風俗あるある

風俗客の指入れと乳首攻めが痛いときの対処法とテクニック

AVの普及によって、激しくすれば気持ちが良いと勘違いしている馬鹿な風俗客が急増化してきましたね。

特に罪なのが、乳首ツネラーやガシガシ手マン野郎。

こんな殺意の沸く風俗客はどんな対処法で向き合って行けば良いのでしょうか?

あまりにも乳首を激しく弄られて傷が付いてしまいブラジャーを着用するだけで乳首が痛い。

ガシガシ手マンをされて膣に傷が付いてしまって性病になってしまった。そんな話も良く聞きます。

風俗嬢にとって自分の身体は商売道具!身体が傷付いてしまうと、稼ぎにも影響してしまいます。

今回は、乳首ツネラーやガシガシ手マンの対処法を紹介していきますので、ぜひ参考にして自分の身体を守ってくださいね。

乳首ツネラーの対処法

風俗客って、何故あんなに乳首が好きなのでしょうか?

自分の乳首つねってろよ。と言いたくなっちゃいますよね。

つねるだけならまだしも、引っ張ったり噛んだりしてくる風俗客には殺意しか芽生えません。

やり返したくなる気持ちも分かりますが、ここはグッと堪えて適切な対処法を試みましょう。

乳首防御のための対処法を下記に紹介していくので参考にして下さいね。

抱き着いたりキスをしたりしてイチャイチャ好きアピール

乳首を触られたくなければ、兎に角風俗客に密着しましょう。

「やだ~くすぐったいよ~」と言いながら抱き着き、密着しながらキスをしてイチャイチャモードに移行させてください。口臭がキツければ頬やおでこ、鼻にキスでもOKです。

女性からイチャイチャされて嬉しくない風俗客はいませんからね。

69に持ち込む

乳首を絶対的に防御するなら、69に持ち込むのも有効です。

体制的に乳首は触られなくなりますし、角度的にもガシガシ激しい手マンはできません。

もったいぶらずに「69とかしたいな~」と直入に誘っちゃいましょう。どんな風俗客でも嬉しそうに答えてくれるはずです。

揉まれる方が好きだとあらかじめ伝えておく

最初のピロートークで、胸は乳首をいじられるより揉まれる方が好き!と言う事をひたすら訴え叩き込んでおきましょう。

それでも乳首を触ってきたら、相手の手を握って自分の胸を揉ませるように誘導します。

このとき手は絶対に離さず、相手の手を握っておきましょう。これで完全に乳首は回避できますし、相手側からしたら萌える行為のひとつなのでWIN WINです。

相手の手を握って回避

こちらが乳首舐めや全身リップのサービスをしている最中にも関わらず乳首を触ってこようとする風俗客には、手を握って触られないようにしましょう。

恋人繋ぎにすると相手も喜ぶので一石二鳥です。

個人的な乳首ケアも忘れずに

上記の対処法を試みても、何人もの風俗客の接待をしているとどうしても乳首が痛い日が出てきます。

嫌な思いをしないためにも、日頃から乳首のケアをしておきましょう!

おすすめはワセリンです。

寝る前に乳首にワセリンを塗りましょう。

実際に筆者の友人の風俗嬢も試している効果的な方法です。

指入れ(手マン)は下手な男が大半

風俗経験の長い嬢なら言わなくても理解していると思いますが、そもそも指入れが上手な男性って殆どいません。

ベテラン風俗嬢に話を聞いてみても、「今まで指入れが上手だったお客さんは1、2人くらいしかいない」と言う人が殆どです。

やはり、AVの影響と言ったところが多いでしょう。

AV男優として有名なしみけんさんも「激しく手マンをするのは撮影のため。激しくするのはおすすめしません」と語っているくらいです。

この助言、全員の風俗客に教えてやりたいくらいですね。

ガシガシ手マン、我慢すると大変なことに

ガシガシ手マンは何があっても我慢してはいけません!

泣き寝入りしてはいけません!

何故なら風俗客からの激しい手マンのせいで膣内に傷が付き、出血してしまい、性病になってしまう可能性があるからです。

性病になったら完治するまで出勤できないのでその分収入も激減してしまいます。

性病にならないとしても、膣内が傷付いたら仕事になりません。痛いまま我慢して仕事をしても実に無意味です。

これが風俗嬢の務めだと言って必死に我慢する子が多いのですが、絶対に我慢しないで下さい!

ガシガシ手マンの効果的な対処法

まず、対処法ではなく予防法になりますが、プレイ前は必ずローションを用意しましょう。

濡れていないのにガシガシ手マンをされたら余計に大変な事になります。

中にはローション使用を嫌がる糞風俗客もいるので、そのような自己中客には予め膣内に入れて使用できる潤滑ゼリーを活用しましょう。

潤滑ゼリー(ウェットトラスト)とは 膣内に直接挿入できるゼリーで、指入れの痛みや摩擦を抑えることができます。

濡れやすい体質を演出できるということもあり、既に利用している風俗嬢の方も多いかもしれませんね。

店で用意されているようなローションは使用するのを嫌がるお客さんが多いですが、潤滑ゼリー(ウェットトラスト)の場合はお客さんにバレずにローションの効果を得ることができる万能アイテムです。

また、もし指入れで膣が痛くなってしまったら、薬用のクリームなどを利用しましょう。

フェミニーナ軟膏やキシロAなどがおすすめです。薬局で安く購入できますよ。

指入れで痛くなるから…という理由ではなくても、デリケートゾーンはこまめにケアするようにして下さいね

では、下記に手マンの対処法を紹介します!

プレイ前にお客さんの爪の長さをチェック

指入れで痛くなってしまう原因として客の爪が長すぎるというのも考えられます。

そもそも風俗使う前に切って来いよ!って感じですが、たまに異様に爪が長い人っているんですよね。

風俗客の爪が伸びていると指入れ時だけではなく、乳首やクリトリスも危険な状況になります。

お客さんにお会いして挨拶を済ませてからさり気なく爪が伸びていないか確認しましょう。

一緒に入浴するときに確認するのもOKです。

もし爪が伸びていたら、あなたが切ってあげるのが効果的だと思います。

手を握って雰囲気を醸し出しながら、「爪が伸びてると少し不安だから、私が切ってもいいかなぁ?可愛い爪切り持ってるんだ」みたいな感じで会話の幅を広げてみましょう。

女の子に爪を切ってもらえる機会なんてなかなかないので、喜んでもらえると思います。

「また切らせてね」と一言加えれば、指名に繋がるかもしれないし一石二鳥です。

攻める方が好きだと予め伝えておく

責めるのも嫌な風俗嬢だと使えない対処法ですが、手マンをされて嫌な思いをするよりはマシですね。

手マンを少しされてから攻めに回りましょう。

「私も〇〇さんの触りたくなっちゃった」

「(イクふりをする)気持ちよすぎてもうイっちゃった。今度は私が〇〇さんを気持ちよくしてあげるね。」

→受け身から責めに切り替える

中よりクリ派だと予め伝えておく

意外と効果的なのが、中よりクリ派だと伝える事です。

甘えた声で、クンニや素股をしてもらいましょう。

可愛く言えばいくら糞な風俗客でも従ってくれるはずです。

「指入れよりクリを優しく触られたり舐められたりする方が好き」

「実は中よりクリの方が感じやすいの」

「中よりクリが好きなの。もし嫌でなければ手マンよりクンニが良いな。」

舐められるのが嫌じゃなければ結構効果的です。

ポイントは、お客さんの目を見て甘えるように可愛く伝える事。

嫌々ながら言ってもお互いに嫌な気持ちになるだけですし、その場の雰囲気も良くなくなってしまいます。

もし断られたらどうしようと不安になる心配はありません。

風俗嬢から可愛くお願いされれば大抵の風俗客が聞いてくれると思います。

とは言え、指入れの最中、風俗客はかなり興奮しているので、中にはあなたのお願いに見向きもせずハァハァと興奮してそのまま激しい手マンを続けてくる客もいるかもしれません。

一度注意しても聞かないような客には、「それ痛いからちょっと待って!」とハッキリ言ってしまっても大丈夫です。

我慢して膣を傷付けてしまう方が危険ですから。

接客が終わった後にスタッフに報告して出禁か指名NGにしてもらうのも効果的です。

優しい攻め方の方が好きだと伝える

直接どうして欲しいか言うのも効果的な方法です。

本当に優しく愛撫してくれたら、必要以上に感じる振りをして喜んであげましょう。

こう伝えても激しくしてくるような風俗客はNGか出禁を考えても良いです。

「他の人よりアソコが少しデリケートなので激しく触られると痛いんです」

「触られるか触られないかくらいの優しい攻め方の方が感じるの」

「優しくてゆっくりの方が好き」

「激しい手マンも好きなんだけど、ゆっくりされる方が好きなの。だから一度優しくやってみて?」

→この言い方は人によって気分を害してしまう人もいる為、見極めが必要。

ちゃんと優しくしてくれたあとには、「気持ちよかった、ありがとう」と感謝の気持ちもしっかり伝えましょう。

最初っからNG指定

もう指入れで辛い思いをするのは嫌だ!という嬢は、指入れNGにしてしまうことをお勧めします。

実際に、指入れや手マンをNGにしている嬢も少なくありません。

もちろん、NGにすることでその分多少指名が入りにくくなるとは思いますが、別の部分で頑張れば大丈夫です。

風俗客の激しい指入れによって膣内が傷付いてしまい、それが原因で性病になってしまう危険性もありますし、何より膣内が傷付くとそれだけで仕事に支障が出ます。

そうなってしまうよりかは、最初からNGにしてしまうのが手っ取り早いでしょう。

指名客は自分好みに育てましょう

一度だけ来た風俗客が乳首ツネラーだったのならまだマシですが、その風俗客が指名客になってしまうと厄介です。

乳首をつねられたりガシガシ手マンをされたりしても一度我慢してしまうと、それが良いんだと勘違いをして毎回同じ事をしようとしてきます。

そうなると身体に負担がかかるので、指名客になりそうな男性やリピーターは自分好みに育成しましょう。

上記で説明した通り、

  • イチャイチャプレイが好き
  • 乳首より揉まれる方が好み
  • 受けより攻め派
  • 中よりクリ派

であることを、叩き込んでおきましょう。

指名客には自分のプレイスタイルを理解してもらうと、後の接客も非常に楽になりますよ。

まとめ

しつこいですが、我慢するのだけは絶対にNGです。

今回紹介した対処法で、自分の身を守ってくださいね。

上手に対応することで、売上アップにも繋がりますよ。

-風俗あるある
-, ,

© 2020 DazzBrity