ネットキャバクラ 高収入

乾杯系ナイトワーク

本物のネットキャバクラとは?コロナ自粛でも稼げる女性の高収入求人情報

新型コロナウイルスの影響による自粛に伴い全国のキャバクラ店もどんどん休業になっており、今までキャバ嬢として働いていた女の子たちには、とってもキツイ状況が続いています。

そんな中ここ数ヶ月でLINEやSkype、Zoomなどの無料通話ツールを使ったスマキャバやズムキャバと呼ばれるネットキャバクラという単語をよく聞くようになりました。

実は調べてみると、ずいぶん昔からネットキャバクラというものは存在していただのですが全然注目もされていませんでしたw

そんな、なにかとニュースなどでも話題に上がるネットキャバクラですが、他にもリモートキャバクラやオンラインキャバクラなどと呼ばれることもありますがが、全部同じと思ってもらってOKです。

内容は、まんま名前の通り、ネット上(バーチャル上)でのキャバクラなんですが、単純に私が初めて聞いた時は「チャットレディとは何が違うの?」「動画流出とか怖そう…」とか色々疑問に思ったことが多かったので今回は、コロナの影響を受けて普段より注目されつつあるネットキャバクラの仕組みや仕事内容、収入についてなど、詳しく解説していきたいと思います。

ネットキャバクラの仕組み

ネットキャバクラの仕組みとしては、インターネット上に仮想の店舗(サイト)があり、男性から指名されるのを待って、指名が入ったらチャット上でキャバクラと同じように接客するという流れになります。

通常のキャバクラは、男性と女性との対面で接客を行いますが、ネットキャバクラはパソコンの画面上で男性と通話(テレビ電話の感覚)をするのが基本的な仕事内容です。

大きなくくりで言うとこれはもうチャットレディとなんら変わりありません。

更に他のサイトでも「コレがネットキャバクラだ!」と言ってエロチャットに誘導していますが、後述しますが今話題になってるネットキャバクラの仕組みは全然違うので気を付けてくださいね。

エロなんてありませんからね!先走って「ネットキャバクラ」でググったらアダルトチャットレディがでてきますからね!

さて…いったん落ち着いて・・・今話題になってる方のネットキャバクラの仕組みと流れをポイントごとにまとめましたので「こんな感じなのね」と、頭にいれておいてください!

お客さん側の流れ

  1. お店(サイト)に予約を入れる(指名もできる)
  2. クレジットもしくはLINEPAYなどで決済しする
  3. お店側がお客さんにそれぞれサイトで使ってる通話ツールの入室キー(URL)を渡す
  4. 時間になったらURLをクリックして通話スタート

ちなみにサイトによってはパソコンのタイピングのみでコミュニケーションを取るというとこもありましたが需要がそんなに無い感じだったので今回は割愛させていただきます。

それでは具体的に以下で説明していきますね。

スマキャバとズムキャバの仕組み

ネットキャバクラ業界がかなり盛り上がりを見せ、新しくスマキャバやズムキャバというネットキャバクラ専門のサービスが新登場してきています。

これが今話題沸騰中のネットキャバクラです!

スマキャバは、LINEやSkype、Zoomなどを使って男性とお話をするお仕事で、全国のキャバクラ店が加盟しており、実際に働いているキャバ嬢がリモートキャバクラとして接客する仕組みになっています。

ネットキャバクラとチャットレディの違い

昔までは、ネットキャバクラ=チャットレディだという認識が大きかったのですが、最近はこの考え方も大きく変わってきています。

と、言うより色んなサイトが本文中の説明文はチャットレディなのに「チャットレディ」と言ってしまうとたくさんの競合サイトがチャットレディの事について書いてるものだから自分のサイトが上位に表示されない!表示されないと収益につながらない!と言うことで「ネットキャバクラ」という題名にしているという経緯があります。

話を戻して、ズムキャバやスマキャバの登場によって、今日のネットキャバクラというものが流行ってきたんです。

中身はというとインターネット上で男性への接待をするという大きな仕組み自体に違いはないのですが、細かいところでチャットレディとネットキャバクラには違いがたくさんあります。

以下に詳細部分での違いを説明していますので、自分に合った働き方を見つけてみましょう。

利用するサイトの違い

チャットレディの場合、用意された専用サイトを使ってお仕事をします。

有名どころは以下の通りです。

主要なチャットサイト

  • VI-VO(ビーボ)
  • Mocom(モコム)
  • キューティーワーク
  • CREA(クレア)
  • キャンディトーク
  • FAMU(ファム)
  • GRAN(グラン)
  • マシェリ

本当にたくさんの業者が、とあるサイトではチャットレディと言ってみたり、他方ではネットキャバクラとして説明していますので気を付けてくださいね。

ズムキャバやスマキャバなどのネットキャバクラは、全国の加盟キャバクラ店に在籍しているキャバ嬢がLINEやSkype、Zoomなどを使って接客をするのが基本スタンスです。

利用者である男性は、ズムキャバやスマキャバの公式サイトで会員登録を行い、公式LINEアカウントに友達申請をして、女性スタッフを紹介してもらいます。

このような流れにもチャットレディとは大きな違いがありますよね!

女性スタッフは、LINE、Skype、Zoomのどれかでお客さんと1対1のトークを行います。

チャットレディのようにわざわざ専用のサイトに登録する必要がないので、簡単にお仕事が始められるというのも嬉しいですね。

このあたりもチャットレディとネットキャバクラの大きな違いといっていいでしょう。

主要なネットキャバクラのサイト

接待人数の違い

チャットレディには、1対1のツーショットチャットと、何人もの男の人と話しをするパーティチャットがありますが、ネットキャバクラの場合は基本的には1対1の接待となるようです。

ただし、お店によっては通常のキャバクラのように集団での利用も可能なのだとか。

さらに、スマキャバはスマホ上での領収書の発行にも対応していて、サラリーマンの接待などの仕事シーンとしても利用できるようです。

アダルト・ノンアダルトの違い

チャットレディには、アダルトとノンアダルトの部門があります。

言葉の通り、アダルトは下着姿になったり自慰行為などを行ったりする必要があり、その分お給料が高めに設定されているのが特徴です。

一方でノンアダルトは会話のみで、お給料も少なめ。

ですが、ネットキャバクラは、通常のキャバクラと同じでアダルト要素は存在しません。

基本的に、一緒にお酒を飲みながら会話を楽しむだけで、仕事内容的には通常のキャバクラと同じというのが特徴。

チャットレディとネットキャバクラでは、チャットレディの方がアダルト要素強めということですね。

また、よく聞く話ですが、ノンアダルトのチャットレディの場合でも、男性からアダルト行為を要求されることがあります。

しかし、通常のキャバクラは基本的にお触り自体がNGとなっているのと同じようにネットでのキャバクラであったとしても脱いだり、オナニーをしてみたりというアダルト要素はありません。

もしそのような過激な内容があるのであれば、それはネットキャバクラではなくアダルトチャットレディですので気をつけてください。

まぁ、でも・・・下ネタくらいは話しますけどね(笑)

アダルトな対応が苦手な方は、チャットレディよりもネットキャバクラを選んだ方がいいかもしれませんね。

働いてる女の子の違い

チャットレディは女性であれば誰でも簡単に始められるお仕事ですが、ネットキャバクラは元々キャバクラ店に在籍していたキャバ嬢が働けるという場になっているのが特徴です。

簡単に説明すると、【チャットレディ=素人 / ネットキャバクラ=キャバ嬢】ということ。

チャットレディは素人の女の子でも自宅から登録・勤務ができますが、ネットキャバクラとして働きたい場合は、加盟キャバクラ店への在籍が必要となります。

とはいうものの、最近は本当にさまざまなネットキャバクラサイトが登場しており、もともとキャバ嬢ではない女の子でも働けるサイトも増えてきているようです。

「キャバ嬢ではないけどチャットレディじゃなくてネットキャバクラをしたい」という方は、ぜひ色々なネットキャバクラを検索してみて、自分に合ったサイトを見つけてみましょう。

出勤地の違い

チャットレディは自宅から仕事をすることが可能です。

一方でネットキャバクラの場合、基本的にはお店への出勤が必要となります。

とはいうものの、お店への出勤かどうかはネットキャバクラのお店やサイトによって異なるのでよく確認しましょう。

例えば、スマキャバはお店に出勤してリモートチャットをするようですが、オンキャバというサービスは自宅からの接客となるようです。

ちなみに、スマキャバやズムキャバ、オンキャバ以外にも、たくさんのネットキャバクラ店が登場しています。

お店(サイト)によって対応が異なるので、気になる方はネットでネットキャバクラの求人情報を確認し、直接問い合わせをしてみるのが良いでしょう。

営業の有無

一般的なキャバクラは、LINEでのやり取りや同伴などの営業をしなければいけないのが面倒ですよね。

しかし、チャットレディやネットキャバクラの場合、こういった営業は一切必要ありません。

スマキャバなど実店舗があり、もともとキャバ嬢だった方は通常通り営業も必要になるかもしれませんが、基本的には営業する必要がないのでその分ノンストレスですし、自分の時間も有意義に使うことができます。

ネットキャバクラの仕事内容は?ドリンクやフードってどうすんの?

ネットキャバクラと聞くと心配になるのが、ドリンクやフードの有無についてですね。

通常のキャバクラだと、男性のドリンクを作ったり、お客さんにドリンクをおねだりしたり、また、フードも提供されます。

この辺りもチャットレディとネットキャバクラによって大きな違いが出てくるのですが、基本的にチャットレディはドリンクやフードの概念がなく、ただ男性とお話をするだけです。

一方でネットキャバクラの場合、そもそものコンセプトが「リモートで女性と一緒にお酒を飲む」こと。

利用者(男性客)はドリンクやフードを自分で用意する必要があり、女性スタッフは1杯500円~のドリンクをお客さんに奢ってもらうことができます。

スマキャバでは最高で1杯30,000円のドリンクや、1,000円のチップなども用意されているようです。

この辺りは通常のキャバクラと変わりはありませんね。

ちなみに、ドリンクやフードの有無や対応方法に関しては、ネットキャバクラ店やサイトによって異なるので、この辺りも気になる場合は直接問い合わせをしてみるといいでしょう。

現在休業中のキャバクラ店で働いている女の子は、在籍しているお店がネットキャバクラサイトの加盟店となっている場合は、そのままのお店の看板・源氏名でお仕事をすることができます。

スマキャバでは随時加盟キャバクラ店を募集しているので、そのままのお店の看板・源氏名で働きたいという場合は、オーナーなどに相談してみるといいかもしれませんね。

指名が被った場合はどうするの?

通常のキャバクラであれば、指名が被ってしまったときお客さんの元から一時的に席を離れ、ヘルプについてもらったりしなければいけません。

「ネットキャバクラでは指名が被ったらどうするの?」と心配になってしまうかもしれませんが、心配はご無用。

例えばスマキャバを例にすると、1対1の接客が基本で、あらかじめ予約枠が用意されているため、そもそも指名が被るということはありません。

1時間ごとに予約枠が用意されており、予約が入るとその時間帯はソールドアウトと表示され、その時間は他の人は予約できない設定になっています。

この辺りの対応もサイトによって異なりますが、通常のキャバクラとは少し違うので、指名被りについてはそこまで気にしなくて大丈夫でしょう。

営業時間は通常のキャバクラと同じ1時まで?

通常のキャバクラは、風営法によって夜中の0時か1時までの営業になっているお店がほとんど。

そのため、「ネットキャバクラも1時までしか出勤できないのかな?」と心配になってしまうかもしれませんね。

しかし、インターネット上には風営法などの影響がないため、朝まで働くことができます。

ただし、ここもサイトや店舗によって異なり、自宅ではなく店舗に出勤する必要があるサイトの場合は、通常通り1時までの出勤が基本になっていることもあるようです。

収入見込みは?

一番気になるのが、ネットキャバクラの収入についてですよね。

給料に関しても、お店やサイトによって異なるので確かなことは言えないのですが、基本的には通常のキャバクラと同じようにネットキャバクラも時給制となっているお店が多いようです。

とある女の子は、通常のキャバクラ時代には全然指名も増えなかったので最低時給をただ貰ってただけだったらしいのですが、ネットキャバクラのお客さんは全国になるため売り上げが倍増したと言っていましたよ!

具体的に金額は聞けませんでしたが「時給5,000円以上で毎日7時間くらいやってるw」と言っていましたw

時給の目安は?

時給目安もお店によって異なり、スマキャバの加盟キャバクラのようにもともと実店舗があったお店の場合は、通常の時給とそこまで変わりはないでしょう。

新登場したネットキャバクラ専用のお店などの時給目安は、平均して2,000~3,000円前後となっているようです。

給料の受け取り方に関してもお店やサイトによって違い、実店舗がある場合は従来通りの手渡しなどが多く、サイト専用のネットキャバクラの場合は基本的には振込みになります。

罰金・ノルマ・バックは?

罰金やノルマなどもお店やサイトによって違いますが、通常のキャバクラよりは厳しくありません。

バックに関しては、パーセンテージがお店によって違うようです。

例えば、ドリンクバックが100%のお店もあれば50%のお店もあるので、より稼ぎたいのであればバック率が高いお店を選ぶといいでしょう。

指名料もお店やサイトによって違いますが、指名が入った場合時給が高くなるケースと、指名1回で固定額が決まっているケースがあるようです。

ちなみにチャットレディの場合は、時給ではなく1分辺りのお給料。

また、チャットレディもネットキャバクラでも共通して言えるのは、待機中は時給が発生しないという点です。

この時期でも仕事ができればそれはありがたいことですが、稼ぐためには指名が入るような努力が必要になりますね。

指名が入るようになれば、ネットキャバクラで月収100万円以上稼ぐことも難しくはありません。

保証制度はある?

一般的なキャバクラには保証制度のあるお店が多いですが、基本的にネットキャバクラには保証ありません。

指名がないと何時間待機していても収入はゼロになってしまうということ。

罰金やノルマがない分、気は楽ですが指名がないと全く稼げないという点はネットキャバクラのデメリットですね。

チャットレディやネットキャバクラでもっと稼ぎたい場合は?

チャットレディやネットキャバクラで稼ぎたいのであれば、しっかりとしたパソコンとWEBカメラを用意した上で仕事をするのが良いでしょう。

スマホからでも仕事ができるという部分がメリットでもあるネットキャバクラですが、スマホだとどうしても通信速度が遅かったり、画質が悪かったりします。

実際に、通信環境の悪さが原因で、途中で途切れてしまったり固まってしまったりすることもあるようで、せっかくのお仕事が台無しになってしまいますよね。

特に在籍店で指名してもらってたお客さんが指名でわざわざネットの方にまで来てくれたのに通信環境のせいでイライラされたらひとたまりもありません。

ちゃんとしたパソコンとWEBカメラがあれば、通信速度も早く画質もクリーンなため、快適にお仕事ができます。

また、通信速度が速くて話しやすい・画質も綺麗で見た目もいい というポイントから、他の女性と差をつけることもでき、指名も入りやすくなりますよ!

今ではULIKEやSNOWのように映し出される自分を自動で修正してくれる機能がついてるカメラもあるので本気でネットキャバクラをやろうと考えてる子には必見です!

※気になるカメラショップが一つあったので参考までに→Cybirelink

コロナは現在感染者なども減ってきて落ち着いた状況になりつつあり、営業再開をするキャバクラ店も増えてきていますが、第2派第3派などの流行も考えられますし、これからネットキャバクラがもっと注目されることに間違いはありません。

チャットレディやキャバ嬢は個人事業主としてのくくりになるので、パソコンやWEBカメラの購入代金はしっかり経費として計上することができますし税金対策にもなりますよ。

ちなみにチャットレディであれば、パソコンやWEBカメラなどの必要機材を無料レンタルしてくれる事務所やプロダクションもあります。

パソコンやカメラの選び方が分からない という場合は、チャットレディの事務所やプロダクションへの所属を検討してみてもいいかもしれません。

ネットキャバクラで考えられるリスク

ネットキャバクラは今までとは違った形のお仕事のため、働こうか考えている方でも、何かと不安になってしまいますよね。

ひとつ大きなリスクとして考えられるのは、チャット中の動画流出です。

チャットレディ業界などでも動画流出は大きな問題になっていますが、ネットキャバクラでも流出が絶対に起きないと言い切れるわけでもありません。

実は、チャットレディとネットキャバクラでは、後者の方が動画流出のリスクが高くなります。

チャットレディであれば、専用サイト内でルールや取り締まりがしっかり定まっていて、仮に画面録画をしたり動画を流出させてしまったりした場合は、強制退会になるなど、男性会員への罰則があります。

しかし、ネットキャバクラの場合、ほとんどのサイトがLINEやSkype、Zoomなどのアプリを使用してリモートチャットを行うため、こういった部分の取り締まりが案外しっかりしていないのです。

今ではスマートフォンからでも、画面録画やスクリーンショットは簡単に撮影できてしまいますよね。

こういった機能を使って動画や写真を勝手に撮影されてしまい、SNSなどで拡散されてしまうケースも少なくありません。

アダルトチャットレディに比べると、動画や写真が流出してもそこまで困ったことはないかもしれませんが、身バレしたくない・絶対に録画されたくないという方は、ネットキャバクラでのお仕事は避けた方が無難でしょう。

もし、動画や写真の流出が絶対にイヤなのであれば、ネットキャバクラよりも取り締まりがしっかりしているチャットレディを選んだ方が安全かもしれません。

ただ、ネットキャバクラでは基本1対1の会話なので流出した動画の会話内容で犯人を特定するのはすごく簡単なのでそんなバカなことをする男がいるのか?とも思いますがw

ポイント※会話中の動画流出リスク

チャットレディ・・・専用サイトで様々な対策がされているのでリスクはいくらか低くなる。

ネットキャバクラ・・・使用する無料のネット通話アプリのセキュリティ対策に依存するので使うツールごとに変わる

※まぁどちらもセキュリティが万全だったとしても画面自体をビデオカメラとかで撮影されたらおしまいなんですが、やはりセキュリティ対策は欲しいところですよね。

まとめ

新型コロナウイルスの影響を受けて、全国でネットキャバクラの需要が大きくなりつつあります。

実際に一般企業などでもリモートワークなどが取り入れられており、ネット上で仕事をしたりオンライン飲み会をしたりすることは、世間的にも一般的になりつつあり、ネットキャバクラに遊びに来る男性も続々と増えてきているようです。

ネットキャバクラだけではなく、チャットレディ業界でもかなりお客さんの数が増えてきているそうですよ。

コロナの影響を受けて仕事がなくなってしまったという女性は、ぜひネットキャバクラに挑戦してみてはいかがでしょうか?

チャットレディも気になる!という方は以下の記事も参考にしてください♪

チャットレディ サイト アプリ 人気 稼げる
【2020年度版】男性客が多いライブチャット比較ランキング

ライブチャットで稼ごうにも客がいなくては稼げません。 いろいろなライブチャットのサイトを比較してみて、客が多そうなサイトをランキング形式で紹介していきます。 これで待機の時間も少なくなるので今以上に稼 ...

続きを見る

ライブチャット リピーター獲得 テクニック
ライブチャットでリピーターを獲得する方法!人気チャットレディのテクニック

チャットレディでリピーター(リピーター)を獲得する方法チャットレディで高収入を稼ぐ為に最も大切なのは、リピーターをいかに獲得するかです。 定期的に来てくれるリピーターさえ何人か掴むことができれば、安定 ...

続きを見る

ライブチャット チャットレディ 仕事内容 収入
ライブチャットの仕事内容と収入

チャットレディとは自宅にいながら隙間時間に稼げる仕事で、パソコンとwebカメラさえあれば簡単に取り組めます。 風俗やキャバクラに比べて負担が少なく、それでいて稼ぎやすい仕事として注目されています。 し ...

続きを見る

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-乾杯系ナイトワーク
-, ,

© 2020 DazzBrity