んでしまいましょう。

本番行為をしようとするキモ客

キモ客
「もう濡れ濡れなんじゃない?僕の股間もすごいことになっちゃった」
「あらー、もう大変ね」
Tちゃん
キモ客
「ねえ、こっそり挿入しない?君も感じてるでしょ?」さらに強く股間を押し付けてくる
「本当にダメだからー」いい加減にしないと黒服呼ぶぞ!
Tちゃん

はい、「濡れてるんだから気持ちいいだろ!挿れたらお互い気持ちいいんだぞ!」という男性陣のうめきが聞こえてきそうです。

ですがこれに関してはもうきっぱりと断るしかありません!

どうしても指名につなげたいのであれば、やんわりと優しく「え~それは彼氏になってからでしょ~」とか「したいの?でも“まだ“ダメ~(笑)」みたいな感じで嫌な気持ちにさせないように断るのもアリです。

まだ店外に誘うと必死な客ならまだマシですがセクキャバに来て「エッチしたい」とか言ってくる客にロクな奴はいませんので早めに切ることをオススメします。

ケチで思いやりが無く、今は優しくても必ずと言っていいほどの確立でただのクレーマーかストーカーに成り下がって貴女を苦しめる存在になりますよ。

しっかりどんな場面で「ヤりたい」と言われたのか会話の流れとか表情を見ながら見極めるのをおすすめします。

よくいる精神的苦痛を強いるタイプのキモ客

セクキャバには身体的苦痛を強いるキモ客だけでなく、精神的にも汚染してくるキモ客が多くいます。

しかもタチが悪くストーカー気質のネチネチしたタイプが多いので気を付けてください。

限度がわからない本当に人の気持ちを考えられない危険な馬鹿客もたくさんいます。

説教してくるキモ客

キモ客
「なんでこんな店で働いてるの」おっぱいモミモミ
「えー、お金が必要で」
Tちゃん
キモ客
「若いんだからもっとちゃんとした仕事で稼いだほうがいいんじゃない」乳首チューチュー
「はーい、そうね(お前がいうなお前が!)」
Tちゃん

はい、「この子のためを思って発言しているんだぞ!」「キモ客にひどい目にあわされてると思うと心配でつい…」という男性陣の言い訳が聞こえてきそうです。

女の子は世間的に後ろめたい仕事であることは百も承知で働いているので、それを改めて指摘されることほどウザいことはないのです。

こんな客は全てなにもかも自分が正しいと思っているので何かは反対意見を言うものなら火に油を注ぐがごとく更にヒートアップしてしまいますので聞き流しながら対応するのが一番です。

勝手に好きなだけ言わせてあげましょう(笑)

給料を聞き出そうとするキモ客

キモ客
「どれくらい稼げるもんなの?こういうお店は」
「それは秘密ですよ♡」
Tちゃん
キモ客
「時給換算すると5,000円くらいになるの?」
「そんなに聞いてもダメですよ~(だから秘密だって!)」
Tちゃん

はい、「自分が払った分に対して女の子への支払いが妥当か聞いてやってるんだろうがー!」という男性客の意味不明な葛藤が目に浮かぶようです。
逆の立場だったとして自分の給料をクライアントにペラペラ喋るでしょうか。そんな人はあまりいないでしょう。

何がしたいのかサッパリわかりませんが、他のと比べれば比較的軽いキモ症状なので優しくしてあげてください(笑)

「想像してるよりずっと少ないですよ(泣)お兄さんは飲み方も綺麗だし、紳士でお金持ちオーラがでてますよね~♡憧れちゃうなぁ~」的な感じであまり貰ってないアピールとお金ありそうという男のプライドを刺激してあげてバンバン使わせちゃいましょう。

店外デートに連れ出そうとするキモ客

キモ客
「連絡先交換しようよ。今度デートしよう」
「デート?ちゃら~い(笑)」
Tちゃん
キモ客
「美味しいお店知ってるから一緒に食べにいこ♡」
「えー私まだお客さんとそういう風になったことないからな~(笑)もう少し仲良くなったらにしよ?(なんで貴重なプライベートの時間をお前に使わなあかんねん!)」
Tちゃん

はい、「普通に好みだったから口説いたんだけど」「いやぶっちゃけ簡単にやれるかなと思って」という男性客のぽりぽり頭を掻く姿が目に浮かぶようです。

セクキャバで働いている場合キャバクラのようにわざわざ店外デートをしなくても良いのですが、とにかくしつこく店外デートを誘ってくるキモ客もいます。

お店によっては同伴、アフターの禁止を明言しているところもあるくらいです。

スマートに遊べる良客であれば多少の店外デートに付き合っても良いと思いますが、キモ客の店外デートの目的は食事ではなく、ズバリエッチ目的です。

ただでさえべろべろとおっぱいを舐められてキモいのに、店を離れて貴重なプライベートの時間までキモ客に使うことはとても耐えられません。

人生で1番無駄な時間の使い方かもしれませんね。

しかも目的は体なのが見え見えなので、尚更店外デートは行きたくないのが本音です。

しつこいから1回くらいなら…なんて店外デートに応じてしまうと、なんとかその日はエッチを避けられたとしても、何度も店に指名で来て、今度こそは!とばかりに店外デートへしつこく誘ってきます。

こんなキモ客は指名客として繋ぎ止めなくても結構です。

「店外デートはしない」と何度も断ってもダメなようであれば神対応としては「店から店外デートは禁止されているの」ときっぱりと断り続けましょう。

それでも内緒で店外デートに行こうと誘ってくるなら「子供が夜間保育園で待っているの」と子供なんていなくても嘘をついて店外デートを断ってください。

キャバクラと違い、セクキャバはエッチな要素が入っているので、じっくりと攻め落とす感じではなく即ラブホに直行となりやすいのです。

店で接客していてもキモいのに店外デートでエッチなんて考えただけでも鳥肌が立ちそうです。

こんなキモ客の対処法として安易に自分の携帯番号を教えず、営業用の番号を教える。

そして断り続ける。これが最も有効な手段です。

営業用の携帯であればキモ客から着信があっても放置できますし、店が終わったらロッカーに携帯を投げ込んでおけばプライベートな時間は守ることができます。

そしてしつこいからと根負けして店外デートに応じてしまうと必ずやられてしまいます。

あまりにもしつこい場合は、店長に相談して出禁にしてもらいましょう。

さすがに出禁になれば、(普通の考えの人ならば)自分が嫌われていたことが分かるはずです。

指名客を失うことを恐れずに切ってしまうことも視野に入れて考えていかなくてはいけません。

下手に店外デートをして無理やりラブホに連れ込まれて行くのを、他のセクキャバ嬢に見られてしまったら「枕営業して指名を伸ばしている!」なんて噂を広げられてしまう可能性もあります。

本当に枕営業をしていなくても、たった1度目撃されただけで、全ての指名客に枕営業をしている!なんて噂を広げられ、たまたま自分が休みだった日に指名客が他のセクキャバ嬢についた時に、嫌がらせのように枕営業の話をされてしまいます。

指名客は「枕営業しているなら、風俗と変わらないじゃん」と思ってしまい大切な良客を失ってしまうことになります。

こんなキモ客のせいで良客を逃してしまうのは大変もったいないことです。

店外デートをする相手は男性なので、良客でも少なからず下心あるとは思いますが、キモ客よりもスマートに遊べるので店外デートをするのは良客だけと決めて、店外!店外!と言ってくるキモ客とは絶対に店外デートをしないようにすることが自分の身を守るためにも必要となってきます。

不潔なキモ客

キモ客
「…」おっぱいにむしゃぶりつき一心不乱に揉みまくっている
「…」こいつ汗くせーし、ちゃんと風呂入ってる?
Tちゃん
キモ客
「…」さらに激しく乳首をベロベロ舐める
「…」なんか唾液の匂いがめちゃくちゃくせーんだけど、歯磨いてる?
Tちゃん

はい、「仕事が忙しくて風呂に入れない日もあるじゃん」「飲み会の後にきたから酒臭いのくらい許してよ」「汚い男に汚される女の子の嫌がる顔がたまんねぇんだ!」という男性客の雄叫びが聞こえてきます。

ですが、不潔なお客さんに関しては身体的にも精神的にもキツい、まさしくパーフェクトオブKIMOKYAKUです!

不潔+上記のいずれかだったらもう最悪です。というかむしろ不潔な人は上記のいずれかに該当する確率が非常に高いです。

ちょっと可哀想な気もしますが、すぐにトイレに立つフリなどをしてスタッフに外してもらうよう交渉してください。

LINE攻撃をしかけてくるキモ客

LINEを数分おきにしてくるキモ客はよほど暇なのでしょうか。

セクキャバのキモ客はおっぱいを触るだけでは満足できず、店外に誘ってタダマンを狙っています。

ただでさえキモ客だからいろいろな理由をつけて店外を断っているのに、店にも来ないでしつこく誘ってきます。

無視をしていると自分の中で完結をし「他の客とはデートをしても俺とはしてくれないんだね。さようなら」と勝手に身を引いてくれるような思わせぶりな態度をとっておきながら数分後にはまたLINEを送ってきます。

さようならとまで言ったなら二度と連絡してこないでほしいものです。

1番よいのは最初からLINEを教えないことですが、教えてしまった場合、鬼のように来るLINEには全て返さず、1日2、3回で連絡を取るのは止めておきましょう。

この手の客は店には来ないし全くお金になりません。

相手をしているだけで電波の無駄遣いとなりますし、金にもならないキモ客に時間を使っている暇はありません。

1日に2、3回LINEが返って来るだけでもありがたいと思ってもらいたいのですが、キモ客はそれには満足してくれません。

そんな時は「昼職もしているから、なかなか返せないのよごめんね」と嘘でもいいので理由をきっちりと述べてあげましょう。

それでも「他の客とはLINEをしていて俺のことは無視か」なんて自分勝手な言い方をしてきたら、今度はちょっと強めに「私には私の都合があるので」のように返してください。

キモ客はその言葉でムカつくかもしれませんが、ウジウジとしているキモ客を切る絶好のチャンスと思ってください。

金にならないキモ客に時間を費やしているより新規開拓をして金になる客を捕まえた方がお得意なのではないでしょうか。

キチンとした客もちゃんといる

セクキャバにはキモ客しか来ないのかと思えば、きちんとした客も訪れます。

そんな客は遊び方を知っていてとても紳士的です。

しかも気に入ってもらえたら太客に化けることもあるので良客に当たったら、全力でお仕事をしてください。

キモ客を相手にしているよりも精神的な疲れは減るはずです。

良い太客を何人も抱え、比較的キモさが少ないキモ客も数名抱え込んでおけば、日替わりで指名をもらうことができます。

良客の定義として、おっぱいはちょっとしか触らない、お酒を飲むのがメイン、キスなんて大して興味がないそんな客が良客です。

良客は競争率が高いので他の女の子に負けないように過剰サービスでも良いので捕まえておくことをオススメします。

ただ間違って欲しくないのは、会社の先輩に無理やり連れてこられたって後輩は手を出してくることはありません。

どちらかと言うと機嫌が悪いので連れてこられただけの客は良客ではないのでサービスをする必要はありません。

まとめ

どんな業種でも必ずと言っていいほどキモ客と呼ばれる輩は存在します。特に風俗で働きたくない女の子にとって、セクキャバはキモ客の宝庫と感じているハズです。

しかし中には、キモ客ではない良客も隠れているので、良客をキモ客の中から探し出し自分の客としてゲットしてしまいましょう。

万年フリー客はキモ客率が高いので適当な接客をして追い返してしまうのが無難なことです。

指名が少しでも欲しいからと、キモ客相手に全力を尽くしてしまうと、指名は増えるかもしれませんが指名で埋まった時に精神的にやられてしまいます。

精神的に参ってしまったら仕事に来ることも嫌になってしまうので稼げなくなってしまいます。

とにかくキモ客を見極める力をつけて出来る限りキモ客と接しないように太客だけで埋められるように努力するのが一番無難ですよ。

キモ客だったとしても1度は神対応を心掛け、何の効果も発揮せず、価値を感じなければすぐに切ってしまいましょう。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-セクキャバ
-, ,

© 2020 DazzBrity