風俗嬢からキャバ嬢

乾杯系ナイトワーク

風俗嬢からキャバに転職したら稼げる?

風俗とキャバの掛け持ちで生活している。キャバ嬢から風俗嬢に転職した。

こういうのは良くある話で、反対に風俗からキャバに転職したと言う話はあまり聞きません。

実際に、風俗嬢からキャバ嬢に転職した場合、上手くやっていけるのでしょうか?

今回は、そんな疑問や不安を徹底解剖していきます!

風俗からキャバに転職する女の子の事情

風俗からキャバへの転職は正直あまり聞かない話ですが、実際に経験している女の子は少なからずいます。

その中で多いパターンが「彼氏ができた」という理由。

やはり、彼氏ができたら風俗嬢を上がるのが一般的な様ですね。仕事柄、隠しきるのに限度がありますし。

しかし困るのが、一度でも風俗嬢になると金銭感覚が狂ってしまい、どうしても「昼職でやっていける自信が無い」と不安になってしまう事。

そこで風俗嬢の社会復帰にお勧めしたいのが、キャバ嬢です。

夜の仕事という括りは同じですが、風俗に比べると社会的にも理解のある職種なのでやりやすいかと思います。

でもやはり、お給料面や仕事面含めて上手くやっていけるか不安な子が多いでしょう。

そんな不安を取り除くべく、風俗とキャバについての違いや元風俗嬢にお勧めのキャバクラ、元風俗嬢だからこそ使えるテクニックなどを紹介して行きたいと思います。

結局どちらが稼げる?キャバと風俗の違いとは

まず一番気になるのが、結局どちらが稼げるかという疑問。

結論から述べますが、やはりキャバと風俗では風俗の方が圧倒的に稼げます。

ただ、一概に風俗の方が稼げると言い切れる訳では無く、キャバ嬢なのに風俗嬢より高収入を稼いでいる人も世の中には沢山います。

どのくらい稼げるのかは、あなた次第と言う事です。

では、下記にキャバと風俗の働き方の違いをまとめていきます。

給料形態について

・風俗嬢

殆どのお店が全額日払いで歩合制です。

・キャバ嬢

日払いのお店もありますが、月払い、週払い…と別れているケースが多いく、歩合制ではなく時給制のお店が王道です。

バックについて

・風俗嬢

指名やオプションのバックはほぼ100%貰えます。

・キャバ嬢

ボトルバックやドリンクバック、フードバック、指名バック、同伴バックなど色々な種類のバックがあり、バック率はお店によって異なります。

仕事の目的、内容について

・風俗嬢

店舗によって内容は異なりますが、性的なサービスを提供してお客さんをイカせることが主な目的。

・キャバ嬢

お客さんの隣に座り、お酒を飲みながら会話で楽しませ「また来たい」と思わせることが主な目的。

営業について

・風俗嬢

基本的にお客さんと店外で関わる必要はありません。

連絡先なども交換しないという女の子の方が多いです。

・キャバ嬢

お客さんとは連絡先を交換し、定期的に連絡をして営業するのが基本。

転職して後悔しない?結局は向き不向き

転職して後悔してしまうかもしれない…こんな不安は夜職の人だけではなく、社会人なら誰もが悩むものです。

後悔するかしないかは、結局向き不向き。風俗の方が向いているから楽しい、という子もいれば、キャバの方が向いていて楽、と言う子もいます。

風俗とキャバ、それぞれ向いている女の子の特徴を下記にまとめるので、自分の性格と照らし合わせながら転職を検討して見て下さい。

風俗嬢に向いている子の特徴

仕事を割り切れる

自分の大切な身体を使う仕事です。割り切れなければすぐに病むし、辞めたくなります。やっていけません。

エッチな事に抵抗が無い

エッチなサービスを提供するのが基本なので、抵抗がある女の子は絶対に続きません。反対にエッチが好きな子は天職なのかもしれません。

世間の目を気にしない

やはり風俗嬢という職業は、世間から冷たい目で見られるものです。これは仕方がありません。周りには自信を持って言えるような仕事ではありませんし、周りの人に噂されるかもしれません。それでも我慢できるかどうかが大きな鍵です。

キャバ嬢に向いている子の特徴

男性と会話をするのが得意

会話が中心の仕事なので、極端に人見知りの子には向いていないです。特に男の人との会話が苦だと感じてしまうような子は続かないでしょう。

お酒が好き

基本的にお酒を飲んでナンボの世界です。飲めないから働けないという訳ではありませんが、ドリンクバックがある以上お酒を飲めば飲む程稼げるので、お酒が好きな女の子は天職かもしれません。

定期的な営業ができる

お客さんと連絡先を交換したり定期的にメールやLINE、電話などをしたりするのは、キャバの仕事内容の一部です。プライベートの時間を邪魔されたくない!という気持ちが大きい子には向いていないかもしれません。

元風俗嬢にはどんなキャバがおすすめ?

キャバクラと一口に言っても、様々な種類が存在します。

風俗嬢が転職するのにお勧めのキャバの種類を紹介していきます。

ニュークラブ

所謂キャバクラの高級店です。

時給の相場が高いので、風俗自体との差を感じずに勤務できるかと思います。

ただし、ノルマの条件が高い場合があるので、それなりの覚悟は必要です。風俗時代のお客さんを引き抜くのもアリかも。

派遣キャバクラ

営業や人間関係が面倒な子には派遣キャバクラがお勧め。

時給が普通より高いですが、売上やノルマを気にする必要もありません。

元風俗嬢だからこそできるテクニック

元風俗嬢だからこそ、普通の女の子とは違ったテクニックを披露できるのではないでしょうか?

下記を参考にして、キャバに転職してもジャンジャン稼いじゃってください!

会話に下ネタを挟む

敢えて風俗嬢だった過去を晒し、下ネタもOKという雰囲気を作りましょう。下ネタを嫌う男はいません。

ただし、下品なのはNG。上品に話すことと恥じらいは忘れずに。

また、元風俗嬢の過去を明かすと身体目的で近寄ってくる男もいるので要注意。

「元風俗嬢だけど枕はしないよ、もうエッチするの疲れちゃったしね」と、予め一言伝えておくと良いです。

ボディタッチを多めに

風俗の在籍歴がある女の子なら、男性へ触れるのに慣れているはず。

触られて嫌な男性はまずいないので、積極的にボディタッチしていきましょう。

まとめ

風俗からキャバへの転身は、収入が各段と下がるものの、あなたの努力次第では遣り甲斐を感じ、有意義なワークライフバランスを送ることが出来るでしょう。

転職を迷っている女の子は、コレを機に挑戦してみてはいかがでしょうか?

-乾杯系ナイトワーク
-, ,

© 2020 DazzBrity