パパ活 リスク

パパ活

パパ活するなら少しでもリスクを減らして安全にやろう

2020年4月5日

デートをするだけでお手当がもらえるパパ活。

近年ではドラマでも取り上げられているパパ活ですが、間違えると危険な場合もあります。

今回はそんなパパ活の危険性やリスクなど様々な問題をまとめました。

これからパパ活を始めようとしている方も、すでに活動してる方も当てはまってないかしっかりとチェックしていきましょう。

みんなのパパ活サイトの使い方

出会い系サイトの掲示板を使ってパパ活や援助をしている女の子は一体どのように使っているのでしょうか?

出会い系サイトでも様々なパパ活、援助方法があり

  • 掲示板に「パパ活中です」なんて書いて男性からアプローチがあるまで待つ。
  • 自分のプロフィール欄にパパ活中である事を書いておいて男性からのアプローチを持つ。
  • 男性の掲示板を目を皿のようにして眺めてパパになってくれそうな人へ直接アプローチをかける。

この3つの方法で多数の女の子はパパ活や援助の相手を探しています。

とにかく数撃てば当たる作戦で、いろんな出会い系サイトの掲示板に投稿して、まともそうな男性からのアプローチを待つのがとても効果的な方法なのですが…

掲示板に堂々と「パパ活中!パパ希望!」「援助希望!」なんて露骨に投稿してしまうとサイト側から削除されてしまう可能性が多いので、それとなく具体的な内容は避けて、文章を曖昧に書いて活動しています。

  • パパ活→余裕のある男性
  • 援助→余裕のある男性でお食事抜きでもOK

一見すると分かりにくい文章になっていますが、曖昧な言葉を使いながらパパ活や援助に精を出しています。

それと出会い系サイト側に削除されないためにも、隠語を使って自分が男性に何を求めているか理解してもらう必要があります。

『別ホいちご』のような何かの暗号的な言葉を使わないと、すぐに削除の対象となってしまいます。

男性側も慣れていると、この暗号がすぐに理解でき上手くいけばトントン拍子に相手が見つかります。

それと女の子は毎日夜、同じ内容投稿してより多くの男性の目に止まるような努力をしているのです。

パパ活やるなら専門サイトを利用しよう

パパ活も援助も5ちゃんねるなどの掲示板に書き込みをして募集してしまうと、良いパパに当たる確率よりも悪いパパに当たる確率の方が圧倒的に多いのです。

本当にあった事件として、出会い系の掲示板を使い、知り合った男が超危険人物で何日も部屋に監禁をされた上に、殺されて遺体を切断された…なんて事件も起きています。

本当はエッチなしでお食事やデートのみのパパを探していたのに、いざ会ってみると相手は大人の関係希望で、無理やりホテルに連れ込まれたりしてかなり危険です。

家に帰ってこれただけでも、まだマシな方で警察に相談したら自分も売春として処罰されてしまうかもしれないので、泣き寝入りするしかありません。

男性側も事が起こらない限り警察が動かない事を知っています。

それに1回限りの出会いであれば無理やりでもレイプに近い事をして自分の欲求を満たすような強引な事をしてきます。

いくら抵抗しても大人の男性の力には女性ではかないません。

レイプ以外にも身元がはっきりしていない男性と2人きりになるのはとても危険な事なのです。

相手がどんな人物なのか把握できていない出会い系などの掲示板には近寄らない方が身のためですよ。

パパ活をするなら男性の身分証明書の提示をしっかり求める専門サイトを利用するようにしましょう。

交際クラブと呼ばれるパパ活サイトで本当にちゃんとした所なら男性はクラブ側と面談をしてようやく登録となります。

女の子も面談をするのでJC、JKは年齢を偽ってみせても登録ができません。

交際クラブの中でも若ければ若いほどパパを見つけるチャンスは多いはずです。

しかもエッチなしでお小遣いをくれるパパや、お小遣いとは別に割り切った大人の関係になるとお手当をくれるパパもいます。

交際クラブの最大のメリットとしては、男性の身元をクラブ側がしっかりと把握しているので、変な男性と出会う事はほぼありません。

しかも最初は交際クラブがマッチングして、仲介をしてくれるので、出会い系サイトの掲示板のような、個人でのやり取りは始めからはできない仕組みとなっています。

会って2回目以降になると、ようやく個人でのやりとりができるようになるので、かなり安全度は高いのです。

交際クラブであれば安心してパパ活や援助をする事ができます。

パパ活は一歩間違えると危険だということをしっかり認識しておきましょう。

危険なパパ活の仕方や男性の特徴

いくらパパ活サイトの運営がしっかりと管理してくれているからと言っても危険が100%回避できたということではありません。

以下を参考にして自分の身は自分でしっかり守るように心がけましょう。

個人情報を教える

氏名や住所など、何気なく個人情報を教えていませんか?自分としては意識せずとも、危険な男性はしっかりと憶えているのです。

男性がストーカーに発展しないとも限りません。個人情報の扱いは極力注意しておきましょう。

「お金が欲しい!」と公言する

パパ活をする人の目的はほぼ「お金が欲しいから」でしょう。しかしプロフィール欄にそのままズバリ書くのはやめておきましょう。

危険な男性から見ると「この女は金さえやれば寝ることができる」と勘違いしかねないからです。

プロフィール欄には「〇〇の夢があって資金が必要」「資格取得のため」など、他の目的があってお金が必要だということをアピールしておきましょう。

SNSで「パパ活応援します」など呼びかける人

TwitterやSNSなどでパパ活を呼びかける男性がいますが、こういったパパは絶対避けるべきです。

女性に金銭を援助すべきパパが無料のSNSでパパ活を呼びかけているのですから、矛盾していると思いませんか?

万が一インターネット上に住所や名前、画像や映像が流出された場合、完全に削除することはほぼ不可能です。安易にパパ活を募集している男性には十分に注意するようにしてください。

束縛が激しいパパ

パパ活は男女のデート”だけ”を目的としたサイトですが、それ以降、つまり肉体関係についてはお互いの判断によって変わっていきます。

高額なお手当やブランド物のバッグを買ってもらい、後ろめたさから一度だけ・・・と体の関係を許したのけれど、今度はパパから「今なにしてる?」「どこにいる?」など彼氏のようにふるまい女性を束縛する人もいます。最悪の場合ストーカーに発展するケースもありますので、なんかしつこいな、執着しているような気がする、と感じる男性からは少しづつ距離を取ることをおすすめします。

安易に肉体関係を持とうとする

特に注意したいのが、出会ってすぐに体の関係を持とうとする男性。

パパ活女子の中には、体の関係を強要されしかたなく付き合い、しかもお金ももらえなかったというひどい体験をした人もいます。

お金もちでもないのに高額なお小遣いを提示する

出会ってすぐに5万円、10万円と高額なお小遣いを提示する男性は特に注意してください。

初回のデートでパパからもらえるお小遣いの相場は、平均して0.5〜1万円と言われます。

もちろん中には気前の良いパパもいますが、あまりにも高額な金額ですと、体目的や詐欺目的、の企みや恋愛感情を抱いている可能性があります。

お金が欲しい女性にとっては飛びつきたくなるようなパパかもしれませんが、一度冷静になって注意深く男性を観察しましょう。

特にパパ活初心者はこういったパパに十分気をつけるようにしてください。

パパはお金を払えば払うほど依存していく傾向にありますのでストーカーにまで発展するケースにもなりかねません。

どっかの大金持ちなら問題ないのですが、無理してお金を工面している節があったら特に要注意です。

危険なパパからの身の守り方

危険なパパの特徴について紹介しましたので、次は危険なパパからの身の守り方について紹介します。

個人情報を教えない

住所、出身地、本名や勤め先など、普段のメールや会話の中でついポロッと口に出していませんか?

これらの個人情報はいつ悪用されるか分かりません。

本名は下の名前だけに言う、もしくは偽名を使う。住所は大雑把な場所しか言わない、勤務地はぼかして「〇〇関係の仕事をしています」とだけ言うようにする、など…自分を守れるのは自分だけです。

信頼できる関係になったとしても、パパと女性は友達や恋人の関係とは違います。

個人情報はできるだけ相手に知られないように注意しましょう。

自宅から離れた場所で会う

自分の家の近所で会うと、「この近くに住んでいるんだ」とバレてしまいます。

パパと会うときは数駅分離れた場所で会うようにしましょう。

自分の身を守るだけでなく、家族や友人にパパ活をしていることがバレにくくなるというメリットもあります。

二人きりで会わない

特に初対面のパパに会う場合、絶対に二人きりで会うことは避けましょう。

男性の車、男性の自宅、閑散としたお店など、外部の目が遮られた空間ではいつ何時危険な目に遭うか分かりません。

できれば繁華街の大通りに面した、人の出入りがある喫茶店やレストランで会うようにしてください。

パパについてきちんと情報を得る

パパについての情報をきちんと得ることも、身の守り方として良い方法です。

とはいえパパ活サイトのプロフィール欄は嘘を書いていることもあるので、簡単には見抜けないかもしれません。

一番良い方法は男性と会う前にメールのやり取りをしますので、その間におかしなことはないかよくチェックしておきましょう。

なんとなくでも「おかしいな?」と感じた場合は、さっさと撤退して次のパパを探すようにしてください。

パパ活は危険?

もしかしてパパ活って、予想以上に危険なことなの?と不安に思う女性もいるかもしれませんね。

パパ活をする女性の中には「体の関係あり」と明記してパパを求めている女性もいます。

これは実際のところ、売春や援助交際にあたるのでしょうか?

結論から言うと、パパ活は売春や援助交際にあたると考えて良いでしょう。

特に18歳未満の女性がパパ活をしていることがバレると援助交際をしていたということで補導されてしまうのはほぼ間違いありません。

ネット上では「パパ活って言っても援交を言い換えただけ」といった厳しい声も聞かれます。

また男性や女性に配偶者がいる場合、不倫としてもとらえられ、配偶者にバレると慰謝料を請求される可能性もあるのです。

パパ活という言葉は聞こえの良い言葉に聞こえますが、やっていることは売春や援助交際に近いという自覚を持つようにしてください。

性病に感染するリスク

体の関係ありでパパ活をしている場合、性病に感染する危険性も考えなければいけません。

「コンドームをつけてもらっているから大丈夫」と考える女性もいるでしょうが、コンドームでは防ぎきれない病気、たとえば口内に症状が出る性病もあるのです。

また女性は性病に感染しても発症が男性よりも遅いため、彼氏に病気を移してしまう可能性もあるのです。

性病を移された男性は彼女の浮気を疑うでしょうし、パパ活をしていることが分かればなおのこと、腹を立てることでしょう。

肉体関係ありでパパ活をする女性は、性病の危険性を十分考え、病気をもらわない、移さないように気をつけておきましょう。

両親や友人にバレた場合

パパ活が両親や友人にバレるリスクもあります。多くの場合、両親にパパ活がバレるとこっぴどく叱られ、お灸をすえられることでしょう。

友人にパパ活をしていることが知られた場合、「私もパパ活したいから詳しく教えて!」という女性はまれで、徐々に友人と疎遠になったり陰口を叩かれるかもしれません。

両親や友人にバレたときの周囲の反応は、決して良いものとは限りません。パパ活をする場合は、これらのリスクを考えた上で活動するようにしてくださいね。

まとめ

確かに出会い系サイトであればその日中に、相手も見つかるので便利といえば便利ですが、こうして見ていくと出会い系サイトの掲示板がいかに危険なのか、よくわかったと思います。

パパ活や援助目的で、男性との出会いを求めているのであれば交際クラブの方が身元の確かな男性が現れる可能性が多く、、身の危険を感じる確率もグッと下がります。

交際クラブは基本的に大人の関係はNGですが、最終的には当人同士の話し合いで大人の関係になる事もありますので、決断は自己責任に委ねられます。

危険なパパを見抜いて身を守り、安全な方法でパパ活を楽しむようにしてください。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-パパ活
-, ,

© 2020 DazzBrity