アトピー リスカ痕 隠す方法

本指名返し・稼ぐコツ

アトピーやリスカ痕を上手に隠す風俗嬢のテクニックとコツ

性風俗店でヌキサービスを利用するお客さんにとって、いわゆる「地雷」という概念があります。

サービス地雷や、デブ・ブス地雷などは、よく知られているでしょう。

お客さんとしては、期待したサービスを受けられなかったり、時短で終了されてしまったら「サービス地雷」と認定し、その女の子と二度と遊ばない決心をするでしょう。

また、デブ・ブスといった外見上の好みからかけ離れたルックスにガッカリして地雷認定するお客さんも大勢います。

そして今回のテーマであるアトピーやリスカ傷など、「脱いでわかるお肌の欠点」

それらもお客さんによっては、地雷認定して、二度と遊ばない決心をすることもあるかと思います。

お客さんにとって意外と気になる「キズモノ」地雷。それを理由に指名がとれなかったり、お仕事に支障をきたすのは残念なことです。

それらのマイナスポイントを隠すテクニックをいくつかご紹介します。

ファンデーションなどで上塗り

まず、端的にアトピーの色素沈着やリスカ傷などの目に見えるマイナスポイントを見えにくくするには、ファンデーションなどを厚塗りして隠す方法があります。

しかしプレイ前のシャワーやプレイ中のローションや全身を舐めたがるお客さんの唾液など、どうしても塗り物は、液体の影響に弱く、

また舐めるお客さんにとっても非常に煩わしいものだったりますので、現実的にはあまり有効とは言えません。

とはいえ、弱点となるシャワー、ローション、唾液などを避けつつ、外見上の欠点を隠してサービスをこなすことも工夫次第では可能です。

攻め系のキャラで通す

お客さんに勝手に触らせないプレイスタイルをウリにすれば、シャワー中のいちゃいちゃや、全身ローション、全身舐めなどによる塗り物の剥げを回避することができるのではないでしょうか。

S系に徹することは実は簡単で、そもそも男性は、本来、攻められることにこそ満足するものであり、攻めたがりの自己中タイプは、実際のところやりたい放題攻めたところで、女性に嫌がられ、痛がられたりと、結果的にたいした満足を得られずに悶々としたままプレイ時間を終えて渋々帰っていくのが実情だったりします。

攻めたがりで、要求過多のウザ男タイプは、ハッキリ言って女性の扱いをわかっていないヘタクソで自己満足すらできていないのです。

場合によっては、思い通りにさせてくれない女の子に対して、理不尽にキレてレイプまがいのS気取りをやらかす、非常に面倒くさい自己中男も多いかもしれませんが、S気取りのヘタクソほど実は打たれ弱く、女性が強気を見せれば怯むこともあります。

乱暴なだだっ子をなだめる母のような、聖母のような母性で「うんうん。ヨシヨシ、わかるわかる。すごいね〜、えらいね〜」と、寛容に包みこんであげるとか?

あるいは逆ギレして暴言を浴びせてみるとか、そのような相手の想定を超える対応をすることで、相手を動揺させ心理的優位に立つことはできます。

アメとムチでマインドコントロール。心理的に支配してしまえば、相手はこちらの言いなりです。

「触るな」「舐めるな」と勝手な行為を許さないS系プレイスタイルを実行することができるのです。

そこまで相手を支配できたなら、もはやアトピーや傷あと云々どころではなく、お客さんとの相性、SとMがマッチするかしないかの次元になるので、肌の欠点は塗って隠してプレイをやり過ごすことはできるでしょう。究極的に、相手を目隠ししてしまうとか(笑)

手術や治療などの効果は?

アトピーやリスカ傷などの目に見える肌の欠点は、自身のコンプレックスとなり、全裸でサービスする風俗のお仕事においては、どうしても精神的なマイナス要因になってしまうという方もいるでしょう。

どうしても気になって完全に欠点を消したい場合、美容整形や整形外科で、外見上いまより目立たなくすることは可能ですが、少しずつ治療を重ねて徐々に目立ちにくくしていく根気のいる手段ですし、何より多額の費用がかかります。

肌の欠点を目立ちにくくするという目的では保険適用外の処置にあたる治療も多く、それほどの支出を払ってまで、裸で接客サービスをする職業にこだわる理由が果たしてあるのか?という根本的な問題に立ち戻ることになるかもしれません。

医療で肌の欠点を解決しようと考えたとき、いったん落ち着いて職業そのものを考え直してみて、その結果、やはり自分は風俗で仕事を続けたい!

となったら、まずは皮膚科に相談し、場合によっては美容整形、整形手術など手段を尽くしてみるのがよいかもしれません。

風俗のお仕事を続けたいというモチベーションで、結果的にアトピーやリスカ傷などの外見上の欠点を克服し、

自分に自信が持てるようになれば、そのときはきっと、一流の風俗嬢として、治療に費やした金額の何倍も稼げるようになるかもしれません。

いずれにしても欠点を利点に転換する強いマインドがあれば、すべては思い通りになるでしょう!

治療費と効果

現代医療ではリスカ傷はレーザーで治療するのが一般的となっています。気になる費用ですが大体一回の治療で7~8千円といったところです。

基本的には治療を5~6回くらいしないといけないので4万円前後で大丈夫でしょう。

効果は今までくっきりとわかるものが目をこらさないとわからない程度にまでにはなります。

他にもクリニックによっては手術による方法や皮膚移植による方法などもありますので、一度ネットなどで確認してください。

アトピーやリスカのそもそもの原因

そもそもアトピーは、体質によるものですが、アレルギー反応が原因で起こる症状であり、広義で言えば自己免疫の不調による疾患です。

つまりストレスの影響で身体が異常を訴えている証拠でもあるのです。それはある意味ではリストカットのような自傷行為と原理は似ています。

自分自身を傷つけることで、痛みを実感し血液を見て、生を確認する倒錯した生存欲求が自傷行為の原理であると言われていますが、自己免疫の不調も本来外敵を排除するために機能するはずの細胞が、正常な細胞を攻撃してしまうことで、アレルギー反応を起こし肌のかゆみやかぶれ、爛れといった症状を引き起こすものと言われています。

このように、アトピーもリスカも精神的な病、ストレスが原因で、慢性的に苦しみを体験しつづけた結果、

脳が麻痺して心身に異常をきたしてしまった現代社会の歪みの現れであると言えるのです。

ですからアトピーやリスカ、自傷行為に悩む女性は実はデリケートで敏感な、感性豊かな魅力を持ったキャラクターであるとも言えるのです。

あえて隠さずウリにする

アトピーやリスカをウリにする逆転の発想をご紹介します。あえて隠さない。

社会と折り合いをつける事に悩み、自分を傷つけた過去のある女性にとって、リストカットは苦い思い出の産物であり、消してしまいたい忌まわしい象徴であることは確かでしょう。

アトピーもその症状をポジティブに捉えることは、普通の感覚だと難しいと思います。

そこで考え方のシフトチェンジ。パラダイムシフトです。社会と折り合いがつかず傷つき、醜くなってしまったネガティブな自分をありのまま許し、受け入れ、好きになってしまう自己暗示。

大ヒット映画「アナと雪の女王」は、まさにそのようなテーマです。

♬ありの〜ままの〜姿みせるのよ〜♬ありの〜ままの〜自分にな〜る〜の〜

という歌詞にあるとおり、これは意外に非常に有効な考え方です。

とくに接客業のなかでも究極のコミュニケーション、究極のサービスで、他の職業より多くの報酬を得るみなさんにとっては、「ありのままの自由」こそが最大の武器になりえます。

つまり、接客スタイルをストレートに“イタイ女”“メンヘラ女”というノリで、「わたしメンヘラなんです〜。だから欠点があるんです〜」と、堂々と持ち味にしてしまうことによって、お客さんは、「なんてオープンな子なんだろう。自分にこんなに心を開いてくれるなんて!」と感激し、結果的にハートが震える満足に至るかもしれません。

おそらく第一印象の段階ではドン引きするお客さんもいるでしょう。しかし怯まずにメンヘラをぶっちぎる勇気、ありのままの自由で、最終的にお客さんは満足して帰っていくことになるかと思います。

どアタマの印象でドン引きさせる。マイナスからのスタートであれば失うものはありません。

ちょっとした気配りやカワイらしさ、プレイのフィーリング、マッチングなど素直で自然なコミュニケーションを通じて男は女を好きになるものです。

男と女は理屈を超えてそのような次元を共有するようになっています。イタイ自分をウリにする!どうぞお試しください。

まとめ

以上、アトピーやリスカ傷などの外見上の欠点をカバーする発想をいくつかご紹介しましたが、

まずファンデーションなどの塗り物で物理的に覆い隠し、塗りが剥げる要因である水分の影響を極力回避するS系プレイスタイルの実践。

これができればお客さんにとってあなたは女王さまです。外見上の欠点などつべこべ言うような奴隷は、捨ててしまえばよいのです(笑)

あるいは、医療技術で根本的に欠点をなくす方法。これには費用がかかりますが、その費用対効果として、投資しただけの見返りはきっと返ってくるでしょう。

最後に述べたありのままのイタイ自分をウリにするアナ雪の実践。冗談のように思われるかもしれませんが、男性はあなたが思うより遥かに愚かです(笑)

弱さを堂々とさらけ出す女性を愛おしく思い、好きになる男性はとても多いです。

そしてそのような男性ほど、第一印象での拒否反応は非常に露骨なものだったりしますが、それはその男が愛を知らない惨めな生き方をしてきた証拠であり、むしろ同情すべき存在なのです。

あなたの弱さを拒否する男は、自身の弱さに負けているかわいそうな子どもです。

あなたの母性で、母なる愛で、迷える世の男たちを救ってあげましょう!そして、たくさんお金を稼ぎましょう

-本指名返し・稼ぐコツ
-, , ,

© 2020 DazzBrity