風俗 キモ客 いた客

風俗あるある

風俗に現れるキモ客まとめ

2020年4月7日

お客様は神様です!

・・・と言いたいところですが、平気でありえない要求をほざいてくるキモ客は風俗店にはウジャウジャ現れます。

いや、マトモなお客さんもいますよ。でもそれ以上にキモ客の割合は多いです。

そんな風俗あるあるのキモ客たちを連発で紹介していきます。

これを読んでキモ客の生態を知ってください!

万が一今読んでいるアナタが男性の場合はこの記事を読んで自分の行いがあてはまっていないかを確認してください(笑)

上から目線で説教をしてくるキモ客

よくあるパターンとして嬢に説教してくる客がいます。糞発言の中でも王道です。

誰に頼まれたわけでもなく自分の意志で来店してサービスを受けているにも関わらず「こんな仕事してたら親が悲しむよ?」だとか「もっといい仕事見つけなよ」など自分の立ち位置を考えずに説教してくる客です。

大きなお世話ですと言うことができれば楽なのですが、一応そこはお客さんですので適当に受け流さなければならないのが辛い所です。

まず何故彼らはこんな事をいってくるのでしょうか?

冷静に考えてみましょう。結論から言うとほとんどの場合仕事や家庭などの日常で抑圧されているからです。

人は誰かに抑圧されると誰かを抑圧して発散しようとします。

風俗嬢には高いお金を払っているのだから、俺のほうが偉いのだという錯覚を起こした結果、説教に繋がるという事です。

上から目線でネチネチ言われたら誰だって気分悪いですよね。

そういった時相手の事を可哀そう…この人、普段周りに見下されて生きているのだなと思えば、取るに足らない相手からの説教などたいしたことではないと考えることができます。

誰かをバカにするときの心理状態ですが、ほとんどの場合、自分自身に対しての気持ちなのです。

すなわち自分の事を馬鹿にしているから他人を馬鹿にしなければ気が済まないとういことができます。

ですから真正面からまともに対応する必要はありません。適当に嘘の設定を作り上げて、テンプレのように答えましょう。

前述した台詞、親が悲しむよといわれたら、その親に仕送りするためにお給料がいい風俗で働いているんですといえば、理屈上それ以上は何も言うことはなくなります。

せいぜい捨て台詞を吐くか、屁理屈をこねるだけで、それも続かないでしょう。

親不孝だと咎めているわけですから、親への仕送りをしているという親孝行を持ち出すのです。

もっといい仕事見つけなよと言われた場合は、将来的に自分のお店を持つための資金を稼いでいるといえば、向上心がある人間だとアピールできますから、もともとたいした日常を送っていない人間にとっては眩しく見えます。

風俗嬢は自堕落な生活をしているのだという思い込みからくる客の歪んだ優越感をばっさり切ってやればいいのです。

下心まるだしでプライベートを詮索

風俗ではその性質上、勘違いしてしまうキモ客が一定数います。嬢に恋愛感情を持ってしまうのです。

恋は盲目といいますが、昔から恋をすれば男女問わず支離滅裂な行動をとってしまうことがあります。

そしてあわよくば嬢と付き合いたいと、あの手この手でプライベートを詮索してくるお客さんが出てくるのです。

君のことをもっと知りたいなどの糞発言をどう受け流せばいいのか。

年齢くらいならともかく、本名を知りたがったり、住所を聞いたりしてくるなど、執拗ですと怖いですよね。

そういった時は適当に答えてください、個人情報ですので馬鹿正直に答える必要はありません。

男は勘違いしやすい生き物ですので、仕事でプレイしているだけなのに、丁寧に接客しただけで、この子は俺に気があるのだと、とんでもない方向にいってしまう客もいます。

色恋営業などでリピート客を増やす営業テクもあることはあるのですが…

厄介ごとに巻き込まれるのは嫌だと考える方は、彼氏がいると伝えたほうがリスクは低くなります。

風俗嬢に恋愛感情を持ってしまうタイプは純情な人が多いので、彼氏がいるといわれると引き下がるケースが多いのです。

もし可能ならば風俗嬢はお客さんを恋愛対象として見ていないので、そんなんだと色恋営業にはまって破産しちゃうよといってあげてもいいかもしれません。

また性欲というのは不思議なもので、彼氏や旦那がいる女性とのプレイのほうが盛り上がる性癖の男性も多いので、差し引きでいうと目立ったマイナスにはなりません。

ルックスを指摘してくる馬鹿野郎

何様だと思うほど嬢への暴言を繰り返す客の接客はストレスが溜まりますし、良客にはなりえません。

例えば胸が小さいなんて言ってきた場合はどうでしょう?

お返しに笑いながらあなたのちんぽ程じゃないですよといってもおあいこです。

多少の言葉は受け流す必要がありますが、我慢にも限界があります。

接客態度などを注意されれば改善することができますが、根本的なルックスを罵倒されても改善しようがないのですから。

キモ客と接客するのは避けられないですが、ダメージを最小限に抑えることはできます毎回気持ちよくプレイできればいいのですが、風俗では残念ながらウザ客への接客を避けることができません。

糞発言を0にするのも残念ながら難しいといえるでしょう。

その際、まともに受け答えをすると心身ともに消耗するので、基本はあしらう方向で受け流します。

お客さんを福沢諭吉のお札に見立てれば多少のことは頑張ることができるはずです。

それでも限度を超えたお客さんについては我慢する必要などありませんので、お店に行って入店禁止などの措置をとってもらいましょう。

長文メール。粘着キモ男君。

連絡先を教えた途端、朝、昼、晩、ほぼ毎日メールが来るパターン。

これぞ「あるある」と声が聞こえてきそうですが。

嬢の皆様が連絡先を交換する理由としては営業が一番。しつこくメールしてきてもね、キモいだけ。

以下“こんなメール来ました“を何件かご紹介します。

  • 「元気ですかー 何してるのかな」
  • 「今日はどんな1日でしたかー」
  • 「貴方が本当に好きになってしまいました。諦めきれません。貴方と付き合いたいです。」
  • 「おはよう。風邪の具合どうかな。無理しちゃダメだよ。」
  • 休みの日に「今何してるの?」
  • 「最近どう?元気してるの?全然音沙汰ないから心配してます。連絡ください」
  • 何故かこだわりの角度の自撮り。「今日はこんな料理しました」の写メ。
  • 「運命かな、この出会い」って、指名したんじゃなかったっけ?
  • 「出会った場所が悪かったよ」って他では出会えませんよ?
  • 犬を飼っていると言ったら、「俺も飼って~!いっぱい舐めてあげるから」ってそんな存在いらない事くらいわからないのかな?w
  • 「さんざん金使わせておいて、なんで付き合えないの?」とか言いますが、いつ無理やり使わせたよ?
  • 「見て!ココに通うようになってから新築の一戸建てがレオパレスになっちゃった!」・・・なに?罪悪感を与えたいんですか?
  • 付き合えないからと言って般若心経をメールで送ってくるお坊さん・・・成仏させたいわけ?

軽く切り返せるようなメールならば何の問題も無いのかもしれませんけど、プライベートまで踏み込んでくるのは問題ですよね。

朝昼晩メールって友達、彼氏でも無いのに迷惑でしか無いと。

女の子の本音としては、何で教えるかなんて、営業の為ってわかるじゃんか。

アドレスが捨てアドなんだし。空気読めよ。って感じみたいです。

みんなが出会ったキモ客たち

45分コースで「外出したい」と言ってきたショボ客

45分で外出が出来るとしたら近所のコンビニくらいだよ。

きっとカップルのように、「なんのおにぎりがいいかなぁ」なんてイチャイチャしながら品物を選ぶ気満々だろうけど、選んでる時間はありません!

走ってコンビニに行く間に、鮭か梅か考えておかないと時間オーバーしちゃうよ。

メール教えたら店に来ないくせに店外店外うるせーキモ客

店に来ないでタダで会おうなんて要求するな!それ以来リピーターになりそうなお客さんにしか営業メール教えなくなった。

「君とこんな場所じゃなく健全な場所で出会っていたら俺たち幸せになれたかな…」なんてチンコ丸出しで語っているキモ客。

そもそも付き合っていないし、健全な場所で出会っていたとしてもキモいから関わりませんよ。

ありがたや…観音様を拝ませてくれ

キモいのもあるけど自分の死を悟っていたのではないかと思って、私がお爺ちゃんの最後のSEX相手だったかも知れないことが後味が悪い思い出。

性病無アピール

ゴム着けようとすると、「会社の健康診断でなにも言われなかったから病気ないし、着けなくても大丈夫だよ!」って言う客。

頭沸いてる。会社の健康診断の項目に性病検査ってありましたか?こういう客は大抵検査してないから病気持ち。

いや、目の前で見てたよね?

目の前でローションつけているのに「こんなにびしょびしょだよ?いやらしい子だね…下のお口が欲しいと言ってるよ」とか言うキモ客。

脳内変換して言葉にして客なりに気分高めてるのかしら。

手マンと乳首攻めの激しい客

風俗嬢はみんな優しいから言わないだけで、「女の子を気持ちよくさせてあげるのが目的でヘルスに来てるんだ!」ってAVばりの激しい手マンしてくるキモ客。

全部演技だし痛いだけだって誰か注意してあげてください。

更に長い時間乳首責められて感じてるフリしてたら「いっちゃう?いっちゃう?」と言われ続け興醒め。

乳首攻めはイライラするだけなんだよ。くそ!

何度も何度も我慢しないでイッテいいよ!とかいうキモ客

こっちはイク演技なんか出来ないからお前がサッサと逝ってくれ頼む!客でなんかイカないから!

「エッチなことが好きでこのバイトしてるんでしょ?こっちがサービスしてる感じだよ」となにか勘違いしながら、鼻息荒く舐めまくってくるキモ親父。

プレイが終わったあと冷静になったらしく、「こんな仕事はしてはダメだ!親御さんは知らないんだろ?親を悲しませるな!」

いゃ…そのコメント最初に言ってくれたら説得力あったんですけどね…。もう、全然心に響かないっすよ。

いつ、あんたの彼女になった!?

「俺の彼女!」と顔出ししていた時代にやられた。

客が会社のPCに保存して、仕事中見ると頑張れるからと保存していることを知ってから、顔出しは金輪際止めようと心のなかで誓った。

しかもその後「俺だけのために撮った写真をくれ」と要求され怖かった。

人妻店だからといって・・・

人妻ヘルスにて「こんなところで働かせる男はダメだ!俺と結婚しよう!」と迫られた。

いえ、人妻ヘルスって言っても独身の場合もあるんだよ。と、言うと面倒なことになりそうだったので旦那とは別れられないと逃げ切った。

パンツの臭いを嗅ぎたがる勘違い君

嗅ぎたいと言いながらすでに嗅ぎ始めていた。

自分は風俗に来ているのに「僕らが結婚したら風俗は辞めてね。嫁が風俗で働いていたら嫌だから」と…あなたと結婚する予定はありませんが。

「俺のチンコでかいっていつも言われるんだよ。入れたくなるでしょ?」銭湯でも行って比べてこい!普通だ。

「店以外で合ってたら絶対お前のことナンパするわ!嫁と別れたら付き合おう!」などなど会って10分そこらで何言っちゃってんの?

キモいって言うよりこんなクズが旦那で奥さんに同情しちゃった。

お母さんの役やってと言われて襲われる母親の役やらされた

くさい演技でも喜んでくれたけど、自分の母親襲っておけば金かかんないのに…近親相姦か。

自信満々な勘違い君

自分語り大好きで、聞いてもない事ペラペラ喋り出すキモ客。そして、ショートで入っているから時間ギリギリになってプレイ始めるからイカない。私地雷扱い。

時間に細かすぎるキモ客

人妻店でタイマー鳴ってるから時間だよと急かしても「大丈夫。あと10分はコールこないから」ってw

どんだけ通ってるんだよ。てか次の予約が押してるんですけど。

キレる年寄り

クリトリスを一舐めして「イッた?イッた?今イッた?」って聞く老害。

イッてないですって答えると「お前は不感症だ!!」ってキレる。年寄りは始末に終えない。

黄色信号

「この前あそこのコンビニにいたでしょ?あの辺に住んでるんだー。俺もあの辺なんだ。家賃もったいないし一緒に暮らしたらお得だよ」と謎の個人情報筒抜け。

これは本当に危ない!早く引っ越しましょう!

キモ客の想像力の豊かさ

「俺のこと好き?嫌い?」これ一番困るキモ客の台詞。お世辞で好きって答えると、脳内で付き合ってることになってるし、嫌いとも言えない。

「通ってれば俺のこと好きになってくれる?男と女だもんね、好きになることもあるよね?」とかwまずありえません。

見下しすぎw風俗って簡単じゃありません!

「俺が女だったら絶対風俗するわ。楽だし、金いいし」とか言ってくるそこのキミ。

生まれ変わったらぜひやってみてください。思ってるほど楽じゃねぇぞ?

あなたみたいな表面しか見えない脳無し男によく、その頭で考えたしょぼいモノサシではかられるんだよ?

バカに馬鹿にされたらムカつきますね。

いやいやお金だから!

ピンサロですぐに運命の出会いだと勘違いし、通いつめ、付き合いたいと泣き出すキモ客。周りの視線が痛かった。

いい大人なんだか社交辞令くらい理解しよう

チンコに真珠が入ってて「初めて見た!」としげしげと見ていたら「入れたら気持ちいいよ。入れてみる?」

いえ、ピンサロなんでとにこやかに手コキに切り替えた。

我慢するキモ客

ピンサロにて・・・「もうイッていい?まだダメだよね?」

ってwさっさとイケよ。顎が痛いんだよ。ここピンサロ!何人相手にしてると思ってんだよ!

変わったキモ客エピソード

隠れマザコン男

その男性は、見た目は30代なかばで黒髪の短髪。

細い黒縁眼鏡をかけており、仕事帰りなのかスーツ姿で来店してきました。

見た目は、いかにも仕事が出来る男という風貌で私の第一印象はとても良かったです。

最初にシャワーを浴びベッドに移りプレイ開始。最中も優しく、とてもいい雰囲気でした。

そろそろ終盤にさしかかった時でした突然男性が頭をなででほしいというリクエストがありなでながらフィニッシュを迎えたのですが、その瞬間彼が女性の名前を口にしました。

プレイが終わりまだ少し時間が余っていたので、奥さんか彼女か聞いてみたところ実の母親の名前でした。

しかも、自分は言った覚えはなく無意識に口にしていたのです。

母親の名前と聞いた時は、鳥肌ものでした。

鼻フェチ男

その男性はまだ若く、20代前半のお客さんのお話しです。

その男性の鼻フェチとは、女の子の鼻が好きというものではなく自分の鼻を舐められるのが好きというものでした。

他人の鼻など舐めたことがないし、正直嫌でしたが軽くキスをするような感じですると「もっと咥えて」とか、「もっとベロ出して」と段々と注文内容がエスカレートしていきました。

邪険にすることもできず仕方なく注文通りにこなしました。

プレイ中は、ほぼずっと舐めている感じで終わりました。

プレイ後、いい匂いだったと言われましたが本当に気持ち悪かったです。

妄想男

その男性は、年齢的にもまだ若く良くも悪くもない容姿でした。

プレイ前少し談笑していたのですがその会話の中で男性には彼女がいることがわかりました。

談笑も終わりシャワーを浴び終わりベッドにいきプレイが始まりました。

最中に男性が突然おもむろに自分で持ってきたカバンの中から1枚のワンピースを取り出し匂いを嗅ぎはじめました。

どうやらそのワンピースは彼女の私物らしく、匂いを嗅ぎながらすると罪悪感で興奮するみたいです。

プレイ中盤、スマホの写真で彼女の顔まで見はじめたときはとことんイっちゃってると思いました。

店を出て彼女のところに行った姿を考えると、気持ち悪いしその彼女をとても可哀想に思いました。

勘違い男

その男性は、40代前半小太りのいかにもモテなさそうな風貌でした。

男性は部屋に入るなり「会話は全部俺に合わせて彼女になりきって」と言ってきました。

プレイ中はずっとネチネチした感じで、「お前が一番」とか「俺のこと好き?」などの終始勘違い発言のオンパレードでした。

しかしお金を貰っている以上プレイ中はちゃんとなりきってその男の性癖に付き合っていましたが、終了時間になってもなかなか出ていかずしつこく「好きになった?」、「本当に付き合ってみる?」と言ってくる始末。

怒らせてもダメなのでやんわりと断っていると、最終的に連絡先まで渡してきました。当然、連絡はしていません。

いきすぎたM男

事が起こった風俗店は、SMクラブでもない普通の風俗店です。

お客さんは、40代の中年男性です。プレイが始まる前から自分はM男だと言っていました。

プレイ中突然ビンタをしてと言われて仕方なくビンタを軽くすると、もっと本気でとかお尻も叩いてと徐々にエスカレート。

SM店勤務でない私からすればとても乗り気になれるような内容ではありませんでした。

その他にも、唾を吐きかけてとか暴言をはいてとかとにかく凄かったです。

最終的に、尿道に指を入れてくれと頼まれました。

まだ、風俗店で働くのが初めてだった私は断ることが出来ず嫌々入れましたが本気で吐くかと思いました。

その様な方は、そっち系のお店に行ってほしいです。

年寄り男性

明らかにおじいちゃんっていうお客さんが相手になった時のお話しです。

髪は完全に白髪で眼鏡(たぶん老眼鏡)をかけており、腰もまがっていました。

まず、おじいちゃんというのでもキツいのに体から変な匂いまでするのです。

服を脱ぐと皮膚がたるんでおり、妙なボツボツまでありました。

モノはちゃんとたったのですが、キス好きなのか頻繁にキスを求められました。

正直、口臭もキツく気分が悪くなりました。人それぞれだと思いますが、私には無理でした。

隠れ女装癖男

30代半ばで中年太り、髪は長めのお客さんが相手になりました。

髭も生えており、冬なのでジャケットを着ていたのですが服から出た手の毛も濃く毛深い印象でした。

最初にシャワーを浴びようと服を脱いでもらったら、女性用のブラジャーと下着を着用しておりドン引きです。

しかも、 完全に胸毛と足の毛を剃っていました。服で隠れている部分の毛をすべて剃っていたのです。

しかもプレイが始まると、結構大きい声で喘いでくるし、剃った部分の毛が当たるとチクチクして痛いし気持ち悪かったです。

お漏らし男

男性客は、30代後半の細身でどこか頼りない感じのナヨナヨした男性でした。

プレイを始めるので服を脱がしてあげたら、白いブリーフをはいていたのですが完全に黄色いシミが出来ていました。

それだけではなく、後ろには茶色いシミまでありました。その時点でドン引きです。

入念にシャワーで体を洗いましたが、プレイ中2,3回おならをしてきました。

漏らしてないか怖いし何より臭いし最悪でした。

露出狂男

40代くらいのスーツで来店してきたお客さんです。顔はシュッとしており爽やかな感じの男性でした。

その男性とは、すぐにプレイをはじめずに結構長い間談笑をしていました。既婚者で子供はいないとのことでした。

談笑後段々とエッチな雰囲気になり上着を脱がせ、ズボンを脱がせるとその下はなにも履いていませんでした。

ビックリしましたが冗談半分で何で履いてないのかと尋ねると、真顔で普段から下着を着用してないとのことでした。

プレイ後、気になったので何で下着を履かないのかと尋ねたら露出癖があるとのことでした。

何か犯罪の匂いもしましたが、とにかく気持ち悪かったです。

尿道男

あるSM店で働いているときでした。

そのお客さんは私とは初対面で30歳くらいの一見普通のサラリーマンでとてもこういうお店に来るような方には見えないかたでした。

プレイ時間を3時間とかなりロングでとってくださり初対面でしたが結構気合いも入っていました。

いざ始まりそうな雰囲気になってきて「どういうのが好き?」と聞くと洗面台から綿棒をとってきて「これを俺の尿道に入れてほしい」とのこと。

SM店で働き1年は経っていましたがそういった注文は初めてだったので結構とまどいました。

尿道を傷つけたりしたら大変だと思いゆっくりとやさしくやっていたらお客様から「そんなんじゃダメだ、もっと激しく!いやもう次はこれを入れてくれ」と渡されたのが、なんと割り箸(笑)

案の定入れてみたら尿道から血は出てくるし私の手にも嫌な感触が伝わってきます。

そんなやりとりが3時間。正直精神的には結構な負担でした。

なのでお店に戻り店長に「もう怖いから次からはNGにしてくれ」と頼んだら「またか(笑)」と。

店長によればそのお客様は「綿棒」というあだ名があるくらい有名で最近そのお客様のお気に入りだった女の子が退店してしまって何人かの女の子にNGにされてたみたいです。

性癖なので仕方ないですが血が出るまではちょっと私にはキツイですし傷害罪なんてことになっても嫌なので可哀想ですが私はNGにしてしまいました。

台本持ち込みM男

今までたくさんのキモ客やびっくりするお客さんを接客してきましたが、総合的に見てもダントツでびっくりしたお客さんがいます。

Mっ気の強いお客さんで、台本を用意してきていました。

お客さんが生徒に虐められる先生という役で、台本通りにプレイを進めていきます。

しかし台詞の言い方が気にくわないと、その度に激怒します。

かなりの手の込んだ台本をわざわざ作ることにびっくりしましたが、

台詞を言っただけで何度も射精しているのにもびっくりして、少し気持ち悪かったです。

全身舐め客さん

風俗バイトは仕事ですから自分の好きなプレイばかりできるとは限りません。

気持ちいいと思わないところを愛撫されても、嫌なプレイであっても仕事なのである程度は我慢しなければお客さんは逃げてしまいます。

キスが気持ち悪いお客さんはたくさんいます。

プレイ前に歯を磨いても何故か口が臭いお客さんもいます。

風俗嬢も人間なので生理的に受け付けない人はいますが、キスは基本プレイに含まれているので我慢しばければいけません。

ですが顔をこれでもかというくらい舐めるキモ客がいたんだすがこればかりは、さすがの私も無理でした

初めて会った印象はごく普通のサラリーマンでしたが、プレイに入ると豹変!

ものすごい量の唾液を垂らしながら、全身をベロベロ舐めて来ました。

まだ風俗バイトを始めたばかりの頃だったので、気持ち悪くて泣きそうになったのを覚えています。

「ああ、これがキモ客か・・・」と思い舐めるのが終わるのをただただ目を閉じて待ちました。

30分くらい体を舐められていると、キモ客さんが舐めるのを辞めたので解放されたと思い嬉しかったのですが・・・しかしぺろぺろ地獄はまだ終わっていませんでした。

全身舐めから解放されたので、通常プレイに流れを持って行こうと思い、キスをしました。

ディープキスをしたら、キモ客さんの舐めたい欲求が爆発したのか、フンフンと鼻息が荒くなります。

興奮したキモ客さんは口元をペロペロ舐め始めたと思ったら、顔全体を舐め始めました。

メイクが落ちるし、何より気持ち悪かったので抵抗しましたが興奮している人の力は思った以上に強く、顔全体をしっかり舐められました。

舐め舐めオジサン対策

実際女の子を舐めたがるお客さんは多いです。風俗バイトをしていて、かなりの確率で舐めたがりキモ客さんはいます。

体だけならいいのですが、顔を舐めようとしたらしっかり断ってください。

お風呂で顔を洗うわけにもいきませんし、洗ったとしてもメイクを直すのも面倒です。

風俗バイトを始めたばかりですと、嫌なことを嫌と伝えることができない人が多いです。

顔を舐められると後の仕事にも支障が出ることもありますが、舐めるプレイは「やってはいけないプレイ」に入らないのではっきり断りにくいです。

やんわりと「メイク落ちちゃうし、メイク直ししてる時間ないから」と拒否できることも覚えておいてください。

私は「顔ってたくさん菌がいるらしいですね。」と言ったら辞めてくれるかもしれませんよ。

ガチ恋が発展して勘違いするキモ客

女性にモテたことがない男性が風俗を利用することはとても多いです。

現実世界で女性に相手にされないけど、風俗ならお金を払っているので相手にしてもらえます。

しかし女性にチヤホヤされる経験が少ない人は、勘違いをしやすいです。

「もしかしたら僕のことを好きなのかも」

基本的に風俗はお客さんと嬢の2人きりなので、こんな勘違いが起きてしまってもしょうがないでしょう。

風俗ではたらいていれば本気で恋に落ちてしまうお客さんとは必ずと言っていいほど遭遇します。

お金に余裕があって、風俗や夜のお店を「上手」に遊ぶお客さんは接客しやすいですが、ガチ恋系のキモ客は扱いに困ることが多いです。

女性慣れしていないお客さんが初めて来た時は、少しづつコミュニケーションを取りながらプレイをするように心がけていました。

AV見過ぎで「女は激しくしておけば喜ぶ」と間違った愛撫をされると痛いことが多いので、リードすることが多かったです。

何回か指名してもらって仲良くなり「定期的に来てくれる扱いやすい、良いお客さん」になって来た頃から、言動などに不安を感じました。

お客さんも何度か風俗で遊んで女性慣れしたおかげで少し自信がついたようでした。

「俺のこと好き?」など自分への好意を確認するようになってきます。

勘違いされると嫌だったので「いつも指名してくれて感謝してるよ」と返事をしていました。

毎月2回は指名してくれていたので本当に感謝していたのですが、私の誕生日月に豹変しました。

いつもの安いラブホテルに行くと部屋の鉄製の扉には、バラの造花とメッセージカードが飾られていました。

誕生日だからお祝いしてくれたんだ、と軽い気持ちで入室し談笑しているとプレゼントをくれました。

メッセージカードサイズの封筒の中に入っていたのは「婚姻届」。

この瞬間から「良いお客さん」からキモ客に大変身。

キモ客にとって私が伝えた「感謝」は、「俺のことが好き」に脳内変換されていたようです。

婚姻届を前にどうしたら良いのか分からず、必死に断る言葉を探していました。

「風俗嬢なんかと結婚してあげる俺って優しい」

「いつも俺の愛撫で気持ち良くなってくれるのは俺のことが好きな証拠」

などなど訳のわからないことを言い始めたので、この時ばかりは怒りに任せてきつい言葉で対処しました。

風俗バイトで怖いのは性病や身バレなどいろいろありますが、キモ客からのしつこい粘着も怖いです。

酷いとストーカーになることもあるので、注意してください。

結婚や付き合って欲しいなど言われることは、風俗バイトで多々ありますがキモ客にはしっかり断りましょう。

勘違いキモ客は遠回しに言っても理解してくれないことが多いです。

好意だけでなく風俗嬢を下に見て人格否定をするキモ客の言うことは、真剣に聞いてはいけません。

とても腹が立ちますが、それに反応してしまうと面白がってエスカレートするので「ストレスを発散してるんだな」程度に思っておくと、無駄なストレスをかけずにすみます。

まとめ

以上キモ客、変態の生態を書いていきました。

あくまでも風俗バイトだから割り切って待機室の雑談のネタにするか、キモ客、変態といえどもお客さんだからうまく転がすか。

気持ち悪いという感情は人それぞれなので、基準は変わってきますが見た目などで最初からキモ客として扱うのは控えましょう。

キモ客もあなたの接し方や策略次第で、良い指名客になることがあります。

上手にお客さんを長続きさせることは、安定的な収入を得られる1つのポイントなのでキモ客だからと言って簡単に切ることはオススメできません。

しかし注意すべき所はキモ客がストーカーになってしまう可能性もあります。

一番良いと思われる対策としては(よくある内容ではありますが確実です)。

  • 連絡先は教えない。
  • プライベートは教えない、適度に嘘も交える。

連絡先に関しては、もしもいい人だと勘違いしてしまった場合はめんどくさいですが携帯のGPSはオフにしておきましょう。

今やなんでもありの時代。GPSをオンにしていれば素人でもちょっとそっち系の分野に知識があればすぐに居場所を突き止められてしまいますよ!

ついでにキモ客をパンクまで追い込むと、かなりの確率でストーカー化するので気を付けてね。

こじれてきたら、退店や移籍も考えるはめになる可能性もあるので「少し変かもこの人・・・」と思ったらお店に相談しましょうね。

-風俗あるある
-,

© 2020 DazzBrity