風俗 ラスト客 アフター キモ客

風俗あるある

ラスト枠狙いの風俗客はアフター狙いな奴が多いので注意!

2020年4月9日

ラスト枠狙いのクソ客…

風俗のお仕事をしている女の子であれば、誰しもが必ずその日の最後のお客、つまりラスト客を取ることになるかと思います。

ラスト客は言わばその日を締めくくる最後の風俗客であり、一日がんばって接客してきた女の子としては最後に気持ちよく接客もしくはチャチャッと接客をスピーディーに済ませたいところですよね。

でも、そんな風俗嬢の女の子の思惑とは裏腹にラストの枠…つまり本日最後の客を意図的に狙ってくるラスト枠狙いの風俗客が女の子に対して妙なアプローチをしてくることがあるのです。

ラスト枠狙いの風俗客が女の子に行う妙なアプローチとははたしていったい何のことなのでしょうか?

実際に「ラスト枠狙いのお客」で迷惑した経験がある女の子たちにお話をうかがってみました。

「あわよくば店外デートに持ち込もうとするヤツ」

「ラスト枠狙いで来るお客さんは、基本的に勘違いしているヤツが多すぎて困りますよね。

私の場合なんかは、ラスト枠狙いはそれほど多くないんですけど、いるんですよ、一人。

かなりヤバ目のアプローチかけてくるお客さんが。えっ?何がヤバいかって?

そいつ、いつも私がラストのときを狙って、最後のラスト枠ばかり指名してくるんですよね。

それだけならまだ良いんですけど、そのお客さんがラスト枠で入ると必ず、「このあと、食事でもどう?」なんて「ふぅーむふぅー」って鼻息荒くしながら、迫ってくるんです。

私は「またかよ、コイツ」って心の中で思ってうんざりしながら、我慢して「う~ん、今日はダメかなあ~また、今度ね」って言うんですけど、それでもまだそのお客さんは「いつも今日はダメって言うじゃんタマには、ね?」ってしつこく食い下がるんですよね。

もちろん、一回もそいつと食事なんかには出かけたことがないんですけど、同じお店で働いている女の子の中にはラスト枠狙いのお客さんに食事やお酒を全部おごってもらって、何もせずバイバイ、なんてツワモノもいるみたいですけどね…私には無理ですね。

そろそろそのお客さんがストーカーになりそうな雰囲気なんで、お店に言ってNGにしてもらおうかと考えています。」

「ボクがキミの疲れを癒すナイト」ナルシストなアホ客

「ラスト枠狙いで来るお客さんは今まで働いていたほかのお店でもちらほらいたんですけど、今働いているお店だと、マジに気持ち悪い「ナルシスト系」のラスト枠狙いのお客さんがしつこくて、困っています。

どんな風にしつこいかって言うと、そのお客さんは見た目は完全な40過ぎのサラリーマン風のスーツを着た男性なんですが、話し方がまず「○○ちゃ~ん、愛してるよ?」とか言って、気持ち悪いんです。

本人は「自分のことをイケメン」だと思っているのか、毎回毎回、身体に違う種類の香水や制汗剤をつけてきて、「さりげないおしゃれ」だとアピールしているんですけど、正直クサくてたまらないんですよね、そのラスト枠狙いのお客さんの体臭と香水の匂いが入り混じって。

で、そのお客さんが最悪なのが、自分がラスト枠を指名することで「○○ちゃん、今日も疲れたでしょ?今日は接客ナシでイイから、ボクの胸の中で眠りなよ?ボクはキミのナイトになってあげるから♪」とか言って、「白馬の騎士(ナイト)」気取りでまるで恋人みたいな感じで接してくるんですよね。

マジ、吐きそうになりましたそのときは。そんなキモい恋人はこっちからお断り、ってカンジですけどね。

ホント、いらいらするのを我慢しながら「ありがとう♥」とか言って返事してあげてますけどね。」

「最後だから何でもしていい」と勘違いしているキモ客

「私が働いているお店は、AF専門店でホテヘルの中でも珍しい業種だと思うんですけど、お店のウリがAFなので、AF以外にも浣腸とかイラマチオとか、いろいろ激しめの有料オプションが用意されているんです。

それで、私は一応今、お店のナンバーとしてホームページとかにも大々的に出してもらっていることもあり、「ちょっとがんばって集中的に稼ごうかな」って半年前からそれまではNGにしていた浣腸をアリにして勤務しています。

でも、浣腸を解禁したとたん、ラスト枠狙いで無茶をしようとするお客さんが増えてしまって、本当に困り果てています。

今も、ラスト枠狙いのお客さんが2人ほど居て、いつもプレイがかなり手荒で、首とかを押さえながら挿れてくるので、首にアザが出来てしまったり、こちらが「痛い」と言っても「感じてくれているんだ」と勘違いして、さらに激しく突いてきたり、もう、手がつけられないんですよね。

こないだも、「最後のお客だから、もうひとふんばり!ホレ!ホレ!」っていいながらAFしてきて、お尻が切れちゃったり…人のことを何だと思っているんでしょうね。

もう、限界に近いんですよね、無茶客のラスト枠狙いのせいで気分が沈んじゃうし。

今、とりあえずその2人はNG客にしてもらって、お店側でも出禁にしてもらおうかと考えています。」

ラスト枠狙いVS口開け狙い、あなたはどっちがマシ?

ラスト枠狙いであわよくば店外に…と考えているお客さんも十分イタい存在ですが、風俗客に多いのが女の子のその日最初の客になる「口開け狙い」です。

口開け狙いのお客は「口開け以外には風俗嬢に価値はない」とでも言わんばかりの「独自のこだわり」があるため、ラスト枠狙いよりもサッパリとしているというケースも多いようですが、口開け狙いのお客の中にも、「いつも最初に指名してあげてるんだから本番させろ」といった意味不明な要求をしてくるパターンもあり、注意が必要です。

風俗嬢のアフター(店外デート)

風俗で客からアフター(店外デート)に誘われることは珍しくありません。

キャバクラとは異なり、風俗でのアフターは原則どこのお店もNG行為に該当します。

しかし、食事をおごってもらえたりほしいものを買ってもらえたりするので、こっそり受けてしまう風俗嬢は大勢いるのです。

とはいえ、わざわざお店の外でお客に会うのは、風俗嬢にとっては負担になります。

キモ客やムカつく客達とのアフターで、しんどい思いやつらい思いをしたことのある女性はかなりいます。

ここでは、アフターにおける最悪のお客をランキング形式で発表します。上手な対処法も解説しますので、参考にしてください。

アフターのキモ客・ムカつく客ランキング

第1位:タダでやることが目的の客

第2位:個人情報を聞き出そうとしてくる客

第3位:嘘をついてアフターに持ち込む客

第4位:変なところへ連れていく客

第5位:説教をしたり、愚痴を吐いたりする客

第6位:アフターに誘うこと自体がキモい

第7位:パチンコや競馬に付き合わせる客

第8位:自宅デートを希望する客

第9位:長時間カラオケに付き合わせる客

第10位:安い居酒屋にしか連れていかない客

どうでしょうか。心当たりのある人も多いのではないかと思われます。

全体としては、つまらない場所に連れていかれたというパターンが多いですね。

10位の安い居酒屋については、風俗嬢のわがままも入っているような気もしますが女性をデートに誘うからにはお店を選べという気持ちは十分理解できます。

カラオケやギャンブルは、誘われた人はご愁傷さまと言う他ありません。

カラオケはともかく、パチンコや競馬に付き合わせてどうするつもりだったのでしょうか。

普段一緒に行ける知り合いがいなくて寂しかったのかもしれませんね。

自宅もできれば遠慮したいところです。何をされるかわかったものではありません。こういったお客がいるので、アフターそのものを嫌がる風俗嬢も多いのでしょう。

1位~5位については、以下の項目でより詳しく解説していきます。

第5位~第4位のお客:ある程度は我慢が必要な場合も

「こんな仕事やめなさい」などと説教をしてくる人は鬱陶しいお客の定番です。

接客中にお客から説教をされた、という報告は枚挙に暇がありません。

アフターにおいては、時間の制限がないことに加えプライベートに近い雰囲気であることから、説教が暴走する傾向にあります。

また、個人的な愚痴を吐き出すお客もいます。お酒が入っているとひどいことになるでしょう。

そして、アフター中に風俗嬢を変なところに連れていくお客もいます。

一緒にスポーツジムへ行こうとか両国へ相撲を見に行こうと誘われるのはまだいい方で、なんと東京ディズニーランドへ連れていかれたという報告もあります。

どう考えても風俗嬢を誘って行くような場所ではありませんが、お客としては本気のデートだったのかもしれません。

体力の消耗も半端ではなく、楽しいわけがありませんから、風俗嬢にとってはいい迷惑です。

説教客に対しては話の内容を変に否定したりせず、ほどほどに相手をしてあげた方がいいでしょう。

逆上されたりすると面倒なことになるからです。

また、身の安全を考えるなら、お客と長時間一緒に行動するのは避けた方が無難です。

変なところへ連れていかれるのを防ぐためには、目的地をしっかり聞き出しておくことが大切です。

目的地を希望に合わせてもらえるよう頼むのもいいでしょう。

第3位~第2位のお客:きっぱり断る勇気を持つこと

4位・5位とは違い、注意しないと危険な展開になりうるパターンです。

アフターに持ち込むため、平気で嘘をつくお客は存在します。

たとえば、「ほしがっていたバッグを買ってあげるから」などといってアフターに誘い出し、実際には買ってくれないというものです。

嘘とわかった時点で帰ってしまってもいいようなものですが、待ち合わせ場所をレストランなどに指定され、食事を頼んだあとでネタばらしをされると帰るに帰れません。

さらに厄介なのは、風俗嬢の個人情報をしつこく聞き出そうとするお客です。

お店やホテルでは店員の目があるので遠慮していたお客が、アフターに連れ出した段階で本性を表すことはよくあります。

風俗嬢の側もNG行為であるアフターに応じてしまっていますから何かあってもお店に相談することができません。

もちろん、お客の側もそれをわかってやっているのです。

4位・5位のお客からは、善意や好意を感じることもできます。

しかし、2位・3位のお客は明らかな悪意に基づいて行動しています。

何しろ、風俗嬢の側にまったくメリットがありません。

嘘をついたり脅したりすれば関係を続けることは不可能になるはずですが、それでも構わずに風俗嬢を支配下に置こうとしているわけです。

これらのお客に対しては、最初はやんわり対応しつつ、時には要求をきっぱりと断る勇気を持ちましょう。

お店にアフターのことをバラされてクビになったとしても、危険な目にあうよりはずっとマシです。もちろん、個人情報など絶対に教えてはいけません。

第1位の客:結局はこれが最終目的という可能性

堂々の第1位は、「タダでやることが目的の客」です。

納得する人は多いと思われます。

結局、アフターを誘ってくるお客の最終目的はこれなのかもしれません。

もちろん、割り切って大人のお付き合いを続けてくれる紳士的なお客もいます。

しかし、お金を払えば遊べる女性を外に連れ出す以上は、「どうにかしてお金を払わずにやれないか?」という気持ちがきっとどこかにあるのです。

実際、お店を通さずに「裏引き」をしている風俗嬢は存在します。

裏引きとは簡単に言うとお店料金をまんまもらって(相場)個人でお客さんを相手することを言います。

お店を通さない分引かれるものがないので結構手を出してしまう女の子が多いのですが、お客さんもそこまで馬鹿じゃないのでお店にチクられたり、逆に脅しの材料にしてくる輩もいるので絶対にやらないことをオススメします。

普段お店の取り分として抜かれているお金をお客と風俗嬢で分配すれば、Win-Winの関係になれます。

タダとまではいきませんが、現実的に得ができる方法です。そこからさらに関係を深めて、タダでやることを狙っているお客もいるのでしょう。

このお客にどう対応するかは風俗嬢次第です。仲のよくなったお客にタダでやらせても構いませんが、そういった噂が流れて面倒なことになる可能性は覚悟しておきましょう。

まとめ:痛すぎるラスト客はNGにしてもらうのが◎

ラスト枠狙いの客のイタタな行動についてご紹介しました。

ラスト枠狙いでも毎回普通に女の子と遊ぶだけであれば問題ないのですが、中には最初のいっちゃんさんのようにストーカー化してくるおそれのある風俗客も存在しています。

なので、ラスト枠狙いであまりにも店外デートなどにしつこく誘ってくるようであれば、迷わずすぐにお店に相談してください。

そのラスト枠狙いの風俗客をNGにしてもらうなど、早めに対処してもらうことをオススメします。

実際アフターは太客をつかむチャンスでもありますが、NG行為である以上、応じる義務は一切ありません。

速攻で店員に言いつけたっていいのです。

アフターに付き合うかどうかは、リスクをよく考えてから決めてください。

そして、アフター中におかしな要求をされた場合は、うまくかわすか我慢して乗り切りましょう。

-風俗あるある
-,

© 2020 DazzBrity