風俗店 掛け持ち

本指名返し・稼ぐコツ

掛け持ちするのに向いている風俗店の特徴

2020年5月19日

風俗の仕事をしている女性は、何かしらの昼職メインで風俗の仕事を掛け持ちしていることが多いです。

昼職メインの風俗嬢が、昼間にやっている仕事内容や、掛け持ちに向いている仕事、掛け持ち風俗嬢の注意点などを紹介します。

昼職メインの風俗嬢、お昼の仕事は何をしているの?

会社員、事務系仕事

夜は風俗嬢をしているけれど、昼職は極めてまっとうな会社で普通のOL、会社員をしている女性がほとんどです。

中には「えっ!あんなに真面目な人が風俗嬢をしているの!?」という人もいるそうです。

昼職だけではお金が足りないという人や、買いたいものがある、夢や目標があるので資金が必要という人が「手っ取り早く稼げる仕事」として風俗を選ぶことが多いようです。

派遣社員

昼間は派遣社員として働いている女性が、週末や休日を利用して風俗嬢をしていることも多いようです。

派遣社員は収入が不安定という点がありますが、風俗の仕事と掛け持ちで働いていれば、とりあえず当面の生活に困る心配からは解放されます。

真面目な人は、昼間は派遣社員で休日は風俗、空いた時間を使って正社員になるための資格取得の勉強をしているという女性もいます。

アルバイトの掛け持ち

体力に自信のある女性は、アルバイトをいくつも掛け持ちして、さらに夜も風俗の仕事をしているという人もいます。

若い間は多少の無理がききますが、年齢が上がるといくつもアルバイトを掛け持ちすることは難しいですね。

短期間でお金を貯めなければいけない、という人がこういった方法で仕事をしています。

身体を壊さないようにすることがとても大切になりますね。

掛け持ちに向いている仕事は?

体力を使わない仕事

次に昼職と風俗を掛け持ちする場合、向いている仕事について紹介します。

風俗の仕事は体力気力を酷使する仕事ですので、昼職はできれば体力を使わない仕事がおすすめです。

事務職やデータ入力、コールセンターなどでしたら、そこまで体力を使うこともなく、残業も多くありませんので、風俗の仕事にも支障が出ないと言えます。

生活パターンが崩れないシフト

看護師や介護士のように、今日は昼勤務で明日は夜勤、というような生活パターンの仕事は風俗の仕事が難しいかもしれません。

風俗の仕事は自由出勤の所が多いので、できないことはないのですが、生活パターンがその日によって違うと、疲れが残っていたり睡眠不足の状態で仕事をすることもあります。

体調を崩してしまうと、働きたくても働けないような状態になってしまいますよね。

ダブルワークは想像以上に疲れることですので、できる限り生活パターンが崩れないような仕事で、風俗の仕事を探す方が良いでしょう。

掛け持ち風俗嬢が注意する点

体調管理は必須

昼職メインで風俗の仕事を掛け持ちする場合、注意すべき点はどんな事でしょうか。

昼職メインで働いている場合、大体の職場は朝から夕方までの8時間勤務となります。

その上で夜間や休日の時間を使って風俗の仕事をする訳ですから、体調管理は必須事項となりますね。

普段よりも食事や病気などには充分に注意して、元気に昼職と風俗の仕事ができるようにしましょうね。

意識して休養日を作る

早くお金を貯めたいからと、休日も仕事に精を出している人がいます。

しかし疲れが溜まるとサービスがおろそかになってクレームが付いたり、仕事でのミスが増えるなど、良いことがありません。

また適度なストレス解消をしなければ、心も疲れてヤケ食いや浪費などに走ってしまうこともあります。

昼職と風俗、どちらの仕事もきちんとこなすためにも、意識して休養日を作って心と体、両方を休めるようにしましょう。

税金関係に要注意!

副業で風俗の仕事をしている場合、気になるのが確定申告ですよね。

本業である昼職にバレると怖いけれど、どうすれば良いのか分からない、という人も多いようです。

また会社に風俗で働いていることがバレる時は、住民税の数字で発覚することが非常に多いのです。

これは会社に提出する確定申告の書類で、<span style="font-size: 120%;">「住民税・事業税に関する事項」という欄があります。

選択肢は「給与からの天引き」「自分で納付」のふたつがありますので、「自分で納付」にチェックすることを忘れないようにして下さい。

そうすると、会社に風俗で働いていることが見つかることはありません。

もちろん、自分で市区町村役所に行って住民税を支払うという手間がかかりますが、会社で副業を禁止されていると、最悪の場合解雇という処罰もあります。

住民税は必ず「自分で納付」するようにして下さい。

昼職に影響が出ないために…失敗しないお店選びのポイント

お店のコンセプトは自分に合っている?

次に失敗しないお店選びについて紹介します。

昼職メインで仕事をしているけれど、何らかの事情でお金が必要になった。

風俗の仕事は初めて、という人の場合、いきなりソープに行くのはハードルが高すぎます。

風俗の仕事、と言っても、マッサージなどのソフトサービスからソープランドまでサービスも幅広いものがありますので、もらえるバックばかりを気にせず、「自分で本当に仕事ができるかどうか」を基準に考えるようにしましょう。

また、例えばお店のコンセプトがギャル系の女性を中心としているけれど、顔立ちやメイクは清楚系では思った程稼げないかもしれません。

風俗店にはそのお店のコンセプトがあり、それに見合った女性が人気になります。

効率よくお金を稼ぐためにも、お店のコンセプトが自分と合っているのか、チェックするようにして下さい。

自分の出せる条件はどこまで?

上記でも紹介しましたが、風俗の仕事が初めてなのに、ハードなサービスを提供するお店に入店しても、長続きはしません。

「自分はどの位の条件までならやれる」という“線引き”を決めておくことも、お店選びには重要なポイントです。

その上で、お店の雰囲気や客層・客数などを見て判断すると、予想よりも遙かに高い金額を稼ぎ出すことも夢ではありません。

お店全体は売り上げが良さそう?

どんなに仕事がしたくても、お店自体がヒマでしょっちゅう嬢はお茶ひきをしているようなお店では稼ぎたくても稼げません。

ポイント

  • 売り上げの良いお店は
  • 全国展開をしている系列グループ
  • 繁華街にあり、在籍している嬢の人数も多い
  • キャストを常時募集している
  • 各種媒体への露出が多い(広告が色んなサイトにでてる)

上記のようなお店が、全体的に売り上げが良いお店です。

良いお店を見つけてガッツリ稼ぎたいですね。

昼職と風俗、どちらも大切な仕事です!

昼職メインで風俗の仕事をしている女性の、昼職の仕事や掛け持ちに向いている仕事、掛け持ちする際に注意する点やお店選びのポイントなどを紹介しました。

風俗の仕事をする人は、多くがお金を目的としています。早く目標金額を達成できるよう、体調に気をつけて頑張って稼ぎましょう!

-本指名返し・稼ぐコツ
-, ,

© 2020 DazzBrity