AV出演 強要

AV女優

AV女優の出演強要問題など世間を騒がせたニュース

2020年4月9日

AV業界では様々なことがおきています。ここでは、AV業界でおきてる、強要問題などの様々な最新のニュースについてご紹介します。

AV業界で仕事をしてみたいと思っている場合には参考にしましょう。

ファン感謝祭をAV業界が開催した

AVに無理やり若い女性が出演させられたなどの強要問題がある中、年に1回の規模の大きなファン感謝祭を2016年11月にAV業界は開催しました。

会場ではファンの熱気とカメラのフラッシュ、それに反応するように笑顔で応えてくれているAV女優達。

2日間にわたるこのイベントは日本人以外の多くのアジア人も参加しており、10時開場にもかかわらずオープン前から長蛇の列を作っていました。

行列は、20代、30代の若い人だけでなく、50代、60代の人もおり、女性も1割くらい含まれており、最前列に並んでいた若い男性の話では、自分の家から1時間も歩いて、朝の午前4時半から並んだそうです。

会場は「18歳未満入場不可」になっており、入場する場合は身分証明書の写真付きのものが必要で、会場の中では韓国、台湾の男性なども見かけられ、外国からも多くの人が来場していました。

初日の午前10時に、現役のイメージガールの3人のAV女優がオープニングの挨拶をして開会になりましたが、舞台の前には、報道人の他にも、カメラの本格的なものを持った男性が多くおり、会場がファンであっという間に埋まりました。

映像を仮想現実を使用して見せる展示物、監督が登場するトークショー、写真を女優と撮るコーナーなどは、多くの人で賑わっており、DVD以外にも、次々にグッズのTシャツなども売れていたので相当のお金が動いたようです。

初日の正午に入場規制になり、「AV OPEN」の授賞式が正午から始まり、一段と会場のボルテージがアップしたイベントは、「あなたが決める、アダルトビデオ日本一決定戦」というものでした。

事前に実施されたファン投票などをベースに、個人や作品、DVD販売のお店が、5つの部門の総合、ジャンル、特別表彰、店舗受賞、ファン投票ごとに表彰され、舞台には、作品のプロデューサーや監督や出演したAV女優が上がりました。

応援しているAV女優の姿を一目見たいというファンらが、多く参加しているようでした。

AVのマーケット規模は15%ほど5年で縮小した

AVのマーケット規模は、実際に縮小する傾向にあり、調査会社の2016年2月のデータによれば、「アダルトデジタルコンテンツマーケット」というアダルトゲームとAVからなるものは、2010年度では815億円程度ありましたが、703億円に2014年度にはなっており、15%ほど5年で減少しました。

一方、2016年、AV業界はあり方を社会的に問われ、「ヒューマンライツ・ナウ」という国際人権NGOが、モデルやタレントとしてスカウトした女の子の多くがAV出演を強要されたという報告書を2016年3月に公表しました。

また、元の芸能プロの社長らが所属のAV女優をAV撮影のために派遣したのは法律に違反するということで、労働者派遣法違反などの容疑で2016年6月に逮捕されましたが、このAV女優の場合も、モデルの仕事があると言われて契約をプロダクションとしたそうです。

強要問題を防ぐことにも取り組んで欲しい

会場において、AV強要問題についての感想、意見を、2人の女性など来場していた20代~50代の人に世代に偏らないように聞いてみると、さすがに、AV強要問題については全く分からない人はいませんでした。

AV強要問題についての情報量、関心の程度はいろいろでしたが、次にご紹介するような具体的な意見を持っている人もいました。

26歳の男性は、プロダクションは具体的な撮影例や周りにばれる恐れがあるということを事前にきちんともっと女の子に話すべきであるという意見で、36歳の女性は、女優のイメージが明るくなるようなアイドル活動のようなものがあれば、強要問題を防ぐためにも同じように取り組んで欲しい、という意見であり、やはり、AV強要問題については、多くの人が関心を持っているようでした。

強要問題に対するメーカーの考え方

では、この強要問題に対してメーカーはどのように考えているのでしょうか?

メーカーの大手に対しては、以前、取材をFAXと電話で頼みましたが、無視されたり、すぐに断られたりしましたが、今回は、ブースを出していた10社を訪問し、直接社員あるいは社長にインタビューを後日して欲しいことをお願いしました。

あるメーカーの社長の場合は、「あげ足をどのようなことを言っても取られるので、インタビューは受けたくない、強要問題は現状ではないと思う」と丁寧にすぐに断られましたが、取材依頼書を別の9社には渡して、返信を1週間後までに欲しい旨を口頭でも伝えました。

1社の社長からは、メールで「その対応を弊社では全てIPPAにお願いしています」という文書が届き、別の1社の社長からは、先の1社の社長とほとんど同じ内容の文書が届きました。

また、取材依頼に対して反応が無いメーカーもあり、別の3社のそれぞれの社長は直接面会しましたが、回答はもらえませんでした。

ネットで後日調査してみたところ、1社の社長が自己PRを派手にしていましたが、この社長は、若くして社長になったそうです。

この会社のホームページの「就任のご案内」には、「社長になるとすぐに、心配していたグループ会社の離脱、これに伴う業績悪化、さらにAV女優強要問題、社員からはパソコンが壊れた、トイレが少ないなどのクレームが非常に多くあり、自分はどうすればいいのでしょうか?」というようなことが記載されていました。

取材依頼書を社員経由で渡した別の4社も、反応が全くありませんでしたが、10社全てに、事前にこのような取材依頼についても記事にすることは伝えていました。

会場において、55歳の毎年このイベントに参加しているという男性に話を聞いたところ、取材ということで、最初は警戒してあまり話をしませんでしたが、話をするにつれてだんだん熱を帯びてきて、AV女優やプロダクションについてひとしきり意見を言った後、「努力をAV業界を健全化するためにしなければ、AV業界は生き残れないだろう」というように語りました。

強要問題に対してはメーカーとしても、真剣に対応する必要があるのではないでしょうか。

1位 シュガーダディ


シュガーダディ

シュガーダディ公式サイトはコチラ

パパ活専門と言ってよいほど洗練されたサイト。
交際倶楽部のように面倒な面接などは無く簡単に登録できて手軽にパパと会うことができます。
長年運営してるサイトなだけあって男性会員数がめちゃ多いです♪
これだけ多いと会うまでのハードルは低くなるのですが変な人もそれだけ多くなります・・・
実際「手当を貰えなかった・・・」とか「身体目的が多すぎ・・・」とか言う声も多いですがシュガーダディには年収証明なる機能がありコチラの証明をちゃんとしてる男性メインで探すととっても稼ぎやすいです♪
何かトラブルがあっても運営が24時間体制でサポートしてくれるので安心感もあります♪

シュガーダディ内のお手当相場

  • 食事のみ・・・5千~3万円
  • デート・・・2万~3万円
  • 割り切り・・・2万~10万

あくまでも相場なので容姿や年齢など色々と自信のある方はもっと上も狙えます。
自分に自信のない子は慣れるまでは上記の相場の下限より少し盛って交渉すると決まりやすいですよ♪

2位 ワクワクメール



ワクワク公式サイトはコチラ

ワクワクメールは男性会員がとにかく多い!20年以上運営してるだけありますね。
シュガーダディも多い方ですが比じゃないです(笑)その会員数はなんと男女合わせて750万人以上!
男女比が5:5と出会うためのハードルは低いんですが色んな個人のアフィリエイトサイトで「セフレがすぐ見つかる~」って紹介されちゃってるので真面目にパパ活しようとしている女の子には不向きかもしれませんね。
「割り切りでガンガン稼いでいきたい!」という子には良いサイトかもしれませんが、本当のパパ活希望の子には少し根気が必要になってきそうです。
個人情報漏洩のリスクの無さ。
運営のサポート力は期待できますので、まだ登録してない方は一回試してみてもいいかもしれませんね。

1位 ジュエル


ジュエル公式サイトはコチラ

同じ時間、同じ客数を相手にしたら間違いなく一番稼げるのが”ジュエル”!
最大時給8,000円とか書いてありますが、あくまでも一番稼いでる子を目安にしているので期待はしない方が良い。
ちょい誇大広告気味ですが報酬金額の設定は頭ひとつ抜けてますね。
平均的な時給は3,500円程度となる見込みです!新人期間中の時給はもっと上がりますよ♪

報酬単価(アダルト参考)

  • マルチチャット 1分82.5円×男性参加数
  • 2ショット 1分110円
  • のぞき見 1分82.5円×男性参加数
  • プライベート 1分275円
  • ひそひそ 1発言55円

他にもユーチューバーのように楽しい演出を配信してみたり恋愛感覚でおしゃべりするジュエルライブLITEというシステムもあります。
このシステムの特徴はアダルトなことをしないライトなサービスでアダルトと同じ報酬ということ♪
無料で登録できるからライブチャットレディをお考えの方はお試しあれ。

2位 FANZA


FANZA公式サイトはコチラ

言わずとも知れたあの有名な元DMMです。
報酬単価は細かくて書ききれないので割愛させていただきますが、まぁ・・・並。普通です。
ただ、FANZAがすごいのはその集客力!
男性会員数が段違いなので初心者や、「まぁやり方もわからないし、副業だしある程度稼げれば・・・」という方に向いていますね♪
新人期間中はポンポン入室してきますよw
実際試してみたら6時間で30,000円くらいは稼げてました。
時給目安は新人期間で5,000円です♪
新人期間が終了したら時給目安はジュエルと変わりないですが、それぞれ客層とかも違うので両方新人期間を試してみて自分に合った方をメインでやるようにするのがオススメです!

-AV女優
-,

© 2020 DazzBrity