性病 症状 後遺症 匂う イボ

性病・衛生対策

性病の症状と後遺症。性病中でも働ける風俗業種

性風俗が発展していくとともに同じように発展していった性病。

そんな性病ですが、いったいどうやったら感染していくのでしょうか?

また、どんな症状なのでしょうか?

今回は性病の種類による症状や予防法まで完全保存版の内容をご紹介していきます。

「なんか最近アソコが匂うな・・・」

「変なイボイボがいつのまにかある・・・」

なんて方は危険信号なので是非参考にしてください。

アソコから匂いが漂う

女性器から異臭が漂う際は、性病に感染していることを疑う必要があります。

何日もお風呂に入っていないとか、同じ下着をはき続けているといったことであればまた別ですが、清潔にしているにもかかわらず、股間から臭いニオイが漂ってくる場合は、性病の疑いがあります。

ワキガや汗のニオイ、あるいは生理の際のニオイは病気ではなく、特に問題はないのですが、明らかにそれらのニオイとは違った臭いニオイが発せられている時は、できるだけ早く婦人科や泌尿器科の病院を受診すべきです。

性病はセックスによって感染するものばかりではありません。

本番は長い間していないから性病にかかるはずはないと思うのは間違いです。

挿入がなくても感染する性病もあります。

イボやかゆみがある

女性器にかゆみが起こることは珍しくはありません。

性病が原因ではないことも多くあります。

ただ、できものができた場合は、何らかの病気に感染しているものと疑われます。

カンジタ膣炎

セックスをしなくても感染する性病のひとつに、「カンジタ膣炎」があります。

カンジタ菌は女性なら誰でも膣の中をはじめ、皮膚、口の中、消化器官に保有しています。外部から移ってくるものではありません。

健康な状態の時は特に問題がありませんが、疲労の蓄積や風邪などの病気、強いストレスなどによる日常生活のリズムの乱れを原因とした免疫力の低下によって、カンジタ菌が膣の中で増殖し、発症します。

症状としては、女性器にかゆみが起こったり、腐りかけた魚のような生臭いニオイが発せられます。

また、おりものが酒粕やチーズのような白や黄色に変わってきます。

症状が軽い場合は、不規則な生活をあらため、食事を改善して十分な栄養を摂るなどして免疫力を高めれば、自然に治ることもあります。

しかし、症状が長く続く場合は医療機関で医師の診察を受けることが必要になります。

カンジタ膣炎を予防するには、まずは女性器はもちろん、体を清潔に保つことが必要になります。

下着はできるだけ通気性のよいものをはくようにして、湿気が起こらないようにします。

シャワーや入浴の後は、乾いたタオルで水気を十分に拭き取って、水分が残らないようにしましょう。

また、トイレで排便、排尿をした後は、前から後ろに向けて拭き取るようにしましょう。

逆方向での拭き取りをすると、肛門や尿道の中にいるカンジタ菌を膣に移してしまうおそれがあります。

その他、できるだけストレスをためないこと、不規則な生活にならないように気をつけることもカンジタ膣炎予防につながります。

細菌性膣炎

細菌性膣炎もセックスでの接触がなくても発症する病気です。

これも、もともと女性の膣内に存在する雑菌によって、膣内に炎症を起こす病気です。

膣内には善玉菌(デーデルライン桿菌・乳酸桿菌)と悪玉菌(大腸菌・ブドウ球菌)が共存しています。

通常はその善玉菌が悪玉菌の繁殖を抑えることでバランスがとれており、健康状態が続いていますが、免疫力の低下や膣内をボディソープなどで洗浄したことによって善玉菌を減らしてしまい、悪玉菌が繁殖してしまうことで細菌性膣炎を発症します。

おりものが急に強い臭気を発するようになり、色も薄い灰色に変わってきます。

おしっこをした際にしみるような痛みを感じたり、魚のような生臭いニオイや、強烈な酸っぱいニオイが発せられます。

また、症状が悪化すると、高熱が出たり、下痢や嘔吐などの症状が出てくることもあります。

それは雑菌の繁殖が原因となった中毒状態であり、そうなった場合は一刻も早い医療機関の受診が必要となります。

症状が軽い場合は免疫力を高めながら様子を見ているうちに自然に治ることもあります。

また、薬局等で膣内洗浄剤を買ってきて使用することで膣内を清潔にして、悪玉菌の繁殖を抑え、症状を改善していくことができます。

状態が改善しない場合は、医療機関の受診が必要になります。治療には膣内の洗浄と投薬が行なわれます。

トリコモナス膣炎

セックスをしなくても感染する性病に、「トリコモナス膣炎」があります。

この病気はトリコモナス原虫という微生物が膣内に侵入することで起こる膣炎です。

感染している男性とセックスをすることで感染することもありますが、不潔なトイレや浴槽などから侵入、感染することもあります。

症状は、女性器が痛痒くなり、おりものが増えて、その色が黄色か黄緑色に変わり、泡立った状態になります。

また、魚のような生臭いニオイを発するようになります。

さらに、この病気にかかると、膣内の善玉菌が減少してしまうため、悪玉菌が増殖し、別の感染症にかかりやすくなり、合併症となることもあります。

このトリコモナス膣炎の治療は簡単で、チニタゾールという薬を服用すればトリコモナス原虫を根絶して、症状を改善することができます。

その際、セックスのパートナーである男性も同時に医療機関での治療を受けることが必要になります。

男女どちらかのみが感染しているといったことはありません。必ずどちらも感染しています。

そのため、女性が治療をしても、男性の側が治療をしておらず、体内にトリコモナス原虫を保有しているままであれば、また感染してしまうことになります。

男女どちらも治療を受けて根絶することが必要になります。

そのまま放置すると、炎症が進んでしまい、子宮に悪い影響を及ぼし、不妊症や流産が起こりやすくなるなどの障害が出る可能性があります。

そのため、上記の症状が出てきた際は、できるだけ早く医療機関で検査を受け、治療することが必要です。

強いかゆみや痛みが出てくるなど、症状ははっきりいますが、治療はさほど難しくはなく、治りも早いようです。

淋病

感染経路としては、セックスやフェラ、スマタなどのすべての性行為です。空気感染はありません。

また、トイレや浴槽などでの間接的な感染も起こることはありません。

淋病に感染するのは粘膜なので粘膜同士による接触で感染します。

もちろん精液や愛液にも淋菌は含まれています。

精液を口に含んだり、ゴムなしでセックスや素股をしたり、フェラやアナルセックスで感染します。

淋菌は喉にも感染しますので、もし今まで客にフェラだけしかしていなくて、たまたまいいお客さんでゴム無しで本番をしてしまったらその時点で、オマタも淋病に感染する可能性があります。

感染した場合、自然に治ることはありません。

特に感染を放置した状態で出産すると、生まれてきた乳児にも感染してしまいます。

免疫力の低い乳児に感染してしまうと、命にかかわるような一大事に、また、重い後遺障害につながる症状が出ることもあります。

ちなみに淋病の感染確率は、セックスで約47%となっています。

しかもこの数字、女性だけです!

男性はなぜか22%とリスクが女性の約半分くらいになっています。フェラやクンニの場合は男女ともに約30%という結果になっています。

その他の感染経路について説明していきましょう。色々なサイトでは温泉に行ったら感染したとか、トイレが汚くてとか、感染者のタオルを使ってしまったからとか様々な内容がありますが、これに関しては、ほぼありえないと考えて良さそうです。

医者によっては、性行為以外ありえない!と言い切る人もいるくらいです。

たまたまそのとき風邪や睡眠不足などで体調が悪かったとしても、性行為以外で感染するのはとても考えづらいという有識者からの意見が大多数です。

もしも、彼氏や旦那が感染していたらまっさきに浮気を疑ってもいいでしょう(笑)

淋病に感染しないように予防する方法として、男性のオマタの確認があります。

女性は淋菌に侵されても、約70%以上の方が無症状です。

それに比べて男性はというと無症状な方は約5%です!圧倒的にハッキリと症状が出ている人の方が多いんです。

そこで、プレイ前にしっかりと確認をしましょう!ちなみに淋菌の潜伏期間は2~7日と言われています。

主な男性器の症状としては、おしっこをする時の痛みと尿道口からのすこし白色や黄色がかった膿です!

別に勃起もしていないのに尿道口から我慢汁のような液体が出ていたら要注意です!

また、尿道口が軽く赤い感じで腫れている事もよくある症状ですので見逃さないようにしましょう!

淋病のサイン・様々な症状

主な症状としては女性器に激しい痛みが起こり、おりものに黄色か薄い緑色の膿が混じってきます。

また、魚の生臭さを超えた強烈な生臭いニオイが発せられます。

排尿痛~おしっこをするときに、痛みがある。特におしっこの出始めが痛い。

不正出血~生理以外の出血。淋菌に感染して子宮内膜炎を併発することで出血があります。

下部腹痛~下腹部に鋭い痛みがある。かなり危険信号。すぐに医師に相談すべき。

おりものが多い~いつもより、おりものの量が多かったり、異臭がします。

基本的に女性の場合ほどんどの方が無症状だと言われています。

感染者の約80%の人がなんの兆候や症状もありません。

それだけに、とても危険な病気でもあります。

淋病は様々な病気を呼び込む!?

この性病の一番怖い所です。

こいつは本当に色々な病気を呼び込む引き金となりえます!

淋菌が子宮内から腹部にまで達すると骨盤内感染症(こつばんないかんせんしょう)になる可能性も高く、この病気が原因で約20%の女性が不妊症になると言われています。

同時に子宮内膜炎(しきゅう ないまくえん)にもなりやすく、コレも不妊症に繋がる原因とります。

また、クラミジア、エイズなどの他の性感染症にも感染しやすくなります。

淋菌に侵されている精液などの体液が目に入り、淋菌性結膜炎(りんきんせい けつまくえん)になれば視力が低下していくどころか最悪失明してしまいます。

淋病の治療方法

今の医療現場では基本的に1回注射を打って1週間分くらいの抗生物質をもらって数週間後に再検診をしてそのまま完治していれば終わりという流れが一般的です。

イメージとしては1回目に病院で打ってもらった注射で淋菌を攻撃してもらって弱って勝手に死んでいくのを待っている間に抗生物質で弱っている淋菌が復活するのを阻止するといった感じです!

死滅しきらなかった淋菌がそのままその注射の成分の耐性を持って復活すると、まためんどくさくなるので医師に処方してもらったお薬は、どんなに症状が治まってきていたとしても副作用が出ない限り必ず、すべて飲み切るようにしてください!

淋病は現代では決して治らない病気ではありません。

ただ、この淋菌のやっかいな所は一度完治しても体内で耐性を作ることができないので、またすぐに感染してしまう可能性がありますので、性行為の際はコンドームの使用などで十分に気を付けて行ってください。

尖圭コンジローマ

女性器にできものができる病気ですが、まず、尖圭コンジローマがあげられます。

尖圭コンジローマはセックスにより感染し、発症する病気で、男女どちらにも症状が現れます。

性病の中では、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルぺスウィルス感染症の次に多いものですが、発症する患者数はなかなか減少しないまま、全国で年間3000人から6000人が発症し、治療を受けています。

特に20代を中心とした若い年代の方に発症が多くみられ、女性は20代前半の方に多く感染がみられます。

発症すると治癒まで時間かかかり、早期に発見してもなかなか治らないと言われています。

尖圭コンジローマの症状は、膣口やその周辺、さらには肛門の周囲にイボのようなできものができます。

外から見える部分だけではなく、肛門の内側や、膣内、子宮頸部など性器の内側にもイボができることがあります。

イボは先端がとがった形をしており、色は白、ピンク、茶褐色、黒、とさまざまです。

大きさは小さいものは径が1ミリから3ミリ、大きいものでは数センチにわたるものもあります。

イボの形は総じてとがった形になりますが、乳頭のような形や、ニワトリのトサカ部分のような形、カリフラワーのような形になることもあるようです。

感染はセックスにおいての皮膚や粘膜の接触によってウイルスが移ることで起こります。

このウイルスはHPV(ヒトパピローマウイルス)とよばれるもので、さまざまな種類があり、セックスでの性器の結合時や、フェラチオ、クンニリングス、その他の行為によって、皮膚や粘膜が接触した際にできるミクロレベルの傷から体内に侵入して、感染します。

特に女性器の外陰部にアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などの症状がある場合は、感染しやすいため、平時より十分な注意が必要といえるでしょう。

コンドームを使用するなどの予防が必要になります。

また、フェラチオ等のオーラルセックスによって感染することも多くあります。

口から感染した場合は、咽頭部(のど)に症状が現れ、HPVの種類が悪性であった場合は口腔がんを発症する原因になることもあります。

さらには、妊娠中に感染した場合などは、母子感染によって出産した赤ちゃんに感染症状が現れることがあります。

赤ちゃんの喉にイボができる「再発性呼吸器乳頭腫症」により呼吸困難が起こる可能性があり、そうなると命にかかわる危険性や、重い後遺障害が残る可能性を引き起こしてしまいます。

そのため、もし妊娠中に感染がわかった場合は、出産時までに完治させることが必要になります。

尖圭コンジローマは、感染後すぐに症状が現れるわけではありません。

感染してからイボが現れるまでには3週間から長ければ8ヵ月ほどかかるようです。

平均では2ヵ月から3ヵ月ほど後に現れることが多く、いつ感染したのかがはっきりとわからないことも多くあります。

そのため、セックスのパートナーが1人ではない場合、誰から感染したのかが特定できないことも多くあります。

このように潜伏期間が長期間にわたるうえ、自覚症状がほとんどないため、感染していることに気づかないまま症状が悪化していることが多くあります。

女性器や肛門などにかゆみや痛みを感じることもありますが、それらを感じないままイボが大きくなっていることも珍しくありません。

症状を見つけるのは、お風呂で体を洗っている時にイボができているのを見つけたり、歩いている時にイボの存在による違和感によって見つけるケースが多いようです。

イボを確認したら、できるだけ早く医療機関で診察を受けるべきです。

放置したままにしておくと、症状が悪化して、治癒に時間がかかってしまうことになります。

性器ヘルペス

女性器にできものができる病気にはもうひとつ「性器ヘルペス」があります。

性器ヘルペスも単純ヘルペスウイルスの感染によって症状が現れます。

このウイルスは2種類が確認されており、女性器をはじめとする下半身に症状が出るものと、口や顔などに症状が出てくるものとがあります。

ただ、感染しても強い抵抗力をお持ちの方や、免疫力がある方は症状が出てきません。

また、感染したウイルスが少なかった場合も症状が現れません。

しかし、本人に症状が出ていなくても、セックスやその類似行為によって他人にウイルスを感染させてしまうことがあります。

感染した相手が抵抗力や免疫力が弱かった場合は、症状が現れます。

性器ヘルペスの症状ですが、外陰部や膣口に赤いブツブツ状のできものや水ぶくれ、潰瘍ができます。

悪化すると子宮頸部にまで症状が拡大することもあります。

感染してから早ければ2日ほど、遅い場合でも10日から2週間ほどで発症します。

赤いできものが表れ、痛痒さが起こります。さらに、おしっこをする際に激しい痛みがあります。

それらの症状を感じたなら、できるだけ早く医療機関で医師の診察を受けましょう。

放置しても命にかかわるような大きな事態になることはありませんが、痛みやかゆみは治療しないかぎり続きますし、治療しないままでセックスなどの行為をした場合は、他人への感染源となってしまうこともあります。

また、症状が重くなれば、通院での治療ではすまず、入院が必要になることにもなりかねません。

性器ヘルペスの治療は投薬で行ないます。

抗ヘルペスウイルス薬を投与することになりますが、症状や状態によって飲み薬の服用ですませるか、点滴による体内への薬液投与を行なうかを判断されることになります。

初めて性器ヘルペスに感染した際は、症状が重くなりがちで、口や性器にできものができるだけでなく、発熱や頭痛、体のあちこちに筋肉痛が起こります。

初めて感染した後、何らかの原因で再発することもありますが、再発時は初感染時よりも症状が軽いようです。

再発する原因は、セックス等の行為によるものだけでなく、ストレスの蓄積や疲労によって体内に残っているウイルスが活発に動き出し、症状が現れてくるようです。

クラミジア

国内で最も感染者数、患者数の多い性病です。

セックスでの性器の結合によってお互いの性器への感染、また、フェラチオやクンニリングスなどにより、性器から口へ感染することが多くあります。

女性は口からの感染であればのどに、結合時の感染であれば子宮頚管や卵管に炎症を起こします。

症状が出るまでには1週間から3週間かかります。

感染に気づかずに、あるいは単なる腹痛や生理痛だろうと放置してしまうと、炎症が子宮の奥にまで進行し、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。

また、妊娠中の感染では、分娩の際に胎児が産道を通る際に感染することもあり、新生児肺炎や結膜炎を発症し、最悪の場合は後遺障害が残る可能性もあります。

おりものの量が増えたり、不正出血が起こる、下腹部に痛みがある、おしっこをした時に痛みがあったり、なかなか出てこない、とぎれとぎれになるなど、いつもとは違う何らかの違和感がある場合は、クラミジアに感染している可能性があります。

ただ、下腹部の痛みは、生理痛の痛みと似たような痛みであるため、性病に感染していると気づかないことも多くあります。

そのため、医療機関での診察を受けるまでに時間がかかってしまい、症状を悪化させてしまうことも少なくはありません。

クラミジアに感染している場合は、下腹部の痛みの他に別の症状が併せて出てくることが多いので、それらの症状が出ていないかも確認して判断しましょう。

特にクラミジアに感染していると、おりものの量が増えるため、ふだんより多くなっていないかを確かめてみることが必要です。

梅毒

梅毒とは、梅毒トレポネーマという細菌によって発生する感染症の一つで、性交渉によって感染します。

何年もかかって進行していく慢性の感染症で、早期に発見することがとても大事です。

感染は粘膜や皮膚にある傷から体内へ侵入し、血液を伝って全身へと広がります。

人によっては症状が出ない為注意が必要な病気でもあります。また一度治っても感染する可能性があります。

病状は4段階あり、1期と2期が感染しやすいのが特徴。潜伏期間は3週間~2か月程。

今の日本では、抗生物質が発達している為、3期、4期に進行することは稀で死亡する例もほとんどありません。

梅毒には性交渉によって感染する後天性梅毒と母子感染による先天性梅毒とがありますが、先天性梅毒は妊婦検診が各自治体によって行われているため、今はほとんど存在していません。

日本語の梅毒という呼び方については諸説ありますが、病気によって出来る発疹や潰瘍が楊梅(ヤマモモ)に似ている為、「楊梅瘡」(ようばいそう)言われ、それがのちに「梅毒」という呼称に変化したという説があります。

梅毒の検査方法

女性なら産婦人科・性病科。男性なら泌尿器科・性病科で検査が受けられます。

日本全国の保健所ではHIVや梅毒の検査を匿名で受けられる制度もあるので利用してみるのもいいですね。

また、3000円程で市販の検査キットもあるので、自宅で検査をする事もできます。

ただし、発見された場合治療は医療機関でしか受けられないので、やはり医療機関での検査をオススメします。

主な感染経路

傷などから細菌が入り、血液に乗って全身へと回っていく感染経路。セックス全般で感染します。

部位ではアナルセックスなら直腸に、オーラルセックス.なら咽頭に感染します。

またキスでも感染するので注意が必要です。無症状の人も多いため発症する前に気づかず拡散してしまう可能性も。

乱交や3Pなど不特定多数の人とセックスするようなら特に感染に注意しましょう。

コンドームがあれば防げる?

コンドームがあれば100%ではありませんが、予防効果は抜群です。

ですが、オーラルセックスやキスなど防ぐ事が難しい場合もあります。完全に防ぐことは難しいです。

100%を目指すならセックスやキスをしない。接触をしない!というレベルになってしまいます。

性が自由になってきた最近だからこそまた流行って来た証拠かもしれませんね。

梅毒の症状と段階

梅毒に感染したら主に第一~第四までのステージがあります。無痛な物が多いので気づかず見逃してしまう事も。

病状の特徴や症状、影響をおおまかにまとめてみました。

【第一】3週間から3か月

両側鼠径部の辺りが腫れる。痛みはなく放置しておいてもすぐ消えてしまいます。

小陰唇や亀頭、亀頭冠状溝などに直径1センチ程度の赤く硬いしこりや潰瘍のようなものができてきます。

痛みやかゆみなどは無い場合が多く、口腔内に感染した場合にも自覚症状がなく気づかない場合が多い。普通に生活ができます。

【第二】3か月から3年

病原菌が血液を通って全身に広がっていきます。全身の粘膜や皮膚にバラ疹というエンドウ豆大の薄い紅斑が体幹部に多く発生しますが、痒みなどはなく数週間程度で自然になくなります。

全身のリンパ節も腫れ、倦怠感、発熱や関節痛の症状が出る場合もあります。

また、この時期までが無痛で重篤な症状も出ていない為か感染率が高いのが特徴です。

【第三】3年から10年

ゴム腫と呼ばれる硬くゴムのようなしこりが皮膚、骨、筋肉、肝臓などの臓器に出来てきます。痛みがなくなったりと体調の良い時期が数年あったりしますが、病状は深刻に進んでいきます。

【第四】10年以上

心臓の血管や中枢神経が侵され、多くの臓器に潰瘍が発生したりします。神経が侵されるので麻痺性痴呆や大動脈瘤など、歩行困難にもなり、最終的には死に至ります。

梅毒にかかってしまったら?【治療方法】

梅毒になってしまったら放置して置く訳にはいきません!一体どういう治療をするのでしょう?

主にペニシリンとい抗生物質の薬や注射で治療していきます。

また、ペニシリンアレルギーがある人にはその他の抗生物質での治療をします。

治療を始めてから完治するまでには数か月~数年かかる事もあるようなので性病検査で定期的に検査をして確認をする事が大切です。

最も危険!HIVと併発した梅毒

梅毒にかかるとHIVにも感染しやすくなります。その原因は感染経路が似ているから。

梅毒に感染することによって傷ついた粘膜からHIVウィルスが侵入する事から合併して発症する人が多いのです。

その場合、梅毒の症状が異常に早く進行する事があります。

本来であれば数年から数十年経ってから神経梅毒に進行するところを合併していると数か月で現れたりととんでもない速さで病状が進んで重症化していきます。

また、合併してると梅毒の治療効果が出にくいという事も。毎月性病検査をしているならさほど心配はいらないとは思いますが、やはり、早期に発見・治療が一番大事ですね。

性病を隠して風俗バイト?それは絶対にNG

風俗バイトは、女の子の体が商売道具です。

性病になると、出勤ができなくなるのは当然の事です。

性病にかかると店側から出勤を禁じられる場合もあります。というか殆どのお店がそうですね。

風俗バイトは出勤してなんぼ、指名されてなんぼの世界なので、性病中だからと言って休暇を取ってしまうと稼ぎに影響が出てしまいます。

お金が必要な人にはかなり痛手になりますね。

焦る気持ちも分かりますが「言わなきゃバレないでしょ。内緒にして出勤しちゃお」と言ってお店に性病である事実を隠して勤務するのは絶対にNGです。

性病を移されたお客さんからクレームが来ればお店の評判も下がりますし、もしあなたの性病が治ったとしても性病を移してしまったお客さんがあなたを指名した際にまた性病を移される…と言う悪のループに陥ってしまう可能性もあります。

移されてしまったお客さんが店の常連さんだった場合は、他の女の子にも迷惑が掛かってしまいますし、性病中に出勤しても良い事なんてありません。

結局損をするのはあなたなんです。

だからこそ、性病が分かった時点ですぐに店舗側に連絡を入れて、完治するまでは絶対に出勤してはいけません。

性病検査は定期的に

性病が分かった時点ですぐに休暇を取る!と言っても、中には自覚症状が全く無い性病もあるので、移されたことに気付かず連勤してしまう可能性も考えられます。

だからこそ、必ず定期的に性病検査を受けましょう。

出来れば産婦人科と連携しているお店や、定期的に性病検査を行っているお店、検査の費用を負担してくれるようなお店に在籍するのが理想的ですね。

そうではないお店の場合でも自主的に検査を行って下さい。

早めに治療を受ければ心配ありません

性病の治療で何よりも大切なのが、早期発見と早期治療です。

性病は放置してしまうと感染を広めてしまうだけではなく、あなた自身の身体にも悪影響が出てしまいます。

例えば不妊の原因になったり、他の大きな病気に感染しやすくなってしまったりなど。

風俗嬢が感染しやすい性病として、淋菌やクラミジア、梅毒、トリコモナス、カンジダなどが挙げられますが、これらの病気は早期発見さえすれば、1~2週間、遅くても3週間あれば治ります。

治療方法も殆どが投薬なので、痛い思いをすることもないので怖がったり心配したりする必要もありません。

完治しない性病も存在するので注意

中には、完全に治らない性病も存在するので注意が必要です。

例えば挙げられるのが、性器ヘルペス、HIV、エイズ、C型肝炎など。

万が一上記のような性病になってしまったら、残念ながら風俗嬢を辞めるしか方法はありません。

お金が必要な女の子にとってかなり恐ろしい事実です。だからこそ、性病を甘く見てはいけないし、予防は徹底するべきなのです。

性病中でもできる風俗バイトの業種一覧

性病中でもできる風俗バイトにはどんな業種があるのでしょうか?

オナクラ

オナニークラブ(通称:オナクラ)はその名前の通り、男性のオナニーを見るのが基本的な仕事内容です。

オプションで体を触られたりするようなものもありますが、粘膜さえ触れなければ性病は基本的には移りません。

危険なのはキスや唾垂らしなど。体液に触れることで感染してしまうケースもあるので、性病中はこのようなオプションをNGにしておきましょう。

添い寝リフレ

その名の通り、添い寝をするだけのお仕事です。

添い寝リフレはオプションがあっても腕枕や膝枕、コスプレなど簡単なものばかりなので、性病中は一番安心かもしれません。

メンズエステ、回春エステ、性感マッサージ

エステ+抜きサービスが中心となったお店なので、性病を移してしまう確率も低いです。抜きサービスは基本手コキのみに徹底しましょう。

オプションでフェラがあるお店もあると思いますが、フェラは性病に感染してしまう場合があります。

また、専門的なエステの知識や技術が必要なお店もあるので、できれば素人を売りにしたお店に在籍すると良いでしょう。

セクキャバ、おっパブ

セクキャバやおっパブはお酒やお喋りを楽しみながら、軽く女の子に触れることができるお店で、基本的に抜きサービスがないので安全度は高いです。

キスでも感染してしまう可能性があるので、ソフトサービスを売りにしたお店を選びましょう。

手コキ専門店

手コキだけなら感染のリスクは低いです。ただし、唾を垂らしやフェラはNG。

また、手に傷が付いている状態で手コキをすると、粘膜と血液が触れることで感染リスクを高めるので注意しましょう。

ピンサロはNG!

フェラだけなら移らないでしょ!と勘違いしている女の子が多いのですが、性病はオーラルセックスでも感染してしまうリスクがあります。

その為、ピンサロの勤務は避けましょう。ピンサロはシャワーや消毒すらできないので、一番危険です。

別の店に勤務する旨を在籍店にしっかり伝えよう

性病中でも風俗バイトをしようがしないがあなたの勝手ですが、中には掛け持ちを禁止にしている店舗もあるので、性病中に別の店に在籍したい場合はその旨をしっかり店長やスタッフに伝えましょう。

内緒で勤務してしまいバレるとクビにされたり罰金を科せられたりする場合があるので要注意です。

性病が怖いからゴムフェラで客に納得してもらう術

私が効果的だと思う方法が2つあります。

1つはお店の待合室やサービスを行う部屋に性病の危険性を表した文章付の写真を貼っておくことです。

病院なんかによく張ってある症状前と症状後みたいな写真です。

待合室で待機する男性はとりあえず暇でしかたありません。

風俗雑誌等がよく置いてありますが、そんなの真剣に見てる人はいません。

来る前にさんざん読んできていますし、お目当ての子がいるのなら、なおさらです。

手持ち無沙汰で時間をつぶしているお客さんは多いので、張り紙なんかして生の危険性、コンドームの予防の効果的な内容を記したのがあれば多少なりとも男性の抑制力の歯止めになるのではないかと思います。

2つ目は、女の子のトーク力と技術力アップです。

お客さんに今からフェラしますのでコンドームはめてくださいねと普通に言ってもただ機嫌を損ねるだけです。他のお店はちゃんと生でフェラするのにと。

ですが、ある程度談笑をしてお客さんの緊張をほぐしたくらいで、凄いコンドーム見つけたんですよ、見てくださいこれと言いながら、そのコンドームの特徴の凄さを伝えてあげる。

普通のコンドームを見せても効果はありませんので、少しタイプの違う、薄さにこだわった、もしくは芸能人がなんて言葉を追加してコンドームしてみようかなと思わせるトーク力が必要です。

さらにフェラをする前に別の感度のいいところ攻めてあげる。そこに集中させてといて、ちゃっかり性器をしごきながら、いつの間にコンドームつけたのと思わせる技術力でお客さんを納得させてしまう。

まとめ

いかがでしたか?怖いですね。風俗嬢にとって性病は死活問題です。

働く日数が減れば減るほどそれだけお給料も減るので大変な事態です。

少しでも感染するリスクを減らすために上記内容に当てはまりそうなお客さんはしっかりプレイをお断りして手や口の消毒、膣内洗浄をしましょう。

膣内に関しては手マン等から膣内を守るための道具も多数ありますので、しっかりと予備知識を備えてから風俗でアルバイトをするようにしましょう。

-性病・衛生対策
-, , ,

© 2020 DazzBrity