AV女優 つらい 悩み

AV女優

AV女優になったはいいが辛いことがたくさんある。

2020年4月6日

AV女優の人口は現在8,000人以上にも昇っています。

それだけのAV女優がいるのにまだ稼げるのか?

男優と相性が合わなかったり、性器が痛くなったりと、なんだかつらいことが多そう。

「聞いていた話と違う…こんなハズじゃなかったのに…」

AV女優になるきっかけはさまざまですが、自分が思い描いていたAV女優という職業の実際を目の当たりにした女の子は、後悔の念を抱いてしまうケースも少なくありません。

特に、女の子があまりにも無知すぎて騙されてAV女優になってしまう、といった例も報告されており、そのようなケースでは泣き寝入りするしかない場合がほとんどです。

華やかな世界とばかり思っていたAVの世界が実はとんでもない場所だった、などと悔やむ女の子も多いのがAV女優という職業。

つらいことよりも稼げることがまだ勝っているならば、AV女優になる価値はありますが実際のところどうなんでしょうか?

今回はAV女優経験者から様々なつらい体験談などを聞いてみましたので是非参考にしてください。

AV女優になった女の子の様々なきっかけ

AV女優になったきっかけについて現役のAV女優の皆さんにお話をお伺いしました。

ナンパしてきた相手が実はスカウトマンだった

「私の場合は、池袋でナンパされて、そのナンパ師の男性がスカウトマンでした。

中学生のときから地元の西川口から池袋まで電車に乗って遊んでたんですけど、サンシャインとか池袋東口とかで夜中じゅう、オールして遊んでいた19歳のときに、サンシャイン通りで男の人にナンパされたんです。

そのときは、もともと自分がホスト好きなんでその人もかなりイケててホスト系のファッションで、話も面白かったんで、ナンパされてご飯食べてお酒を飲んだあとに、ラブホテルに入りました。

で、エッチしたんですけど、エッチの後にその男の人が「俺、実はスカウトマンなんだけどさ、AVとか興味ある?」って言われたんですよね。

最初は「えっ!?スカウトマンなの?」って感じだったんですけど、その男性の話を聞いているうちに「やってみようかな」って思い始めて、男の人に「ギャラって、いくらくらいなの?」って聞いたら、「最低でも10万。でも、10万はホント最低ラインだから、あなただったら数十万、百万もすぐイケるよ、絶対」って答えてきたんで、「じゃあ、やってみる。」って答えて、その日はとりあえずスカウトマンの人の名刺だけもらって帰りました。

それで、2日後にスカウトマンの人から電話とメールが来て「今日、渋谷の事務所に面接に来れるかな?」って言われて、行ったらAV作品のメーカーの人が来ていて「今日、出れますか?」って言われたんで、その日のうちにAVデビューしちゃいました。

まあ、今は黒ギャル系のAVに出させてもらって、イベントとかファンの人とかAV女優の友達とかも出来たし、AV女優になったことは後悔はしていませんね。」

ピンサロでスカウトされた

「AV女優になったきっかけですか?ピンサロです。

大塚のピンサロで働いていたときに、AV事務所の社員の人からスカウトされてAV女優になっちゃいました。

もともと、都内の大学に通いながら大塚のピンサロ店でピンサロ嬢として働いていたんですけど、そのお店に私をいつも指名してくれるお客さんがいて、その人がある日私を指名してプレイが終わったあとに、ソッと私に名刺を渡してきて「俺、AV事務所の者なんだけど、興味があったら連絡ちょうだい。」って言われたんですよね。

それで最初は「えっ!?」って思って、でもとりあえず名刺だけもらって、その日は家に帰りました。

でも、気になって、「ちょっと冒険してみるかな」って思って、名刺の電話番号に電話をかけて、事務所に行くことになったんです。

その事務所は小さい規模の事務所で、私に名刺をくれた社員の男性と社長さん、それと経理の女性の3人だけのプロダクションでした。

なんだかアットホームな雰囲気だったし、提示されたギャラもピンサロ嬢のお給料の3日分くらいのギャラで「イイかも」って思ったんで、AV出演を承諾してデビューすることになったんです。

でも、最初のAVがスカトロ物のAVだったんですよね、私がウンチをしているところを撮影するスカトロ物。

ホント、「エ~ッ!」ってカンジでしたね。

でも、私もちょっとアブノーマルな世界に興味があったので、ウンチとかSMとか少しやってみたいな、っていうのが前からあって、それほど違和感なくスカトロのお仕事もこなすことが出来ました。

最初にきちんとスカトロのAV出演のお話を社長がしてくれず、社員さんも「ただトイレに入ってウンチするだけだから」って言うだけで、あれよあれよと言う間のことで、正直、「騙されたのかな」とは今でも感じていますけどね。」

TVにも出られるよと騙されて

「高校生のころから地下アイドル活動して、地道にファンの方も増えてがんばっていたんですけど、高校を卒業してすぐのころに新宿を歩いていたら、スカウトマンの人に声をかけられて、「芸能事務所の者ですが」って言われて、もう、飛び上がりたいほど舞い上がって嬉しくなっちゃって、すぐにその人について行って、新宿の雑居ビルの中にあるプロダクションまで行っちゃったんです。

そしたら、社長が出てきて「ウチは、グラビアアイドルの○○ちゃんとかもね、プロモートしたことがある由緒ある事務所だから安心だよ。知ってるでしょ?○○ちゃん。」って言ってきて、そのグラビアアイドルの女の子は私が大好きで目標でもあった「憧れの存在」で、テレビ番組にもちょくちょく出ていたので、私は「あっ、ココ本当に有名な芸能事務所なんだ」ってすっかり思い込んでしまい、その日のうちに契約を結んでしまいました。

でも、それが間違いの始まりだったんです…

その後、グラビアアイドルのお仕事は一切なくて、かなり露出の激しいイメージ動画の撮影のお仕事を2本ほどこなしたあとに、3本目のお仕事のときに事務所の社長に呼ばれて、新宿の事務所の社長室で「ウチはね、AVのお仕事がメインなんだ。グラビアアイドルの女の子も、みんなAVからスタートするんだよ。最初のうちは何でもやって、それが経験になるからね。」って言われて、もう、断れない雰囲気でついOKを出してしまいました。

それからと言うもの、気がつけばキカタンのAV女優として2年間、かなりハードな現場にも派遣されたり、スタッフや男優さんからすごく威圧的に接してこられたり、イヤなことが多かったですね。

でも、今はAVのお仕事からは離れているので、とにかくあの2年間は私の中で「思い出したくない黒歴史」として刻まれています。」

契約時にはきちんと内容を確認することが大切

騙されてAV女優のお仕事を始める女の子も少なくない昨今の状況です。

自分自身で「AV女優になりたい」と思うのであれば、ギャラの面やNG項目でもめないためにも、あらかじめ契約時には最低限の質問(ギャラやNG項目について)を用意しておき、実際にプロダクションの担当者に話を聞いてみることをおすすめします。

その他にもAV女優の契約には、激しいプレイなどの項目が入っていることも多いため、自分自身ではっきりと「これは出来ません」という意思表示をすることも大切です。

また、スカウトや自分からの応募などAV女優になるにはさまざまな方法がありますが、スカウトの場合は自分がやりたくない場合にはもちろん断ればそこで終了です。

ですが「イヤなのに何となくAV女優になった」というパターンでは、お仕事をしていても嫌悪感しか生まれないため、AV女優になった際には出来る限り気持ちをポジティブにしながらお仕事をしていくことが重要なポイントとなります。

詳しく契約書の内容など気を付けるべき項目はコチラ→AVに出演する前に知っておきたいこと。【AV女優とプロダクションの実態】

AV女優は風俗嬢とはまた違う“つらさ”がある

AVを普段からオカズにしている男性からは「こんな気持ち良さそうなことをしてお金をもらうなんて、楽な仕事だ!羨ましいぜ!」と、思われることも珍しくありません。

ただ実際は9割以上のAV女優が様々な辛い経験をしています。

何がつらいって精神的に病みやすい仕事なのです。

病んでいるとエッチをしたくない時でも仕事なのでやるしかないのですが、これって風俗でも言えることで、病んでいる時に体を使った仕事をしてしまうともっと病んでしまいます。

しかもプライベートと違って好きな人とエッチをする訳ではないので、精神的に落ちている時の企画モノはかなりキツいです。

エグい内容をやらされたりすると尚更落ちてしまいます。

塞ぎ込んでいると求められた演技もできないので即お払い箱です。

それにアソコが弱いのはAV嬢にとっては致命的で、早漏の男優なんて需要がないので、必然的に遅漏の男優を使い何度もピストンをされてしまいます。

ソープ嬢であれば、あまりにも痛い時は「痛い」とはっきり言えますが、撮影されるのが仕事だと痛いとは言えません。

これはかなりつらいことです。

鉄マンならいざ知らず、普通のアソコの持ち主ならば、1日に何回も撮影をされてしまうと擦り切れたりしてしばらく使い物にならなくなってしまいます。

それでも仕事が入ればやらなくてはいけないのがAV嬢です。

まだまだつらいことがあり、もし熱があって体調不良の場合でも、風俗であればただ「休みまーす」と電話1本で済むのですが、AV女優となると、そんなに簡単には休むことができません。

男優やカメラマンその他の人たちが、撮影の日のために調整をしています。

AV女優は「体調が悪いので休みをください」なんてことは言えず、結局具合の悪い中撮影に挑むしかないのです。

ここが風俗嬢と違ってつらい部分なのです。

決して楽して稼いでいるわけではありません!

ある意味、肉体労働なので精神的にも肉体的にも病んでしまうと使い物にならなくなってしまい、仕事を失ってしまうことになります。

また最近ではDVDが支流となり撮影時間もかなり長くなってきています。

しかし経費削減で撮影日数を削られてしまうので、朝から晩までの長時間労働となってしまい、一般的な風俗嬢よりも過酷な労働環境に置かれているのです。

AV出演がバレる恐怖

自分では一生懸命働いているつもりでも「職業AV女優です!」と胸を張って言えないのがつらいところです。

やはりまだまだ周囲の人からの偏見は多いですし、男友達なんかに、自分の出演しているAVを見られてしまったら、あっという間に噂は広まってしまいます。

「人違いだよ」と言ったところで、風俗のパネルと違い、動画なのでバレバレで誰も信用してくれません。

女性の知り合いには汚いものを見るような目で見られ、疎遠になってしまうことだってあります。

天職だと思っていても、周りの理解が得られなければ、肩身の狭い思いとなってしまうのがAV女優です。

最悪の場合、心ない人が親にチクって親バレしてしまい泣かれることもあるでしょう。

親を泣かせることって凄くつらいことですよね。

とはいえ1度出演してしまったAVは、昔のようにビデオテープではないので、パソコンに保存されたりして、世界中に広まってしまいます。

拡散されたら収集不能になってしまいます。

AV女優だって立派な職業なのに、おもしろ半分であちらこちに動画をアップされてしまったら、人違いというのも通用しなくなります。

AV出演は風俗で顔だしより、知人バレを招きやすいのです…。

AV女優と言う仕事を理解しろとまでは言いませんが、見つけてもそっとしていてもらいたいのが本音です。

男優を選びたいのに選べない現実

基本的に売れっ子AV女優で無い限り男優は選べません。

監督が権力を握っているので、AV女優は監督が決めた男優と出演するしかないのです。

どの男優とお相手するのかは当日まで分からないなんてこともよくある話です。

ただ男優候補が何人かいる場合は「どの男優がいい?」と聞いてくれる場合もあります。

元アイドルやグラビアに出ている女の子なら選ぶ権利も与えられますが、ほとんどの女の子は選べないと思ってください。

辞めてほしくない女の子ほど優遇されるわけです。

もし、男優を選びたいのであれば、監督に辞めてほしくないと思わせるような人気AV女優を目指して頑張りましょう。

しかしどう頑張るのか…。

ただエッチをするよりも潮吹を自在にできるようにしておくと重宝されます。

潮吹のコツとしては、撮影前に水を大量に飲むことです。

しかし、この水を飲む作業がきつい!

コップ1杯の水ならば楽勝で飲めますが、一気に何Lも飲まなくてはいけないので、お腹が水でタプタプの状態での撮影となります。

これも人気AV女優を目指すためには頑張って水を飲みましょう!

そもそもAVは、適当に作られているのではなく、きちんと台本があります。

台本に『潮吹き』なんて書いてあったら、吹けない女の子は使い物にならないので、出来る限りの多くの特技を持っておくこと、出来ることを増やすことが大切となってきます!

ゴムなしAV女優も重宝されます。

さすがに妊娠も怖いのでピルは欠かせませんが、性病も怖いので、いくら重宝されるからと、ゴムなしで出演するのだけは止めておきましょう。

ほとんどのAV女優はゴム着で仕事をしているくらい性病にかからないように配慮しています。

当然男優も性病を移されてたくないので、ゴム着の方がお互い安心して撮影をすることができます。

中だしをしているように見えるのは、本番中はゴム着でプレイをし、精子に見せかけた白い液体をアソコに注入して中だしをしているように見せているだけなのです。

いくら出来ることを増やして人気AV女優になりたくても、ゴムだけはきちんとつけて撮影をしましょうね。

AV女優はつらそうなことばかりだけど本当に稼げるの?

まずはプロダクション選びが重要となってきます!

スタッフがいい加減だったり、人間関係が悪かったり、1番の問題として全然仕事がこない!そんなプロダクションでは、せっかくAV女優になろうと決意して飛び込んだ世界なのに、仕事がなかったら全く稼げません。

弱小プロダクションに所属してしまうと、月1本撮影があるかないかなので、出来る限り大手のプロダクションに所属できるように、AVのスカウトマン的なものを活用し大手に所属できるように探してもらいましょう!

気になる手取りですが、人気AV女優になると月1契約で1本出演するだけで100万円も貰えるのですが、まだまだ下っぱだと、その他大勢として10万円前後が妥当となります。

これを安いと取るか高いと取るかは人それぞれですが、10万円前後でも大手プロダクションに所属して月に20本近く撮影をしている企画系AV女優ならば月1本のAV女優よりも稼げてしまうことになります!

あそこが痛くなるのは承知の上で、たくさん出演できるように大手プロダクションに入り、監督に気に入られることが稼ぐためには必要となってきます。

たとえデビュー作の手取りが安かったとしてもAV女優として経験を積んでいくうちに、手取りがどんどんと上っていくことがあります。

石の上にも3年という言葉がある通り、3年ぐらいは頑張ってAVの技術を磨きあげAV女優を続けてみましょう!

実はAV女優になると、かなり優遇される仕事があるのです!

それはソープです。

たった1本の出演でもAV女優の肩書きがつくので、ソープのトップページに『期待のAV女優入店!』なんて紹介され、高級ソープでも瞬く間に指名で埋まるようになります。

これはかなり美味しいのでAV女優と兼業で風俗に働きに行っている女の子も結構いるのです。(もちろん普通のバイトをしている女の子もいます)

だんだんと出演する本数が増えてくれば、AVでの収入もアップしますし、風俗での収入も増えていきます。

どちらの収入もうなぎ登りで増えていくので、年間1000万円以上は稼げるようになるでしょう。

AVに出演することによってつらいこともありますが、頑張れば頑張るほどお金が舞い込んでくるので、やりがいがある仕事なのです。

地方出身ですが東京にいないとAV女優になれない?

東京ではスカウトされたり、プロダクションはたくさんあるから、すぐにAV女優になるための行動にうつせますが、地方でAV女優になることはできるのか、疑問に思いますよね。

実を言うと、今は地方にいながらでもAV女優になれます。

プロダクションに入れば地方にいながら撮影の時だけ上京する。このような形態の人は増えています。

ひと昔前は東京近郊の人ばかりで一極集中でしたが地方へ分散しています。

これはインターネットの利用が増え、プロダクション側もスマホやパソコンから申し込みができるようになったことが理由になります。

人気がでそうな女性を全国から発掘しようとしているんです。

撮影期間だけ東京に行って普段の生活は住み慣れた所。これは可能になります。

ぽっちゃりでもAV女優はなれる?

いろいろ注文つけるけどAV女優向きのからだではない。それでも大丈夫かな。採用してくれるかな。と不安に思いますね。

プロダクションの採用基準には、体形だけを見て「採用しない」は、ないようです。

体形も大事ですが、顔、胸、色気、SEXに対してどのようなものか、性行為の演技ができるかなど、総合的に評価して採用するようになります。

勿論、すべてが良い評価の女性の方が人気もでる。プロダクション側としてはDVDが売れるから、たくさん出演も増やします。

ただ、世の中の男性の好みは、色々なものです、ポッチャリ、スレンダー、胸が大きい、胸が小さい、幼い顔、筋肉質など言ったらキリがないぐらい、タイプが様々になります。

だから、心配することなく応募してみましょう。体形だけで採用が決まることはありません。

AV女優になる最も多い動機

実を言うと借金がたくさんあって、もうどうしようもなくなってAV女優になろうとしています。

そんな人っていますか?とよくあります。AV女優になる動機もさまざまです。

若い女性はAV女優になって有名になりたい。将来的には映画出演できる女優になりたい。

モデルに転向したい。20代後半で給料が少なすぎるから手軽に収入を得たい。30代で離婚して生活に困っているから。など個々に理由があります。

その中でも借金に関しての問題を抱えるAV女優はたくさんいます。AV女優になる動機には借金返済が多いのが現状です。

AV女優になったら実際どれくらい稼げるのか?

AV女優になる覚悟はできたが、AV女優になって本当に稼げるのか、もしかして稼げないAV女優もいるのではないのか。その通りです。

どのように稼ぎが分かれるかお話しします。AV撮影にはランクがあり、単体モノ、企画単体モノ、企画モノと分かれます。

このどれに出演しているAV女優なのかによって稼げる金額が分かれるようになります。

単体モノ

AV女優の中で一番ランクが高いモノになります。

その人自身の容姿がよくて人気のあることで、AVメーカーと専属契約を結び出演するようになります。

専属契約になるので他メーカーの出演はできません。

月1本の出演でギャランティ(出演料)は、100万円ぐらいが相場になります。

トップに入れば200万以上になるAV女優もいます。この契約は未来永劫続くのではなく、契約更新があります。

販売実績がよくて将来性も稼ぐ余地がある場合は、契約を引き続き更新することになりますが、AVメーカーとして将来性がないと判断した場合は解除されるようになります。

企画モノ

人気がなく販売は見込めないAVに出演するAV女優になります。

販売実績があがらないので、ギャランティも低く、1回の撮影で最低で2万、最高で10万ぐらいになります。

契約もなく、出演回数もあまり見込めないため、稼ぎの額は副業ぐらいのようです。だから、時々主婦が出演するようです。

企画単体モノ

前述の企画モノとは、盗撮、SM、痴女、スカトロ、コスプレ、流出モノなどの、ある特定の分野を制作したAVになります。

企画単体のAV女優は、企画モノにも単体モノにも出演できるAVメーカーと契約はないAV女優のことになります。

だから、AVメーカーから依頼が会った時のみ出演するようになります。

出演1日あたり、30万から80万と開きがあります。

契約がないため、依頼がなければ0円になります。

テレビドラマや映画に出演する女優では数億稼ぐから、AV女優も出演している本数がたくさんあれば相当稼ぐのではと考えますね。

女優と1本当たりの単価の違いはありますが、人気によって単価があがったり、出演本数によって稼ぎが増えると言う意味では同じになります。

ひとつ違いがあるとしたら、女優の場合は有名になるまでは、ほとんどの人は下積み時代があります。

しかし、AV女優はプロダクションがこの女性は人気がでる。DVDの販売実績もあがる。AVメーカー側も協力してくれる。

そのように思われるAV女優は新人でもギャランティは高い金額になります。

なぜなら、女優は演技力が必要になりますが、AV女優は性行為の演技は必要ですが、その他の演技力はあまり経験を必要としないからです。

どうですか。AVは稼げないと判断しますか。稼げると判断しますか。これはどんな仕事でも同じになります。

身近で言えば美容院のスタイリストでもお客さんに人気があり、たくさんのお客さんの髪の毛を手入れすることにより、収入もあがりますよね。

スタイリストは技術力と人柄になるのでしょう。技術力だけでもお客さんはつかないし、人柄だけでも同じです。

AV女優は人によっては数千万稼げるが、数十万しか稼げない人もいるということになります。

稼げる分類の順番は、1位は単体モノ、2位は企画単体モノ、3位は企画モノになります。

風俗で働いたほうが効率良い?

AV女優も競争があります。稼げる確率は低いですが、稼げる人はたくさん貰っています。悩みますね。

だったら、風俗のほうが安定できるのでは、と気持ちが揺れますね。

AV女優も風俗もすることは同じ、多少風俗のほうが稼ぎは低いと思うが、本当はどうなのと悩みますね。

風俗の稼ぎ

風俗にもたくさんの種類がありますが、ここではソープに絞って説明すると、ここにもランクがあります。

超高級、高級、一般、大衆とお客さんの収入により分けています。

超高級となると、月間600万の収入とかでAV女優と同じくらいの稼ぎか、もしくは超える女性もいるようです。

高級は100から200万、一般で80万、大衆では40とか50万いけばいいとかになります。

ここも、AV女優と同じで人気があれば収入が増えるという考えは同じになります。

風俗とAV女優どっち

メリットは、どちらも上のランクになれば稼ぐことができることになります。デメリットで判断した方がいいかもしれません。

AV女優は、撮影したDVD、インターネット配信、これは一生動画、静止画として残ると考えたほうがいいでしょう。

あの時はお金が欲しかったからAV女優になったが、もうこんな歳になってもそれが残っている。ということになります。

これは消去することは不可能です。画像加工したり、化粧でわからなくしても、なんとなく似ていない?となることがあるかもしれません。

風俗嬢は、動画、静止画では残らないですが、友人、知人、親、子供がお客さんになることもあります。相手を選ぶことはできません。

AV女優はAV男優を選べないですが、AV業界のルールを知っているひとになります。

風俗嬢の相手は、普通の人もいれば、変態もいるということになります。

そのような人を相手に性行為をしないといけません。それが嫌で断っていたら、お客さんはつかなくなります。

まとめ

AV女優は精神的に病んでいても休むことはできませんし、どんなに体調が悪くても撮影に行かなくてはいけません。

また男優も選べないことが多いので、キモいオヤジと絡まなくてはいけないこともありますが、生理的に受け付けない!なんてことはとても言えません。

でも大手プロダクションに所属し、人気AV女優になることによって、多少のわがままも聞いてくれることもあります。

それにAV女優になることによって、撮影のない日にはソープに働きに行けば、AV女優の肩書きがあるうえ、プレミアム感を出すことができ、すぐに満員御礼となります。

まだまだAV女優として人気も知名度もなければ、兼業としてソープで働くことをオススメします。

収入が安定すると心も安定してくるので、1本あたりの単価は安くても多くのAVに出演することができるようになり、人気AV女優よりも稼げてしまうなんてこともありますよ。

-AV女優
-, ,

© 2020 DazzBrity