稼ぎやすい デリヘル店

デリヘル・箱ヘル

働きやすくて稼ぎやすいデリヘル店の見極め方

2020年4月5日

デリヘルで働くと言ってもどこのお店も同じというわけではありません。

テキトーに入店するデリヘル店を選んでしまうと嫌な思いをしてしまうことも多々あります。

そしてデリヘル店といってもその種類は様々でたくさんあります。

そして、種類が違えばお仕事の内容も変わってきますし、稼げる金額もまた違います。

せっかくデリヘル店で働くのであれば、どんな種類があるのかを知り働きやすいお店の特徴を知って賢く、たくさん稼いじゃいましょう!

まずは「せっかく風俗で働いているのに全然稼げてない…」なんてならないために自分に合った稼げるジャンルを探しましょう。

色々あるデリヘル店のジャンル

一般的には、サービスの内容がハードであればあるほど高い金額が報酬となって帰ってきます。

おおよそのランクとしては、最も高額な報酬が得られるのはソープランド、またはSMクラブ系の専門店です。

次に通常のデリヘル、店舗型ヘルス、ホテヘルなどのヘルス系、最後にオナクラや性感エステなどハンドサービスのお店となります。

もちろんソフトなサービスを基本コンセプトとしている店舗でもオプションによっては稼ぎがだいぶ変わってきます。

いきなりハードな仕事をするのは嫌だとお考えであれば、最初はスタンダードなお店から始めるなどしましょう。

デリヘル店のグレード

高級デリヘルと称するお店は基本総じて若くてルックスのいい女性を集めています。

AV出演経験のある女性も重宝されるケースが多々あります。

もちろん可愛いだけでなく、一般常識も兼ね備えていなければ採用されるのは難しいでしょう。

モデル並みのルックスやスタイルを持つ女性を集め、コースの時間を長くすることと、サービスの内容をより濃くすることで料金を高く設定し、その料金に見合った満足感を得られるようにしています。

ただ単に料金が高いだけで、女性のレベルやサービスの内容がそれに見合っていなければ、お客さんは来てくれません。

1度利用しただけで、もう2度と利用することはないでしょう。

料金が高くても何度も利用してくださるリピーターの固定客をつかむためには、レベルの高い女性と、濃密なサービスとを提供する必要があります。

料金が高ければ女性が手にできる給与の額ももちろんその分だけ高くなります。

ソープランドやSMクラブでのお仕事ほどハードなものではないし、これらのお店のレベルに近い高い給与が手にできるとなればルックスに自信のある高いレベルの女性も多く集まってきます。

高級デリヘルはそのような構成で女性の確保をして成り立っていると言っても過言ではありません。

専門ジャンルのデリヘル店

高級デリヘルがモデル並みのルックスの女性ばかりを集めたデリヘルだとしたら、それ以外にはどんなデリヘルがあるのでしょうか。

まず、年代を制限した専門性の高いデリヘルがあります。

10代専門として、18歳と19歳の女性だけを集めたデリヘルもあれば、逆に熟女専門として高い年代の女性を集めたデリヘルもあります。

マニアックな嗜好を持つ男性を対象にしたデリヘルもあり、たとえばデブ専と称して太めの女性を集めたデリヘルなどがそうです。

さらには、他のお店ではまず採用されないであろうレベルの女性を集めて、そのことを売り文句にしたデリヘルも実際に存在します。

デリヘルは店舗数が多いため、その種類も多種多様になっており、女性は自分のキャラクターに合ったお店を選ぶことができるといえます。

このように、デリヘルといってもどこも同じだというわけではなく、グレードの高いお店もあれば、お客さんの嗜好に合わせた専門性の高いお店もあります。

また、幅広いレベル、年代の女性を集めたお店もあります。

稼ぎたいから高級デリヘルに入りたいと希望しても、面接で断られるかもしれません。

逆に、自分は体型が太めだから風俗のお仕事は無理だと考えている方であっても、探せば太めの女性を求めているお店が見つかるはずです。

まずは自分のキャラクターに合っており、お仕事をすることが可能と思われるお店をできるだけ多くラインナップして、その候補店のうち、料金が高いお店から順に面接を受けていくつもりで応募していくことが得策です。

働きやすいデリヘル店の特徴

それでは働きやすくてストレスの少ないデリヘル店はどんな事をしてくれているのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

衛生面バッチリ性病検査が義務付けられている

風俗とは切っても切れない性病問題。

とんでもないデリヘル店では、性病検査は女の子に任されています。

これってとっても怖いことなんですよ。

店での性病検査が義務付けられていないと「自分は性病なんてかかるわけがない」なんて変な自信を持って検査しないで働いている女の子も多くいます。

「別に女の子と絡むわけじゃないから自分だけ性病検査をしておけば安心!」では済まされませんよ!

検査をしていない女の子から客へ性病が移った時に自分も移されてしまう可能性が大きくなります。

特に同じ店で指名料をケチってフリーばかりで遊んでいる客からは性病を移されてしまう事が多いので万が一自分に性病が移った場合、性病検査をして完治させたとしても、すぐにまた新たに性病を移されてしまいます。

これでは自分ひとりだけ性病検査をしていても焼け石に水的な感じになり、休みが多くなって稼げません。

せっかく風俗でたくさん稼ぐつもりで入店したのに、これでは稼ぎたくても稼げないのが実情です。

働きやすいデリヘル店は、性病検査を女の子任せにするのではなく、検査表の提出を義務付けていたり、店が率先して性病検査をさせるぐらいの厳しい衛生管理しているデリヘル店が働きやすいのです。

客は他の店からも流れてくるので、完全に性病をブロックできるわけではありませんが、少なくとも同じ店で女の子をとっかえひっかえ遊んでいるような客には、性病の感染確率は下がるので、働きやすさ=無駄な休みを減らすことがデリヘル店を選ぶ時に重要な問題となってきます。

しかし求人情報だけを見て衛生管理バッチリ!なんて書いてあったとしても情報だけでは分からないので、面接に行く前に電話で問い合わせをして、面接の時にもしっかりと質問をして性病検査を義務付けているか確認をしてから入店をしてください。

自由が最高!完全自由出勤

デリヘルの場合箱ヘルとは違い、部屋数分だけ出勤をさせることはないので働きやすさを求めるのであれば本当の完全自由出勤のデリヘル店を選ぶようにしましょう!

厳しい店ではデリヘルといえどもかなり出勤にうるさい店もあります。

中には箱ヘルのように当欠すると罰金を取られてしまうデリヘル店もあります。

自由出勤を唄っていても実際は週1でシフトは出さなくてはいけなかったり、シフトは月1とかでOKだけど働く時間はキッチリと決められていたりと超めんどくさいデリヘルも存在します。

急な用事や生理になってしまった時に自由に休むことができないデリヘル店は自由人にとっては息苦しいので入店は避けるようにしましょう!

では実際に働きやすい自由なデリヘルとはいったいどんな店なのでしょうか。

それは本当に全てが自由で出勤日、出勤時間、勤務時間、休んでも罰金を取られない、とにかく女の子が優位に立てるお店のことです。

よくよく調べてみると本当に全てが自由なデリヘル店は確かに存在しています。

当日出勤予定を入れていなかったとしても、急に予定が空いてしまったら電話一本で出勤できる超自由なデリヘルもあるくらいです。

そんな店は客からの電話のコール数も多く、女の子が常に足りない状態です。

そんなお店では面接に合格したらダラダラと働くのではなく、がっつりと出勤をすれば稼げること間違いなしです!

ほとんどのデリヘル店ではかなり融通がきいて自由なのですが、たまに自由がきかない厳しいデリヘル店もあるので面接に行く前に口コミなどでよーく調べてから面接に行ってください。

狙いは大手!個人営業のデリヘル店は避けること!

デリヘル店って本当に星の数ほどあります。

全てのデリヘルがチェーン展開されているわけではなく、個人が営業しているような小さなデリヘル店もあります。

こんな小さなデリヘル店では、従業員が自分の家のように寝泊まりしていたり家なしジプシー少女が我が家のようにずっと住み込んでいたりすることが多いです。

自分は家があるから大丈夫なんて思っていると痛い目に遭ってしまいますよ。

この手の従業員や女の子はちょっと常識から外れた人たちが多いので私物を盗まれたり預けている財布の中からお金を盗む従業員もいたりして、とても安心できず働きにくいのです。

おまけに客入りもまばらで安定して稼げることも少ないです。

まともな個人デリヘル店も勿論ありますが、見つけるのは至難の技といっても過言ではありません。

働きやすい環境を求めるのであれば、できる限り大手チェーン店を選んで働くようにしましょう。

大手でも手癖の悪い女の子や従業員もそれなりに在籍していますが、個人営業よりもヤバイ奴に遭遇する確率は少なくなってきます。

従業員が多く働いていれば一人手癖の悪い奴がいたとしてもなかなか犯行に及ぶことができません。

貴重品は安全な従業員に預けて金庫に入れてもらうようにし、ドライヤーなどの私物を盗む女の子対策として、とにかく私物は鍵のかかるロッカーに入れられるような安全性の高いデリヘル店が嫌な思いもせず働きやすい職場なのです。

働きやすいデリヘル店とは、稼げるだけではなく安全性の高さも働いていく上で重要となってきます。

付加価値が多いデリヘル店を探して働こう!

付加価値なんて言うと難しく聞こえてしまいますが、とっても簡単なことで稼げる安全性の高いデリヘル店を最も重視しつつも、特典が多いデリヘル店の方がお得に働けます。

仕事で疲れた体をマッサージでほぐしてくれ多くの指名を取るために常に自分磨きを怠らないためにエステに通えたりするのでとても働きやすいのが特徴です

性病検査無料なんてもちろんのこと、エステやマッサージが半額、デリヘルを辞めた後も就職しやすいように資格を取るお勉強ができてしまう…

そんな至れり尽くせりな大企業のような福利厚生が多いデリヘル店を選んでください。

しかしこの特典はどこのデリヘル店でもやっているわけではありません。

主にこんな素敵な特典をつけてくるのは大手チェーンデリヘルに多いので、働きやすい店を探す時の目安となることでしょう。

女の子により快適に働いてもらうための工夫にもお金がかかります。

それだけ客入りも良いということが分かりますね。

そんな気遣いができるデリヘル店は多くはないので、求人が出ていたら迷わず面接に行くことをオススメします。

余計な詮索はされない!完全個室待機!

大部屋でワイワイと楽しく待機したい女の子にとって完全個室待機は寂しくて仕方がないと思いますが、働きやすいデリヘル店の特徴として完全個室待機も重要な鍵を握っています。

めんどうくさいお局に気を遣うこともなく、上っ面だけで他の女の子と付き合う必要もなく、待機を自由に自分の時間として使えるのでとても働きやすいデリヘル店と言えるでしょう。

とは言え気をつけなくてはいけないのが完全個室待機!と堂々と求人情報に書かれていてもカーテン一枚で仕切られているなんて場合もあります。

こんな待機所を個室待機なんて呼ぶデリヘル店ではプライバシーを守ることができません。

デリヘルでは箱ヘルのように一日中与えられた部屋にいることはできないように思われますが、きちんと壁で仕切られている待機所もあるんです。

しかもお菓子やジュースを好きなだけ食べてもいい、なんて素敵なデリヘル店もあります!

本当に完全個室待機で喉が渇いた時にはジュース飲み放題、そんな個室待機の店を見つけることができたら即入店です!

よくある満喫待機だと、寝ていてうっかりいびきをかいてしまった時に、漫喫店員に起こされて睡眠を邪魔されてしまいますが、壁で仕切られている完全個室待機であれば、多少のいびきも気にすることもなく寝ていられるので、仕事と仕事の合間に体力回復もでき、次の客に全力で接客することができるので指名も取りやすくなって稼げるデリヘル店になるのではないでしょうか。

他の女の子と仲良くならなくても、周りを気にせず仕事ができることを望んでいる女の子にとっては完全個室待機のデリヘル店が働きやすいです。

やっぱり客層が良いデリヘル店が働きやすい!

色々話しましたがやはり一番気になるのが客層です。

客層によって働きやすさは大きく変わってきます。

どこいっても客層なんて一緒だと思っていたら大間違いです。

安さを売りにしたデリヘル店ではクソな客が多く、元を取ろうと必死でがっついてきてとても働きやすいとは言えません。

客層の良い、働きやすいデリヘルはどんなデリヘルなのかと言う、単価が高ければ高いほど裕福層が利用するのでがっつきクソ客には付きにくくなります。

単価が高いデリヘル店は入店する基準も高くなってしまいますが、まずは自分のことを安売りはせず、単価の高いデリヘル店から攻めていくようにすれば働きやすさは俄然変わってきます。

今現在客層が悪すぎて働きにくいと思っている女の子がいるのであれば単価が高いデリヘル店を狙って面接に行ってみましょう。

「私はデブスだから高いお店なんて無理無理!」と自分で思っていても、デブスではなく普通に雇ってもらえることも多くあります。

単価が高いデリヘル店では回転率命な激安のデリヘル店とは違い1、2本客を接客するだけで今までの激安デリヘルと同じぐらい稼げちゃいます。

体の負担も変わってくるので精神的に余裕もでき働きやすさを実感できるでしょう。

まとめ

働きやすいデリヘル店の特徴としては単価が高く客層が良く、女の子を大切に扱ってくれる、そんなデリヘル店がとても働きやすいです。

全ての条件を満たすデリヘル店は確実に存在しています。

そしてコースの料金もしっかり確認して、そのお店のグレードを判断しそのうえで付随するオプション料金などを考慮に入れることがお店選びの基本だと思われます。

働きやすいだけで自分自身のモチベーションも上がり、いっぱい稼げるようになりますよ!

-デリヘル・箱ヘル
-, ,

© 2020 DazzBrity