デリヘル 住所ない 無許可 違法 裏風俗

デリヘル・箱ヘル

デリヘルで住所の記載がないのは違法店?無許可店で働かないために

ソープや、ヘルス、ピンサロなどの店舗型風俗は求人情報に必ず住所が記載されていますよね。お客さんが女の子を選ぶHPにもしっかり住所は書いてあります。

でも、なんでデリヘルだけは住所が書いてないんですかね?実は無許可で営業していて、働いていることがバレたら警察に捕まっちゃうとか!?

そんな事になったら超困りますよね。内緒でお金稼ぎたいのに親や彼氏にバレたらぶっ飛ばされます。

でも、大丈夫!安心して働けるように不安はさっさと解消しておきましょう!

デリヘルの住所がない理由ってなに?

そもそも、デリヘルにはお客さんは来店する必要はありません。

来てほしい場所に女の子をデリバリーしてもらうだけなので、住所をわざわざ記載しておかなくてもいいわけです。

例えば「横浜発」とか「渋谷発」とか出発地点だけ分かれば交通費の請求も少額で済むので、それだけ分かればお客さん的には住所なんか知らなくても充分なのです。

知ったところでわざわざデリヘルを訪ねていく人なんていませんしね。

デリヘルに住所がない理由その2

店舗を構えて営業をしているわけではないので、女の子の達は様々な場所を待機場所にしています。

事務所で待機している女の子もいますし、完全車待機して、すぐ移動などもあります。

他にはまんが喫茶や、ファーストフード店で待機や(余談ですが、このファーストフード店で待機は滅茶苦茶辛いです。寝てるとマ○クのお姉さんに叩き起こされます)中には自宅待機も出来るお店もあるのでデリヘルにとって住所はたいして重要でないのです。

デリヘルに住所がない理由3

これはあくまで私の知り合いのデリヘルオーナーの言っていた話ですが、デリヘルの事務所は普通のマンションの一室を借りて営業している場合も多いです(もちろん借りるときに不動産屋やオーナーに許可は取ってますよ)。

でも、住所を明確に記載してしまうと、隣近所の迷惑にもなりかねないので出さないことが多いと言っていました(あくまでも私の知り合いの話ですよ)

ちなみに私が働いていたデリヘルの事務所のお隣さんはごく普通の高校生のお嬢さんがいる一般家庭だったので、風俗求人誌に自分の隣の住所が乗っていたらイヤですよね。

私のお隣さんの住所が風俗求人誌に乗っていたら引っ越し考えますもん。

住所がないから無許可なの?

住所がないからって無許可はとんだ勘違いです。オレオレ詐欺みたいなものじゃないので、書いてある住所に行ってみたら空き地だったなんてことは、ありません。

だって、デリヘルをオープンするのなんてとっても簡単に出来るのです。

最寄りの警察に届けを出すだけで、許可さえ降りればこんな私でも手数料24,000円でデリヘルオーナーに簡単になれちゃいます。

確かに、中には訳もわからず、自分のアパートを拠点として適当に女の子を集めて営業を始めてしまうふとどき者もいますよ。でもそんなお店はすぐに消えていきます。

基本的には警察に届けを出しているので、ほとんどのお店がデリヘルの営業許可をされているお店なので安心して面接に行って下さい。

デリヘルの無許可店舗を見分ける方法

上で書いてある通りデリヘルを営業するには警察への届け出が必要なのはわかりましたよね?

でも、実際働く女の子は届け出を出しているかなんて全くわからないのが現実です。やっぱり、不安ですよね…。

自分が働いているこお店やこれから働こうと思っているお店が無許可営業だったら…。でも、実は超簡単な見分け方があるのです!

知りたいですよね?すっごく簡単な方法です。

デリヘルの営業手続きは届け出制

  • 経営者は誰なのか?
  • いつから営業開始するのか?
  • 事務所の場所はどこなのか?

そんなようなことを警察は把握しておかないと違法風俗店だらけになってしまって、完全無法地帯。

なんでもアリのガチで危険なお仕事になってしまいます。

デリヘルと偽って女の子を集めて本番行為をさせられたりもしちゃいますよ。

デリヘルを開業したからにはオーナーだって趣味で始めた訳じゃなくお金を稼ごうと思って開業したわけですから、しっかりと儲けを出さないと女の子どころか、オーナー自身も生活に困ってしまいます。

儲けを出すためにどんなことをすればお客さんは集まるのか?

電話ボックスがあちこちにあった時代は、電話番号を書いた紙をベタベタ張りまくっておけばまあまあ、お客さんから電話は来たのですが、そんなピンクチラシもすでに張ってはいけない時代になってしまいました。

それでもなんとかお店の宣伝をしなくちゃいけません。そのためには雑誌やネットに営業広告を出さないと開業したデリヘルの存在すら知られず消えていきます。

どんなにモデル級の美人を集めていても口コミだけでは経営にも限界がありますし、稼げなければ女の子もすぐいなくなってしまいます。

そんな状態を回避するためには雑誌やネットに広告を出すしかないのですが、広告を出すには警察に発行してもらう届出確認書のコピーを提出しないと広告を出してもらうことすら出来ません。

と…言うことは…?

雑誌やネットに求人や、広告を出しているお店はちゃんと警察に届け出を出して営業をしているお店となるのです。

みなさんお店を探すときは、雑誌やネットで店選びしますよね?だったら大丈夫!住所なんて乗ってなくてもちゃんとした許可店です!

どうやってお店に面接に行けばいいわけ?

そうですよね。住所がわからないならだいたいのどこら辺にあるのかも分からないので面接に行きたくても行けませんよね…。

でも、安心してください。電話一本で近くまで迎えに来てくれます。

店舗型の風俗はよほどの事がない限り最寄りの駅を伝えられ、

「ローソンの角を、右にまがって、その先の信号を左にまがって…」と電話で案内されながら歩くスピードより早口で説明されて小走りで息を切らしながらやっとの思いで店舗に到着する。

要は自力で携帯をぐるぐる回しながら地図を見てたどり着かなくてはならないことが多いのです。

デリヘルは「駅の改札に赤いカバン持って立ってます」など特徴を伝えると相手から声をこっそりとかけてきてくれるので、そこからは事務所まで案内してくれます。

まれに、事務所に待機している従業員が1人しかいない場合は、例の早口で「セブンが見えたらその辺から手前を右にまがって…」と指示される場合もあります。

その時は頑張って小走りでスピードについていきましょう。

まとめ

店舗型でない以上、住所は、はっきり言って必要ありません。

24,000円ケチって無許可営業しても、雑誌やネットに広告すら出せないので、広告さえ出ていれば許可店と思って大丈夫!

面接だってちゃんと迎えに来てくれるから、安心して面接を受けに行って、いっぱいお金を稼いでくださいね!

-デリヘル・箱ヘル
-, ,

© 2020 DazzBrity