友達と風俗店

風俗あるある

友達が働いてる風俗店に誘われたらどうする?

2020年4月7日

初めての風俗の仕事って、何かと不安ばかり。

普通の昼職の面接を受けるときよりも何倍も緊張するし、風俗店で働くうえで不安や悩み事がたっぷりあるという方が多いんじゃないでしょうか。

そんな時に有能なのが、友人の紹介で風俗店の面接を受けて友人と一緒に働くという選択肢!

独りぼっちだと不安だけど仲のいい友人がいるだけで安心感が格段と違いますよね。

しかし!風俗店の友人紹介制度には色々な落とし穴があるのです。

今回は、そんな風俗店における友人の紹介についてのデメリットについて考えて行きましょう。

友人紹介はそもそも採用されにくい!?

「友達紹介で手当支給」「友達とのご応募お待ちしてます!」「お友達紹介制度あり」求人サイトでよく見るこの言葉。

友人と一緒に面接に行くだけでボーナス支給だとか、友人紹介なら100%採用だとか、とにかくメリットだらけに見える制度ですが、本当に良いことだらけなんでしょうか?

もちろん、友人の紹介と言う名目があるだけで色々な特典を受けることが出来る風俗店もあるのが事実なのですが、全部が全部そうだとは限りません。

実は、友人紹介で面接に来た女の子は不採用になる確率の方が高いです。

もちろん、採用になるケースもありますが友人での紹介で入店した女の子は安心しきっているのかワガママを言いまくったり派閥を起こしてしまったりする傾向があり風俗店側は避けたいのが本音。

結局のところルックス次第という場合がほとんどですが・・・

いくら友人の紹介だからと言って、あまりにもデブスだったり店舗のコンセプトに合わなかったりした場合は風俗店側も損をするだけですからね!

在籍中の女の子にお願いされたから仕方なく面接を受けただけで、そもそも最初から採用するつもりが無かったなんて風俗店もあるようです。

友人の紹介だから安心!なんて思ってはいけないってことですね。

なぜ友人が紹介してくれたのかを考えてみる

あなたが友人から風俗店の紹介を受けた場合、なぜ紹介してくれたと考えますか?

それには結構、裏があります。

例えば紹介で高額のボーナスをもらっているだとか、店側に良く思われたいがために紹介しただとか。

とにかく大半が、自分への利益を受け取るための利用目的です。ちょっと悲しいしやる気も無くなりますね。

あなた自身が割り切って仕事をして行くのなら問題無いのですが、何かあったときに「私より保証が高い癖に」と心の奥底で感じてしまうかもしれません。

そう思うと、友人と一緒に働くのはあまり良くないと言えそうですね。

喧嘩や嫉妬の原因になる

仮に、友人の紹介で同じ風俗店に入店出来た場合でもデメリットばかりです。

一番の泣き所は、あなたと友達の喧嘩や嫉妬の原因になってしまうこと。

例えすごく仲のいい親友だとしても、お互いに気持ちよく業務をこなせるというわけではありません。

それが風俗店の世界なんです。

同じように稼げるわけではない

風俗というお仕事は一対一の客商売。人によって向き不向きがあるからこそ、あなたと友達が同じくらい稼げるわけではありません。

必ず、稼げる方と稼げない方の差がでます。

その差が他人なら「あの人は接客が上手なんだな~」「羨ましいなぁ」くらいの感情でおさまりますが、友達という関係だと「何であの子が稼げて私は稼げないの?」「ムカつく!」と、どうしても鼻についてしまうんですよね。

そうなるとどうでしょう、あまり良い関係を築けるわけがないですよね。

仲良しが一番の強敵に

友人紹介で入店したのに、数か月後にはどちらか一人が退店している。こんなのは良くある話です。

「友情が壊れる前にお店を辞める」「仕事より友情を優先する」そんな理由なら良いのですが、中には「嫌がらせをされたから」という理由でどちらか一方が辞めるケースが多いようです。

中でも多いのが、掲示板やSNSなどのネット叩き。友人しか知らなかったような情報がネットで晒されたなんていうのも実際にあるようです。

仲良しな友達だったのに気付いたら一番の敵になっていた。そんなの嫌ですよね。

身バレの危険性が高まる

嫉妬や喧嘩が大事になると、身バレの危険性も高くなるので要注意です。

いくら仲の良い親友でも友情に亀裂が入ったら周りにバラされてしまう可能性が高くなることを十分に理解しておきましょう。

自分が友人を紹介する立場になった場合は?

もちろん、あなたが友人を紹介する場合も危険やデメリットの方が多いです。

友人を紹介した場合、ボーナスや特典として数万円受け取ることができますが、それ以上に大変な思いをすることになるでしょう。

例えば紹介した友人が思った以上に稼げなければ友人にも店側にも気を遣いますし、反対に友人が自分よりも稼げた時に惨めな気持ちになってしまいます。

業種によっては気まずい関係になってしまうことも

デリヘルやソープなど完全に個室で接待する業種なら支障は無いのですが、ピンサロやセクキャバなどお互いの接客が見えるような店内の場合、友人であることが故に気まずい思いをしてしまうこともあります。

これもまた割り切れれば大丈夫なのですが、友達がおじさんのチ○コを舐めていたり、媚びを売っていたりするのはできれば見たくないし見られたくもないですよね。

3Pありの風俗店もしかり。友人のプレイを目の当たりにするより、一緒にプレイに及ぶなんてメンタルに来ちゃいますよね。

風俗店の仕事は一人で行動した方が吉!

結論を言うと、風俗店で働きたいなら友人の紹介は避けて一人で行動するのが最も良いということです!

風俗の仕事だけに限りませんが、上手く働いていくためには自分自身で考え、判断して、行動を進めていくのが一番です。

もし業務中に何かあったとき「あの子のせいだ」と思いたくないですよね。

信用できるのは紛れもなく自分だけ。人に頼らず、求人サイトなどを使って自分の力で働きやすいお店を見つけましょう。

まとめ

友達と一緒に働いたら楽しい。

友達と一緒なら愚痴や相談に乗ってくれるからストレスが軽減される。

もちろん友人の紹介で風俗店を決定する場合でもメリットは少なからずあります。

でも間違いなく、デメリットや危険の方が多いので、良く考えてから応募するようにしましょう。

-風俗あるある
-, ,

© 2020 DazzBrity