パパ活サイト

パパ活

サイト利用以外でパパ活しやすい方法

2020年4月5日

「今、時代は“風俗大不況”に突入!?」

上のような仰々しい見出しがスポーツ新聞やゴシップサイトをにぎわしていることを、風俗バイトのお仕事をしている女の子たちはよく知っています。

実際、15年ほど前の2000年代前半と比べると日本の風俗産業は店舗数がデリヘルやホテヘルの出現によって増えてはいるものの、風俗遊び自体をしなくなったためにお客が減り、思うように風俗バイトで稼げなくなっている女の子が急増しているのです。

そこで、女の子たちが始めたのが「パパ活」。

別名を「パト活」とも言いパトロンになってくれるパパ(おとうさん)を探す活動のことです。

パパ活は現在、風俗バイトをしている女の子の中でかなりの割合にのぼっているという噂も流れています。

そこで今回はサイト利用以外でパパ活しやすい風俗業種やパパに好かれるための女の子の特徴などをご紹介していきます。

なんで今、「パパ活」なの?

風俗嬢の女の子を中心として風俗嬢や女子大生、その他のフリーター、専門学生、家事手伝いの女の子たちにまで広がっている「パパ活」。

パパ活が現在これほどまでに高い人気を女の子から博しているのは、日本が超高齢化社会に突入して50歳前後以上の金銭的に余裕のある中年男性のお相手をする機会が今までになく増えている状態が発生しているためです。

「お金を持っているおじさん」をターゲットにしたパパ活が全盛期を迎えているのです。

パパ活しやすい業種

実際に本業が風俗の女の子でパパ活している割合が多い職種が以下のとおり。

・デリヘル

・レンタル彼女

・セクキャバ・おっパブ

それではひとつづつなぜパパ活している子が多いのか見ていきましょう。

デリヘルは本当にパパ活しやすい?

風俗で働こうかなと思ったらいろいろなジャンルがあるのですが、お勧めなのがデリヘルです。

今やデリヘルは風俗の顔と呼べるぐらいの人気があります。

風俗の求人を見れば選ぶのが大変なほど豊富なのがデリヘルです。

人気があるということはそれだけお客さんが多いので稼ぎやすいということです。

しかも店舗型の風俗店のように同じ場所でいつも働いているというわけではないですから顔バレなどの心配も少ないので風俗初心者さんにも最適です。

そしてデリヘルでは通常よりもかなりガッツリ稼ぐためにパパ活している女の子がたくさんいます。

デリヘルがパパ活しやすい環境の理由とは

デリヘルの場合、パパ活がとってもしやすい環境にあるんです。

デリヘルではお客様から指名されてホテルへ派遣されます。

つまり、お店側からは目の届かないところにデリヘル嬢は行くことになります。

お店側から目の届かないことに行くということはお客様と仲良くなって連絡交換をすることも可能です。

自分が気に入った男性を見つけた場合にはこっそりと連絡先を渡すのも良いですし、また会いたいという男性に対して連絡先を渡すのも内緒で行えばアリなのです。

そしてパパになりたいという男性もかなりの数いますから、もしもお金を持っていそうな男性がいたらパパになってほしいということを相談すればパパができてしまうこともあるわけです。

パパを作るのはとても魅力的です。

相当なお金持ちであれば、デリヘルで働くよりもさらに高い報酬を毎月いただける可能性もあります。

また、報酬以外にもプレゼントをいただけることもあります。

いつも違う相手に性的サービスを提供するのが嫌だという女性でも、パパを作れば同じ人だけに性的サービスをすればよいので安心感もあります。

このようにデリヘルでパパ活をしてパパを見つけられれば大きなメリットを受けられるかもしれないのです。

当然のことながら、店舗型の風俗店でパパ活をするのはリスクが高すぎます。

バレたら首になる可能性が高いですし、売り上げを奪われたと解釈されて違約金のようなものの支払いを請求される可能性もあります。

ですからパパ活をするにはデリヘルが良いのです。

そしてデリヘルで働く女の子にヒアリングしたところパパ活が人気な理由として最も多かった意見が以下の3つです。

  1. 待機時間中にパパに会うことが出来る
  2. デリヘルで行っている普段のサービスとパパ活の内容がさほど変わらないのでラク
  3. デリヘルでオジサンのお客さんを普段から接客しているから、中年男性の扱い方に慣れている

更にパパ活に向いているデリヘル求人

デリヘルでパパ活をするとき、もっともお金持ちのパパに出会える可能性が高いのは高級デリヘルになります。

つまり、デリヘル求人を探すときにはまず最初にチェックしてほしいのが高級デリヘル店の求人です。

無事に採用されればリッチなパパと出会える確率は飛躍的にアップします。

ただし、高級デリヘル店に採用されるのは簡単ではありません。

容姿に自信がある、エッチのテクニックに自信がある、気配りができるなどなどの要素がないと簡単には高級デリヘル店には採用されません。

でも、心配しなくて大丈夫です。高級デリヘル店でなく普通のデリヘル店でもリッチなパパが利用している場合は十分にあります。

普通のデリヘル店でもリッチなパパが遊ぶ理由は、好みの女性がいたり、オプションに満足できるものがあったりといったケースが多いです。

また、普通デリヘル店でもフェチ系のデリヘル店はリッチなパパが利用していることも多いです。

フェチ系のデリヘル店とは、おっぱいが大きい女性ばかりだったり、ぽっちゃり女性ばかりだったり、熟女系の女性が多いところなどなどです。

こういったフェチ系のデリヘル店は男性の嗜好を満足させるため、お金を持っている持っていないはあまり関係なく男性なら利用するのです。

ですからもしも高級デリヘル店で採用されなかったとしても問題ありません。

十分にリッチなパパをゲットできる可能性は残されています。

セクキャバやおっパブのお客さんがパパ活に向いている理由

実は、おっぱぶやセクキャバ、いちゃキャバに来る男性客をパパにすることもできるんです!

夜のお店の中には、キャバクラなどの「お触り禁止」のお店がありますが、逆に「お触り」をウリにしているおっぱぶやセクキャバなどのお店もあります。

しかし、あくまでお触りだけで本番行為や前戯ができるわけではありません。

普通の男性からしたら、お触りだけなんて我慢できないですよね?

それなのに足繁く通っている男性が多くいるということは、単にSEXを目的としている男性ばかりではないということ。

女の子とイチャイチャしながらお酒を飲んだりおしゃべりすることを目的としている男性って、パパ活に向いている気がしませんか?

そこで、まずはおっぱぶやセクキャバに通う男性がパパ活に向いていそうな理由を考えてみます。

我慢ができる

おっぱぶやセクキャバって、ギリギリのエロさをウリにしているので、男性としてはかなり我慢を強いられます。

中には、過度なお触りや店外を誘ってSEXしようとしてくる人もいますが、ほとんどの男性客はいちゃいちゃお触りするだけで楽しんでいるはず。

しっかり場をわきまえて抑えられる男性は、いきなり襲ってくることはありません。

パパとしてお付き合いしても安心できるし、信頼できる可能性が高いです。

スマート

おっぱぶやセクキャバできれいに遊べる人は、心に余裕があってスマートな男性が多い印象です。

「なんとか女の子をお持ち帰りした!!」なんて息巻いている男性って、結構ダサいしお触りも気持ち悪いですよね?

あくまで女の子気持ち重視で、楽しむことを考えている人はパパとしていい関係を築けそうです!

懐が深い

おっぱぶやセクキャバに通う男性の中には、「そこまで触らせてくれるならヤラせろよ!」って思っていません?

なんて浅はかな考えなのかしら…。遊ぶ場所を間違えないでください。

あくまで、おっぱぶやセクキャバはお触りができる飲み屋さんです。

それを分かっていない男性は、心が狭いこと間違いなし。

なので、ちゃんと分かっている上で通っている男性は、懐が深く心が広いでしょう。

パパになって経済的支援を頼んでもケチられる心配はありません。

SEXのみを目的としていない

おっぱぶやセクキャバの女の子となんとかSEXに持ち込みたいと思っている男性、いますよね?

そもそも、おっぱぶやセクキャバは目的が違います。

女の子とセックスしたいなら風俗に行けばいい話。

それができない時点で楽しみ方を分からない子供な男性です。

それに比べて、おっぱぶやセクキャバできれいに遊ぶ男性は、大人としてかなり高レベル。

SEXを目的としない関係作りもできるので、パパとしてはぴったりでしょう。

レンタル彼女だとパトロンや「パパ」が見つかりやすいって噂は本当?

最近になって注目を集めるようになった「レンタル彼女」。

アルバイトのように〇時〜〇時までデートしてお金を頂くというサービスで、散歩両論さまざまな意見のもと、テレビ番組で紹介されて知名度が一気に広がりました。

パパ活を考えている人は、いきなりデートクラブなどに入会する方法もありますが、まずはレンタル彼女から始めるという手もあります。

レンタル彼女は男性客がお金を支払って、恋人のような時間を買います。

セックスもしませんし、これってパトロンやパパと同じような関係だと思いませんか?

パトロンやパパ達も、レンタル彼女のような所から資金援助をしたいと思える女性を探している人が多く、お互いに利害関係が一致すれば、長くお付き合いができるパパに出逢える可能性が高くなります。

しかし同じ目的の女性がレンタル彼女に集中しているのでライバルが多く、出会いの確立が低くなってしまう可能性があります。

またレンタル彼女を利用する男性客の年齢層が若い、という点もあり、長期的なお付き合いに発展しづらいというデメリットもあります。

レンタル彼女の登録方法

レンタル彼女の登録はインターネットなどから簡単に行えます。

年齢は18〜45歳くらいまでの女性が一般的です。

時間は、稼ぎたい金額や生活スタイルによって変わりますが、平均すると1日4時間以上働ける女性が求められます。

デートするだけでお金が稼げるレンタル彼女ですが、中には詐欺や出会い系など、悪質なサイトもあります。

レンタル彼女に登録する際は、怪しい点がないか、自分の目できちんと確認するようにして下さい。

大手サイトで実績があるような派遣サイトに登録すると、騙される確率は少なくなりますので、ぜひ選択肢に入れるようにして下さい。

レンタル彼女に採用される条件

「レンタル彼女をやってみたいけれど、容姿やスタイルに自信がない…」という人でも大丈夫。

レンタル彼女で採用される条件は、容姿だけではありません。

話し上手やお酒好き、人見知りしないなど、個性で勝負する女性もたくさんいます。

レンタル彼女は容姿が優れているだけでは続けられない仕事です。

パパになりたい男性も、顔が良いだけの女性よりも、人間との魅力にあふれている女性の方を支援したいと考えます。

レンタル彼女もパパ活も、甘い考えでは決して男性の援助を受けられない、という覚悟を持つようにしましょうね。

デートクラブへの登録

デートクラブでの出会いは、昔も今も変わらぬ方法ですね。

登録には入会金などが必要となりますが、その分クオリティも高く、富裕層の男性と出会える可能性が高くなります。

ただしデートクラブはレンタル彼女と違い、見た目を重視される傾向にあります。

またデートクラブによっては事前に面談を行い、お店の基準に満たない女性は断られることもあります。

レンタル彼女でデートするのとパパ活でデートする違い

レンタル彼女もパパ活も大人の男性からお小遣いをもらえるという意味では同じように感じます。

しかし、もらうお小遣いの意味合いがかなり違うため、認識違いをしていると痛い目に遭う可能性もあります。

レンタル彼女とパパ活は何が違うの?

レンタル彼女とパパ活の最も大きな違いは報酬のシステムでしょう。レンタル彼女は基本時給制です。

例えば時給4000円を払って3時間デートというような感じです。お給料も会社を通して女の子に渡されます。

パパ活は食事の後にお小遣い、ベッドインの後にお手当という形で女の子に直接お金が渡されます。

金額の目安はありますが、基本的には男性側の裁量で決められます。

最近だとレンタル彼女という言い方しているけれども実態はパパ活運営会社だったり高級デートクラブだったりというパターンがあります。

これは「レンタル彼女」といったほうが女の子が心理的に感じるハードルが低いからです。

レンタルされた時間だけ男性に付き合ってあげればいいというのが手軽な感じがするのです。

これに対してパパ活も、似たようなケースがあります。

高級デートクラブや交際クラブ、愛人バンクのような運営会社が、「パパ活」という言い方に変えて女性の会員を募るパターンです。

デートクラブや愛人バンクと呼ぶよりは、いかがわしさがかなり薄れ、女性もパパ活バイトを始める心理的ハードルが下がるのです。

このパターンのパパ活サイトはユニバースクラブが挙げられます。

レンタル彼女は会社を通して時給をもらい、パパ活は男性から直接お手当をもらうという、報酬受け渡し方法の違いがあります。

レンタル彼女はもらえる額が確定しているので安心という方もいるでしょう。

ただ逆にいうと追加のお小遣いやプレゼントなどプラスアルファの可能性が低いです。

パパ活は高額なお小遣いをもらえる可能性が高いですが、男性があなたのことを気に入らなかった場合は交通費程度で帰されてしまう場合もあります。

また、レンタル彼女は予約した時間の間だけ一緒に過ごすというスポット契約で、継続した関係性を築く必要は必ずしもありません。

しかし、パパ活はむしろある程度長期的な関係を築く前提で会うので、一回目や2回目の食事やデートでは本格的なお手当にならない事があります。

ですのでレンタル彼女とパパ活では自ずから男性と会うにあたっての心構えも変わってくるのです。

では心構えをするにあたって男性はどういうつもりでレンタル彼女、パパ活を利用するのかということを考えていきましょう。

レンタル彼女を利用する男性は「デートをするという形式を利用して何か目的を達成する」という人が多いです。

どういうことかというと、例えば以下のようなケースが考えられます。

  • 女性との交際の経験があまりない男性が、本命の女性とデートする前に予行練習をするために利用する
  • 婚活をこれから始めるが、女性に不慣れなため女性と二人きりで話す練習をしたい
  • 彼女へのプレゼントを選びたいが、本人へ聞くわけにもいかず女友達も少ないため、女性目線で一緒に選んでほしい
  • 行ってみたいアミューズメントパークや飲食店があるが、一人や男性同士で行ける雰囲気ではない
  • 様々な事情があり、彼女がいる体で参加しなければいけない場がある

この他にも様々なケースがありますが、代表的なものは大体上記のようなケースに似ているか複合型のことが多いです。

つまりぶっちゃけた話、レンタルする女性は誰でもいいのですが「どうせお金を払うならある程度可愛いほうがいい」と考えるのは自然なことでしょう。

また、彼女の体で一緒に行動することが求められるので、男性の要望にある程度合わせることが要求されます。

女性本来の個性や性格よりも男性の要望に応えられるかどうかということが重要です。

まさに時給で雇われた時間内でクライアントの要望にお応えする「お仕事」です。

男性の要望に応えようとする姿勢、ある程度の演技力、悪目立ちのしないあたりさわりのない行動を心がける必要があるので、仕事としての気疲れはあるかもしれません。

パパ活をする男性は「才色兼備で目標に向かって自分を磨いている若い女性に金銭的援助をしたい」という建前があります。

ただし、そんなに清廉潔白なものではなくやはり男女の仲なので実際はもう少し下世話です。

ただし、パパ活をする男性がほぼほぼ世間で言うところの高収入な男性であることは間違いありません。

風俗などでお金を出せば性欲解消には正直苦労しない境遇ですが、彼らが求めているのは一緒にいて自尊心を満たすことのできる女性です。

容姿が整っているのは当たり前、知性があり会話をしていて面白い、品性があり自分と一緒に行動するにふさわしいと感じることができるかが鍵になります。

当然そういった女性と普段の生活で出会うことは、彼らといえども多くはありません。

ですので、そういった出会いを求めている女性が集まるパパ活サイトは便利だと言うことになります。

本物の高収入男性がパパ活をする女性に求めることは非常にハードルが高いです。以下に例を述べます。

  • 六大学か名門女子大、地方のお嬢様大学・短大卒業
  • 日本語以外に話せる言語があるか勉強している
  • 海外留学経験ありもしくは帰国子女
  • 実家が高年収で富裕層との付き合いに慣れている
  • 社会人であれば有名企業もしくは外資系の正社員
  • 夜のお仕事をしているのであれば高級クラブやラウンジ勤務(キャバクラ・スナックは×)
  • AVや風俗経験者は×
  • 現役モデルやレースクイーン
  • 服装はスーツに合うセンスが理解できるか(女子アナ風が無難)
  • 経済や文化など固い話題にもついてこれるか
  • 何か目標があって頑張っているか
  • 自分磨きをしているか

上記全てではありませんが、男性側はいくつか念頭に入れながら女の子を探しているといっていいでしょう。

容姿がいいのは当たり前なので、それく加えて上記からいくつが自分の当てはまるか考えると良いでしょう。

しかし上記に当てはまる女性なんて滅多にいないから男性はわざわざパパ活サイトを利用するわけです。

女性としても「こんな女の子滅多にいないわよ!」と叫びたくなるに違いありません。

ですので、上記のような女性であるかのように振る舞えるかが必要になるのです。

「そんな自分の経歴や現状を偽ってまでパパ活をしたくない」と言う方はおそらくパパ活には向いていません。

なぜかと言うとあくまでパパ活はお仕事というよりはパートナー探しなので、男性に気に入られないことにはお金ももらえないからです。

パパ活の場合、気に入ってもらって初めて契約となるため、パパが決まらない限りは何人の男性と会っても、1回や2回食事をして1万円程度渡されてサヨナラを繰り返すことになります。

「食事して1万円もらえるならいいや」と思う方もいるかもしれませんが、それであればレンタル彼女の方が向いているでしょう。

パパ活を行うのにはそれなりに努力が必要ということです。

女性によって向き不向きがありますので、一概にどちらが良いとは言えませんが、レンタル彼女の方は手軽でお仕事感があります。

パパ活はパートナー探しのニュアンスが強いため、すぐにはお金にならない可能性がありますし、営業活動も必要になるでしょう。

肉体関係はアリ?ナシ?

これについてははっきりしています。まずレンタル彼女の場合は肉体関係は100%無しなのが前提です。

レンタル彼女から派遣されている女の子は「決められた時間内に密室でない場所でデートする」という条件で男性の元に来ています。

デリヘルではありませんので、性行為は当然サービス内容に含まれていませんし、当然禁止行為です。

お店としてもレンタル彼女の屋号では風営法の届け出を出しているわけではないはずですし、もし無理やり望むような客がいれば通報案件です。

お客さんと女の子の間で合意したとしてもダメです。

逆にパパ活に関しては肉体関係はある前提と考えた方がいいでしょう。

「若い女の子を応援したいおじさんが、セックスをしたがるなんて意味わからない」という女の子は正直世の中を舐めています。

中には高齢だったり性行為が好きでなかったりして食事やデートだけで十分という男性もいますが、基本的に「パパ活=年上の男性の愛人になる」と考えて間違いありません。

愛人であれば普通に考えて肉体関係はあるわけです。

ですので「男性とデートをしてお小遣いは欲しいけれども、肉体関係を持つのは絶対に嫌だ」という女性は必然的にレンタル彼女の方がニーズに合っているということになります。

パパ活でも肉体関係なしの関係でパパを探している女性は存在しますが、あまり状況は芳しくありません。

パパ活サイト「ユニバースクラブ」のデータによれば、会って対応可能な内容を「デート・食事のみ」に設定している女性へのメッセージ送信率は、全体のメッセージ送信数のわずか2%しかありません。

このことからもパパ活は肉体関係ありが前提と考えた方が良いですね。

「でも肉体関係がある前提の出会いを提供なんていかがわしいし、法的にどうなの?」と考える女性もいるかもしれません。

例えば代表的なパパ活サイトの一つであるシュガーダディの場合、もちろんサイト上で肉体関係の有無について記載は一切ありませんが、会ってからの二人の行動に関しては一切関知しません。

つまり自由恋愛を行ってもらい、シュガーダディはあくまで出会いのプラットフォームの役割しかないということなのです。

このスタイルだとPairs等の他のマッチングアプリと根本的に変わらないので、何の問題も発生し得ません。

ではユニバースクラブのように入会にあたって女性も面接があるようなサイトの場合はどうなのでしょう。

この形式だと一歩間違えると「デリヘルと変わらないんじゃないの」ということになりかねません。

なぜかというと高ランクの男性の場合、ユニバースクラブ側で女の子のセッティングを行うからです。

しかし、これも今の所問題ありません。というのも、ユニバースクラブのようなパパ活という言葉が流行る前から「交際クラブ」「高級デートクラブ」という名称で運営している場合、風営法の届け出を出していることが多いからです。

これであればお店側が女の子を派遣して仮に初日で性行為があったとしても、法的な枠組みで問題になることは少ないはずです。

それにVIPでない通常会員の場合は直接やり取りを行なった上で会うことを決めるので、シュガーダディや他のマッチングアプリと根本的には変わりません。

パパ活は、登録している女性にとっては比較的年上の男性と肉体関係を持つことが前提になります。

若くても40代、中心となるのは50代〜60代の男性です。

ですので、年の離れた男性と肉体関係を持つことに抵抗がある場合はパパ活は向いていません。

レンタル彼女とパパ活のお手当相場比較

次にレンタル彼女とパパ活でどの程度もらえるお金に差があるのかと受け渡し方法を比べてみます。

まずレンタル彼女ですが、様々なレンタル彼女店のホームページを見ると大体以下の項目に分けて料金が発生します。

  • 指名料
  • 出張交通費
  • デート料金

さて男性側が支払う相場ですが、デート料金が4000〜6000円/1時間程度で2時間以上からの縛りがある場合が多いです。

また出張交通費は片道1時間以内のところだと2000円〜3000円、あとは所要時間によって変動します。

指名料は無いシステムのお店もありますが、3000円程度かかることもあります。

例えば新宿に事務所があるレンタル彼女店を渋谷待ち合わせで2時間利用した場合、指名料3,000円+出張交通費3,000円+デート料金12,000円=合計18,000円程度を男性が支払っているというイメージでいいでしょう。

この他にデート中に発生した全ての飲食代、アミューズメント費用は男性が支払います。

料金の支払い方法は事前のカード決済、銀行振込に加えて、女の子に当日手渡しが可能な店が多いです。

男性が支払ったうちから女性が一体いくらもらえるのかという点が気になります。

相場的にはデート料金に関しては50〜60%が女の子と取り分になる場合が多いようです。

指名料や出張交通費はお店によりますが良心的なお店であれば100%女の子バックのところもあります。

なんだか性行為を行わないデリヘルみたいです。報酬システム的にかなり近いものを感じます。

上記の渋谷デートの場合は、仮にデート費用のバックが50%、指名料や出張交通費が100%バックだったとすると、女の子は2時間のデート+移動時間で12,000円を稼げるということになります。

これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれです。

しかし肉体関係なしということを考えると、一般的な感覚であれば稼げる仕事ということになるでしょう。

それではパパ活ではいかほど稼げるのでしょうか。

パパ活の場合は会った後に女の子にいくら払うかという決まりはサイト上に一切明記してありません。

なぜならサイトはあくまで出会いの場を提供しているだけだからです。

あとはご本人たちで決めてくださいというスタイルですが、大体の相場感はあります。

これはユニバースクラブもシュガーダディも、パパ活サイトで大体共通しています。

例えばシュガーダディの場合、初めてあった際にカフェや食事を行ったあと渡すお小遣いは5,000〜10,000円です。

気に入ればもっと渡してくれる男性もいるかもしれませんが、大体の相場感は10,000円です。5000円だった時は気に入らなかった時だと思えばいいでしょう。

レンタル彼女と違って時間に縛りは定められていません。1時間かもしれないし、3時間かもしれません。

気に入らなければ30分くらいで5000円渡されてバイバイというケースもあるでしょう。

30分で5,000円稼いだと考えれば悪くないのでしょうが、これが繰り返されるとプライドが傷つく方もいるでしょう。

何かしらの問題点があるということになります。

もしパパ活で無事双方気に入り定期的に会う契約になった場合は大体以下のような報酬です。

  • 食事のみ:10,000〜30,000円
  • デート:10,000〜30,000円(拘束時間による、プレゼントを追加も)
  • 肉体関係あり:20,000〜100,000円

上記は目安ですし、肉体関係ありの場合は食事とセックスの合計額になるでしょう。

肉体関係ありの場合はだいぶ開きがありますが、会う頻度や女性の若さ、都内か地方かによっても違いますのでそれは男性と話し合って納得がいく着地点を見つける必要があります。

パパ活の場合は男性から受け取ったお金がすべて自分の懐に入ります。

仮に2人のパパがおり、それぞれ月2回会って食事とセックスを毎回行うという関係の場合、1回に双方から6万円程度もらえれば4回で24万円の収入になるというわけです。

4大卒の額面での初任給くらいは稼げるということになります。

やはり稼げる額としてはパパ活の方がレンタル彼女より大きくなる可能性が高いです。

その分容姿に加えて品性・知性が求められたり、愛人としての作法も求められたりします。

パパ活の場合は関係成立後は直接男女がプライベートで連絡を取り合う場合が増えるはずなので、プライバシーや人間関係に関してある程度晒すことになります。

レンタル彼女とパパ活はどちらが安全?

稼げる額はパパ活の方が大きいのはわかったけど、安全なのはどちらなのでしょう。

安全にもいろいろあります。まず、会って確実にお金がもらえるかどうか。

この点に関してはレンタル彼女の方が安全度が高いです。

一応お店を通して会っているため、事前にクレジットカードや銀行振込でもらっている場合は取りっぱぐれがないですし、当日現金希望の場合も半分は事前に振り込ませるような対策をしている店が多いです。

しかし、逆にパパ活が危険なのかというとそうとも言い切れません。基本的には高収入の社会的地位のある男性が登録しているため、よほど女性が失礼だったとか、あまりに事前情報と容姿が違いすぎたということがなければ最低限の5,000円や10,000円は支払ってくれます。

ただ、パパ活サイトも宣伝を最近活発に行っているため、富裕層ではない男性が会員に紛れ込んでいることが増えています。

年収や職業のデータが信用できそうな男性とだけ会うという対策が考えられます。

次に男性の雄としての危険から身を守るということに関しては、レンタル彼女はお店を通しているので安心とは言えます。

ただ、やはり変な客はいるので、何かおかしいと思ったらお店に連絡する等の対策は必要ですし、無理なことは無理という心の強さは必要になります。

男性としては「この子にお金を払ってやってるんだ」という上からの思考になりやすいサービスですし、基本的に女性になれていない男性がほとんどなので思わぬ事態というのは様々考えられます。

パパ活については前述のように肉体関係ありきなので女性の方も覚悟を決めて男性と会っています。

ですので気をつけないといけないのは、肉体関係を持った後にバックれられるという嘘のような本当の話です。行為が終わった後の女性のシャワー中に男性がお金を払わずに逃げたというケースはゼロではないようです。

もしそう行った関係になる場合は事前にお手当をもらうような段取りを作ったほうがいいでしょう。

交際クラブや出会い酒場

交際クラブやデートクラブなど、会員制の恋愛、出会いサポート環境は、非常に好条件であなたの魅力を発揮できる場です。

そもそも男性は、魅力的な好みの女性と、親密な関係になりたいと、常にその相手を模索しています。

そして男性は、より多くの女性と深い関係性になることを望んでいます。そのような積極的な男性が集まる交際クラブの有効な利用方法をご紹介いたします。

出会いの場

まず、インターネットで、「交際クラブ 女性」などのワードを検索してみると、女性向けの情報をいろいろ閲覧することができます。

同時に繁華街で、「出会い○○」や「相席○○」などの女性が飲食無料で滞在できる店舗に直接行ってみて、その場で生の会話を聞いてみたりするのも有効かもしれません。

そのような店舗が多数営業しているということは、女性の飲食費用、滞在費用を負担してでも出会いを求める積極的な男性が大勢いるという証拠です。

そこで男女がどのようなやり取りをしているかを直に知り、体験することは、非常に有効な情報収集となります。

反面、リスクとして考えられるのは、そのような店舗の場合、男女ともに身分証明不要で利用でき、あくまで店舗は飲食店であり、その場での出会いは利用者各位の自己責任となります。

なので個人間のやり取りにおける口約束の限りで、本当に優良な出会いがあるかどうかは、保障されるものではありません。

つまり利用者個人の魅力や交渉スキル、対話スキルなどによって、得られる結果に大きな格差が生まれる事があり得ます。

匿名性の高さゆえ、自身の社会的立場やその他現実生活から隔絶した出会いを求めて利用する男性も多く、

場合によってはあなたの理想にかなう男性と出会える可能性も十分ありえます。

また、愛人契約やパトロンなど金銭面であなたの理想以上の条件を期待することもできるでしょう。

ただし、匿名性ゆえのリスク、デメリットも当然あり、個人の経験や魅力、スキルによって結果は大きく違ってきます。

場合によっては素性のわからない男性と二人きりとなったときになんらかのトラブルで危険が伴う可能性もありますので、その点は慎重に選んでください。

まずは店内の他女性から情報収集するなり、店内で交わされている会話に耳を傾けてみるなりして安全に優良な出会いを獲得できるよう注意が必要かと思います。

会員制交際クラブ

冒頭で述べたとおり、インターネットで検索すれば、交際クラブに関するたくさんの情報が得られます。

各自治体が制定している『デートクラブ営業等の規制に関する条例』に則り、健全な出会いを前提として運営しているクラブも多数ありますので、

結婚を前提とした真剣交際を前提とした出会いを提供するサービスという印象が強いかもしれません。

もちろん、男女問わず、そのような健全な出会いを求めて利用する方も多いでしょうし、

入会に当たっての手続きなどである程度素性を明かす必要があるわけですから、安心、安全の可能性は高いと言えます。

入会に当たっては、面談や審査、身分証明、プロフィール写真の撮影などといった手続きが必要なクラブもあります。

その段階でクラブの趣旨とあなたの意向がマッチしなければ入会に至らない場合もあります。

入会後は、サイト上に公開されたあなたのプロフィールに興味を持った男性からのアプローチを待つことになります。

そしてアプローチしてきた男性と対面する意志があれば、サイトの運営スタッフがセッティングに従い対面当日を待つことになります。

マッチする相手かどうか

そもそも日本では売春は違法ですので、交際クラブでも街の出会い○○においても、前提は恋愛です。

そして男性の中には、実際に恋愛相手、結婚相手を求めている利用者も大勢います。

とはいえ経済的に余裕のある富裕層が愛人を求めて利用しているケースもありますので、

あなたの意向がどのようなものなのか、また出会った相手が、あなたの感覚的に好きか嫌いか。

交際を深めて親密な関係になっていくかどうかを慎重に見極める感性は必要でしょう。

相手にもよりますが、あまり露骨に金銭面の援助を目的としていると、引いてしまう男性もいるでしょうし、

逆に金銭面の条件で肉体関係を要求する男性も大勢います。

割り切りでお小遣いを稼ぐ場合、結局時間と収益の相場で判断することになるわけですが、

男性側の視点は、要するにあなたと何をしたいかというところが究極の目的となります。

相手の意向を正しく汲み取るためには、相手とのコミュニケーションが重要です。たとえ目的がマッチしたところで、必ずしも双方満足するかというと、

条件は良くても人間性や直感的なフィーリングがマッチしないとお互いに不幸な結果に陥ることもあるでしょう。

セッティングされた出会いだからこそ、あなた自身のキャラクター、女性としての魅力という部分を客観的にきちんと演出する必要があります。

優良な出会いをゲットするコツ

会員制の交際クラブにしても、街の出会い○○にしても、初対面の男性から直感的に「魅力的」と感じられるような女性であることは重要です。

とはいえ、男性の好みは千差万別ですので、必ずしも万人ウケする流行のファッションやヘアスタイルが正しいわけではないです。

あまりにもルックスが優れた女性だと、男性側が警戒してなかなか声が掛からない可能性もあるので、自己演出もいろいろなバリエーションを試してみることをおすすめします。

見た目の印象を違えることで、男性の反応は驚くほど変わります。プロフィールや第一印象以外に何の情報もない出会いであれば、

あなたの過去や性格、趣味趣向などは、どのようにでも演出可能です。

わざわざウソをつく必要もないですし、感じるままに気持ちのよいコミュニケーションをすれば、自ずと相手が望む女性像に近づいていくのではないでしょうか。

無理なく自然にあるがまま、力を抜いて出会いを楽しむ余裕で、あくまで良好な人間関係を作るように「はじめまして」「よろしくお願いします」

くらいの軽い挨拶から礼儀と気配りを配慮して第一印象をつかむのがコツです。

パパ活相手としてもってこいの男性の特徴

では、実際にパパ活にぴったりな男性の特徴を教えちゃいます!

パパ活を考えている人や、キャバクラ・風俗のお客さんの中にいい人がいたらパパ活狙ってみましょう。

女の子に褒められ慣れていない男性

パパ活女子に引っかかりやすい男性と特徴のひとつに、「褒められ慣れていない男性」という特徴があります。

本当はお金を持っていることを自慢したいけど、周りの人間に稼いでいると思われていない男性が多いみたい。

「俺って金持ちなんだぜ!」と「ちゃんと金稼げるなんで大人な男だろ?」っている自慢をしたいっている本音が隠れているんです。

普段、周りの人に気付いてもらえない分褒められることは非常に少ないでしょう。

そのため、女の子に褒められることをかなり特別に感じるのです。

「お金そんなに持っててすごーい!」、「かっこいい高級車に乗っててすごい!」と言うだけで、褒められる快感を感じるでしょう。

そんな言葉で自分を選ばれた特別な男性と思わせてくれる女性には、惜しみなく支援してくれますよ!

承認欲求が強い男性

本来、男性という生き物は「他人に自慢することが大好き」です。

特に、男性同士の競争心はとても強いもの。

お金や仕事、人脈。コネクション、女性関係、SEXテクニックなど、ほかの男性よりも優れていることを自慢したくて仕方がないのです。

そのため「俺ってすごいでしょ!」と存在意義をアピールしている男性は、面倒に感じますがパパ活にするなら好都合。

高級レストランの予約など、普通の人ならあまりできないことを少し無理してでもやってくれるので、「さすがですね!」、「すごーい!」と少し大げさにでも褒めれば、男性から色々してくれます。

「ほかの男とは違う!」と特別感をアピールするために、あなたに尽くしてくれること間違いなし!

情が深い男性

パパ活をしたい男性は、若い女の子とデートしたい・イチャイチャしたいという目的がほとんどだと思いますが、それだけではありません。

若い女の子とデートよりも、苦労している女の子を助けたいというボランティア精神が強い男性もいます。

女の子の頑張っている話や苦労話に同情して、「応援してあげたい」、「俺が助けなきゃ!」という気持ちが強く出てしまうようです。

女の子の苦労話が本当か嘘かどちらにせよ、簡単に同情して支援をしてくれるなら都合がいいですよね?

ただ、女の子側の演技も多少は必要になるので、少し大げさになっても「私苦労している可哀想な子」を演じてみてください。

パパ活で男性から好かれるにはどうしたら良いの?

「がつがつ金銭を求めない」

そもそもが金銭目的で経済援助を求めるパパ活なのに、「がつがつしない」「金銭を求めない」と言われても「なんのこっちゃ」と思う女の子も多いかと思います。

でも、パパ活で本当にパパから好かれるためには、第一条件として「金銭目的じゃない」という「雰囲気」を自然と出すように努力する必要があります。

なぜなら、単なる身体だけの関係であればパパ活をせずに風俗に行くか出会い系サイトを利用すれば良い訳ですし、実際、パパ活で「お金、お金」とお金をパパにせびると、「99%以上」の確率でパパ活は失敗します。

「援助してあげようと思ったけど、お金のことばっかりだから、ヤメた」となってしまうんです。

くれぐれも、パパ活では「お金を求めすぎない」ことを肝に銘じておくようにしましょう。

「パパのために綺麗になりたいの」アピールをする

パパ活に立候補する中年男性の多くは、「恋愛感情」を相手の女の子に求めてきます

このため、デリヘル嬢でパパ活をしている女の子の中には、「擬似恋愛の極致」と言えるほどの「恋愛してますオーラ」を出しながら、時には「パパのために綺麗になりたい」などの“魔法のセリフ”を使い、パパから金銭的な援助を得ることに成功しています。

「男はいつでも女性とときめいていたい」

この言葉を胸に刻み、パパ活でも上手に擬似恋愛の感情を盛り上げる努力をしてみましょう。

パパをゲットしたあとのマナー

失敗談を情報源にしてます。デリヘルに勤めて見事にパパをゲットできた後のお話をします。

もしもパパをゲットできたら絶対に誰にも言ってはいけません。仲の良い友人にもです。

その理由は、どこからその情報が流れるかはわからないからです。

仲の良い友人がほかの人に話してしまう可能性だって無きにしもあらずです。

もしもパパをしていることがバレてしまい、デリヘル店に知れてしまったらトラブルになるケースが多いです。

また、パパにもパパの家族にも迷惑がかかる場合があります。

お金をがっつりと稼げるようになったら自慢したくなってしまう人もいるでしょうが、絶対にパパができたと口にするのは辞めてください。

そしてもう一つはパパの都合を最優先に考えてあげること、そして特別な感情は抱かないということです。

まず、パパには家族がいるので絶対にパパの家族に迷惑が掛かってはいけません。

つまり自分から連絡をするのは避けてください。常に連絡待ちが基本です。

そしてパパになってもらって仲良くしていると、どうしても情が出てきます。その情に決して流されないことです。

好きになってもいけないですし、金額を減らされて最終的にセフレになってもいけません。

あくまでもパパとして一定の距離を保って接してください。

まとめ

パパ活は現在、デリヘル嬢を始めとする風俗嬢のあいだで大人気となっています。

これはパパ活でもし大物(経済的な余裕がかなりある男性)を掴まえることが出来れば、援助金額だけで軽く風俗バイトの収入を超えるケースもあるからです。

事実、デリヘル嬢の女の子でパパ活を成功させた子の中には、それまで一度も海外に行ったことがなかった女の子がパパの援助でイギリス留学→現地の会社にパパのコネで採用→外資系正社員として働き始める、といった「夢のサクセスストーリー」をつかんだ女性も存在しています。

そこまでのサクセスはなかなか難しいかもしれませんが、貴女のテクニックしだいでは十分「風俗収入越え」も狙えるのがパパ活です。

「出会い」においては、圧倒的に女性が優位です。男性側はお金を支払ってまで女性と出会いという人が多いからこそ、交際クラブや出会いビジネスが成り立っているわけで、女性にとっては金銭的な負担ゼロで、無限の豊かさを獲得できるチャンスであると言えます。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-パパ活
-, , , , ,

© 2020 DazzBrity