風俗 2回戦 客

風俗あるある

風俗で2回戦以上を求めて来る客はつらい

2020年4月7日

風俗業をしていると、2回戦を求めてくる男性客に悩まされることが多いですよね。

2回戦を求めるのはおおよそ70分が境目とも言われます。今回は風俗の2回戦について、2回戦を求める客の特徴や対処法などについて紹介していきます。

風俗で2回戦って普通?

風俗嬢にとっては憂うつな仕事でもある”2回戦”。これって普通のことなの?他の風俗嬢はどう思っているの?風俗の2回戦について紹介します。

2回戦を求めるお客は普通なの?

お金を支払ったのだから、元を取らんとばかりに2回戦を求めるお客がいますが、これって普通なのでしょうか。

お客さんの視点に立つと、支払うべきお金はきちんと支払っているのだから、時間と自分の体力が許すのであれば2回戦を求める権利があります。

風俗嬢の中には、2回戦を求められるとあからさまにイヤな顔をしたり、明らかに手を抜いたやり方で時間稼ぎをする人もいます。疲れて2回戦をしたくない気持ちも分かりますが、たまにはお客さんの視点に立って接客をするようにしてみてくださいね。

風俗嬢は2回戦に応えるべき?

風俗嬢から見ると、2回戦を求める客は面倒だし体力を使うし、あまり歓迎されるお客さんではありません。

しかし中には、「お金を頂いているのだから、2回戦を求めるのであればそれに応えるべき」という意見の風俗嬢もいます。

また「客は風俗嬢と話がしたくて来ているんじゃない」という厳しい意見も見られます。つまり「プロ意識を持て」ということではないでしょうか。

風俗嬢は個人事業主と同じようなものですので、お客からの評判を落とすような行為は自分の首を締めることと同じ。できるだけ控えるようにしたいですね。

風俗で2回戦を求める客の特徴

風俗で2回戦を求めるお客さんにはどのような特徴があるのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

性体験の少ない男性

性体験に乏しい男性というのはとにかく「回数をこなさなければ!」という使命感のようなものに支配され、1回射精したくらいではもったいないとばかりに2回戦を求めてきます。

2回戦を求める、求めないに限らず、性体験の少ない男性というのは、接客が難しいと苦手意識を抱いている風俗嬢も多いはず。

うまくかわすか、あきらめて2回戦につきあうか。風俗嬢の腕の見せどころといったところでしょうか。

中年のガッツキ客

中年の客の中には、「風俗なんて仕事ダメだよ」としたり顔で説教しつつも2回戦を求めるという、おかしなガッツキ客もいます。

「なんで上から目線で文句を言われなくちゃいけないんだ!」と言い返したくもなりますが、そこは仕事。グッとこらえなければいけません。

発射無制限のデリヘル

最近は「発射無制限!」といったうたい文句のデリヘルも多くなりました。

そういうルールの中で2回戦を求めるのは当然のこと。

それを看板にお店を出し風俗嬢自身も納得して仕事をしているのですから2回戦を求める客を責めることはできません。

発射無制限のお店がどうしてもイヤな場合は別のお店へ移ることもひとつの方法です。

ただし他のお店に移ったからといって2回戦を求められないというわけではありません。その点はよく考えて行動するようにしてください。

料金の安いソープなど

料金の安いソープなどでも2回戦を求める客も多くなります。安いソープとはいえ、デリヘルを呼ぶよりも料金は高いのですから、元を取らんとする客が2回戦を求めるのは仕方ないことかもしれません。

ただし料金が安いソープになると、時間も短くなるため、2回戦の途中でタイムオーバーになることも珍しくありません。

泡姫たちも正直ホッとしているかも?

2回戦を求めるのは何分から?

2回戦を求める客の特徴について紹介しました。次は時間帯から2回戦を求めるのはどれくらいからなのか、調べてみました。

2回戦は「70分」が境目

デリヘル嬢やソープ嬢の話を総合したところ、2回戦を求める時間帯は「70分」が目安になるようです。70分以上のコースを選択した場合は2回戦を要求するお客が多く、それ以下の時間帯を選んだお客は2回戦を要求することが少なくなります。

やはり射精にいたるまでにはそれなりの時間を要するものなので、男性側でも残り時間を計算して2回戦を要求しているのかもしれませんね。

何分でも求めるお客はいる

70分が境目と紹介しましたが、やはりガッツキ客などは時間に頓着せずに2回戦を要求してきます。

「あわよくば時間をオーバーしてサービスしてもらいたい」という隠れた願望も見えますが、さすがに時間をオーバーしてまで2回戦に答える必要はありません。

風俗の仕事に就いている以上、2回戦を求めるお客は必ずいます。どのような対処をすると良いのか、次章で紹介していきます。

どうしてもイヤな場合は断れる?

どうしても2回戦を行うことがイヤな場合、たとえば疲れがたまっていて2回戦を行う体力がない、生理が近くてだるいといった理由がある日もあるでしょう。

この場合、お客に2回戦を断ることはできるのでしょうか?

結論から言うと、これは非常に難しいと言えるでしょう。前述しましたが、風俗嬢は接客業である上、風俗嬢ひとりひとりが個人営業をしているようなものです。

もしも2回戦をお断りしたとすると、ムッとするお客がほとんどでしょう。あからさまに態度に出さなくても、「なんでしてくれないんだ」と腹を立てているかもしれません。

最悪の場合、お客を他の嬢に取られてしまう可能性もあります。

2回戦をお断りすることは簡単ですが、自分の人気と引き換えの行為だということをよく覚えておきましょう。

2回戦を求める客への対処法

結局2回戦を求めるお客には対応するしかないの?2回戦を求めるお客への対処法を紹介していきます。

諦めて2回戦を行う

結局は諦めて2回戦目を行うことが一番の対処法といえます。何回射精しようが、お金を支払ったお客の自由なのですから、「お客様」にサービスすることは嬢の仕事でもあるのです。

風俗の仕事にプロ意識を持っている嬢は少ないかもしれませんが、どんな仕事でも、お金を頂いている以上はれっきとした仕事です。

2回戦を要求されたらきちんと応えるのも、嬢の仕事と言えますよ。

時間配分に気を遣う

時間配分に気を遣うことは2回戦を回避する有効な対処法と言えます。

少しプレイの時間をゆったりともたせ、2回戦をする時間がないように調節します。

この場合、あからさまに時間を調節したり、やる気のなさそうなプレイを行うと、男性側も気づいてしまい、腹を立ててしまうかもしれません。

時間の調節はさりげなく、相手を気持ちよくさせるという姿勢は忘れないようにしてください。

別のお店へ移る

最後の手段と言えますが、他のお店に移るのも対処法のひとつです。デリヘルではなくオナクラやファッションヘルスなどでは、20〜30分と時間も短いので、2回戦を求められることは少なくなります。

ただし、2回戦目を求められる機会が全くなくなったということはありません。

どうしても耐えることができないのか、他のお店に移る以外は方法がないのか、よく考えて決断するようにしてください。

まとめ:風俗の仕事でもプロ意識を持って

風俗の2回戦以上を求めるお客の特徴や対処法などを紹介しました。風俗の仕事に身をおいている以上、2回戦を求めるお客にめぐり合う可能性はゼロではありません。

紹介した対処法をうまく使いつつ、お客に喜んでもらえるような接客を心がけるようにしてくださいね。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-風俗あるある
-, ,

© 2020 DazzBrity